だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

2017年SFC修行第1弾|羽田−新千歳−羽田【消えた2・3レグ目の行方】


羽田へ着いた所に妻から「羽田着いた?千歳、ANAがオーバーランしてるよー」とLINEが来たところまで、1レグ目の修行記で書きました。

www.traveler-da1.com

 

とりあえずスマホで自分が乗るフライトがどうなっているかを確認します。

f:id:traveler_da1:20170121170643p:plain

これから乗るANA067(羽田ー千歳)は予定通りと表示されています、よしよし、大丈夫。

そして千歳から羽田へと戻るANA074は・・・

 

f:id:traveler_da1:20170121170431j:plain

はい、欠航です。

とりあえずどうしていいか分からないので次の千歳行きANA067のゲートへ。

f:id:traveler_da1:20170121170937j:plain

そして、置かれている状況を包み隠さず素直に白状します。

「今日これから67便に乗って、その後74便で羽田に帰ってきて、さらにそのあと479便で那覇に行くんです。でも真ん中の74便が欠航になったようなので、この67便に乗ってしまったら羽田に戻ってこられず那覇にも行けなくなってしまうんです。今日は那覇にホテルを取っているので那覇には行きたいのですが…」

※分かりやすいように残りの3フライトのデータを載せておきます。

f:id:traveler_da1:20170121143556p:plain

f:id:traveler_da1:20170121143609p:plain

 

『67便は運航予定ですが恐らく大幅に遅れると思いますので、欠航になってしまった千歳−羽田を他の便に振り替えたとしても、やはり那覇行きに乗れない可能性がございます。今この場で羽田−千歳、千歳−羽田の2区間は乗らないと決めて頂いたら、天候が理由なので両方とも払い戻しできると思います。」

 

「はい、そうします!今日はもう千歳には行きません!」

 

迷うこと無く即答です。今夜は那覇ステイのつもりだったので薄いコートしか持っていません。冬の新千歳空港で長時間放置されるに耐えられる装備は持っておりません。

 

『では、払い戻しは出発カウンターでやっているので一旦出て頂いて・・・』

「出発カウンターへはどこから出たらいいですか?」

『保安検査場から出てください』

ということで言われた通り保安検査場を逆行します。

 f:id:traveler_da1:20170121172735j:plain

欠航便専用カウンターがありました。こちらですね。

f:id:traveler_da1:20170121172844j:plain

「ここでいいですか?」

『こちらは69便専用のカウンターになりますのであちらの4番カウンターに行っていただいて…』

 

はいはい、行きますよ。

言われた通りの4番カウンターで列に並んでいたら、隣で手荷物を預けているパイロットさんとCAさんを発見。

f:id:traveler_da1:20170121173324j:plain

この方たちも預け荷物はセルフなんですね…不思議な感じです。

ここで心配した妻から再度LINEが来ました。

f:id:traveler_da1:20170121170352j:plain

はて、私はこれからどこに行くのでしょう・・・

 

ここでTwitterでも励ましのお言葉が。やっさんさん、ありがとうございます!

列に並んでいる間に、カウンターの上にあるモニターに目を向けるとこのように表示されています。

f:id:traveler_da1:20170121174535j:plain

自社便がトラブったせいで滑走路が1本運用になっているとは書いてないんだね。んー、なんかズルい。まぁ原因が断定できていないから仕方ないのかもしれませんが、なんかズルい書きぶりです。

【お詫び】2017年1月19日 ANA1831便の運航について|ANA SKY WEB

さて、カウンターに並ぶこと数分、やっと自分の順番が来ました。恥ずかしい状況ですがここでも包み隠さず白状します。

 

「今日、この4枚のチケットを持っていて(米子-羽田-千歳-羽田-那覇の4枚を提示)、いま1つ目に乗ってきました。2つ目のANA067(羽田-千歳)に乗ろうと思ったのですが3つ目のANA074(千歳-羽田)が欠航になったようなので…どうしたらいいですか?

ANA067に乗って千歳に行ってしまったら恐らく最終のANA479で那覇に行くことができなくなってしまいます。

先程、搭乗ゲートで同じことを伝えたら『払い戻しできる』と言われて、保安検査場を逆行してきたんです。今夜は那覇にホテルを取ってるので、どうしても那覇便には乗りたいんです。」

 

 

おかしいやつです。そんなこと分かってますが、平静を装って包み隠さず丁寧に説明するしかありません。

グランドスタッフさん(以外GSさん)、私のチケットを確認してパソコンで何やらカタカタしてましたが、しばらくすると「ちょっと失礼します」と裏に消えてしまいました

どうやら簡単にはいかない状態のようです…

 

ほどなくGSさんは戻ってきましたが、再度いなくなってしまいました。

 

そして今度は私に何も告げずに。

 

そして、なかなか戻ってきません。

 

この状態で5分・・・いや10分ぐらい経ったかもしれません。

f:id:traveler_da1:20170121173910j:plain

 

ん?

