だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

2016年末、断捨して良かったもの、できなかったものを公開します


2016年もあと少し。

我が家は2015年の正月から断捨離を始め、2016年末で丸2年。

妻は断捨離の第一人者、やましたひでこさんの本を読み漁り、そして彼女のお弟子さんのセミナーにも行き、我が家は2年かけてガンガン断捨離を進めてきました。

はっきり言って洋服や調理器具、雑貨など、目ぼしいものはすっかり捨ててしまったので、妻のターゲットとなるものはほとんど残っていません。

そんな我が家が2016年に断捨離したモノのうち、断捨離して良かったモノ1位と、断捨離できなかったモノ1位を公開します。

 

f:id:traveler_da1:20161228202611p:plain

 

断捨離して良かったモノ1位

お風呂の残り湯で洗濯

断捨離して良かったモノ1位は、モノではなくコトです。モノで目ぼしいものはほとんど断捨離してしまったので、いよいよコトに突入です。

 

我が家は4人家族で1日に1回洗濯をしています。以前は節約のためにお風呂の残り湯で洗濯をしていましたが、水道代を比較してみるとたいした節約になっていないことから、お風呂の残り湯洗濯を断捨離、つまり止めました。

その時の計算を紹介してみます。

 

 

【残り湯洗濯で使う水の使用量】

洗い50L(残り湯)+すすぎ1回目50L(残り湯)+すすぎ2回目50L(水道水)

水道水の使用量:50L

【水道水のみ洗濯で使う水の使用量】

洗い50L+すすぎ1回目50L(水道水)

水道水の使用量:100L

 

残り湯洗濯をしていた頃は、洗濯後の臭いが気になるため、すすぎ2回のうち2回目は水道水でしていましたが、残り湯洗濯をやめ、すすぎ1回で済む洗濯洗剤を使用することにしました。

 

1回の水道料の差は50L、1ヶ月30回だと1500L(1.5㎥)という計算になります。

これを私が住む市の水道料金表で計算してみると

 

【残り湯洗濯:25㎥】→8,607円

f:id:traveler_da1:20161228173211p:plain

 

【水道水洗濯:27㎥】→9,428円

f:id:traveler_da1:20161228173224p:plain

差を1.5㎥で計算できなかったので差を2㎥で計算しましたが、上下水道合わせて1ヶ月で差額821円、1.5㎥だと差額616円です。

 

我が家の場合、残り湯洗濯をして節約できる水道代は1ヶ月でたった616円

 

残り湯洗濯の場合は毎回すすぎ1回多く行うので、その分の「電気代と洗濯時間」、そして「バスポンプのセット・片付け」が616円の対価として必要となる計算です。

 

1ヶ月で616円、1日にして約20円。これを削るために、毎日バスポンプをセットして終わったら片付けるという面倒をやるのか?

 

「残り湯洗濯は止める!」と夫婦の意見は一致しました。

 

 f:id:traveler_da1:20161228194708p:plain

後で聞くと、妻はバスポンプの片付けがストレスになっていたようですが、節約のためにと文句も言わずに頑張っていたようです。

 

しかし、私が1日20円と数字にしたことで、僅かな節約がバカバカしくなったようです。

 

616円を大きな金額と捉えるか、僅かな金額かは人それぞれ、家庭によってそれぞれです。水を大切に使うことも重要です。

しかし、共働き世帯にとってはそれよりも、「時短」や「ムダな家事、イヤな家事を省く」ことが重要だと考えました。

 

2016年、「残り湯洗濯をすること」を断捨離して大正解だったと感じています。

 

残り湯洗濯をしている家庭は、節約できる金額と、それによって生まれる面倒を、天秤にかけてみることをオススメします。

 

 

 

 

断捨離できなかったモノ

クレジットカード

f:id:traveler_da1:20161228201424j:plain

これが我が家の所有するクレジットカードです。

左2列が妻のもので13枚、右2列が私のもので21枚。夫婦合わせて34枚あります。

元々クレジットカードの多い夫婦でしたが、2016年の夏からの半年で16枚も増えてしまいました。

 

なぜそんなにクレジットカードを作ったかというと、クレジットカードを作ることでポイントサイトからポイントを貯め、そのポイントをANAマイルへと交換する陸マイラーを始めたからです。

 

2016年の7月〜12月の6ヶ月間で、夫は8枚作成し、ポイントサイトから貰ったポイントは約7万円相当。妻も同数の8枚を作成し、妻はポイント約7.3万円相当。

 

ポイントを現金に交換した場合、現金14万円超になります。改めて振り返ってみましたがビックリです。

 

とはいえ、我が家は貯めたポイントをマイルに交換する派なので、現金14万円ではなく、約13万ANAマイルに交換します。

 

13万マイルあれば、夫婦2人で往復ビジネスクラスに乗ってハワイに行くことができます!

これを、たった半年でできたということに、ただただビックリです。そんな難しいことはしていないんですけどね。

 

わずか1年で216,000マイルをタダで貯める方法!スマホ版 

www.traveler-da1.com 

ということで、2017年もクレジットカードの断捨離はできそうにありません。たぶん夫婦で月1枚ずつ、1年で合計24枚は増えると思います(笑)