読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

Amazonほしいものリストを作ってみました!高額プレゼントは贈与税に注意です!


f:id:traveler_da1:20170306144100p:plain

「Amazonほしいものリスト」なるものを作ってみました。

前々から何人かのブロガーさんが「ほしいものリスト」を作られていて、私も時々その方たちの「ほしいものリスト」を覗いていました(あくまで公開されているものです、アカウントに不正侵入した訳ではありませんよ)。

ということで真似をして私も作ってみることにしました。

 

Amazon.co.jp | だいちぃのほしいものリスト

前からほしいものリストに入っていたもののうち、公開してもいいかなーというものを移動したものが大半なので手間は特にありませんでした。

しかし、リストを作るにあたって、注意しないと本名を晒すことになるので要注意です!

また、発送先の都道府県を公開することになってしまうので、お住いの都道府県がバレたくない方は使用はお控えください。

リストの作り方や注意点などはやっさんさんのブログで丁寧に説明されていますので、そちらを参考にしてください。私も参考にさせて頂きました!

www.japan-sake-mileage.net

 

私の場合、ブログで住んでいる地方は明かしていましたが、実際に何県に住んでいることを明かしたことはこれまでありませんでした。しかし、今回このリストを作ることでバラしてしまうことに。

右側だと思っていた方ゴメンナサイ。実は左側に住んでいます。

 

まー晒してもいいんです。あと1ヶ月で引っ越しですから。

 

ということでリストを作ったのですが、2つほどネタも含んでいます。

 

しかし、ふと疑問に思いました。

 

この2つを貰ったら贈与税がかかるのでは?と。

 

Google先生で調べると110万円以上は贈与税がかかるようですね。

 

ということで、あまりに高額の商品をプレゼントされた場合は贈与税がかかってしまいますので、ご注意ください。

 

え?私ですか?

 

 

喜んで贈与税を払います!高額商品お待ちしております!

 

こんなゲスな私ですが、これまでAmazonのほしいものリストを使って他の方へとプレゼントをしたことはありません。

 

「他人の子にあげるぐらいなら、自分とこの子どもたちに買いなさい!」と妻に言われそうですし、子どもたちからも言われそうだからです。

 

「プレゼントをしようかなー」という目で他の方のリストを見るというよりは、「こういうものがあるんだなー」という目で見ております。

で、ちゃっかり自分のほしいものリストに入れて、プレゼントはしない。そんなやつです。