だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

スタアラ系ラウンジ巡り|エバー航空ラウンジ@バンコクスワンナプーム国際空港


セントレアからバンコク経由でスリランカへ家族旅行に行く際、乗り継ぎを利用して立ち寄った、エバー航空のラウンジを中の様子を含めてレポートします!

写真は全て2017年8月のものです。

 

 

EVA AIR Lounge@バンコク・スワンナプーム国際空港

エバー航空は台湾を拠点とする航空会社で、ANAと同じスターアライアンスに属しています。

緑色のロゴや、機体によってはハローキティが描かれている特別塗装の機体もありますので見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

サンリオと提携しているので、他に『ぐでたまジェット』なんてものも飛ばしています。

Eva Airways, A330-200, B-16311 (17132784054)

ラウンジ利用資格

  • エバー航空およびスターアライアンス加盟航空会社のビジネスクラス、ファーストクラス利用者
  • スターアライアンス加盟航空会社を利用する、スターアライアンスゴールドメンバー
ANAやタイ航空、シンガポール航空、ルフトハンザ航空などを利用するANA-SFC会員でも利用可能です。

私の場合は、ステイタスマッチという方法でユナイテッド航空の上級会員資格を手に入れ、そしてラウンジを利用しました。 

飛行機出張がない私には、航空会社の上級会員なんて無縁なものだと思っていましたが、この方法なら飛行機に乗らなくても1枚のクレジットカードを作るだけで上級会員に簡単になることができるのでオススメです。

www.traveler-da1.com

ラウンジへの行き方

エバー航空のラウンジは3階のコンコースF、ゲートF1の近くにあります。

EVA AIR Lounge, 3rd Floor of Concourse F, near Gate F1

写真のような入口を見つけてください!外観からはコーポレートカラーのグリーンの気配は全くしませんのでご注意を。

f:id:traveler_da1:20170826090922j:plain

営業時間

営業時間は曜日によって異なり、水、金、日曜日は翌2:30まで、月、火、木、土曜日はさらに1時間遅い翌3:30までです。

いずれにせよ、24時間オープンではないので、ここで夜を明かすことは不可能ですね。

06:00-02:30(Wed, Fri, Sun)

06:00-03:30(Mon, Tue, Thu, Sat)

ラウンジ利用手続き・同伴者

こちらの受付で航空券を提示して利用手続きをして頂きます。

f:id:traveler_da1:20170826091251j:plain

我が家は今回の旅行のために夫婦揃って、デルタスカイマイルゴールドカードというアメリカンエキスプレスのゴールドカードを作り、そこからデルタ航空からのステイタスマッチでユナイテッド航空のスターアライアンスゴールド資格を手に入れましたので、夫の同伴者として子ども1人目、妻の同伴者として子ども2人目といった感じで家族4人で利用できました。

 

 

