読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

東京出張のついでにマイラーが集うと話題のルイーダの酒場にランチに行ってきました!


職場の中でも殆ど出張のないセクションで仕事をしている私ですが、珍しく東京出張が入り、運良くこの日は昼で解散となったため、陸マイラーが集うという通称「ルイーダの酒場」へランチに行くことにしました。

いろんな方のブログで「お店に行ってきた!」という記事を読むことがありますが、基本的にお店の名前は伏せられています。

ということで情報は「門前仲町の駅近くにあるイタリアン」ということのみです。

門前仲町の駅あたりにあると言うことで門前仲町で降ります。私、田舎者なもので「もんぜんなかまち」だと思っていたのですが、「もんぜんなかちょう」なんですね。ツウの方は「もんなか」なんて言ったりするようですが。

f:id:traveler_da1:20170416110206j:plain

 

 

駅を出て少し歩くとキレイな桜が咲いていました。ルイーダの酒場らしき看板があります。「ここから徒歩で50M」と書いてありました。 

f:id:traveler_da1:20170415174824j:plain

お店の外観です。

お店に来る前に他の方のブログでお店の外観写真は見ていました。店名分からずとも「門前仲町にあるイタリアン」のお店を片っ端からストリートビューで確認したので、おそらくこのお店であっているとは思いましたが…本当にあっているのかちょっと不安でした。

f:id:traveler_da1:20170415174823j:plain

お店に入り、マスターさんにカウンター席を案内されて座りました。

そこにこのお花を発見!

f:id:traveler_da1:20170415174905j:plain

www.haneda-airport-server.com

羽田空港サーバーさんがオープン2周年記念のお祝いにお花を贈られたようです!素敵な心遣いですね〜。そんな私はこのお花を見て一安心しました。このお花を見て「あ、ここがルイーダの酒場であっているんだ」と。

奥にANAカレンダーが置いてありますね!マイラーさんがお店に来た日に◯が付けられています。

 

さて、ランチを頼みます。

この時点ではまだ私が何者かを名乗って居なかったように記憶しています。というか、一昨日のことなのに記憶が曖昧なんですよ。極度に緊張していたんです、ほんと。サラダを食べ始める辺りでダスティさんから声を掛けて頂いて挨拶をしたような記憶があります。「だいちぃです」と。

ランチは、サラダ、パスタ、ドルチェ、ドリンク(フォカッチャ付き)のフルコースを頼みました。

f:id:traveler_da1:20170415174906j:plain

このアーリオオーリオが本当に美味しくて!残ったソースはフォカッチャに付けて頂きました。

ランチメニューの写真や解説は、こちらも羽田空港サーバーさんが書かれているので、そちらを読んでください!写真もキレイです!私は恥ずかしかったので無音カメラアプリを使いました。だから画像も汚いです…。

『ルイーダの酒場』2周年!コンシェルジュと花束サプライズの舞台裏 - 羽田空港サーバー

入店したのが13時前だったのですが、その時は他に2組いらっしゃいました。その後は店内が私ひとりになったので、ドルチェやドリンクを頂きながら、マスターであるダスティさんとたくさんお話をしました。

ただですねぇ、話に聞いていましたがダスティさんが想像以上のイケメンで、お話ししながらも目の遣り場に困るというか…

それでもがんばって修行のことや特典航空券のこと、次の旅行のこと、などお話しました。 

ダスティさんがおっしゃられていましたが、去年の修行は「孤独で本当に修行」だったようです。今年はTwitterをする修行僧・尼の方が多くいらして、「いってきまーす」と呟いたり、同じ空港にいることが分かるとお会いしてみたり、など孤独感はあまりなく、みんなに見守られているように感じてとても楽しいです!

北京空港ではTwitterができなかったために孤独でしたが…

私はやっとブロンズに届いたばかりです。まだまだ修行が残っていますので、引き続きTwitterで私の修行を見守って頂けると嬉しいです!

 

ゆっくり1時間ぐらい滞在して失礼しました。美味しい食事と楽しいお話に大満足です!女性の方ならもう1つ、「イケメン観察」という楽しみが加わることでしょう。料理を作る背中とか、男の私からしてもチョーカッコよかったです♪

 

みなさんもよろしければダスティの酒場、探して行ってみてください!あ、でも本日日曜日は定休日のようですのでご注意ください。

www.sfc2016ana.com