読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

アントワープからパリ北駅までのタリスThalys乗車記録|2016年12月


2016年12月にベルギー・アントワープからフランス・パリ北駅までベルギーの高速列車、タリスThalysに乗って移動をした記録です。 

 

ちなみにタリスのチケット予約は、行き先がパリだったこともありTGVと同じようにフランス国鉄SNCFのサイトで行いました。

www.traveler-da1.com

 

ブリュッセルの宿をお昼前にチェックアウトした我が家は、その日の宿があるパリへと向かうために・・・逆方向であるアントワープへ向かいました。保育園児2人を連れているのに、相変わらずハードな旅行です。 

アントワープ散策を3時間ほどするために、アントワープ中央駅でスーツケースをコインロッカーに預けましたので、タリスに乗る前にまずスーツケースを受け取ります。

コインロッカーはこの写真中央下のオレンジの場所の裏側にあります。

f:id:traveler_da1:20161225112926j:plain

 

こんな感じでロッカーが並んでいます。

f:id:traveler_da1:20161225112950j:plain

大きいロッカーは63リットルサイズのスーツケースを2つ入れてもまだ余裕がありました。一番大きいものであれば63リットルが3個は余裕で入ると思います。料金は一番大きいもので5ユーロ。24時間単位だったと思いますが、正確に記憶しておりません。

預ける操作は日本語も選べるので難しくありません。取り出す際はバーコードを読み取り場所へとかざします。

f:id:traveler_da1:20161225112935j:plain

スーツケースを取り出したらホームへと降りていきます。

我が家が乗るべきタリスのホームは23B。長いホームのうち、アムステルダム側がA、パリ・ブリュッセル側がBとなっているようでした。

 

 

ホームではこのように列車の発着情報が液晶モニターに表示されています。赤で「+8」などと書かれていますが、この場合は定刻より8分遅れを意味します。ベルギー国内を移動する国鉄も、タリスも、10〜30分程度は平気で遅れている感じでした。 

f:id:traveler_da1:20161225223326j:plain

車両がホームに入線してきました。タリスは真っ赤な車体でかっこいいです。

f:id:traveler_da1:20161225223309j:plain

車内にはちょっとしたバーがあるのですが、車体にTHALYS WELCOME BARと書いてあり、車両の外からもその存在がはっきり分かります。

f:id:traveler_da1:20161225223357j:plain

乗り込みます。荷物置き場が車両と車両の間にあります。 63リットルのスーツケースを2つ、一番上の段に上げるのはかなりキツかったです。 

f:id:traveler_da1:20161225223421j:plain

どちらが進行方向か、先頭車両は何号車か気になるところですが、ブリュッセルからパリへと向かう列車は8号車、18号車、28号車が先頭になります。途中で前後が入れ替わることもありませんでした。

f:id:traveler_da1:20161225111444j:plain

バーがある車両にも座席が少しですがあります。一般車両は真ん中が4人掛けとなっており、そこに向かうような形で座席が配置されているので、車両の半分は進行方向に背を向ける座席となります。

f:id:traveler_da1:20161225111442j:plain

アントワープを出発したところで早速バーに行ってみました。こんな通路を抜けると、

f:id:traveler_da1:20161225223440j:plain

こんな感じでバーがあります。バーというかカフェの注文口のようです。

f:id:traveler_da1:20161225223603j:plain

ここで注文します。イケメンの男性2人が対応してくれました。

f:id:traveler_da1:20161225223550j:plain

注文口の前から進行方向を撮影しました。バーがある車両にもこんな風に少し座席があります。

f:id:traveler_da1:20161225223524j:plain

さて、そうこうしているうちに、列車はパリ北駅へと到着しました。

f:id:traveler_da1:20161225223627j:plain

フランスは非常事態宣言が出ています。パリ北駅でも警備がかなり厳重で、我が家はこの写真の右奥あたりで全員分のパスポートのチェックを求められました。

f:id:traveler_da1:20161225223644j:plain

こんな風にパリ北駅の構内は警察官が巡回しています。悪いことは何もしていないので堂々としていればいいのですが、ちょっとドキドキしてしまいます。

早く平和なヨーロッパに戻って欲しいですね。

f:id:traveler_da1:20161225223703j:plain

運賃は早期購入で2等、大人1人29ユーロでした。

f:id:traveler_da1:20161227155433p:plain

国境を超える2時間の高速列車の旅がこの値段、うらやましいです。