だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

デルタアメックスゴールド|得られるもの・どの入会方法がお得?


デルタ航空が行っているニッポン500マイルボーナス・キャンペーンがめでたく今年度も実施となりました!

ニッポン500マイルボーナス・キャンペーン

デルタ航空に一切乗ることなく、JALやANA、Peachなどの国内線に乗るだけでデルタ航空のマイルが貰えるという太っ腹キャンペーン。

すべての日本国内線で、1フライトにつき500スカイマイル・ボーナスマイルをご獲得いただけます。JAL(日本航空)、ANA(全日空)、スカイマークなど日本国内線であれば、航空会社、路線、クラスは問いません!

「このキャンペーン、デルタ航空に何のメリットがあるのか分からない」「いよいよ延長されないんじゃないか?」という意見がTwitterで飛んでいましたが、大方の予想を裏切り、めでたく延長です。

 

この朗報を受け、満を持してデルタアメックスゴールドに入会しようと思いますが、このカードの年会費は26,000円+税という決して安くない年会費がかかります。

この高額な年会費を支払う価値があるのかどうか、この金額に見合うものが得られるのかどうか、しっかり整理したいと思います。

f:id:traveler_da1:20170220232057j:plain

 

 

得られるもの①:デルタ航空が行っているニッポン500マイルの回数制限拡大

平会員では年度に10フライト、5,000マイルまでしか獲得できませんが、スカイマイル・メダリオン会員になれば40フライト、20,000マイルまで獲得することができます。

ボーナスマイル獲得:片道フライトにつき500スカイマイル・ボーナスマイル。期間中、スカイマイル・メダリオン会員の方は、お一人様最大40フライト分(合計20,000ボーナスマイル)まで、スカイマイル一般会員の方は、お一人様最大10フライト分(合計5,000ボーナスマイル)までのボーナスマイルをご獲得いただけます。

これから作ろうとしているデルタアメックスゴールドでも、このスカイマイル・メダリオン会員の資格が得られます。

SFC修行がまだブロンズ止まりの私、そしてJGC回数修行を行う妻にとっては、20,000マイルを獲得できるチャンスが得られるのです!

得られるもの②:スターアライアンスゴールドメンバーの資格

私のSFC修行はやっと3万PPに到達したばかりで、プラチナまではあと2万PPぐらい貯めないといけません。

夏休みの家族旅行を修行も兼ねてどこかに行けないかなーと考えているのですが、現時点では「スターアライアンス系航空会社で行く◯◯◯◯7or8日間、エコノミークラスの旅」という漠然とした状態で、どこに行くのかすら決まっていません。

となると、空港で快適に過ごすために欲しいのはスターアライアンスゴールドメンバーの資格。

それを得るためにSFC修行をしているので、当然今は持っていません。

しかし、90日間という一時的なものではありますがスターアライアンスゴールドメンバーの資格を手に入れる方法があります。それが、ステイタスマッチです。

取得手順はこんな感じです。

  1. デルタアメックスゴールドを作る
  2. デルタ航空ゴールドメダリオン資格を得る。
  3. ユナイテッド航空にステイタスマッチを申請
  4. ユナイテッド航空プレミアムゴールド取得

得られるもの③:入会・紹介ポイント/マイル

入会方法によって手にするポイント・マイル数が異なりますので、分けて説明してみます。

1)ポイントサイト経由の入会

確認した時点ではハピタスの2,000ポイントが最高でした。

f:id:traveler_da1:20170220141204p:plain

支払うもの

年会費26,000円+税(年会費無料特典なし)

得られるもの
  • ハピタス2,000ポイント
  • 入会ボーナス8,000マイル
  • 追加2,000マイル(3ヶ月以内に5万円以上利用)
  • 追加4,000マイル(3ヶ月以内に15万円以上利用)
  • 追加6,000マイル(3ヶ月以内に20万円以上利用)
  • 2,000マイル(20万円を支払った際の通常獲得分)

