アメックスの貯まったポイントで航空券代を支払い!1ポイント1円はおトクか?

アメックスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」にはたくさんの使い道・交換先があるのですが、カード利用後の代金をポイントで支払うというのは、たくさんあるポイントの使い道の中では最もおトクさを感じやすく、分かりやすいです。

ポイントのおかげで、カードの利用がチャラにできる!

ちょっと乱暴な言い方ですが、まぁ合っています…

ポイントの交換レートや、ポイントをよりおトクに使う方法など、まとめてみたいと思います。

アメックスのポイントは、カード利用後に「ポイント払い」が選べる

アメックスのポイントの使い道・交換先一覧から、今回は「お支払いに利用する(カードご利用後の代金に利用する)」を選択しました。

つまり、カード利用後のポイント払いです。

航空会社への支払いは1ポイント=1円で支払うことが可能

カードご利用後の代金に利用する場合のポイント交換レートはメンバーシップ・リワード・プラスに登録している方と、未登録の方とで少し異なります。

最も交換レートが良いものは、航空会社への支払いとなり、1ポイント=1円で支払うことができます。

カードを利用した場所 交換レート【未登録】 交換レート【登録済】
航空会社 1ポイント=0.3円  1ポイント=1円
ホテル・旅行代理店 1ポイント=0.3円 1ポイント=0.8円
その他 1ポイント=0.3円 1ポイント=0.5円

メンバーシップ・リワード・プラスとは?

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、このように「ポイントの有効期限が無期限に」「マイル移行レートのアップ」「お支払へのポイント利用の交換レートがアップ」などのメリットがあります。

しかし、メンバーシップ・リワード・プラスを利用するには、登録料として「3,000円+税/年間」が必要になります。

公式 メンバーシップ・リワード・プラス

このポイント交換レート優遇プログラムを利用するのに、追加料金を支払うべきかどうか、迷いますよね。

ですが、1年に1度だけ3,000円を支払うだけで、今回私が利用した「ポイント払い」だけでなく「航空会社のマイルへ移行」や「楽天スーパーポイントへ移行」などを利用するときも、この優遇プログラムは共通で受けられます。

覚えておこう!
メンバーシップ・リワード・プラスに登録をすれば、どんな交換先を選ぶときも交換レートが優遇され、よりポイントをおトクに使える!

例えば、楽天スーパーポイントへの移行レートですが、3,000ポイントが1,500円相当になるか、それとも1,000円相当にしかならないか、結構大きく違います。

ちなみに、楽天スーパーポイントに交換する時は、18,000ポイントが損益分岐点になります!

  • 【登録】18,000ポイント→9,000楽天スーパーポイント
  • 【未登録】18,000ポイント→6,000楽天スーパーポイント

追加料金を支払ってポイント交換レート優遇プログラムを利用するのがおトクなのかどうか?

これについては後ほど航空会社への支払いに充てたケースでも比較してみたいと思います。

実際にJALとANAの国内線航空券を、アメックスのポイントで支払いました

実際にJALとANAの国内線航空券をアメックスのポイントで支払いました。

航空会社へのお支払い以外にも「ホテル・旅行代理店」「旅行関連以外」でポイント払いを利用することはできますが、航空会社へのお支払いに使う場合のみ、1ポイント=1円の高レートになります

覚えておこう!
ポイント払いは航空会社への支払いに使うのが、一番おトク!

JALやANAだけでなく、LCCや海外の航空会社で支払った額に対しても、1ポイント=1円になります。

公式 カードご利用後の代金に利用する

実際に、18,600円分の航空券代に対して、所有していた全ポイント18,215ポイントを充ててみました。

18,215ポイントを楽天スーパーポイントに交換した場合、メンバーシップ・リワード・プラスに登録していたとしても約9,000円相当にしかなりませんが、航空券代に充てた場合は18,215円相当になりました!

航空会社への支払いに充てるのがいかにおトクか、お分かりですよね。

メンバーシップ・リワード・プラスは登録するのがおトク?それとも損?

18,600円分の航空券代に対して、18,215ポイントを充ててみましたが、メンバーシップ・リワード・プラスに未登録だったら何円相当になるところだったのか、チェックしてみます。

未登録 登録済
交換レート 1ポイント=0.3円  1ポイント=1円
18,215ポイントは何円相当? 5,465円相当 18,215円相当

一目瞭然ですよね。プログラム登録料の3,000円を差し引いたしても、約10,000円おトクになっています!

ちなみに、先程楽天スーパーポイントに交換する時の損益分岐点は18,000ポイントだと紹介しましたが、航空券代に充てる場合は4,300ポイントがおおよその損益分岐点になる計算です。

  • 【登録】4,300ポイント→4,300円分の航空券代
  • 【未登録】4,300ポイント→1,290円分の航空券代
覚えておこう!
航空券代をポイント払いする場合は、

4,300円以上ならメンバーシップ・リワード・プラスに登録するのがおトク!

アメックスのポイントで「ポイント払い」する場合は、航空券代に充てるのがおトク!

まとめます!

アメックスのポイントを、お支払いに利用(カードご利用後の代金に充てる)するときは、

「ホテル・旅行代理店」「旅行関連以外」ではなく「航空券代」に充てるのが一番おトクです!

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、交換レートがグッとおトクになりますので、こちらの登録もお忘れなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)