読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

2017年SFC修行第1弾|米子−羽田−新千歳【平凡な1レグ目】


2016年11月に「来年はSFC修行をする!」と決めて、それから2ヶ月。

やっと、私の修行フライト1発目がやってきました。

f:id:traveler_da1:20170131201410j:plain

正月休みを使って修行フライトをする方もたくさんおり、「早く私も行きたいなー」という気持ちで皆さんの修行フライトレポートを読んでおりました。

さぁ、いよいよ私の順番です!

修行って何?何のために修行をするの?という方はこちらをお読みください。

www.traveler-da1.com

端的に言えば「ラウンジが使いたい!ステイタスが欲しい!」というのが私の場合の目的です。

特典航空券を取りやすくするために修行をする方もたくさんいますが、閑散期に旅行ができる私にとって、今はそれはあまり目的ではありません。

まぁぶっちゃけ、ビッグウェーブ(?)に乗りたかっただけ、なのかもしれません。

 

いろんな方の陸マイラーブログを読んでいると「陸マイラーになったら修行をしなきゃいけないの?」と思えてくるかもしれませんが、そんなことはありませんのでご安心ください。修行はやりたい人だけがやるものです。

修行僧として初めてのフライト

さて、修行第1弾の最初のフライトは私のベース空港である米子空港から羽田空港を経由して新千歳空港まで行くフライトです。正確には2フライトですが、乗継旅割で手配しているので、スケジュールとデータはまとめて記載します。

 

フライトスケジュール

f:id:traveler_da1:20170118131751p:plain

日付を隠すべきかもしれませんが、文末の出来事を読むと日付を隠す意味がありませんのでオープンにします。

フライトデータ

【1レグ目】
便名:ANA386
区間:米子−羽田
機体:A320/JA8947
座席:24A(普通席)

【2レグ目】
便名:ANA067
区間:羽田−千歳
機体:B787-8/JA
座席:??(普通席)

運賃種別:乗継割引
運賃:16,480円
プレミアムポイント:1,341
PP単価:12.29

米子空港出発

愛称を「米子鬼太郎空港」としているだけあって、ターミナルビルの外側には大きなゲゲゲの鬼太郎の絵が描かれています。ターミナルビル前に無料駐車場がドーンと広がる、典型的な地方空港ですね。

f:id:traveler_da1:20170120133212j:plain

エアソウルと香港航空の看板があります。米子空港は山陰唯一の国際定期便が就航する空港です。まぁどちらも曜日運航なので使い勝手はよくありません。私自身、米子空港から直接海外に行ったこともありません。

f:id:traveler_da1:20170120133406j:plain

チェックインカウンターです。SKIPサービスが使えるので預け荷物がない場合は直接保安検査場に行って大丈夫なのですが、今回は紙のチケットが欲しかったのと、当日アップグレードをしたかったのでカウンターに行きました。

f:id:traveler_da1:20170120133443j:plain

こちらは国際線のカウンターです。残念ながら今日はエアソウルも香港航空も運航がないためカウンターはクローズしています。

f:id:traveler_da1:20170120133602j:plain

米子鬼太郎空港のある鳥取県ですが、「蟹取県」としてウェルカニキャンペーンをしているようで、顔出しパネルがありました。

f:id:traveler_da1:20170120133636j:plain

ここから顔を出せば、あなたも「カニ取団・団長 カニダー」になれます。
残念ながら荒れ狂う日本海でカニ取りをするほど度胸がないため、カニ取団への参加は見送りました。

「蟹取県」と書かれたカワイイ被りものも置かれていました。たくさん用意されていますので、みんなで被って記念写真ができますね!

f:id:traveler_da1:20170120133729j:plain

一緒にファブリーズが置いてあった所も憎い所ですね。これが覆面調査だったら好印象です!

 

出発まで少し時間があるのでターミナルビルを散策してみます。と言っても広いターミナルビルではないのですぐに終わってしまいますが。ターミナルは所々にゲゲゲの鬼太郎がいます。

f:id:traveler_da1:20170120133807j:plain

f:id:traveler_da1:20170120133915j:plain

f:id:traveler_da1:20170120133944j:plain

まだ時間が余っているので展望デッキへと向かいました。デッキはターミナルビルの屋上、3階に位置しているのであまり高くありません。

f:id:traveler_da1:20170120134034j:plain

f:id:traveler_da1:20170120134102j:plain

なお、夏はここにビアガーデンが営業します。羽田、伊丹、福岡空港のようにたくさん飛び交う飛行機を眺めながらビール、という訳ではないので楽しいかどうかは分かりませんが。

 

まだまだ時間が余っているのでラウンジに行ってみます。「ラウンジ大山」はカードラウンジですので、各種ゴールドカードを持っていれば無料で利用できます。また、利用できるのは保安検査の前だけです。

