だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

覆面調査員10年で100回超!外食モニターでミスを防ぐコツと失敗談


私、かれこれ10年以上覆面調査員として飲食店のモニターなどをやっています。

恐らく飲食店だけで80回は超えます。ガソリンスタンドやカーディーラーなどを含めると100回は軽く超えてしまいます。

そんな私ですが、先日訪問したお店でかなりヒヤヒヤとする経験をしました。

どんなケースだったのかを簡単に紹介するとともに、調査に当たってのミスを防ぐコツと失敗談をお話ししてみたいと思います。

f:id:traveler_da1:20170313143322p:plain

先日のケース:伝票がグダグダ

いつものように指定された商品を注文し、時間計測や写真撮影をし、デザートの注文に合わせて伝票をお願いしました。

「もうすぐ帰りますよー、最後にお茶を出してアピールするなら今ですよー」の合図です(笑)

 

そして、店員さんから渡された伝票を見てビックリしました。途中の注文が3つほど抜けていました。指定商品は全て載っていましたが、金額が全然足りません。このままお会計に持ち込むわけには行きません。条件に満たず、報酬は支払われない可能性が大です。

 

私:「すいません、アレとアレとハイボールが抜けているようなのですが大丈夫ですか?」

店:『ちょっと確認してまいります』

店:『こちらのミスだと思われますので、このままでいいですよ』

 

やばい。。。

 

普通のお食事であれば「ラッキー♪」とお店のご厚意に甘えるのが常ですが、調査の場合はそうはいきません。

このようなケースの場合は調査会社に「お店のご厚意でレシートがこうなって、合計金額がこうなって…」と丁寧に説明すれば承認されることもありますが、調査会社への説明は面倒ですし、もしかすると否認となる可能性もあります。

とは言え「調査なんでちゃんとレシートを付けてもらわないと困る!」なんてことは口が裂けても言えません。調査員バレしないようにミッションを完遂させるのが役目ですから。

この日の場合は

私:「あー、でもこうやってハイボール飲んでいる訳ですしー。ちゃんと請求してくれていいですからー。」

店:『そうですか...ではもう一度確認してまいります』 

f:id:traveler_da1:20170313141550p:plain

その後、だいたい正しいと思われる伝票が出てきたのでお会計に向かいましたが、お会計でさらに伝票が変わっており、もう何がなんだか分からない状態。

とりあえず、設定金額と指定された注文商品はクリアできているので問題ないだろうと判断して支払いました。

 

この場合は、「誠実で正直なお客を精一杯演じることでレシートを訂正してもらった」のが大きなポイントだと思っています。

このポイント、実はお店に入った時点から始まっているんです。

入店からずっと横柄だったりぶっきらぼうだったお客が伝票を見て、お店側が『ミスだからおまけするよ!』って言っているのに「いや、ちゃんと食ったんだからちゃんと請求しろよ」って言っても怪しすぎます。

普段通りで大丈夫だと思いますが、せめて「感じの良い客」でいることは大事だと思います。

 

 

 

ミスを防ぐコツ

条件、レポート、指示書の確認は当然

指定された条件をちゃんと読むのが大前提です。

  • 入店時間と滞在時間
  • 設定金額
  • 人数
  • 子連れOK/NG
  • クーポン使用OK/NG
  • クレジットカード払いOK/NG

ここをミスると言い訳が効きませんので十分注意です。

またレポートや指示書もちゃんと読んでおきます。

レポートの持ち込みは当然禁止ですが、スマホ画面で確認する程度であればお店にバレずに行うことはできると思いますので、レポートをまるまるスマホで確認できるようにしておく、もしくは要点だけメモに入れておくなどの準備をしておくと安心です。

f:id:traveler_da1:20170313142325p:plain

スマホを最大限活用する

撮影指示のある商品を撮影したり、店員さんの名前を控えたり、提供時間を計測したりするためにスマホは最大限活用しましょう。

ボイスレコーダーを使って提供時間を計測する方法が簡単ですが、あとで録音データを聞くのが億劫なので、こんなアプリを使ったりしています。タップするだけで時・分・秒が記録できるので、レポート作成時にちょっと計算するだけです。

play.google.com

伝票はテーブルで、クーポンは最後に

お店によっては伝票が常にテーブル周りに置かれていて、それまで注文したトータル金額をすぐに確認できるようなお店もありますが、そうでないお店の場合はお会計の前に伝票をお願いして持ってきてもらいましょう。