 

んんん?

 

まさか、逃げ出しちゃった??

f:id:traveler_da1:20170121173953p:plain

 


そりゃ逃げたくなるよね。分かるよ、分かる。

厄介な客です。ごめんなさい。

本当に、ごめんなさい。

 

隣のカウンターではおばあちゃんが「◯◯行きの飛行機に乗るんだけどー」『便名は?予約番号は?チケットの控えか何かは?』「なんもない…」なんて会話をしています。

となりのGSさん、困っていました。しかし私の方が厄介な客に違いありません。おばあちゃんの状況なんてカワイイもんです。

 

さて、やっと先程のGSさんが戻ってきた!と思ったら開口一番
「申し訳ありませんがやはり乗り継ぎ運賃なので払い戻しはできません」

 

f:id:traveler_da1:20170121180340p:plain

 

 

えええーーー、そんなぁ…。

 

私、すかさず

「じゃあ払い戻しはできなくてもいいんで、乗ったことになりませんか?」

と発してしまいました。んー、意味の分からない申し出です。

 

「乗れなくてもいいんです。PPとマイルだけ貯まればいいんです!」

と言いたくなりましたが、そこまでは恥ずかしくて言えませんでした。

 

乗れなくてもいいからPPとマイルだけ欲しい。カラ出張ならぬカラ修行の申し出です。

GSさんの答えは残念ながら『できません』。そりゃそうですよね…。運送契約とかあるでしょうし、当然の答えだと思います。

OKだとしたらミステリー小説みたいになってしまいます。

14時羽田発千歳行きのANA67に乗っているはずのだいちぃが15時に羽田空港のラウンジに出没するのは不可能だ!」みたいなことになってしまいます。

 

あー、残念です。カラ修行したかったなぁ。そもそも、飛行機酔いしやすいタイプなんで、なるべく飛行機には乗りたくないんですよね。

1本目のフライトの離陸直後に「うっ、気持ちわるっ」って。なんで修行なんかしてるんでしょうね、私。1本目のフライト中、何回も後悔したことは内緒です。

 

はぁ・・・乗らずにPPとマイルが貯まったら最高だったのに。

 

「金はくれてやるから、PPとマイルをよこしやがれ!」f:id:traveler_da1:20170121175214p:plain

 

そんなアホなことを考えつつ払い戻しができないと言われて困り果てている私の前に、救世主が現れました。

GSさん、救世主(先輩?)に事情を説明します。

『(GSさん)天候不良だから払い戻しはできないんですが・・・

『(先輩)払い戻しできないなんでどこに書いてあるの?(怒)』

『(GSさん)マニュアルに…』

(え??理由ってやっぱ天候なの?そりゃ雪降ってるけど、テメエんとこの機体がヤラかしたせいで新千歳の運航がグチャグチャになって、その煽りを受けてオレの便を間引いたんでしょ?それなのに理由は天候なの??)

と内心思っていましたが、グッと堪えます。

 

しばらくGSさんと先輩とのやり取りを眺めていたんですが、先輩が『私がここから引き継いでいいですか?』と申し出てきました。

「ええ、お願いします。」

お願い!助けてセンパイ!

カタカタカタカタ…そしてどこかへ電話。

f:id:traveler_da1:20170121180247p:plain

『事情が事情だけに、払い戻しをして差し上げたいんですが、会社事情にしていいですか?』なんて話しています。

どうやら天候不良を入力して払い戻し処理をしようとするとシステムに跳ね返されるみたいなんですね。で、その状況を打破すべく会社都合で処理していいかと確認をしてくれています。

はぁ…センパイ、ありがたい。こんなキチガイを必死に救おうとしてくれているとは・・・女神ですか、アナタは。

f:id:traveler_da1:20170121181108p:plain

こんなキチガイのために、特例の適用をお願いしているようです。

なんだか、大統領に恩赦を貰った七面鳥の気分です。

 

 

電話でOKが出たようで、再度カタカタカタカタ…

それでもどうやらうまく行かない様子。

どうやら会社都合と入力してもシステムに跳ね返されるみたいです。

 

そして女神は私にこう告げました。

『払い戻しをしたいのですがクレジットカードに払い戻しをしようとするとシステムに跳ね返されるんです。なので、現金での払い戻しとなりますがよろしいですか?』

「はい。それでお願いします。」

ええ、ええ、もちろん!!むしろありがたいです。

実はソラチカカードで25万というミッションを成し遂げるためにこの航空券もソラチカカードで支払っていました。

なので、クレジットカードに返金となると、ソラチカカードのミッション達成も危うくなってしまいます(利用期間終了・ボーナスポイント付与前)。

ですので、返金が現金になることはむしろ大歓迎です。

 

ということで、現金16,000円程を受け取り、女神とお別れをしました。

 

『大変お待たせしました』

「とんでもありません。本当にありがとうございました。」

 

さぁ、残った羽田−那覇の出発時間まであと5時間ほどあります。とりあえずカードラウンジで作戦を練ります。

f:id:traveler_da1:20170121181514j:plain

カードラウンジホッピングをしようか、空港散策をしようか、蒲田や川崎あたりに出ようか、と考えましたが、結局都内にある姉の家にお邪魔して甥っ子姪っ子に会ってきました!

