【ANA83,000マイル獲得可能】2019年9月ANAアメックスゴールド入会キャンペーンが激アツ!!

ANAマイルが貯まるモッピー。ソラチカルートで大量ANAマイルを貯める!

「ポイントサイトを使ってANAマイルを貯めると、大量にマイルが貯められる」

そのことは分かったものの、何から始めたらいいのか分からない人に向けて、この記事ではステップ・手順を解説します。

上から順番に実践したら「おっ、ANAマイルが大量に貯まった!」と感じていただけるよう、カンタンにまとめていきます。

MEMO
ポイントサイトを使ってANAマイルを貯める理由、それはフライトとショッピングではANAマイルはたいして貯められないからです。詳しくはこちらの記事で解説しています。 陸マイラーのANAマイルの貯め方【陸マイラーという裏技】大量ANAマイルの貯め方。1年間で40万ANAマイル貯まる!

【はじめにおことわり】ANAマイルをポイントサイトで貯める方法はカンタンではありません

おことわり
ANAマイルもJALマイルも、ポイントサイトを利用することでマイルを貯めることができます。

しかし、ANAマイルをポイントサイトで貯める方法は、JALマイルを同じように貯める方法に比べて「複雑、面倒」という難しさがあります。

参考JALマイルをポイントサイトで貯める方法とは?

ではなぜ私がこの方法を使ってANAマイルを貯めているのか。その答えは「JALマイルに比べてANAマイルの方が大量に貯められる」「利用できる航空会社が多い」からです。

大量にマイルを貯められるので、何度も海外旅行に行けるだけでなく、マイルを使ってビジネスクラス、ファーストクラスを利用することもできます。

また、利用できる航空会社はスターアライアンスに属する28社と、提携系航空会社の11社、合計39社となります。

実際にこの2つの利点を生かして、タイ航空でスリランカ、アシアナ航空ビジネスクラスでヨーロッパ旅行と実現しています。有名なところではルフトハンザドイツ航空やシンガポール航空などもANAマイルで利用可能です。

これから”カンタン6ステップ”で説明していきますが、途中でどうしても難しく感じてしまうかもしれません。

しかし、難しさを超えたメリットや楽しみが待っているのがANAマイルなのです。

なお、複雑・面倒といった難しさはありますが、やる気があれば会社員の方や主婦の方、そして学生さんなど、誰でも可能な方法です。

(なるべく簡単にまとめたつもりですが、分からない点があるときは、お気軽にご質問ください。>お問い合わせフォーム

【Step1】ポイントサイトに登録する

ANAマイルを貯める6ステップ
  1. ポイントサイトに登録する【⇐いまココ】
  2. ポイントサイトでクレジットカードを作る
  3. クレジットカード以外の広告でも貯める
  4. ソラチカカードを作る
  5. ポイントをANAマイルに交換する
  6. ANAのマイル口座に加算される

ANAマイルをポイントサイトで貯めるには、ポイントサイトを利用します。

しかし残念ながら、どのポイントサイトも、貯めたポイントを直接ANAマイルに交換することができなかったり、交換できたとしても交換率がかなり悪かったりと、あまり効率のよい貯め方ができないんですよね。

そこで使うのが「ポイント移行」という手になります。

下の図のように何回かの「ポイント移行」をすることで、交換率をあまり下げることなく、貯めたポイントを効率よくANAマイルへと交換できるんです!

そして当サイトが初心者の方に、真っ先に登録することをおすすめしているポイントサイトが「モッピー」になります。

▼なぜモッピーを真っ先におすすめするか?その理由はこちらです。

  • ANAマイルへの交換回数が少なく済むので、他のポイントサイトに比べてカンタン
  • 貯めたポイントをJALマイルへ直接交換できる(途中でJALマイルが貯めたくなった時に、浮気しやすい)
  • クレジットカードの申し込みで獲得できるポイントが大きい
  • 東証一部上場の株式会社が運営するポイントサイトである安心さ(Wikipedia|株式会社セレス
\ TRY NOW /
【2019年9月】JALマイル・ANAマイルが貯まるポイントサイト、モッピーの入会キャンペーンはじまりました!

