だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

夫が目指すANAプラチナサービスとは?


夫がANASFC修行をすることに対して、我が家の妻は快く了承してくれました。

一応、プラチナになるとどんなメリットがあるのかをプレゼンしたつもりですが、あまりよく分かっていないようでしたので、妻にもう一度ちゃんと説明するつもりで、改めて整理してみたいと思います。

妻へ話しかけるような文章になるので、読み辛い点があるかもしれません。ご了承ください。私の妻になったような気分で読んで頂けたら幸いです。

 

1)プラチナって何?

f:id:traveler_da1:20161114120720p:plain

ANAマイレージクラブには、上から順にダイヤモンドステイタス、プラチナステイタス、ブロンズステイタス、一般会員と4種類あって、今は家族4人みんな一般会員。ボクが2017年に目指すのは上から2番目のプラチナステイタス。プラチナステイタスになるためには年間でプレミアムポイント数を50,000ポイント貯め、そのうちANAグループ運航便で25,000ポイントを貯める必要があるんだ。

f:id:traveler_da1:20161114120735p:plain

1月から12月の1年間でそれだけのプレミアムポイントを貯めないといけないというのが結構大変で、シンガポールと北海道に行った2015年でも8,000ぐらいしか貯まらなかったんだ。(この年に修行していたら、残り42,000ポイントを貯めれば達成だったから少しは楽だったかもね)

f:id:traveler_da1:20161114140258p:plain

2)プラチナになるためには、どれぐらい飛行機に乗って、いくらかかるの?

例えば来年2017年1月11日の東京ー沖縄を見てみよう。 

f:id:traveler_da1:20161114142630p:plain

羽田ー那覇 旅割55 運賃9,190円 PP1,476

プラチナ達成に必要なプレミアムポイントは50,000ポイントだから、単純計算で34回(17往復)、312,460円が必要となる。もちろん常にこの運賃で乗り続けられる訳じゃないし、そもそも我が家は羽田や那覇の近くじゃない。だからやっぱり、50万ぐらいはかかると思う。45万円程度には抑えようと思っているけどね。

3)プラチナで受けられるサービスとは?

プラチナで受けられるサービスはANAのホームページに記載されているんだけど、この中で我が家にとってメリットになりそうなものは詳しく説明するね。

www.ana.co.jp

a)プレミアムメンバー専用サービスデスク

航空券の予約、特典航空券の予約、マイレージサービス、プレミアムメンバーサービスなど問い合わせに、専用のデスクがある。電話がつながりやすいぐらいかな。

b)ラウンジの利用

やっぱ大きなメリットはこれでしょう。ラウンジは国内だとこれだけの空港にある。でも我が家のベース空港には・・・無い。

f:id:traveler_da1:20161114121940p:plain

 海外行くときに羽田や成田、関空、中部でラウンジが使えるのもメリットだと思う。確かに今はラウンジよりもキッズスペースの方がありがたい我が家だけど、子どもたちもいずれは大きくなるし、近い将来ありがたいものになると思うよ。

f:id:traveler_da1:20161114122358p:plain

海外ではこんなスターアライアンスのラウンジも使える。帰国便に乗る前にシャワー浴びたりできるのもいいよね。

f:id:traveler_da1:20161114134902j:plain

Staralliance Lounge@LAX   ロサンゼルス (LAX) - Star Alliance

c)座席クラスのアップグレード

アップグレードポイントというのがもらえて、エコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードすることができる。使わずに余ったアップグレードポイントをANA SKYコインに交換することもできるから損はないはず。子どもがもう少し大きくなったらビジネスクラスも使ってみたいね。

d)プレミアムエコノミーへの変更

プレミアムエコノミーに空席があればどんな運賃で予約していようが追加料金なくプレミアムエコノミーにアップグレードできるんだ。これは子どもが今の年齢でも使えそうだね。いつも通り過ぎるだけのこのエリアにタダで座ることができるんだ。

f:id:traveler_da1:20161114144245p:plain

PREMIUM ECONOMY シート一覧|Service & Info[国際線]|ANA

e)国内線予約の先行受付

普通だと2ヶ月前からしか予約できないけど、2ヶ月+2週間前に予約できるようになる。今は正月・GW・お盆、全部仕事だから関係ないけど、いつかそれも変わるかもしれない。GWに家族で沖縄に行こうってなった時には助かるよね。(※プラチナステイタス中のみ。プラチナ落ち後のANASFC会員には適用されず)

f)国内線座席指定の優先

一般会員では指定できない前方の席が指定できるようになる。いつも最後尾あたりを指定する我が家にはあんまり関係ないかな。

 

g)予約時の空席待ちの優先

予約の段階で空席待ちしたことが無いから、これもあんまり関係ないかな。

h)特典航空券の優先

特典航空券の優先予約と空席待ちの優先取扱いがされるんだけど、前に香港を特典航空券で予約したけど復路が空席待ちになったことがあったよね?あの時は前にステイタスを持った方たちがどんどん割り込んできて、結局我が家には順番が回ってこずに香港に行けなかったという苦い思い出に。でもプラチナになれば今度は我が家が割り込む側になれるんだ!とはいえダイヤモンドには割りこまれてしまうので、どこまでメリットを享受できるか分からないけどね。

