読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

サグラダファミリアが目の前!子連れにもおすすめアパートメント


2016年の夏休み、スペイン・ポルトガル旅行へと出かけた我が家は、バルセロナの宿泊先をサグラダファミリアの目の前にあるアパートメントにしました。

最初はサグラダファミリアが見えるホテルをいろいろと探しましたが、部屋からサグラダファミリアが見えるホテルはすごい高かったり、少し安いホテルにすると部屋からは見えず屋上からしか見えなかったり、となかなか良いホテルが見つかりませんでした。

そこでホテルを諦めてアパートメントを選んだのです。

選んだアパートメントの場所はこちらです。ほんと目の前、サグラダ・ファミリアの受難のファサード側です。

 

アパートメントの名前は Gaudi’s Nest ガウディズネスト

Nestとは休み場所、ねぐらなどの意味がありますので、日本語で「ガウディのねぐら」と言ったところでしょうか。

「2度目のバルセロナーおこづかい4万円で充実旅」というNHKの番組で呂敏さんが泊まっていたアパートメントでもあります。

NHKドキュメンタリー - 2度目のバルセロナ「おこづかい4万円で充実旅」

 

チェックインを済ませた我が家は、部屋に入る前に早速屋上へと向かいます。

日本式で7階まで部屋があり、その上が屋上となっていますが、エレベーターが無いので覚悟が必要です。

しかし、がんばって階段を登ると屋上からはこの絶景!

f:id:traveler_da1:20161225225214j:plain

 

部屋に入ると、広くて使いやすいキッチンに洗濯機。奥にはテーブルとL字に配置されたソファがあります。

f:id:traveler_da1:20161225225251j:plain

上の写真の左側にダイニングテーブルがあります。リビング、ダイニング、キッチンからサグラダ・ファミリアが見えます。

世界遺産を眺めながらキッチンに立つ、こんな経験なかなかできません。

f:id:traveler_da1:20161225225239j:plain

子連れにオススメ①「公園がアパートメントのすぐ下にある」

 

部屋の窓に近づくと、サグラダ・ファミリアのてっぺんまで見えます。

日本式の5階でしたので木が少し邪魔ですが、これより上の階だと登り降りが大変そうなので、上過ぎず下過ぎずの5階にしました。

そして、窓の下に公園が見えます。部屋のすぐ外の公園があるなんて、子どもにとっては最高のロケーションです。

f:id:traveler_da1:20161225225259j:plain

公園に降りてきました。後ろに写っているのがアパートメントです。

f:id:traveler_da1:20161225225324j:plain

ブランコもあります。3才の次女にはちょうどいい規模と遊具です。

しかし、6才の長女は少し物足りない様子。

f:id:traveler_da1:20161225225334j:plain

ということで、サグラダ・ファミリアの反対側、生誕のファサード側まで行きます。

子連れにオススメ②「サグラダ・ファミリアの反対側にも公園がある」

f:id:traveler_da1:20161225225348j:plain

先程の公園よりちょっと高度な遊具がこちらの公園にはあり、数も多いです。

場所はここですね。

子連れにオススメ③「部屋からサグラダ・ファミリアの夜景が見える」

 

子連れで旅行をしていると、子どもに合わせた時間でしか観光できません。

夏のヨーロッパでは日没が21時を過ぎるので、夜景を楽しめるのはだいたい22時を過ぎてから。

大人だけの旅行であれば、ディナーをして夜景を観てからホテルに戻ることもできますが、子どもがいるとそうもいきません。

ということで、夏のヨーロッパ旅行では夜景を諦めるのが我が家のいつもの旅行スタイル。

でもこの時は違いました。

部屋から一日中サグラダファミリアが見放題ということは、子どもが寝たあとでゆっくりと部屋から、ライトアップしたサグラダファミリアを楽しむことができるんです。

夜に街中を散策するとスリなどが心配になるバルセロナですが、部屋なのでそんな不安もありません。

 

部屋からだけでは我慢できずに、夫婦で交互に屋上にライトアップしたサグラダファミリアを見に行きましたが。

ちなみにサグラダファミリアのライトアップは夏は22時からです。

f:id:traveler_da1:20161225225508j:plain

まとめ

アパートメントですので、チェックイン手続きをしてくれる管理人はいますが、通常のホテルのようなフロントサービスはありません。ゴミも「チェックアウト時に道路の反対側にあるゴミステーションに出しておいて」という対応です。

 

ちょっと不便というかホテルと違う点に戸惑ったりもしますが、憧れのバルセロナで、憧れの世界遺産サグラダ・ファミリアの目の前で、暮らすように旅をする。こんな素敵な体験ができます。

バルセロナ旅行では、是非オススメしたいアパートメントです。

おまけ

逆さサグラダファミリアが観られるのはアパートメントの下の公園側です。

逆さサグラダファミリアの写真をネットで探すと、ほとんどが公園から撮影したものですが、アパートメントの屋上から撮影するとこんな感じになります。

f:id:traveler_da1:20161227174612j:plain