だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

子連れ海外旅行をする家族がホテル選びで考える4つのポイント


子連れ海外旅行でのホテル選びは、とても重要です。
うまく選ばないと家族みんなにとって大きな負担となり、旅行自体が苦い思い出に。

今日は我が家がホテルを探すときに考えていることを、いくつか紹介したいと思います。

窓からの景色で楽しめるホテルを

独身時代は夫婦とも、朝から晩までガツガツ歩き回るタイプの旅行スタイルでした。
子どもが生まれるまでは「ホテルなんて寝られれば窓なんて無くてもいい」とさえ考えていました。
しかし、子連れで旅行をするようになって大きく変わりました。

なぜなら子連れ旅行には、「ホテルに缶詰になるリスクがある」からです。
もちろん大人だけの旅行にもそのリスクはありますが、子連れで、我が家のように子どもを2人も連れていたら、誰かが体調を崩してホテルに缶詰になるリスクは非常に高いです。だからこそ、「窓からの景色で楽しめるホテル」を選ぶことが重要になります。

1日中ホテルの部屋から出られないとしても、窓からの景色で街の雰囲気などが楽しめたら、少しは救われます。だから、窓からの景色は大事なんです。
f:id:traveler_da1:20161018161646p:plain

カッパドキアで泊まったホテルのベランダ

ホテルの場所・エリアについて

①ホテル内・ホテル周辺だけで楽しめるホテルを

子どもが体調を崩したとき、1日中ホテル内から出られないとしても、ホテル内にショッピングモールやプール、カジノがあったら、夫婦で交代に遊びに行くことができるかもしれません。

さらにホテル周辺、徒歩圏内に観光スポットがたくさんあれば、夫婦で交代に観光に行くことができるかもしれません。
f:id:traveler_da1:20161018164838j:plain

②観光に便利な場所にあるホテルを

子どもが体調を崩したときはもちろん、元気なときでも、観光に便利な場所にあるホテルはとてもありがたいです。
観光の途中で子どもの体調が悪くなったり、眠たい・疲れた等の理由でホテルに急遽戻ることたりすることがあります。また、食べこぼしたり水遊びで濡れたりして、持っている着替えが足りなくなり、ホテルに戻って着替えたりすることもあります。
大人だけのとき以上に、いつでもすぐにホテルに戻れるという場所は非常に重要で、安心して行動できます。
f:id:traveler_da1:20161018211555j:plain

ストラスブールのクレベール広場に面したホテルの部屋から

③移動に便利な場所にあるホテルを

列車を使って都市から都市へと移動する場合、かつ短期滞在の場合によく使います。
1泊しかしないのに、列車を降りてから、さらに地下鉄やタクシーなどを使ってホテルに向かうのは非常に面倒ですし、時間的にロスが大きいです。何より子どもを連れて、スーツケースを持って、ヨーロッパの石畳の道を歩くことは想像以上に大変です。
f:id:traveler_da1:20161018213900j:plain
デュッセルドルフ駅直結のホテル(ibis Düsseldorf Hauptbahnhof hotel)※写真はホテルHPより

いつも我が家はこんなことを考えてホテルを探しています。全てを満たすのはとても難しいので、どこにウェイトを置くのか、ということになると思いますが、少しでも参考になれば幸いです。

逆に絶対に選ばない、避けたいホテルとは?

バスで何都市も回るツアーが泊まるような、市街地から離れた場所にある、そしてホテルの周りに何も無いホテルです。

「朝ホテルを出発したら、夜まで帰ってこないぞ!」という覚悟が必要な場所にあるようなホテルは、子連れには絶対オススメできません。