だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

貯まったポイントをマイルに変える!そしてハワイへ


ポイントサイトで獲得したポイントはマイルに変えることができます!

こんな感じで、ポイント交換サイトと東京メトロのポイントを経由してANAへと交換していきます。

f:id:traveler_da1:20170819113736j:plain

ポイント移行の説明には、ポイ探というサイトを使うと分かりやすいのでこちらを使います。 ポイ探については今の段階ではまだよく分からなくて大丈夫です。

ポイ探は、ポイントサイトに貯まったポイントを、どのルートで交換すると、最もお得に交換できるか、などを教えてくれます。

①177,800ポイントは何マイルになるのか?

あなたが177,800ポイントをハピタスで貯めたとしましょう。
かなりのポイント数に感じられるかもしれませんが、1年で十分貯められる量です。

この177,800ポイントを、単純にANAへ交換しても、106,200マイルにしかなりません。

106,200マイルあれば、家族2人がハワイに行くことは可能ですが、4人だと香港・台湾までしか行けません。一応、家族5人で香港・台湾に行くことは可能なマイル数ですが、4人だとタイやシンガポールにすら行けません。

f:id:traveler_da1:20161208085635p:plain

一方、あるクレジットカードを手に入れて、そのカードを持ったユーザーだけが利用できる交換ルートを使うと、177,800ポイントが160,000マイルになり、家族4人全員、マイルでハワイです!

f:id:traveler_da1:20161004134641j:plain

この大きな違いを生む、そのクレジットカードとは、ソラチカカードというクレジットカードです。ソラチカカードを所有するだけで交換レートが劇的に変わる、魔法の杖のようなカードです。

そんな魔法の杖のようなソラチカカードですが、ゴールドカードでも無ければ、カード会社からの特別なインビテーション(招待状)が必要なカードでもありません。学生でも専業主婦の方でも作れる敷居の低いクレジットカードです。

また、陸マイラーの世界では、このソラチカカードを経由してポイントを行うポイント移行ルートを、通称ソラチカルートと呼んでいます。

②ソラチカカードとは

こちらがソラチカカードのデザインと、その詳細です。

f:id:traveler_da1:20160929223642j:plain

 え?年会費かかるの?と思った方、ごめんなさい。

③ ソラチカカードの年会費について

年会費は初年度無料ですが、2年目以降は2,000円(税別)がかかります。

妻に「え?クレジットカードに年2,000円も払うの?」と言われました。

私:「大丈夫。その代わり、ハワイの航空券、家族4人全員分が取れるから。来年の夏はハワイね!」

妻:「あ、そうなの。じゃあいいよ♪」

うちは家族が4人なので、カード1枚だと「エコノミークラスでハワイ4人分」が現実的です。夫婦やカップルなら「ビジネスクラスでハワイ2人分」、もう少し頑張れば「ビジネスクラスでニューヨーク2人分」も可能です。

我が家はこのあと、妻のソラチカカードも作ったので、目標が家族4人ハワイから家族4人ヨーロッパへと変わりましたが(*^ ^*)

※※妻(夫)の分のソラチカカードは家族カードじゃダメです 。
ソラチカカードの申込手順!各種サービス設定方法・家族カードは申し込まないで!

④ ソラチカカードのPASMO機能について

 ソラチカカードにはなんと、PASMO機能も付いてます!定期券搭載も可能です。便利ですよ♪

「えっ・・・わたし、PASMO使わないし」って思った方、いますよね?

私だってそうです。 私の居住地はmanacaとtoicaのテリトリーなので、PASMOなんて一度も使ったことがありません。一応Suicaも持っていますが、東京や大阪へ行く時だけ持ち出します。

ということで、PASMOとして使いたい人は使えばいい。私のように必要ない人や、今使っているPASMOなどの交通系電子マネーから変えたくない人はそのままでもいいと思います。

⑤ いざ、ハワイへ

ソラチカカードは年会費で年2,000円が必要です。でも、持つと持たないでは獲得できるマイルに大きな差が生まれます。 旅行先も、香港とハワイじゃ大違いです。(香港も良いところですが、香港ならLCCで安く行けますからね)

f:id:traveler_da1:20161012234030j:plain

ここで決意を固めてソラチカカードに申し込み、ハワイに行きましょう!

 

※まだ迷っている方は、急がなくてもいいと思います。

ポイントサイト貯めたポイントが4万マイル(ハワイへの往復航空券1人分)に手が届きそうだなーと感じた頃でも、遅くはありません。

「よし、2,000円払って、ハワイの航空券に変えるか!」となってからで、大丈夫です。

とはいえ、上に載せたポイ探のルートの最初から最後、「ハピタス→ANA」の交換には最短で2ヶ月程かかります。

ポイントサイトからソラチカ経由ANAへの交換スケジュールをまとめてみた - だいちぃマイルで子連れ旅行

また、ルートの最後、「東京メトロ→ANA」の部分は、月に20,000ポイントずつしか交換できない条件となっていますので、ハピタスの177,800ポイントを1月頭に交換し始めたとして、ANAのマイルに交換が完了するのは、最短で11月の上旬となります。

よって、作るならお早めに、作ったら貯め込まずにどんどん交換、というのが早くハワイに到達できるコツとなりますので、ご注意ください。

いざ、陸マイラーの世界へ!いざ、ハワイへ。

 

あなたはどのポイントサイトから陸マイラーを始めますか?

最初は3つぐらいが管理しやすくて良いと思います。

使いやすいサイトや高額ポイントをたくさん取り扱ってくれるサイトから始めるのをオススメします!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

モッピーはこちらのバナーから登録した方限定で、500Pが付与されます。(500P=500円相当、初回のポイント交換後に付与)

f:id:traveler_da1:20170818063416j:plain