だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

海外旅行にオススメのクレジットカードは?【2017年版】


海外旅行に行くにあたって、どのクレジットカードを選べばよいか迷う方も多いのではないでしょうか。

今回は、海外旅行にクレジットカードを持っていくメリットを紹介し、だいちぃオススメのクレジットカードを比較・紹介してみたいと思います。

海外旅行にクレジットカードは絶対に必要?現金だけじゃダメなの?

現金をあまり持ち歩かなくて良いので安全

海外は日本と比べて盗難などが多いと言われています。

海外旅行にたくさんの現金を持っていくと、盗難や紛失のリスクに常に怯えながらとなり思いっきり観光を楽しめないかもしれません。

とはいえ、持っていくお金が少なすぎると、いざという時にお金が足りなくなり、これまた海外旅行を楽しむことができなくなるかもしれません。

しかし、クレジットカードがあれば、多額の現金を持つ必要がなくなるので安心です。

もし万が一盗難や紛失した時でも電話1本でクレジットカードは利用を停止することができ、さらに万が一盗まれたカードが不正利用されてしまったとしても、不正利用の分はカード会社が補償してくれます。

そう考えると現金よりクレジットカードのが安全・安心ですよね!

現金を盗まれた場合はほぼ返ってきませんが、クレジットカードなら電話をしておくだけで被害ゼロです!

ただし、チップを払ったり地下鉄・バスなどに乗る時は現金でないとダメな場合もありますので、いくらかの現地通貨は必ず用意しておきましょう。

通貨を両替するよりもクレジットカードで払う方がお得

銀行や両替所での外貨への両替は、実は結構な手数料がかかっています。銀行の為替レートに上乗せされる形で、知らない間に手数料を取られているのです。

また、両替の手数料を考えると、現地通貨を用意するにしても海外キャッシングを利用したほうが得をするケースがほとんどです。
事前にカード会社のHPなどで操作方法をチェックしておけば難しいことはありませんよ。

海外のホテルではデポジットが必要!

ツアーの場合は必要ないことが多いですが、海外のホテルではチェックインする際にクレジットカードの提示または200ドル〜300ドルほどの預け金が必要になります。

ただでさえ現金は少なめにしておきたいのに、ホテルに大金を預けるのは非常に不便ですよね。

クレジットカードなら提示するだけで済みますのでデポジットの分の現金を余分に用意しておく必要がありません。

海外旅行保険が使える!

海外旅行中に、体調を崩したり、転んでケガをしてしまった、置き引きやスリの被害にあったなどのさまざまなアクシデントがあった際に、サポートしてくれるのが海外旅行傷害保険。

旅行先では何が起こるかわからないので、海外旅行傷害保険付きのクレジットカードに入っておくと安心です。

ただし、国によっては日本の医療費と比べて請求される金額のケタが違いなこともありますので、必要に応じて海外旅行保険を別で申し込むことをオススメします。

我が家は大抵、クレジットカードの海外旅行保険だけでは不安なので、
損保ジャパンなどの海外旅行保険を契約をして旅行に出かけていますよ。

現地のトラベルデスクを利用できる

JCBのマークが付いたクレジットカードを持っていると、世界60ヶ国にある現地トラベルデスクが使えます。

JCB PLAZA | クレジットカードJCB

日本語でホテル・レストラン・オプショナルツアー・各種チケットの申込みをすることができ、もちろんカードの紛失や盗難時のサポートもしてもらえます。

このトラベルデスクは旅行前に日本からでも使えるのでとても便利です。

実際にこちらのレストランを、JCBカードのトラベルデスク「JCBプラザ」に予約して頂きました。

ビストロ・シェ・レミーの予約をJCBプラザにお願いしました|ディズニーランドパリ - だいちぃマイルで子連れ旅行

海外旅行にクレジットカードは何枚必要?

クレジットカードは1枚ではなく最低2枚は持っていくことをオススメします。

さらに持っていくクレジットカードは国際ブランド(VISA, Master, JCB)の違うものを持っていくことをオススメします。

理由は次の通りです。

1枚が使えなくなった時に困る

クレジットカードが使えなくなるケースは利用限度額オーバー、磁気不良などいろいろなケースがあります。

また、盗難や紛失によってクレジットカードを失ってしまうことも。

「盗難・紛失による不正利用はカード会社が補償してくれる!」と言いました。

確かに紛失・盗難時も補償してくれるので安心なのですが、予備のクレジットカードが無いと、旅行を続けるのにお金が足りないということに

そんな場合に備えて、クレジットカードは2枚以上持ちましょう。

国際ブランドによっては使えないお店がある

海外のお店では、VISAとMasterは使えるけどJCBは使えない、というケースが少なくありません。

VISAかMasterであれば、クレジットカードが使えるお店ならまず大丈夫です。

『ならばJCBを持って行かなければいいんじゃない?』と思われるかもしれませんが、JCBカードが無いとJCBプラザが利用できないので、どうしてもトラベルデスクに頼りたい時に困ってしまいます。

よって、持つべき2枚は「VISAまたはMaster」と「JCB」の国際ブランドマークが付いたクレジットカード2枚にするのをオススメします。

海外旅行にオススメのクレジットカードは?【2017年版】

それではいよいよ、オススメのクレジットカードを紹介したいと思います。

①楽天カード

f:id:traveler_da1:20170729140438p:plain

  • 年会費:永年無料
  • 国際ブランド:JCB/Visa/MasterCard 

8年連続顧客満足度ナンバー1に輝いた楽天カードです。楽天市場でのネットショッピングだけでなく、海外のお店でも使えます!

年会費がずっと無料なので持っていても損はありませんし、国際ブランドを3種類から選ぶことができるので(デザインによってはMasterまたはJCB)、他のクレジットカードの国際ブランドを先に決めてから、楽天カードの国際ブランドを決めるのがオススメですね!

カード利用で貯まるポイントが1円から楽天市場でのショッピングで使えるところも◎ですね!

②エポスカード 

  • 年会費:永年無料
  • 国際ブランド:Visa

下に載せたようなデザインカードは発行に500円がかかりますが、上に載せたノーマルのエポスカードなら発行も年会費も全て無料です!

エポスカードは年会費無料にも関わらず、海外旅行保険が充実しているので多くの海外旅行好きの方から支持されているクレジットカードなんですよ。

傷害死亡・後遺障害:最高500万円
傷害治療費用 :200万円
疾病治療費用 :270万円
賠償責任: 2000万円
救援者費用: 100万円
携行品損害:20万円

 

③UCSカード

f:id:traveler_da1:20170729140632p:plain

  • 年会費:永年無料
  • 国際ブランド:VISA 

こちらも年会費がずっと無料です。何よりもデザインがカワイイですよね!国際ブランドがVISAしか選べませんが、もう1枚のカードでJCBを選べば問題ないでしょう。

お会計でこのカードを提示して、店員さんとの会話が弾んだら、楽しい思い出がひとつ増えそうですね!

 

さいごに 

だいちぃがオススメしたのはどれも年会費無料の、ハードルの低いクレジットカードでした。

ゴールドカードを持っていれば受けられるサービスや特典も充実していますが、普段あまりクレジットカードを使わない人にとっては年会費無料でちゃんと使えるカードのがありがたいですよね!

クレジットカードを作って、どうぞ安心・安全、そして快適な海外旅行を〜♪