まさか羽田空港から外に出ると思っていなかっただけに、嬉しい誤算となりました!

本来の規則とお願い

乗継旅割は全く未使用であれば払い戻しできるようなのですが、私のように「米子-羽田-千歳の1区間目を使ってしまったor千歳-羽田-那覇の後半だけ残したい」というのは規則上、払い戻しができないようです。

恐らく理由が天候ではなく会社都合だとしても、1区間目を使ってしまったら払い戻しではなく、他便への振替しか選択肢はなさそうです。

一部使用後の払い戻しおよび一部区間のみの払い戻しはできません(旅客施設使用料(PFC)も返却できません)。

今回はGSさんの配慮や特例(?)により羽田−千歳及び千歳−羽田間の払い戻しを受けることができました。ただしこれはかなりイレギュラーの対応と思われますので、この記事を元に払い戻し等を申し出ないようにくれぐれもお願いします。

 

【参考】返金前後のPP、PP単価と返金金額内訳

まず、これが手配していた修行1日目の全フライトです。 

出発地出発時刻到着地到着時刻運賃種別運賃PPPP単価
①YGJ 1135 HND 1250 - - 576 -
②HND 1400 CTS 1530 乗継旅割 16480 765 12.29
③CTS 1730 TYO 1910 - - 765 -
④TYO 2000 OKA 2245 乗継旅割 20180 1476 9.00
合計         36660 3582 10.23

乗継旅割にも内訳があるようですね(社外秘?)。手書きの計算メモを見せて「この部分が返金になります」と丁寧に教えてくれました。

前半:①7,140+②9,340=計16,480
後半:③6,990+④13,190=計20,180 
返金額:9,340+6,990=16,330円

これだけ見ると3レグ目の千歳-羽田の6,990円が安すぎるように感じます。もう少し3レグ目が高く(返金を多く)なってくれたら4レグ目のPP単価が下がるのに、と思いました。

しかし家に帰って電卓を叩いてみると、運賃に距離の割合を掛けた値に近いようですね。計算方法がはっきりそうだとは断言できませんが。

千歳-羽田の区間マイル:510マイル
羽田-那覇の区間マイル:984マイル

③④の運賃20,180円×510/(510+984)=7,078≒③6,990円

 

さて、返金を受けてPP単価はどう変わったのでしょう。

出発地出発時刻到着地到着時刻運賃種別運賃PPPP単価
YGJ 1135 HND 1250 乗継旅割 7140 576 12.40
TYO 2000 OKA 2245 乗継旅割 13190 1476 8.94
合計         20330 2052 9.91

10.23から9.91へと少し良くなりました。 しかし獲得したPPが1530も減ってしまいました。

 

さて、1レグ目の修行記でも書きましたが最初の出発空港で4レグ目の当日アップグレートに成功したんですね。では、当日アップグレードによってどうなったか見てみます。

 

まずは当初の新千歳に行ったバージョン。1日で4,566PPが稼げ、PP単価10.0となる計算でした。

出発地出発時刻到着地到着時刻運賃種別運賃PPPP単価
YGJ 1135 HND 1250 - - 576 -
HND 1400 CTS 1530 乗継旅割 16480 765 12.29
CTS 1730 TYO 1910 - - 765 -
TYO 2000 OKA 2245 乗継旅割+UP 29180 2460 9.05
合計         45660 4566 10.00

それが新千歳に行かないことでどうなったかと言うと 、

出発地出発時刻到着地到着時刻運賃種別運賃PPPP単価
YGJ 1135 HND 1250 乗継旅割 7140 576 12.40
TYO 2000 OKA 2245 乗継旅割+UP 22190 2460 9.02
合計         29330 3036 9.66

1日で獲得できるPPは3,036に減ってしまいましたが、PP単価は9.66へと下がりました。

 

結果的には、千歳往復のキャンセルと当日アップグレードによりPP単価が下がったことが一番嬉しいです。

しかし、1日(12時間)で3,000PPしか獲得できないという、効率の悪い修行になってしまったことは否定できません。

 

修行1発目でいきなりトラブルに遭遇するとは思っていませんでした。

とんだ修行始めとなりました。まさしく修行ですね。

 

しかし、混乱の最中にもTwitterで温かいメッセージを多くの方からたくさん頂き、「よし、がんばろう!なんとかなるさ」と思うことができました。本当に感謝です。

(ぬるまゆさん、ありがとうございました!)