→ハピタス2,000ポイント+22,000マイル

 

2)紹介プログラムを利用しての入会(知人から)

アメックスには紹介プログラムというものがあります。既にカードを所有している家族や知人から紹介してもらうと双方にボーナスマイルが貰えるというものです。

American Express-ご紹介プログラム

支払うもの

年会費26,000円+税(年会費無料特典なし)

得られるもの
  • 入会ボーナス8,000マイル
  • 追加10,000マイル(3ヶ月以内に10万円以上利用)
  • 1,000マイル(10万円を支払った際の通常獲得分)

→19,000マイル

 

3)紹介プログラムを利用しての入会(家族間)

2)に挙げたアメックスの紹介は実は「妻から私を」紹介することもできます。

私も妻も2016年の雨金祭りに8月末に参加したため、お詫びの10,000ポイントしか貰えていませんが、手元にまだ*1アメックスゴールドがあるため共に紹介者になることができます。

この方法は、作ったカードはデルタアメックスとSPG AMEXで違いますが「いわ坊さん」のブログで紹介されていた方法になります。参考にさせて頂きました。

いわ坊さんは「自分で自分を」紹介してポイントを獲得されたようですが、この件アメックスに問い合わせたら『自分で自分を紹介はNG 。家族であればOK』という回答でした。果たして真偽はどっちなのでしょう?

www.dangan-travel.com

支払うもの

年会費26,000円+税(年会費無料特典なし)

得られるもの
  • 入会ボーナス8,000マイル
  • 追加10,000マイル(3ヶ月以内に10万円以上利用)
  • 1,000マイル(10万円を支払った際の通常獲得分)
  • 紹介者として妻に15,000AMEXポイント

→19,000マイル+15,000AMEXポイント

 

 

ということで、家族で紹介プログラムを使えるアメックスを持っているのであれば、この3つの方法のうち、(3)の「家族間で紹介」の方法が一番お得となります。

もし持っていないのであれば、(2)の紹介プログラムを使うより(1)のポイントサイト経由の方がより多くのデルタ航空のスカイマイルを獲得できることになりますが、(2)よりも(1)の方がカード利用額の条件が厳しいので、そこで悩まれる方は(2)でもアリかもしれません。

 

もし(2)の紹介プログラムを利用したい方で、周りに所有している知人がいない場合は私から紹介をすることもできますので、PC画面左側(スマホ画面は注目記事の下)にある「お問い合わせ」からその旨ご連絡頂ければ喜んで応じさせて頂きます。

 

私は入会するのか、しないのか?

我が家の場合は「妻から自分を」の方法が使えるので、26,000円+税を支払うことで、19,000マイルと15,000AMEXポイントに加えてスカイチームとスターアライアンスの上級会員の資格がゲットできるのであれば十分作る価値はあると判断しています!

デルタ航空スカイマイルの価値

22,000マイルor19,000マイルが26,000円の年会費に見合うものなのか、マイルの交換先を確認しておきましょう。

獲得予定のマイルの出口・使い道をちゃんと確認することは大事です!

 

国際線特典航空券

残念ながら日本から20,000マイル以内で行けるのは、必要マイル数15,000マイルの韓国だけです。35,000マイルまで貯めると中国、台湾、香港、フィリピン、グアムまで手が届きます。

入会ボーナスと30回搭乗で35,000マイルに手が届きそうですが、35,000マイルで行ける場所はLCCでも安く行くことができる場所なので、あまりお得に感じられませんね。

日本国内特典航空券

スカイマイルは日本国内ではスカイマークの往復航空券に交換することができます。

必要マイル数は15,000マイル(神戸−那覇など)もしくは20,000マイル(羽田−那覇など)です。

スカイマーク:必要マイル数と利用可能区間の一覧

1点注意したいのは、スカイマークの航空券に交換できるのは日本在住のデルタスカイマイル提携クレジットカード本会員またはメダリオン会員の方という条件が付いていますので、スカイマークの特典航空券に交換することを考えている人は、交換を終えるまでクレジットカードは解約しない、もしくは年会費の安いクレジットカードに入り直すことを考えましょう。

JTBで使える旅行券

デルタ航空のマイレージプログラムで国内旅行に行けるんです!