i)優先チェックインカウンター

優先チェックインカウンターが使えるようになるから、チェックインの行列に並ばなくて済むんだ。あまり並んだことないけどね。

j)手荷物受け取りの優先

スーツケースにプライオリティのタグが付けられるから早く受け取れるようになるんだ。当然早く空港の外に出られるようになる。これまでは荷物がなかなか出てこないなら後方座席を指定してゆっくり降りよう、というスタンスだったけど、荷物が早く出てくるなら前の方に座ってすぐに飛行機を出るのもありだと思うよ。

k)手荷物許容量の優待

これはどうだろうね。国内線だと40kgまで、国際線だとプラス1個のスーツケースが預けられるというものだけど、家族4人のスペイン・ポルトガル旅行を63リットルのスーツケース1個で済ませてしまう我が家にはあまりメリットはないと思う。

l)専用保安検査場の利用

いつも混雑している保安検査場だけど、早く通り抜けられる専用検査場が使えるようになるんだ。

m)優先搭乗

これまでは「小さなお子様をお連れ」だったから誰よりも早く優先搭乗できたけど、これからはそうもいかないよね。でもプラチナになれば全てのお客様よりは早く搭乗ができる。常に使うかは分からないけど場合によっては早く乗りたい時もあるから、「望めばいつでも優先搭乗できる」という安心感はあるだろうね。

f:id:traveler_da1:20161114144615p:plain

n)空港での空席待ちの優先取り扱い

空港で空席待ちをして飛行機に乗ったことがないから、あんまり関係ないかな。

o)マイカー・バレーの優待@成田空港

成田空港帰国時、ラウンジ隣接の車寄せまで車を届けてくれるというサービスなんだけど、すごいVIPな感じがして使ってみたい気はするけど、成田まで車で行ける距離に住んでいないから、関係ないかな。

p)羽田空港駐車場の優先予約

これも、羽田まで車で行ける距離に住んでいないから関係ないかな。

 

q)香港国際空港の優先レーン

香港にそんなに行かないし、関係ないかな。

r)フライトボーナスマイル

プラチナになって最初の年は90%のボーナスマイル、恐らく2年目はプラチナ落ちのANASFCだけだろうから35%のボーナスマイルが得られる。

s)マイルからANA SKYコインへの交換倍率アップ

f:id:traveler_da1:20161114135352p:plain

一般会員だと50,000マイルが60,000コインだったのが、プラチナになると85,000コイン、ANASFCでも80,000コインになる。マイルを特典航空券に交換するのが一番の目標だけど、空席が無いときはコインに交換して予約するかもしれないし、メリットはあるよね。

t)ダイアリー・カレンダー・手帳のプレゼント

申し込めば貰える。カレンダーがいらなければ500マイル貰える。ボクが修行する前から後者と決め込んでるでしょ?

「IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでの優待」「ANAマイレージクラブ Financial Pass VisaデビットカードATM出金手数料無料」については省略しました

4)ANASFCカードとは?

f:id:traveler_da1:20161113223504p:plain

ダイヤモンドステイタスもしくはプラチナステイタスになった人だけが特別に申し込めるのがこのスーパーフライヤーズカードなんだけど、このカードに入会して年会費を払い続けていれば、なんとプラチナステイタスのサービスをずっと受け続けることができるんだ。

f:id:traveler_da1:20161114130149p:plain

ANASFCカードは一般的なクレジットカードみたいに本会員と家族会員というのがあって、ボクがプラチナを達成してANASFCカードに申し込むときにキミを家族会員として申し込めば、キミは修行をすることなくANASFCのサービスを受けることができるんだ。本会員と家族会員の差は、年会費や継続ボーナスマイルなどに差はあるけど、基本的には本会員と同等と思ってもらっていいと思う。f:id:traveler_da1:20161113223515p:plain

5)ブロンズじゃダメなの?

「1番じゃなきゃダメだよ!」と時間と資金の援助を約束してくれるなら、ボクは迷わずダイヤモンドを目指すよ。スイートラウンジが使えたり、アップグレードポイントが多くもらえたりするしね。でも、ダイヤモンドになるためにはプラチナの倍近い時間と費用が必要になるから、プラチナでいいと思う。「ブロンズじゃダメなの?」という質問に対してはハッキリ「ダメです」と答えておくね。だって、ブロンズじゃANASFCカードに申し込めないんだよ。だから、ブロンズを達成したとしても、そのブロンズサービスが受けられるのは達成した翌年度1年間だけなんだ。それだったらあんまり意味ないでしょ?だからブロンズじゃダメなんだ。

6)最後に

ここまでプラチナの魅力を語ってきたけど、キミはどう感じただろうか?我が家に今すぐメリットとなる点が少なすぎて、「え?これで本当に修行するつもり?50万も注ぎ込むつもり?」と言われるような気がしています。丁寧に説明しようとしたことが裏目に出てしまったんじゃないかとビクビクしています。

一旦はOKが出た夫のANASFC修行ですが、一転してNOとならないことだけ祈っています。