「なるべく早く、大量ANAマイルを貯めたい!」という方には、モッピーに加えてもう3つのポイントサイトへの登録をおすすめしています。

  • モッピー(最大1,000円分のポイントがもらえる入会キャンペーン中)
  • ハピタス(覆面調査あり)
  • Lifemedia(最大500円分のポイントがもらえる入会キャンペーン中)
  • GetMoney!(登録だけで200円、すぐもらえます!)

実はモッピーは覆面調査(飲食モニター)でマイルを貯める方法がありません。

覆面調査でマイルを稼ごうと思ったら、ハピタスの利用が欠かせないのです。

クレジットカードを1枚作るにしても、モッピー、ハピタス、Lifemedia、GetMoney!でそれぞれポイント数が大きく異なることがありますから、全部をチェックして一番多いところで申し込みをすれば完璧です!

▼覆面調査でマイルを貯めること、こちらの記事で詳しくまとめています!

【2019/9月】現金・マイルが稼げる覆面調査サイトBEST5!

▼夫婦で陸マイラーをされるなら、この記事もぜひおすすめです。

夫婦・家族で一緒に陸マイラー!どのポイントサイトを使うと貯まりやすいのか?

【Step2】ポイントサイトでクレジットカードを作る

ANAマイルを貯める6ステップ
  1. ポイントサイトに登録する
  2. ポイントサイトでクレジットカードを作る【⇐いまココ】
  3. クレジットカード以外の広告でも貯める
  4. ソラチカカードを作る
  5. ポイントをANAマイルに交換する
  6. ANAのマイル口座に加算される

ポイントサイトに登録をしたら、早速クレジットカードを申し込んでいきます。

最初はたくさんクレジットカードを作ること・持つことに抵抗があると思います。

しかし、この1枚1枚のクレジットカードが、たくさんのANAマイルをもたらしてくれるのです。

▲私が作った大量のクレジットカード。外に持ち出すことはほぼありません…

モッピーからANAマイルへの交換レートは、81%です。

▼モッピーのクレジットカードのページを開いたら、こんなふうに見てみましょう。

「ここから2枚のカードを作るだけで、沖縄旅行に行けるマイルが貯まるんです!」

どうです?ワクワクしませんか?

カードの作りすぎに注意!
クレジットカードの発行は1ヶ月に1,2枚にしておきましょう。一度に何枚も作りすぎて審査に通らなくなってしまったという話をたまに聞きます。

【Step3】クレジットカード以外の広告でも貯める

ANAマイルを6ステップ
  1. ポイントサイトに登録する
  2. ポイントサイトでクレジットカードを作る
  3. クレジットカード以外の広告でも貯める【⇐いまココ】
  4. ソラチカカードを作る
  5. ポイントをANAマイルに交換する
  6. ANAのマイル口座に加算される

ネットショッピングや動画視聴サイトの無料お試しなど、ポイントサイトにはたくさんの広告が掲載されています。

普段使っているネットショップや、興味のあるものなどから試してみましょう。

▲モッピーにある楽天市場やYahoo!ショッピング, ヤフオクの3つは私もよく利用しています

【Step4】ソラチカカードを作る

ANAマイルを貯める6ステップ
  1. ポイントサイトに登録する
  2. ポイントサイトでクレジットカードを作る
  3. クレジットカード以外の広告でも貯める
  4. ソラチカカードを作る【⇐いまココ】
  5. ポイントをANAマイルに交換する
  6. ANAのマイル口座に加算される

