だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

JFXマトリックストレーダーの申込・取引方法、そして結果報告!


ハピタスのみんなdeポイントに、JFXの案件がアップされたタイミングで申込をしました。

申込方法から取引方法、そして私の結果をまとめたいと思います。

  • 案件:JFX口座開設・取引(ハピタスみんなdeポイント)
  • 申込日:2017年4月17日
  • 獲得マイル 10,800マイル(12,000ポイント)
  • 難易度:★☆☆☆☆(簡単)

申込方法

私はハピタスで申し込みました。他のポイントサイトを使っても申込方法は同じですので、その時一番獲得ポイントが多いサイトを使ってくださいね。

www.traveler-da1.com

 

 

まずハピタスのポイント獲得条件をちゃんとチェックしましょう。

この時は45日以内に新規約定50万通貨以上完了でした。

f:id:traveler_da1:20170426145854j:plain

各ポイントサイトの「ポイントを貯める」などをクリックすると、このような画面になりますから右下の「口座開設」をクリックします。

f:id:traveler_da1:20170426145934j:plain

住所や名前、勤務先の情報などを入れていきます。「同意します」のチェックもあります。

f:id:traveler_da1:20170426145928j:plain

入力がしたら確認画面があり、そして完了です。3ステップなので免許証やマイナンバーの画像を用意しておけばすぐに終わります!

f:id:traveler_da1:20170426150126j:plain

あとは書類が届くまで数日待ちましょう!

書類受取

申込が完了するとこのような封筒がクロネコヤマトのセキュリティパッケージで届きます。

f:id:traveler_da1:20170422103916j:plain

封筒の中身はこんな感じ。ユーザーIDを書いた紙や取引方法のガイドブック、そして大事な10,000円キャッシュバックの案内もあります。

f:id:traveler_da1:20170422081336j:image

左下に写っている「新規口座開設キャンペーン」は簡単ですのでちゃんとクリアして1万円もらいましょう!下の取引方法でも触れていきますね。

取引方法

今回は申込はパソコンから行いましたが、クイック入金や取引、そして出金は全てスマートフォンアプリでやってみました。

MATRIX TRADER iPhone・Android版アプリ|JFX

(入金は簡単でしたので省略します)

注文画面は「通常注文」と「クイック注文」の2種類があるのですが、損失をなるべく少なくするためにスキャルピングという手法を使いますので、クイック注文画面で取引をしました。

スキャルピングとは超短期取引のことですが、言葉は知らなくても全く問題ありません。大事なのは「マイルのために利益は考えず、注文したら即決済をする」ということです。

 

実際にクイック注文画面を開くとこんな感じです。

f:id:traveler_da1:20170422112806j:plain

最初に起動するとLot数が1となっていました(1Lot=1,000)。

ハピタスでのポイント獲得条件は以下の通りです。50万通貨以上の取引を完了させるために1Lotずつやっていると500回新規取引をやらないといけないので、10Lotに設定して50回で終わらせるのがオススメです。

【ポイント獲得条件】

口座開設+入金+取引完了
口座開設申込から45日以内に入金及び新規約定50万通貨以上の取引(1Lot=1,000通貨)を完了した時点で、ポイント対象となります。
どの通貨の取引をする?

実際に取引を始める前に、どの通貨の取引をすべきか考えましょう。

ハピタスのポイント獲得条件を満たすためには50万通貨以上の取引をしないといけないのですが、この場合はスプレッドの一番小さいUSD/JPYがオススメです。

スプレッドとは売りと買いの値段の差のことで、この差はFX会社の手数料と考えて頂くと分かりやすいのですが、USD/JPYだと1万通貨単位で取引をした時に1回30円が徴収されるイメージです。

レートが全く動かないと仮定して、50回の取引ですのでマイナス1500円に収まれば上出来でしょう。

ただし今回はJFXのキャンペーンのことも考えないといけません。

f:id:traveler_da1:20170426150532j:plain

MATRIX TRADERではじめよう新規口座開設キャンペーン!【JFX】

■対象通貨ペアと条件数量

ポンド円(GBP/JPY) → 新規約定の合計20万通貨以上

豪ドル円(AUD/JPY) → 新規約定の合計20万通貨以上

NZドル円(NZD/JPY) → 新規約定の合計20万通貨以上

ユーロ円(EUR/JPY) → 新規約定の合計20万通貨以上

ユーロ米ドル(EUR/USD) → 新規約定の合計80万通貨以上

米ドル円(USD/JPY) → 新規約定の合計80万通貨以上

こちらのキャンペーンのために必要な条件が上の通りなのですが、スプレッドの小さい米ドル円だと80万通貨以上も取引をしないといけませんので、ハピタスの50万通貨より30回も多くなってしまいます。

ということで、ハピタスの条件も、JFXのキャンペーンの条件も満たす組み合わせとしてオススメはこの組み合わせです。

  • 米ドル円(USD/JPY)を30万通貨
  • ユーロ円(EUR/JPY)を20万通貨

ユーロ円はスプレッドが1万通貨単位で50円と、米ドル円の30円に比べれば大きいのですが、他のポンド円(130円)、豪ドル円(70円)に比べれば小さいのでオススメです。

 

 

 

必要証拠金とは?最低いくら必要?

