だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

2017年10月から名古屋市で自転車保険が義務化!多額の賠償金に耐えられる?手頃な保険を紹介します


2017年10月1日から名古屋市で自転車保険の加入が義務化されました。

 

今回はFP(ファイナンシャルプランナー)資格を持つ私が、この名古屋市の自動車保険義務化に対して、どのように対処・対策をすればよいか、アドバイスしたいと思います。 

自転車保険とは?

自転車保険と言うことが多いですが、「自転車損害賠償保険等」と行政は呼ぶようですね。

自転車損害賠償保険等とは?
自転車の利用に係る交通事故により生じた他人の生命又は身体の被害に係る損害を填補することを約する保険または共済のことをいいます。

名古屋市の”義務化”とは?

こちら、名古屋市のホームページからの抜粋です。

名古屋市:自転車損害賠償保険等への加入が義務となります。(平成29年10月1日施行)(暮らしの情報)

自転車損害賠償保険等への加入が義務となります(平成29年10月1日施行)
自転車利用者及び自転車を利用する未成年の保護者は自転車損害賠償保険等に加入しなければなりません。

義務化なら”罰則”は?

義務化されると聞くとちょっとビビってしまいますが、もし守らなかった場合はどうなるんでしょう?

保険加入は義務ですが、加入しなくても罰則はありません。被害者を保護するため、万が一加害者となった場合の経済的負担の軽減を図るためにも保険に加入してください。

このように罰則はないようです。市の説明も「加入してください」とゆるーい感じ。

これ、何かあった際に『行政がやるべきことはちゃんとやった!行政に責任はない!』と言うため、いわゆる自己保身のためにできた罰則化のように感じます。

何だか腑に落ちない部分はあるものの、万が一加害者になってしまった場合は億単位の賠償を背負うこともあるので必ず入るべきです!

あなたは多額の賠償金に耐えられる?義務化になった背景は、過去の悲しい事故

過去にこのような事件もありました。被害者の方が重体になってしまったのはもちろん悲しいことではありますが、加害者となってしまった小学生家族が負ってしまった9,500万円という損害賠償額も非常に大きく、印象深い事件でした。

このような事故が過去に数件起きたことが、いろいろな自治体が自転車保険の義務化に踏み切るきっかけとなりました。

f:id:traveler_da1:20170928194816j:plain

自転車保険は個人賠償責任保険で備えよう!

個人賠償責任保険でカバーできる

今回名古屋市で義務化されるような自転車保険は「自転車保険」と銘打った自転車専用の保険である必要はなく、個人賠償責任特約であればよいとこちらのチェックシートから分かります。

自転車損害賠償保険等加入状況チェックシート

個人賠償責任保険の補償内容

個人賠償責任保険は、日常のこんなケースで補償される保険です。誰にでも起こりうる「うっかり」ですよね。

f:id:traveler_da1:20170928225500p:plain

 

損害保険の特約として加入することができる

個人賠償責任保険は単独で加入することもできますが、自動車保険や火災保険に無料もしくは少額の追加料金で特約として加入することができるケースがあります。

知らないうちに特約として加入している場合もありますので、まずはご自身の自動車保険や火災保険の状況を確認した方がよさそうですね!

これから個人賠償責任保険に入るなら

損害保険の特約などで個人賠償責任保険に入れなかった場合は新規で加入することを考えましょう。

私のおすすめはJCBのトッピング保険「日常生活賠償プラン」です。

f:id:traveler_da1:20170928225240j:plain

こちらの、JCBのトッピング保険「日常生活賠償プラン」は月150円、1年1800円の保険料で、家族全員のこんな偶然な事故を1億円までの賠償責任を保険でカバーできるんです。
自転車事故だけでなく、他人にケガをさせてしまった、物を壊してしまったなど、保険でカバーできる事例はさまざま。

自転車に乗らない人でも、入っておいて損はないと思います。

私自身も、まさしくこの、JCBカードのトッピング保険「日常生活プラン」に加入し、私たち夫婦や子どもたちのうっかり事故や自転車事故に備えています。

 

家族4人分の保険が1年1800円で済むなんて、お手頃だと思いませんか?

「日常生活賠償プラン」と「自転車プラン」の2つがある

さて、JCBのトッピング保険で「自転車保険」に加入しようと考えたとき、通常の月150円「日常生活賠償プラン」と月280円から月990円の「自転車プラン」があることに気付くでしょう。
どちらに加入すべきなんでしょうか?

JCBトッピング保険|クレジットカードなら、JCBカード

違いは?自転車保険なら自転車プランにしないとダメ?

「月280円の自転車プラン」は、「月150円の日常生活賠償プラン」でカバーできる相手への保障だけでなく自分やご家族の死亡・後遺障害保障と入院の保障まで付いてくるイメージです。

ただし、「自転車プラン」で保障されるご自分やご家族の死亡・後遺障害保障や入院保障については、他で契約されている死亡保険や医療保険があれば過剰となる場合もありますので、ご理解した上で加入してくださいね。

相手への保障だけで十分と思われる方は、「日常生活賠償プラン」で十分足りると考えます。

多額の賠償金を代わりに支払ってくれる、保険の加入を強くオススメします

義務化と聞くとドキっとする方も多いでしょうが、よくよく考えれば小さな出費でちゃんと備えることができます。

『どうせ罰則ないんでしょ?』なんてことは言わないで、これまで個人賠償責任保険に加入していなかった方はこの機会をチャンスと捉えて、加入することを強くおすすめします!

手頃な保険をよりお得にする方法!

『保険に安く入れてお得!』だけじゃなく、どうせなら『カードを作ってもお得!』もゲットしませんか?

JCBカードのトッピング保険に入れる、年会費永年無料のカードを、よりお得に作る方法を紹介します!

f:id:traveler_da1:20171108220643g:plain

 

こちらのJCB CARD Wというクレジットカードをポイントサイトのモッピーを経由して作ると3,000円分のポイントがもらえます!

しかも新規入会でもれなく2,000円分のJCBギフトカードがJCBからプレゼントされます!

※ ただし、こちらの"JCB CARD W"は入会時に39歳以下である必要があります。

f:id:traveler_da1:20171108220418p:plain

さらにさらに、モッピーを使ったことがない方であれば、もっとお得になります!

ポイントサイトのモッピーに登録されていない方は、下のバナーから登録してください。こちらのバナーから登録した方限定で、500Pが付与されます。(500P=500円相当、初回のポイント交換後に付与)

f:id:traveler_da1:20170818063416j:plain

モッピーで貯まったポイントは1P=1円として銀行振込やAmazonのギフト券やiTunesギフトになどに交換できます!ソラチカルートでANAマイルに交換することも可能です!

つまり、年会費無料のクレジットカードを1枚作っただけで

JCBカードから2,000円分のギフトカード

モッピーから電子マネーなどに交換できる3,500円分のポイント

と、合計5,500円分が手に入るんです! 

JCBカードのトッピング保険は1年1,800円でしたから、3年分はタダで保険に入れるようなもんです!

ぜひ、保険もちゃんと入って、クレジットカードのお得もゲットしてくださいね!

ご不明点などありましたら、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム