だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

名古屋人の朝はモーニング!からの〜9,000マイルゲット/陸マイラーのおかしな休日③


だいちぃのおかしな休日を綴るシリーズ、早くも3つ目です。

1つ目と2つ目はこちらです。1つ書いて終わりにするつもりでしたが、2つ目、そして3つ目と、まさかのシリーズ化(?)です。 

前回の②の文末で予告した分が今回の記事③となります。

ということで、一週間後に別のFPさんと相談してきます!セカンドオピニオンってやつです。もちろんこちらも、マイルが貯まるポイントサイトを経由してます!(チャッカリ!)

ということで②に続き③も保険相談となります。

 

前回の反省

前回の保険相談で大きく後悔をしたことがあるんですよね。

面談の内容のことではありません。

取りこぼしたマイルがあった訳でもありません。

 

②の際に、「モーニングを食べること!」を取りこぼしたんです。 

 

前回は面談の15分前に到着し、お水を飲んで席で待ちました。そしてお相手が現れてから2人ともアイスコーヒーを注文。これから保険相談をしようとしているのに、ここでトーストを食べる訳にはいかない。しかも「おぐらあん」の乗ったトーストを食べるのは…さすがに無理。

ということで前回は店員さんの『モーニングはどうされますか?』の質問に、「結構です」と答えたんですよね。こんなこと、初めてでした。タダで食べられるモーニングを断るなんて・・・初めてでした。

f:id:traveler_da1:20170508230717p:plain

前回の反省を活かして今回は・・・

前回の面談から今回の面談まで一週間ありました。この間いろいろと考えて、我ながらナイスなアイデアが浮かんだんです!!!(一週間、何考えてんだか・・・)

 

「早めに到着して先に食っちゃえばいいんじゃね?」

 

ということで、前回の反省を活かして今回は30分前にお店到着しました!今回、面談に選んだのは支留比亜珈琲店です。

コメダ珈琲店がセ・リーグだとすると支留比亜珈琲店はパ・リーグといった感じでしょうか(意味不明)。相手の存在には薄々気付いていましたが、我が家は先祖代々「コメダ党」なので、支留比亜珈琲店に来るのはこれが初めてです。

f:id:traveler_da1:20170508231440j:plain

席に着くやいなや注文を済ませます。左側メニューの上段3つと、下段のハム・玉子サンドはドリンク代だけで食べられます。システムや値段設定はコメダとほぼ同様ですがメニューの作りが庶民的というか、やはり実力勝負のパ・リーグなんでしょうか。

f:id:traveler_da1:20170508231653j:plain

そして、私が注文したのがこちら。アイスコーヒーと小倉・ジャムトーストです。アイスコーヒー代の360円だけで、トーストとサラダが食べられます。

f:id:traveler_da1:20170508231815j:plain

味は好みもあると思いますが、私はやはりコメダ珈琲店の厚切りトーストでないと満足できない体のようです。

本日のFPさん登場

前置きが長くなりましたが、約束の時間である10時の3分前、9時57分に私の携帯に電話がかかってきました。

FPさん:『いま支留比亜の駐車場に到着しました』

私:「先に入ってます。お店入られた所で声かけますねー」

 

店員さんがやってきてFPさんの注文を取るタイミングで、「すいません、ついでにこのお皿下げてもらっていいですか?」と声を掛けました。私、FPさんが到着する前にモーニングを平らげることに成功しました!全く問題ありませんでした!本日のミッション、本題が始まる前に大満足です。

保険のお話

今回もメインは学資保険のお話。正確には「学資保険代わりになるような、リターンのいい保険商品ありませんか?」という相談です。

FPさんの最初の答えは前回とやっぱり一緒で、「円建てでは無理ですねー」と。そして今回も「外貨建てなら」という流れとなりました。

今回のFPさんに紹介して頂いた外貨建ての商品はこんな感じです。

【マニュライフ生命:こだわり個人年金(外貨建)】

  • 米ドル建てor豪ドル建てが選べる
  • 商品としては個人年金保険
  • ドルコスト平均法で積み立てられる
  • 個人年金保険料控除が使える
  • クレジットカード払いが可能

 

FPさんのヒアリング能力に脱帽

最初に保険相談を依頼する際にWeb入力した内容と、この日に少し話しただけの私の保険内容だけで、私がここ数年悩んでいたことに対してピンポイントな質問を投げかけてきました。

『だいちぃさん、個人年金保険料控除、使ってないですよね?』

「そーなんですよ、使えてないことにずっと悶々としているんですよー」

保険料控除のお話

保険料控除って聞いて、分かりますか?