子連れで入室することも可能

子どもたちを同伴者として入室手続きをして頂きましたが、特に問題なく入室させて頂けました。

しかし、タイ国際航空のラウンジDと違って、ラウンジ内にはキッズスペースはありませんので、大人しく座っていられるかどうかが問題でしょうね。

キッズスペースがあるタイ国際航空ラウンジDの様子はこちら

スタアラ系ラウンジ巡り!タイ航空ロイヤルシルクラウンジD@バンコクスワンナプーム国際空港

ラウンジ内部の様子

ラウンジ内に入るとまずはこんな景色が広がります。

f:id:traveler_da1:20170826091819j:plain

右側の壁に室内見取り図がありましたので撮ってみました。

f:id:traveler_da1:20170826091904j:plain

少し奥に進むと食事や飲み物が用意されているスペースがあります。内容は下で詳しくご紹介します。

f:id:traveler_da1:20170826092007j:plain

さらに奥に進みましょう。これはビュッフェバー・ドリンクバーを背中にして撮った角度の写真です。

f:id:traveler_da1:20170826092122j:plain

一番奥まで進むと窓からコンコースが見渡せます。

なお、電源は壁側に付いていましたので壁側の席なら電源の確保が可能です。壁側でない席にもあるかもしれませんが。

f:id:traveler_da1:20170826092302j:plain

パソコンが用意されているコーナーもあります。場所は入口入ってすぐの所です。

f:id:traveler_da1:20170826092434j:plain

シャワー

シャワーは受付のスタッフさんに声をかけて鍵を頂きます。搭乗券と引き換えです。

受付のすぐ横にあるこの通路を進むとあります。写真の左側が受付で、右側がラウンジ内になります。

f:id:traveler_da1:20170826092646j:plain

シャワーへと進む通路にはお手洗いもありますので、男性用ですがちょっと覗いてみましょう。

f:id:traveler_da1:20170826092812j:plain

そしてシャワールームはこちら。ⅠとⅡの2室あり、こちらはⅡです。

f:id:traveler_da1:20170826092919j:plain

アメニティも揃っており、ドライヤーもあります!

タイ国際航空のこちらのラウンジにはドライヤーが無かったような気がします。

タイ航空ロイヤルシルクラウンジC@バンコクスワンナプーム国際空港 - だいちぃマイルで子連れ旅行

食事は種類が豊富です!

食事は種類が豊富です。まずは飲茶。これが食べたくてここのラウンジに来たと言っても過言ではないぐらいです。

f:id:traveler_da1:20170826093520j:plain

チキンライス。チキンは揚げてあり、衣がかなり分厚く…ところどころ衣を剥いで食べましたw

f:id:traveler_da1:20170826093619j:plain

タイのフライドヌードル

f:id:traveler_da1:20170826093726j:plain

ケース内にはピザやパイ類

f:id:traveler_da1:20170826093740j:plain

カップ麺もあります。

f:id:traveler_da1:20170826093748j:plain

フルーツとサンドイッチ

f:id:traveler_da1:20170826093755j:plain

ヨーグルトやフルーツサラダ、タルトにケーキもあります。

f:id:traveler_da1:20170826093808j:plain

そして、これは珍しいのではないでしょうか。アイスクリームがあります。

f:id:traveler_da1:20170826093816j:plain

さらにこれはレアでしょう。まさかのラウンジでココナッツです!

f:id:traveler_da1:20170826093855j:plain

アルコールは生ビールがあります!

f:id:traveler_da1:20170826093308j:plain

ワインの隣でハイネケンのグラスが氷で冷やされています。

1杯目は『とりあえずビール!』という性分なので生ビールを注ぎます。タイ国際航空のラウンジには缶ビールしかなかったので、これはうれしいですね。

f:id:traveler_da1:20170826093317j:plain

ソフトドリンク

ソフトドリンクはこんな感じ。紙パックに入ったジュースもあるので子どもにも飲ませやすいです。

f:id:traveler_da1:20170826093833j:plain

ということで、本日の夜ごはんを頂きます。先程タイ航空のラウンジで少し食べてしまったので軽めです。子どもたちはピザを食べていました。

f:id:traveler_da1:20170826093847j:plain

感想

空いているので周りを気にせず家族でワイワイ(ほどほどに)と夜ごはんを楽しむことができました!

なんと言っても、スイーツ類が豊富なのが甘党の私には嬉しいですね〜

ただ、非常に個人的な感想になってしまいますが、近未来的で豪華なんですが目がチカチカして疲れました。

バンコクスワンナプーム国際空港にはタイ国際航空のラウンジが7ヶ所あり(国内線用含む)、他にシンガポール航空のシルバークリスラウンジもあります。

これら2社に比べると知名度的に劣ってしまうのかもしれませんが、エバー航空のラウンジは食事とアルコールが豊富で利用価値は大アリだと思いますので、ぜひバンコクに行かれた際には利用してみてくださいね!