ソラチカカードのデザイン

貯めたポイントをより多くのANAマイルへと交換するために、ソラチカカードというクレジットカードを作ります。

ソラチカカードとは、東京メトロとANAが提携して発行しているクレジットカードで、正式名称を『ANA To Me CARD PASMO JCB』と言います。

長いですね…ということで通称ソラチカカードと呼ばれています。

持っているだけで交換レートがアップするので、ANA陸マイラーには必須のアイテムとなります。

(持っているだけ、作るだけでOKなので、家の引き出しに入れたままです…そういうカードです)

ソラチカカードはキャンペーンでおトクに作ろう!
ソラチカカードはポイントサイト経由で申し込むことができます。そのおトクを最大にする方法、こちらの記事でご紹介しています。

【2019/9月】ANA JCBソラチカカードの入会キャンペーンで最大46,350マイル+7,500円

ソラチカカードは年会費が必要なクレジットカードです

f:id:traveler_da1:20160929223642j:plain

ソラチカカードの年会費は初年度無料ですが、2年目以降は2,000円(税別)がかかります。

ソラチカカードは年会費で年2,000円が必要ですが、持つと持たないでは獲得できるマイルに大きな差が生まれますので、ぜひ作りましょう。

▼2年目以降の年会費を810円に抑える方法が2019年に始まりました!

ソラチカカード【スマリボ】ソラチカカードの年会費を2,160円から810円に抑える方法!の注意点

ソラチカカードを持つ・持たないで生まれる差とは?

こちらは先程載せたポイント移行ルートになります。

「なぜソラチカカードを作る必要があるのか?」

▼分かりやすいようにモッピーからANAマイルへの部分だけを抜き出し、さらにソラチカカードを持っている人と、持っていない人で生まれる差を見ていきたいと思います。

ポイントサイトのモッピーで貯めた10,000ポイントをANAマイルへと交換する場合、ソラチカカード無しの人も有りの人も、東京メトロのメトロポイントへと交換するまでは同じです。

どちらもメトロポイント9,000ポイントに交換することができます。

しかしそこから先、ソラチカカード無しの人とソラチカカード有りの人で大きな差が生まれます。

メトロポイントまでは同じ交換率でポイント交換をすることができても、メトロポイントからANAマイルへと交換していく過程でソラチカカードを持っていないと5,400マイル、一方でソラチカカードを持っていると8,100ポイントになります。

ソラチカカードを必要としない新ルート誕生!
2019年6月より、ソラチカカードを必要としない新ルートが誕生しました。(交換ルート図の左側、TOKYUルート

ドットマネーに直接交換できるポイントサイトを使えば、ポイントサイト→ドットマネー→TOKYUポイント→ANAという短いルートで各ポイントをANAマイルへ交換できます。(ただしトータルの交換率75%、要TOKYU×ANAカード)
新しいポイント交換ルート「TOKYUルート」誕生で、ANAマイルがグッと貯めやすく!

東京メトロの公式サイトにも、ソラチカカードを持つ・持たないで生まれる差はしっかりと書いてある!

こちらは東京メトロのポイント移行に関するページからお借りした画像になります。

To Me CARDの魅力

実際に東京メトロの公式サイトにも、ソラチカカードはANAマイルへ0.9倍で移行できると書いてあります。

一方でソラチカカードではないTo Me CARDはANAマイルへと0.6倍の移行になると書いてあります。

詳細はこの画像をお借りした東京メトロのポイントサービスに関するページでご確認ください。

また、ソラチカカード以外のTo Me CARDのラインナップについては、こちらの東京メトロ|To Me CARDのラインナップのページをご確認ください。

計9種類のラインアップのうち、この0.9倍移行レートが適用されるのは1種類、ソラチカカードのみです。

持っているだけで交換率が超絶おトクになる!それがソラチカカードの意味、威力なんです!

ソラチカカードを作る!入会キャンペーンと申込時の注意事項

ソラチカカードを作ろうと考えたとき、どうせならお得な入会キャンペーンを利用して申し込めたらいいですよね?