サラリーマンの方は年末調整を記入する時に生命保険会社からのハガキを添付したり内容を記入したりしますよね。あれのことです。

一般生命保険料控除、介護保険料控除、そして個人年金保険料控除の3種類があり、新制度だと*1それぞれ4万円ずつ所得から控除できるんです。

つまり、節税するためにはフルに、MAX12万円の控除を使わないと損なんです!(無駄な保険に入る方が損な場合ももちろんありますが)

実際にいくら節税できるかと言うと、所得税の税率が10%の方がMAX12万円の控除を受けたとして年間20,400円となります。

年末調整の生命保険料控除、税金はいくら安くなる? [年末調整] All About

保険料控除は保育料にも関係する

この節税によって、実は納める税金が減るだけでなく、保育園の保育料を下げられるかもしれないんです。

平成28年度認可保育園の保育料について|流山市

保育園の保育料は住民税額によって階層に分けられ、税金をたくさん納めている家庭の保育料は高くなるというシステムなんですが、保険料控除をフルで活用することで低い階層になることができれば保育料も安くなるんです!

ちなみにこの「節税によって保育料を安くする方法」は、ふるさと納税や住宅ローン減税では受けられません。

勧められた保険は契約するの?

今回勧めて頂いたは保険商品は、リターンが魅力的なうえに個人年金保険控除が使えるという、私にとっては一石二鳥な商品だと感じています。

ということで近いうちに連絡をして、保険の契約をお願いする予定です。

ネットでググるとマニュライフ生命の個人年金保険はデメリットとかヒドイ商品だとか言っている方もいますが、その点は理解した上で契約するので気にしません。

「この人なら是非お願いしたい!お任せしたい!」と思える方に出会えたこと、本当に嬉しく思います。話をしていてとても楽しい時間でした。

【追記】

再度検討した結果、年2%程度が見込める米国債のETFなどに投資する方がリターンがよく資金の自由度も高いと判断し、保険の契約は見送ることとしました。

 

ところで、9,000マイルって何?

この日の保険相談の申込はポイントサイト経由で行いました。今回はハピタスというポイントサイトを経由しました。

常に10,000円相当のポイントが貰える状態であればいいのですが、この時はハピタスの「みんなdeポイント」という期間限定サービスを使いましたので高額になっています。

f:id:traveler_da1:20170509225744p:plain

「ポイント10,000pt」って書いてありますよね?つまり、1〜2時間程の無料相談を受けるだけで10,000円相当のポイントが貰えるということなんです。貰ったポイントは現金1万円として銀行口座に振り込んでもらったり1万円分のAmazonのギフト券に交換することができるんです。

マイルに交換する方なら、ソラチカルートを使って9,000ANAマイルに交換することもできます。私はマイルに交換する派なのでタイトルに9,000マイルと書いたのです。

今回の面談では保険を契約するつもりでいますが、前回の面談のように「ありがとうございました」と喫茶店を出たところでお別れしてそれっきりだとしても、ポイントはちゃんと貰えます。

 

奥さんに「ちょっとモーニング行ってくる」と告げ、こっそり1万円をゲットする。とても健全なヘソクリの作り方だと思いませんか?

もちろんヘソクリ作りは奥さんにだって可能です。私のように子どもを幼稚園に送ってからお昼ごはんまでの間に済んでしまいますからね、それで1万円ゲットですよ。

 

www.traveler-da1.com

休日3回で貯まるマイルはいくら?

①が5,970ANAマイル、②が8,640ANAマイル、③が9,000ANAマイルとなり、合計で23,610ANAマイルとなります。

ちなみにこのマイル数は「北京、 大連、 瀋陽、 青島、 上海、 杭州、 広州、 厦門、 成都、 武漢、 香港、 台北、 マニラ」のいずれかに行けてしまうマイル数になります!

休日3回で、香港や台北、さらにはパンダで有名な成都に行くことだってできるほどのマイルが貯められるんです!

実はこの3回の休日は、5/1、5/2、5/8の3日間でした。つまり、1週間ちょっとの間の、3回の休日で成都パンダ訪問旅行の無料航空券をゲットできるだけのマイルを獲得することになります!(別途燃油サーチャージ等の税金は必要です)

 

あなたも是非、無料航空券を生み出す休日の過ごし方をしてみてはいかがでしょうか?

 

www.traveler-da1.com

 

 

 

*1:旧制度のことは省略