読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

Amazonほしいものリストより3つ目のプレゼントを頂きました


3月末に「Amazonほしいものリストより2つ目のプレゼントを頂きました」という記事を書いたばかりなのですが、その記事を書いてから1週間ほど経ちました。

どうやら、まさかまさかの、3つ目のプレゼントが届いたようです。

2度あることは3度あると言いますが、こんなハッピーなことが三度も起きて良いのでしょうか!

www.traveler-da1.com

 

 いきなりですが、頂いたプレゼントはこちらです!

f:id:traveler_da1:20170403220917j:plain

このシュールな絵と、それを引き立てるヘタウマな字。最高です。

右のページの正解はこの次のページなのですが、正解の絵が気になる方はぜひ書店で立ち読みになるか、Amazonやハピタス堂書店でお買い求めください。

一応、右ページの正解はこのブログの一番下で書きます。ネタバレとなるためご注意ください。

頂いた絵本はこちら、「なつみはなんにでもなれる」です。

 

絵本を次女に持ってもらったのですが、「(離れて暮らす)お母さんにこんなのもらったよ!って写真送ってあげようよー」と言ったらお友だちをたくさん連れてきてくれました。

せっかくですので、3人の紹介をします。

右から

  • ななちゃん(たぶんモモンガ)/生まれはシンガポール動物園。選んだのは長女。一応男の子という設定。お父さんである私もこの子は大のお気に入り。
  • ななっぴー(フェネック)/生まれはポルトガル・ポルト空港。こちらも選んだのは長女。出発地であるバルセロナ空港で出会ったものの一旦は諦めてもらった。しかし到着地のポルト空港でも居たので、「これも何かの縁かな」と。こちらは上記ななちゃんの妹という設定。あとで知ったのだが、こちらは韓国アニメのキャラクターらしい。ヨーロッパの空港の売店に出没するとは・・・http://yoohoo.auroraworld.com/yf/Endangered_characters_pammee.aspx
  • ハイハイミニーちゃん/サンフランシスコのターゲットで出会ったのが初めて。「持って帰れないからごめん!」と次女に言い聞かせたものの、強い想いに根負けして3ヶ月後のクリスマスプレゼントにとアメリカからネット通販した子。

全て海外旅行の時に買ったものや見つけたものですが、我が家は普段ぬいぐるみはほとんど買わないので、旅行の時しか増えないのです。海外旅行に行くとぬいぐるみをひとつ買ってもらえる、のようなルールになっているのかもしれません。

最初は無意識だったのですが、そのうちに「このペンギンは旭山動物園」「この猿はハワイのドール・プランテーション」「このミニーはディズニーランド・パリ」など、親にもちょっとした思い出というか思い入れがあって、結果良かったなと思っています。

 

 

 

さてこの「なつみはなんにでもなれる」ですが、登場人物のなつみちゃんがいろんな愉快な真似をして、それをお母さんが当てるという話なのですが、当然子どもは真似しますよね。

お風呂に入る前に初めて読んであげたのですが、長女はその後のお風呂で口から水を出して、次女が「マーライオン!」と。

2年前に行ったシンガポールで出会った、マーライオンという巨大な物体の名前を覚えてくれていること、嬉しいですね。

 

ただ、湯船のお湯を口に含んで吐き出すのは止めて欲しいです。

 

 

さてそれでは絵本の正解をいきますよ!ネタバレ注意ですよー

 

 

 

 

絵本の右ページの正解は「ポット」でした〜

 

初めて読んだ時、子どもたちと3人で大爆笑でした。

 

4月からお母さんと離れて暮らすようになった長女と次女。早速頂いたこちらの絵本を毎晩(今日で3晩連続)、私が寝る前に枕元で読んでいます。

すでに「お母さんがいいー」を連発している子どもたちですが、寝る前に涙ではなく、ちょっとだけ笑って眠りについてくれているのが、せめてもの救いです。

たった1冊の絵本ですが、今の我が家には、大きな救いとなっています。

贈って頂いた方、本当にありがとうございました。