オススメのタイミングはデザートの前です。デザートの前に伝票でトータル金額を確認して、デザートで設定金額に届くように調整するのです。クーポンを使う予定の場合はその金額も考慮して調整します。

なぜこれをやるのかというと、私自身が少食でアルコールをたくさん飲まないので(帰宅後にレポート作成が待っていますし)、設定金額が高めのお店によっては頑張って飲み食いしないと設定金額に届かないことがあるからです。

設定金額を大幅にオーバーする場合は手出しが増えるだけなので問題ないのですが、届かなかった場合は全てがパーになりますから十分注意が必要です。

また、クーポンはレジで最終的な金額を言い渡されてから、「すいません、このクーポンを使いたいんですけど」と申し出るのが確実です。店員さんの二度手間にはなりますが、この方法がオススメです(理由は失敗談のところで述べます)。

f:id:traveler_da1:20170313141835p:plain

失敗談

10年もやっていればミスはいくつかあります。ファーストフード店で違う店舗に行ってしまったり、朝の時間帯の指示だったのにランチに行ってしまったり。

最近やってしまった大きなミスは、上で少し触れた「クーポンは最後に」のことです。

普通に食事を終えて、まぁそこそこたくさん食べたから大丈夫だろうとテーブルで伝票を貰わかなかったんですね。そしてレジへと向かい、その日に限って合計金額を伝えられる前に「このクーポンを」と言ってしまったのです。

そして、請求された金額は設定金額を若干下回るものでした。

 

げっ・・・ヤバイ。

 

どうしていいか分からず、おかしな一言を発してしまいました。

 

 

 

「すいません、さっきのクーポンやっぱり無しで」

 

 

私の奇妙な申し出を受け、お店の人は言われた通りに修正してくれて、クーポン適用前の、設定金額を少し上回るレシートを貰って帰宅しましたが、お店の人は???だったでしょうね。

あのお客、なんだろうーと。バイトのお姉さんっぽかったので特に不審がられることはありませんでしたが、店長さんとか社員さんだと完全に「調査員バレ」です。

アルコールも入って楽しい食事ではありますが、調査は常に慎重に行わないといけませんね。

 

報酬を現金ではなくマイルに交換するように

10年以上覆面調査員をやっていますが、この1年間で大きく変えたことがあります。それが、報酬を現金ではなくマイルに交換できるポイントで受け取るようにしたことです。

「飛行機に乗らずにマイルを貯めるぞ!タダで海外旅行に行くぞ!」と思ってマイルを貯め始めたのですが、どうせ行くなら年に1回じゃなくて2回、3回と旅行に行きたい!ということで報酬を現金ではなくポイントで受け取るようにし、そこからANAマイルへと交換するようにしました。

飲食モニターの3〜4回分、合計2万円分の報酬を頂いたとしたら、それをマイルに交換して18,000ANAマイル。これで沖縄に1回旅行に行けるぐらいです。

こう考えると現金で貰うよりポイントで、マイルで貰った方がお得なのかな、と。

もちろん、外食モニターには手出し費用がかかりますので、報酬全額をマイルに変えるのはちょっと…と思われるかもしれません。「何回かの調査のうち1回ぐらいはマイルに」や「手出しが必要のない調査の報酬はマイルに」などの使い分けでもいいかもしれません。

私の場合は他にもクレジットカードを作ったりしてANAマイルをたくさん貯めているので、旅行先の目標は沖縄ではなくハワイやヨーロッパです!外食モニターに加え、クレジットカードを数枚作るだけで家族で海外旅行がタダで行けたら、嬉しいですもんね!