読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

ソラチカカードの申込手順!各種サービス設定方法・家族カードは申し込まないで!


陸マイラーには欠かすことのできない、とてもお得なカード、「ソラチカカード」。

申し込むことを決めた方のために、申し込みに際して大事なポイントをいくつか説明しつつ、申込手順を説明したいと思います。

申し込みリンクは下の記事内に貼ってあります。別のページから申し込んでも全く構いません。私の記事のリンクから申し込んで頂いても、私には全くインセンティブはありませんので。

まずは「カードを申し込む」を選択します。

f:id:traveler_da1:20161022220915j:plain

カード利用代金を支払う講座と、本人確認書類として運転免許証などを用意します。

f:id:traveler_da1:20161022220924j:plain

「同意のうえ、入力へ進む」を選択します。

f:id:traveler_da1:20161022220941j:plain

すでにANAのお客様番号を持っている方はここでお客様番号を入力します。持っていない方は空欄で大丈夫です。

また、ポイントコースをここで選択しますが上2つのコースのいずれかを選ぶことをおすすめします。なぜマイルがより貯まる10マイルコースを選ばないのか、ということですが、10マイルコースにするためには移行手数料が年5,000円かかるからです。10マイルコースというのはクレジットカードの還元率にすると1%です。私は年間150万円ぐらいをカード決済していますが、150万円使っても還元率1%だと貯まるマイルはたった15,000マイルです。15,000マイルなんて、ポイントサイトでクレジットカードを作ったりすればすぐに獲得できるマイル数です。たった15,000マイルのために年5,000円も払ううぐらいだったら、年会費無料の楽天カードで楽天ポイントを15,000円分もらったほうが賢いように思うからです。

なお、コース変更はあとからでも簡単にできますので大丈夫です。

f:id:traveler_da1:20161022220947j:plain

名前などを入力していきます。

f:id:traveler_da1:20161022220956j:plain

キャッシング枠はソラチカカードはゼロで問題ありません。セゾンカードを作る案件などではキャッシング枠を設定することがポイント獲得条件だったりしますが、ソラチカカードはゼロで大丈夫です。

f:id:traveler_da1:20161022221002j:plain

支払い名人(リボ払い)ですが、あなたが入会するときに支払い名人に関するキャンペーンが行われており、それを狙いにいくつもりでしたら、キャンペーンで設定されている金額のコースをここで設定してください。キャンペーンを無視したり、そもそも支払い名人に関するキャンペーンが行われていないときにソラチカカードを作る場合は、「登録しない」で大丈夫です。

WEB明細についても申込時のキャンペーン次第で申し込むかどうかを決めれば良いと思います。

f:id:traveler_da1:20161022221008j:plain

家族カードの申し込みですが、絶対に申し込まないでください!ソラチカカードを夫婦で作って夫婦で陸マイラーとしてマイルを貯めようとする場合でも、家族カードは作ってはいけません。夫婦別々にソラチカカードに申し込んで、夫婦それぞれが本会員となってください。理由は下で述べますので、ここは「申し込まない」を選択して最後の「確認画面へ進む」を選択してください。あとは入力内容を確認するだけです。

f:id:traveler_da1:20161022221013j:plain

ソラチカカードは申込から1週間程で届きますが、ソラチカカードの到着に関わらず、ハピタスなどのポイントサイトでポイントを獲得する行動はどんどんできますので、勢いのあるうちにどんどん案件に申し込んでポイントを獲得しましょう!

ただし、ソラチカカードを作った月は他のクレジットカードには申し込まないほうが無難です。(と言いつつ私は他のカードも申し込んでしまいました。審査落ちすることなく無事に発行されたので良かったですが)

 

ここからは後述すると申し上げた、家族カードの申し込みに関する注意です。家族2人以上で陸マイラーをする方、複数のソラチカカードを申し込む可能性のある方はぜひ読んでください!

家族カードを申し込んではいけない理由

分かりにくいですが、東京メトロのサイトに理由が書いてあります。

よくあるご質問|東京メトロ To Me CARD

f:id:traveler_da1:20161022230931p:plain

f:id:traveler_da1:20161022231040p:plainf:id:traveler_da1:20161022230958p:plain

 書いてある内容を読んでも分かりづらいですが、まとめますと

  • 家族会員の分のメトロポイントは本会員に合算されてしまう
  • ANAへの移行は本会員からしかできない

ということです。これでも分かりづらいのでポイ探の図を使って説明してみます。

f:id:traveler_da1:20161022232529j:plain

夫がソラチカカードの本会員で、妻が家族会員とします。それぞれがハピタスでポイントを貯めてドットマネー経由で東京メトロのメトロポイントへとポイント交換をしても、メトロポイントの所で本会員に合算されてしまい(青枠)、さらにANAへの移行は本会員である夫からしかできず、妻の分の「東京メトロ→ANA」へのルートは絶たれてしまうのです。

東京メトロからANAへのポイント交換に対し、月20,000ポイントの上限がありますので、夫婦それぞれでソラチカカードを持てば18,000マイル×12ヶ月×2人=432,000マイルを上限として年間貯めることができるのに、家族カードを作ってしまうと半分の216,000マイルしか貯めることができません。

どうせそんなにポイントやマイルは貯められないだろうから家族カードでいいや、と言われるかもしれませんが、家族カードでも年会費が1,000円かかります。本会員+家族会員で年3,000円です。それぞれでソラチカカードを作った場合は2,000円×2人=年4,000円です。その差、たった1,000円です。1,000円余分に払うだけで獲得できるマイルが倍になる可能性があるのだったら、どちらを選びますか?ということです。

これ以上はそれぞれのご家庭の考え方ですのでお任せしますが、我が家はそれぞれが本会員となる、別々のソラチカカードを作っています。