だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

ポイントサイト経由でクレジットカードを作るのは怪しい?そこに潜む大人の事情とは


先日、友だちに陸マイラーを勧めていたときの話。

 

『ポイントサイト経由でクレジットカードを作るのって大丈夫なの?なんか怪しそうなんだよね…』

 

個人情報が変なとこに流出してるんじゃない?

公式サイトとか空港で勧誘しているお兄さんから申し込んだ方が安心な気がするんだよね

 

この考え、分からないコトはない。でも、真実は違うから。

 

クレジットカードを宣伝する販売促進費のコト

JCBカード、三井住友カード、楽天カード、ライフカード、オリコカード、エポスカード、アメリカン・エキスプレス・カード、DCカード、イオンカードなどなど、挙げたらキリがないほどクレジットカードの種類ってあるんですが、全てのカードで一致していることが1つあります。

それは・・・

縦53.98mm 横85.60mm 厚さ0.76mmってところ?

まぁ、それも確かにそうですが、言いたいのはそんなことではありません。

どのクレカも、新規顧客が欲しい!ということ。

クレジットカード会社の収入とは?

クレジットカードがどうやって収入を得ているかというと、ざっとこんな感じですね。

  • カード会員から徴収する年会費
  • お店からの手数料
  • リボ払いの利息

つまりは、クレジットカードをいっぱい使ってもらえば、クレジットカード会社が儲かるって話。当たり前すぎる話で申し訳ありません。

クレジットカードを持っていない人はまだまだたくさんいる

『クレジットカードをいっぱい使ってもらえば』というのは2つありまして、ひとつは1人1人がよりお店でいっぱい支払うこと。そしてもうひとつは、よ り多くの方に自社のクレジットカードを所有・使用もらうこと、です。

 

こちらの調査結果と下のグラフはJCBが行った調査からお借りしたものです。

  • クレジットカードの保有率は84%。平均保有枚数は3.2枚。
  • 男女20代、男性30代の保有率は他の年代と比べて低く、80%を下回る

f:id:traveler_da1:20171009132445p:plain

思ったよりも保有率が高いなーというのが私の感想ですが、 年代や性別によってはまだまだ数字を上げられるところ、ありますよね!

 

よーし、じゃあ新規顧客獲得のために頑張ろう!そのためには軍資金が必要だー!と投入されるお金が、クレジットカード会社にとっての販売促進費ですね。

販売促進費をどう使うかは、会社次第

調査の結果を受けて、あなたが営業ならどんな販売促進策を取りますか?

  • インパクトはあるけどギャラがそこそこ安そうなタレントに『◯天カードマン!』とCMで叫ばせる
  • 航空会社や鉄道会社と手を組む
  • 入会すると◯◯円あげます!とエサで釣る
  • 空港で『アメッ◯スいかがですか〜?』と声を掛ける

他にもいろんな方法があると思いますが、分かりやすいところでこんな感じ。

そして、ポイントサイトもこれと全く一緒なんです!

f:id:traveler_da1:20171009143120j:plain

クレジットカード会社が販売促進費を使って『これだけお金支払うので、新規顧客獲得のための宣伝を引き受けてください!』という行動を取るのは、結局はどっちも同じなんです。

同じならお得な方を取りましょうよ

公式サイト経由がお得ならそれはそれでいいと思います。

空港で声をかけられたアメックスのお兄さんが超イケメンなら、お金に換算できないプライスレスな時間をゲットできるので、それもアリだと思います。

とはいえ、ポイントサイト経由でクレジットカードを申し込む方法が、他の方法よりもお得なことが多いので、私はポイントサイトを使って申し込むんです。

 

ここまでが、クレジットカード会社の販売促進費にまつわる大人の事情のお話。

 

 

個人情報の流出って大丈夫?

ポイントサイトから個人情報が流出するんじゃ…と不安に思うのも分かります。

とはいえ、陸マイラーを1年以上続けてきましたが、本日調べてみても私の本名をググってみて私に辿り着くようなものは1つもありませんでした!

www.traveler-da1.com

なお、時々『クレジットカードの情報が流出』というニュースが出たりしますが、悪いのは不正アクセスをブロックできなかったお店などであり、クレジットカード会社そのものから流出したという話ではありません。

万が一こういうケースで流出してしまった場合は、ポイントサイト経由で申し込もうが公式サイト経由で申し込もうが、違いや対応の差は全くありません。

ポイントサイトと陸マイラーの事情

最後にポイントサイトに群がる陸マイラーのお話。

私がやっている陸マイラーという行動のひとつに、ポイントサイト経由でクレジットカードを月1、2枚作るという行動があります。

これ、悪い話でも汚い話でもズルい話でもありませんから。

簡単に言うと、この行動に関係する3者みんなが嬉しい仕組みなんです。

  • 陸マイラー:クレジットカードを申し込んだお礼にポイントサイトからポイントが貰える。それをマイルに交換して無料で旅行へ行ける。
  • ポイントサイト:陸マイラーがたくさんクレジットカードを申し込むと、ポイントサイトは広告主からよりお金が貰える(?)、次回請負時の条件が良くなる(?)、ポイントサイト会社として利益が出る。
  • クレジットカード会社:新規顧客が獲得できて営業さんも嬉しい、会社としても嬉しい

ポイントサイトの部分は一部(?)を付けました。ユーザーである陸マイラーがよりたくさん申し込めば、広告主からよりたくさんの報酬が貰える成果型なのか、顧客獲得数に関係なく広告1本いくらという固定報酬なのか分からなかったからです。

陸マイラーがなぜポイントサイトに群がっているか、分かって頂けましたか?

社会の仕組みにただ乗っかっているだけなんですよ。

www.traveler-da1.com