「ソラチカカードで現在実施している入会キャンペーンについて」「申込時の3つの注意事項」については、こちらの別記事で詳しく紹介しています。ぜひあわせてお読みくださいね。

【2019/9月】ANA JCBソラチカカードの入会キャンペーンで最大46,350マイル+7,500円

【Step5】ポイントをANAマイルに交換する

ANAマイルを貯める6ステップ
  1. ポイントサイトに登録する
  2. ポイントサイトでクレジットカードを作る
  3. クレジットカード以外の広告でも貯める
  4. ソラチカカードを作る
  5. ポイントをANAマイルに交換する【⇐いまココ】
  6. ANAのマイル口座に加算される

いよいよ、ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルへと交換していきます。

モッピーを使ってポイントを貯めた人は、「モッピー→Gポイント→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイル」と4回のポイント交換操作が必要になります。

どれも特に難しい手順ではないのですが、2つの交換操作については別記事で詳しく解説しています。

①モッピーからGポイントに交換する

モッピーからGポイントへのポイント交換方法・手順を図で解説!

②GポイントからLINEポイントへ交換する

Gポイントのポイント交換ページから交換できます。

③LINEポイントからメトロポイントへ交換する

LINEポイントのポイント交換ページから交換できます。

④メトロポイントからANAマイルへ交換する

東京メトロからANAへのポイント交換手順!

【Step6】ANAのマイル口座に加算される

ANAマイルを貯める6ステップ
  1. ポイントサイトに登録する
  2. ポイントサイトでクレジットカードを作る
  3. クレジットカード以外の広告でも貯める
  4. ソラチカカードを作る
  5. ポイントをANAマイルに交換する
  6. ANAのマイル口座に加算される【⇐いまココ】

これが最後のステップです。

と言ってもすることは特にありません。

ANAのホームページにログインしてマイルが増えているのを見て、ニヤニヤするだけです(笑)

ANAマイルはカンタン6ステップで貯められる!今すぐ始めるべき!

ポイントサイトを使ってANAマイルを貯める方法は6つのステップだけです。

これだけでANAマイルは大量に貯まります。

何十万円もするビジネスクラスのチケット、平均的なサラリーマンは普通買いませんよね?

でも、陸マイラーならポイントサイトでポチポチしているだけで、ビジネスクラス、乗れるんです!!

「家族4人でビジネスクラスに乗ってヨーロッパ旅行」、これが私はできたのです!

 

陸マイラーのおかげで、私は”しがない旦那”から卒業しました!

つまらない生活とは、もうお別れしました!

 

陸マイラー、今すぐ始めるべきです!

分からないときは、私に聞いてください。

こちらから質問は随時受け付けています!(お問い合わせフォーム

▼『Step1』のポイントサイトの登録は、ここからどうぞ。ここからが、スタートです!

  • モッピー(最大1,000円の入会キャンペーン中)
  • ハピタス(覆面調査あり)
  • Lifemedia(最大500円分のポイントがもらえる入会キャンペーン中)
  • GetMoney!(登録だけで200円、すぐもらえます!)

 

▼モッピーで開催されている大型の入会キャンペーンは、こちらの記事で詳しく、攻略方法を解説しています!

【2019年9月】JALマイル・ANAマイルが貯まるポイントサイト、モッピーの入会キャンペーンはじまりました!
最近の旅行はこれ!
家族4人でANAビジネスクラスに乗って、憧れのカリブ海リゾート・カンクンへ行ってきました。普通に航空券を買ったら4人で約200万円するそうです・・・恐ろしい。

でもマイルのおかげで、諸税のみの負担で済みました。 【搭乗記】ANAビジネスクラスに乗って、家族4人でメキシコシティへ!

【搭乗記】アシアナ航空ビジネスクラス。長距離・長時間のヨーロッパ路線での体験談【エアバスA380】 陸マイラーのANAマイルの貯め方【陸マイラーという裏技】大量ANAマイルの貯め方。1年間で40万ANAマイル貯まる!

