大量74,175ANAマイルが獲得できる大型キャンペーン!

アメリカでAmazonの飛行機が墜落!?原因は?死者は?荷物の補償はどうなる?

アメリカ・ヒューストン近郊で、Amazonの飛行機が墜落したというニュースが入ってきました。

墜落したのは、画像と同じボーイング767。

ボーイング767はJAL・ANAをはじめ、世界中の航空会社で採用され、今日も世界中の空で旅客機、貨物機として飛んでいる大ベストセラー機。

そんな飛行機がなぜ堕ちたのか?

積まれていたAmazonの商品はちゃんと補償されるのか?

ちょっと気になったので調べてみました。

なぜAmazonの飛行機は墜落したのか。

なぜAmazonの飛行機は墜落したのか。

墜落直後のため正確な原因は分かっていませんが、アメリカでは「降下率と設定高度を間違えたんじゃないか?」という憶測が出ています。

着陸直後だった、このAmazonの飛行機。着陸間際の飛行機の降下率は、一般的におよそ1,000〜2,000フィート/分で自動操縦が設定されます。

先日、セントレアでボーイング787のフライトシミュレーションを体験したときも、それぐらいの値に自動操縦を設定したように記憶しています。

とあるアメリカの飛行機マニア(?)の憶測によると、「7,000フィートまで降下するよう設定するところを、7,000フィート/分で設定してしまったんじゃないか」と言われています。

つまり、急降下をしすぎて墜落した、と。

果たして真相はどうだったのか。今後詳しい事故調査が行わるでしょうから、気になる方は追いかけてください。

なお、この事故により、3名の方が亡くなったとの情報があります。

https://www.dailymail.co.uk/news/article-6737937/Atlas-Air-cargo-jet-operating-Amazon-Prime-Air-reportedly-crashed-approach-Houston-Texas.html

https://techcrunch.com/2019/02/23/amazon-prime-air-crash/

積まれていたAmazonの商品はちゃんと補償されるのか?

積まれていたAmazonの商品はちゃんと補償されるのか。

アメリカのことはよく分からないため、はっきりとしたことは申し上げられませんが、おそらく何らかの補償はあると思います。

ちなみに、日本の場合は運送会社の事故により荷物が破損等した場合は、運送約款に基づき補償があるようです。

 

荷物を配送するために専用の貨物機を持っているほど、儲かっているAmazonですからおそらくちゃんと補償はあるでしょう。

 

儲かっているといえば、アマゾン(日本)では現在、オーディオブックのサービスを無料体験するだけで最大1,500円がもらえるキャンペーンが開催されています。

事故の記事にお得情報を載せるのは不謹慎かもしれませんが、手出しゼロ・完全無料で最大1,500円分のポイントがもらえる”ポイントバラ撒きキャンペーン”ですので、ぜひ挑戦してみてください。

【Amazon Audible】30日間無料体験と”聴いてポイントキャンペーン”の併用で最大1,500円もうかるぞ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)