10,000マイルをJTBで使える旅行券の10,000円分に交換することができます。国内パック旅行に使えるので温泉旅館のマイカープランなどもOKです。しかし、とても気軽に使うことができるというメリットがある一方で、以下のような条件があります。

  • 日本在住のデルタスカイマイル提携クレジットカード本会員またはメダリオン会員の方限定
  • 1年間で1会員あたり30,000マイル(30,000円分)まで
  • デルタ航空で発行されてから6ヶ月以内に出発する旅行に使用可能

会員限定という条件はスカイマークと同様ですので、JTBで使える旅行券に交換することを考えている人は、交換を終えるまでクレジットカードは解約しない、もしくは年会費の安いクレジットカードに入り直すことを考えましょう。

また忘れていけないのが3つ目の6ヶ月以内という期限です。デルタ航空で発行されてから6ヶ月以内なので、手元に届くと残りは5ヶ月ぐらいになっているという情報もあります。そこから5ヶ月以内に出発する旅行に使わないといけないので、ちょっとバタバタしそうです。前金や申込金を現金やカードで支払っておいて、残金をこの旅行券で支払えたらうまく使えそうです。JTBの担当者さんに応相談でしょうか。

得ですか?損ですか?

個人的な考えですが、22,000マイルor19,000マイルが26,000円の年会費に見合うものなのかはビミョーな所です。スカイマークの羽田那覇往復航空券やJTBで使える旅行券に交換したとして、トントンかちょっと損なぐらい。

私の場合は①の回数制限拡大と②のスタアラゴールドが目的ですし、さらに15,000AMEXポイントが加わるので、デルタアメックスゴールドに入会する価値は十分アリだと思っているのですが、①の回数制限拡大だけが目的の方にはデルタ スカイマイル テイクオフ JCB カードをオススメします。

こちらのカードであれば、年会費は初年度無料で2年目以降は1,500円+税で済み、①の回数制限拡大が得られ、スカイマークの特典航空券、JTBで使える旅行券への交換も可能です。

デルタ スカイマイルJCBカード | クレジットカードのお申し込みなら、JCB

1年に10回以上乗らないという方にオススメな方法は、毎年5,000マイルを上限にコツコツ貯めて、スカイマークの特典航空券やJTBで使える旅行券に交換したくなったらデルタスカイマイルテイクオフJCBカードを作る、という方法です。この方法が一番出費が少なくて良いと思います。

 

【訂正】

デルタスカイマイルテイクオフJCBカードではメダリオン会員の資格は得られず、ニッポン500マイルでの回数制限拡大とはならないようです。

デルタ航空限定クレジットカード提携会社は、アメックス、JCB、SuMi TRUST、そしてダイナーズとあるのですが、メダリオン会員の資格が得られ、回数制限が拡大となるのはアメックスの2種類のみのようです。

この点について誤りがあったので訂正致します。Twitterで教えて頂いたシンイチさん、ありがとうございました。

 

私がデルタ航空のマイルで行った無料旅行

2013年12月に広島ー台北(経由)ー香港ー台北(1泊)ー広島という旅行をしました。 この頃はひとり2万マイルで行けたんですよね(今は残念ながら35,000マイル)。

f:id:traveler_da1:20170405002914j:plain

香港では初めての香港ディズニーランドに行き、

f:id:traveler_da1:20170405003158j:plain

帰りに一泊した台北では十份まで足を伸ばして天燈を上げました。

f:id:traveler_da1:20170405004431j:plain

ちなみにこの天燈(スカイランタン)は好きな色を選んで自分たちで願いを書くのですが、長女が選んだのが水色だったせいで、ゴミ袋を飛ばしているような画になりました。

 

 

*1:年会費発生前には絶対解約します