14 Comments

まり

こんばんは。
関西在住で新幹線をよく利用するのですがANA VISA Suicaカードではダメなのでしょうか?
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードじゃないと還元率が悪いということですか?
東京の地下鉄には乗らないのですが関係ないのですよね?
最後の還元のために作っておくということでしょうか?

返信する
だいちぃ だいちぃ

まりさま、ご質問ありがとうございます。

東海在住で新幹線を年に1,2回しか利用しないだいちぃです。そのとおり、最後の還元(LINEポイント→メトロポイント→ANA)のために作っておくのがANA to Me CARD PASMO JCBとなります。デザインは似ていますが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードとは別ものになります。また、ANA VISA Suicaカードはおっしゃるとおり、メトロポイントが貯まるカードではないためポイント交換の上では不可となります。

東京の地下鉄に乗らなくても全く問題ありません。普段の鉄道・新幹線は今と同様に乗られて結構です。ANA to Me CARD PASMO JCBはポイント交換だけのために使うカードなので、入会後のキャンペーンが終わってしまえば、普段は家に置いておく人が多いようです。このカードはあくまでポイント交換カードであって、普段のお買い物などには一切利用しないカードですから(笑)

ご不明点ございましたら、またコメントいただければと存じます。よろしくお願いします。

返信する
ゴン

非常に興味があるのですがカード枚数が貯まっていく不安感があります。
ポイント取得の為だけに発行したカードは、ポイント取得後解約して
何か不利になることはあるのでしょうか?

返信する
だいちぃ だいちぃ

ゴンさま
コメントありがとうございます。多数作ったカードは、年会費がかかるものは作成後10ヶ月ほど、年会費無料のものは1年が経過したら適当な時期に解約をしています。もちろん中には優秀で手放せないカードもたくさんあります。
今のところ不利な経験は一切しておりませんが、最悪のケースとしては住宅ローンが通りにくいことがあるという話も聞いたことがございます。しかしそんな場合でも、持ってるカードをしっかり解約すれば住宅ローンは問題ないという経験談も伺ったことがございます。あくまで自己責任ではありますが、僕としてはデメリットよりもメリットのが数倍大きいと感じております!!

返信する
りす

ポイントがたくさんつくのはクレジットカードだと思いますが、2度同じカードを作ることはできないのでだんだんポイントを稼げなくなってくるのではないですか?クレジットカードを一通り作り終えた後は何でポイントを増やされているのでしょうか?

返信する
だいちぃ だいちぃ

りすさま

コメントありがとうございます。ご指摘の通り、クレジットカードを作るにも限りがありますのでいつか終わりは来ます。とはいえクレジットカードの数は山ほどありますし、新規と発行されるカードや、これまでポイントサイトに載っていなかったものが新たに掲載されるようになるなど、3年経ちますがまだまだ発行していないカードがたくさんあります。
クレジットカード以外には、FXや口座開設、ネスレのキャンペーン、飲食店の覆面調査を使えば元出ほとんどかからず大量マイルが貯められます。あとはアメックスやダイナースの入会キャンペーンで大量マイルがもらえるので利用しています(こちらはポイントサイトではありませんが)。また、高額アプリ(月額サービス)の購入で100%バックされるのも陸マイラーにはよく知られた方法です。

とりあえず2,3年は利用する広告が尽きることなく貯められますので、やってみてはいかがでしょうか。1年経つ頃にはノウハウも分かってきて、ここで私が紹介した以外のりすさんなりの貯め方が見つかっているかもしれませんよ(^o^)

ご参考になれば幸いです。

返信する
あやの

初めまして。とても参考になる情報をありがとうございます。
初歩的な質問で申し訳ありませんが、こちらのページで画像紹介されているポイント移行の図式を参考にポイント以降しようと思うのですが、Pexのサイトにて、以降先として三井住友VISAが見当たりません。探し方が悪いのでしょうか。Pex からLineポイントへの移行は還元率が下がりますでしょうか?