最初にいくら入金したら、私がオススメする

  • 米ドル円(USD/JPY)を30万通貨
  • ユーロ円(EUR/JPY)を20万通貨

の取引ができるのでしょうか?

JFXには新着情報一覧のページ内に「必要証拠金一覧のお知らせ」という情報が毎週アップされています。ここを確認するといくら必要かどうかを確認できるのですが、例として平成29年5月22日の週のものを抜粋します。

f:id:traveler_da1:20170522215626p:plain

表の一番下、EUR/JPYの行に、「1Lotあたり:1,000通貨:5,100円」とありますね。これはEUR/JPYを取引する場合、1Lot(1,000通貨単位)では5,100円が必要ですよ、ということです。私がオススメするユーロ円の取引を1万通貨単位(10Lot)で20回取引する場合は、10倍の51,000円が必要と分かります。

また、USD/JPYの場合は下の表に4,600円とありますので、米ドル円の取引を1万通貨単位(10Lot)で30回取引する場合は、10倍の46,000円が必要と分かります。

f:id:traveler_da1:20170522220437p:plain

なお、この必要証拠金の金額ポジションを1つしか持たないという前提で書いています。つまり、新規で買ったら(ポジションを1つ持つということ、売った場合も同じ)次は売って決済をするということです(ポジションを0にするということ)。

新規で買って、さらに買い増しする(ポジションを2つ持つ)という場合には当てはまりませんのでご注意ください。ポジションを2つ持ちたければ必要証拠金を2倍にするだけですが。

じゃあ「51,000円だけを入れておけば大丈夫か?」と思われるかもしれませんが、これはあくまで最低必要証拠金になりますので、1回目はこれで問題なく取引できますが2回目以降は残金が51,000円を割ってしまったら取引できなくなってしまうので、6万円ぐらいは入金しておいた方が良いと思います。

指値・逆指値の自動設定 

クイック決済の画面の「クイック決済」という文字の右側にあるボリュームつまみのようなのマークを開くと、決済pip差を指値・逆指値と設定することができます。設定できる値は最低30pipからの設定になります。これを設定しておけば新規注文と同時にプラス30pipとマイナス30pip、つまり10Lotで取引する場合は、利益も損失も3,000円ぐらいの所で収まるような注文ができます。

f:id:traveler_da1:20170422081445j:plain

最初は操作を迷うかもしれないので設定して取引をするのが安心です。また、注文後に何らかの理由でネットが切れてしまった時でも、自動でマイナス3000円以上は損失が広がらないようにできるので安心です。

私は最初は設定していましたが、途中から面倒になってオフにしていました。

実際に注文をしてみる 

それではいよいよ取引をしてみます。

Lot数を10にして「買注文」(または「売注文」)をタップします。その後「約定しました」というポップアップがでますが、すぐに閉じ、下の「買 全決済」(または「売 全決済」)をタップします。

f:id:traveler_da1:20170422112627p:plain

「約定しました」のポップアップはこれです。すぐに「閉じる」を押しましょう。閉じたらすぐに、下の「買 全決済」(または「売 全決済」)をタップします。

f:id:traveler_da1:20170425054951j:plain

「全決済」をタップすると再度こんなポップアップが出てきますので、「実行」をタップします。

f:id:traveler_da1:20170425053935j:plain

「実行」を押した後にこちらのポップアップが表示されたら1回の取引は終了です。

f:id:traveler_da1:20170425055512j:plain

約定履歴を確認

注文履歴で確認くださいとありますが、注文履歴より約定履歴の方が見やすいです。

約定履歴の画面で「決済のみ」を選択すると、1回毎の損益だけが表示されます。マイナス30円やマイナス120円、プラス40円などがありますね。

f:id:traveler_da1:20170422081415j:plain

それでは実際、50回の取引を終えていくらの利益・損失となったのか見てみましょう。

結果報告

f:id:traveler_da1:20170425055755j:plain

ハピタスとマトリックストレーダーの条件をちゃんと計算してやれば、50回の取引で済むので、「一番上の新規約定数量」は500となるのが正解なのですが、ドル円を20回、ユーロ円を20回をやった後に間違えてユーロ円を10回追加してしまったんですよね。この50回でも問題なかったと思いますが、一応ドル円の10回を追加取引したのでトータル60回取引の取引をしてしまいました。そして、最後にこのブログ用の画像をスクショするために1Lotで追加取引をしたので、新規約定数量が601となっています。

これでもトータルマイナス1,376円となりました。

最後に10万円を出金して口座に2万円弱を残し、ハピタスのポイント付与とJFXからのキャッシュバックが完了したのを確認して全額を出金します。

ちなみにハピタスのポイント付与は、私の場合はポイント獲得条件となる回数を達成したのが4/21で、7日後の28日には有効判定されました!とても早いです。

f:id:traveler_da1:20170428204244p:plain

後日JFXから10,000円のキャッシュバックが受けられれば、プラス8,600円ぐらいとなりますから、良い結果だと思います。

これでさらにポイント・マイルが貰えますから、JFXの案件はオススメできると思います!

また、今回はスマホで全部の取引ができましたので、私は通勤電車の中と病院の待ち時間で取引しました。これなら忙しい方でもできると思います!

ハピタスのみんなdeポイントなどで、ポイントがアップした時はすかさず申し込んでくださいね!