営業時間

始発便出発1時間前~最終便出発(定刻)15分前
(受付終了:最終便出発(定刻)30分前)

f:id:traveler_da1:20170120134152j:plain

保安検査場を抜け、搭乗ゲートへと向かいます。はいはい、左ですね。

f:id:traveler_da1:20170120134345j:plain

中では再度、ぬりかべがお出迎え。トイレは両サイドにあるよ、と鬼太郎とネコ娘のイラストも添えてあります。

f:id:traveler_da1:20170120134527j:plain

ターミナル内は全てのエリアで無料wifiが飛んでいます。

f:id:traveler_da1:20170120134432j:plain

こちらには免税店があるようですが、シャッターが閉まっています。国際線の出発に合わせてシャッターが空いて営業をする、というスタイルですね。

f:id:traveler_da1:20170120134654j:plain

と思いきや、こちらの売店も機内への案内が始まると同時にネットで覆われていきます。

f:id:traveler_da1:20170120134743j:plain

ボーディングです。いよいよ修行が始まります!

f:id:traveler_da1:20170120134829j:plain

飛行機へと乗り込みます。ボーディングブリッジにも鬼太郎の絵が描かれています。

f:id:traveler_da1:20170120134939j:plain

離陸〜着陸

さて、いよいよ離陸です。離陸滑走を開始した所で航空自衛隊のYS11が見えました。しかも2機!レアですねぇ

f:id:traveler_da1:20170120135015j:plain

離陸しました。眼下には日本海と境港の街が見えますが・・・うっ、気持ち悪っ。

f:id:traveler_da1:20170120135150j:plain

そうなんです。実は私、飛行機で揺れるのが大の苦手なんです。

コトコト揺れているのはまだいいのですが、上下に揺れるのが本当に苦手なんです。

離陸後や着陸前にグッと上がったり、スコーンと落ちたり。実際には大して落ちていなくても、手は汗びっしょりになってしまいます。それが続くと本当に酔ってしまって、目が虚ろになってうなだれるしかないのです。

ジェットコースターとかフリーフォールとかバイキングとか、無重力を楽しむような乗り物が大の苦手なんです。

はぁ・・・なんで修行なんてしようって思ったんでしょう。なんで妻は事前に止めてくれなかったんだろう。

「アンタ、飛行機に乗るの嫌いじゃないの?本当にやるの?」その一言が欲しかった・・・時すでに遅し。

 

 

さて、雲の上に出たので気流も安定してきました。いろいろとレポートしてみたいと思います。

f:id:traveler_da1:20170120135235j:plain

機体はA320、座席は普通席。これと言ったことは特にありません。至って普通です。

さて、シートベルトサインが消えると早々に、機長からの挨拶がありました。

「管制混雑により離陸時間を12:00以降と指定されたため、お客様の機内への搭乗を10分遅らせました。タキシング中にその時間が2,3分早まったものの・・・大幅に遅れまして申し訳ありません」

事実や経緯を細かく明らかにしてくれるのは良いのですが、「遅れは我々のせいではない!」と強くアピールしているように感じてしまったのは私だけでしょうか。

きれいに雪を被った街が見えます。下に湖のようなものが見えましたので、恐らくこれが琵琶湖で街は滋賀県の長浜あたりかと思います。

f:id:traveler_da1:20170120135428j:plain

眼下に3本の大きな川が見えましたので、「もしやこれは木曽川長良川揖斐川(木曽三川)かな?」と思い、周りを探してみたら、ありましたありました。

f:id:traveler_da1:20170120135506j:plain

左上が県営名古屋空港、右下に見えているのが名古屋駅ですね。ということで、先程の3本の川は木曽三川で確定ですね。

f:id:traveler_da1:20170120135551j:plain

少し過ぎると大きな工場がポツポツと。恐らく豊田市上空で、見えているのはトヨタの工場群と思います。

f:id:traveler_da1:20170120135748j:plain

きれいな筋状の雲が見えました。

富士山は左側に見えるルートでしたので左側の席を確保しましたが、富士山は見つかりませんでした。
羽田に近づくにつれて気流が悪くなるというアナウンスがありましたので、もしかしたら途中で迂回したのかもしれませんね。(航跡を後で調べてみるとだいぶ南を飛んでいたようですね)

f:id:traveler_da1:20170120135850p:plain

羽田空港にRWY34Lに着陸しました。

国際線ターミナルにルフトハンザのA340−600が居ました。

f:id:traveler_da1:20170120140024j:plain

珍しい機体に嬉しくなっていると・・・おや?これはもっとレアなのでは?カンタスのB747−400です。

f:id:traveler_da1:20170120140111j:plain

ゲート67Bへと到着しました。さて、千歳行きへと乗り継ぎましょう。

f:id:traveler_da1:20170120140144j:plain

その時妻からLINE。

「羽田着いた?千歳、ANAがオーバーランしてるよー」

え・・・まじすか。どうなるおれ。(続く)