返信する
だいちぃ だいちぃ

あやのさま
コメントありがとうございます。Pexのサイトで三井住友VISAに交換するときは「ワールドプレゼント」となります。名前が違うのでややこしいのですが、三井住友VISAのポイントサービスの名前が「ワールドプレゼント」となります。一応URLを貼っておきますね。
https://pex.jp/exchange/worldpresent/show
LINEポイントでも移行は可能ですが、Pex110円相当→LINE100円相当と交換率が下がります。図のとおり交換すれば81%で移行できるものが、PexからLINEポイントへと交換してルートをショートカットした場合は73.6%に下がってしまいます。一方で交換の手間は減りますし、PexからLINEポイントは2、3日とかなり早く交換できるのでメリットもあります。交換率が下がることを理解した上で利用されるのであれば、アリだと思います!
また何かご不明点ございましたら、いつでもお問い合わせくださいませ。

返信する
まお

はじめまして。
普段使いのカードは何が1番マイルを貯めるにはいいのでしょうか?

返信する
だいちぃ だいちぃ

まおさま
ご質問ありがとうございます。なんというグッドタイミング!!ちょうど昨日、その疑問を解消できる解説記事を書いていました。お手数ですが、答えはこちらの記事をお読みいただけたら幸いです。また分からないことがありましたら、聞いてくださいね!
https://www.traveler-da1.com/entry/anamiler-creditcard

返信する
はちさん

ANAアメリカンエキスプレスカード(年会費7000円)で陸マイラーとしてANAマイルを貯めようよ思っていたのですが(今入会特典が良いので)、ソラチカカードの方が良いのでしょうか??

返信する
だいちぃ だいちぃ

はちさんさま
ご質問いただきありがとうございます。

ANAアメリカンエキスプレスカードと、ソラチカカードは、作る目的や作成後の使用目的が違います。

・ANAアメリカンエキスプレスカード:入会特典ボーナスマイルがもらえる。入会キャンペーンのノルマ完了後は、日常のカード利用でマイルを貯めていく。
・ソラチカカード:入会特典ボーナスマイルがもらえる。入会キャンペーンのノルマ完了後は、ポイントサイトからのポイント交換用カードとして利用。

どちらのカードがよいか、というよりも両方ともANAマイルを貯めるのは良いカードです。

とはいえ、ポイントサイトを利用しないのであればソラチカカードはゆくゆくは解約を検討するカードになると思います。初年度は入会キャンペーンのボーナスマイルを目的で利用し、次年度以降は解約も検討。(なお、12月15日まで開催中のQUICPayの20%キャッシュバックキャンペーンもお見逃しなく!)

一方でANAアメリカンエキスプレスカードやANAアメリカンエキスプレスゴールドカードは、入会キャンペーンのノルマが終わったあとも日常利用のメインカードとして使えるカードですので、年会費の負担が気にならないようであれば持ち続けてもいいカードだと思います。年会費の負担が気になるようでしたら、こちらも初年度のみでお別れでしょうか。

ちなみに私は、そんなことを検討して、年会費が実質無料として考えられるSPGアメックスをメインカードとして利用しております。ご参考になれば幸いです。

返信する
KB

はじめまして。
こちらの記事とポイントサイトとにらめっこしながらいつも参考にさせていただいております。
G pointからLINEポイントに交換する際に、手数料が5パーセントかかります。
G point→LINEポイントまで100パーセントで交換する裏技がありますか?

返信する
だいちぃ だいちぃ

KBさま
はじめまして。ご質問ありがとうございます。Gポイントは交換手数料還元サービスがあります。こちらを利用すればあとで手数料分が返ってくるので実質100%になりますよ!
https://www.gpoint.co.jp/pen/charge/
私は楽天市場やYahooショッピングなどを、他ポイントサイトより多少還元率が悪くともGポイントを経由するようにしています。ご参考になれば!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)