【105,000マイル獲得可能】2020年4月ANAアメックスゴールド入会キャンペーンが激アツ!

【2020/4月】ANA東急カードの入会キャンペーンを解説。ポイントサイト利用がおトク!

2020年からのANA陸マイラーには必須のクレジットカード、ANA東急カード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード)。

せっかく作るなら、少しでもお得に作りたいですよね?

そこでこの記事では、各ポイントサイトを徹底比較して、「いま作るなら、どのポイントサイトが一番お得か?」の答えを出したいと思います。

あわせて、ANA東急カードの詳細や、最新のキャンペーン、併用できるキャンペーンを隅々までチェックして解説します。

目次

ANA東急カードを主要ポイントサイトでチェック!どのポイントサイトがお得か。

「ポイントサイト経由でANA東急カードに申し込むと、現在いくら相当のポイントがもらえるのか?」

こちらの表にまとめてみました。ぜひ参考にしてください!

ポイントサイト ANA TOKYUカード申込み 新規入会キャンペーン
モッピー 1,200円相当 最大1,000円
ハピタス 1,200円相当 400円分
ポイントインカム 1,200円相当 400円分
げっとま 700円相当 200円分
ライフメディア 600円相当 500円分
ちょびリッチ 1,500円相当 250円分

2020年3月9日より、ほとんどのポイントサイトで掲載が再開しました。

ポイントサイトの新規入会で獲得できるポイントとあわせると、モッピーが2,200円で最高額となります!

>>モッピー|4月30日まで、最大1,000円分のポイントがもらえる新規入会キャンペーン中

ANA東急カードとは、どんなクレジットカード?ANA陸マイラーには必須のクレジットカードです

ANA東急カード<正式名称:ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード>とは、三井住友カードが発行するクレジットカードです。

まずは基本的な特徴・スペックをチェックしておきましょう。

ANA東急カードの年会費、ANAマイルのポイント還元率をチェック。

まずはざっくり概要です。

太字にした部分は順に解説していきます。

発行会社 三井住友カード
提携会社 東急電鉄・ANA
年会費 初年度無料,次年度以降2,200円
ポイント還元率 200円=1マイル/100円=1マイル
貯められるポイント ワールドプレゼント、東急ポイント

ANA東急カードの年会費割引をチェック。賢く使えば、次年度以降は826円に抑えられる!

公式 ANAカード年会費割引特典について

通常の年会費は、初年度無料で、次年度以降は2,200円です。

しかし、次年度以降の年会費は、WEB明細書サービスを利用することで、2,200円が1,650円に減額できます

(※過去1年間に6回以上の、カード請求のある方が割引となります。毎月カードを使うのがおすすめです。)

 

さらにマイ・ペイすリボをお申し込み+ご利用で、2,200円が826円と大幅に減額できます。

この「マイ・ペイすリボのお申し込み+ご利用」という条件は、現在制度改定中のためややこしいのですが、なるべく簡単に解説してみたいと思います。

2021年2月以降の年会費請求から、リボ払い手数料を実際に支払った人のみ優遇されます

2021年1月までの年会費の支払いは、「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のカードご利用があれば、リボ払い手数料を払う必要なく、年会費が優遇されます。

一方で、2021年2月以降の年会費の支払いは、「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いがあれば、年会費が優遇されます。(毎月のお支払い・臨時のお支払い)

公式 「マイ・ペイすリボ」年会費優遇特典条件改定のお知らせ

 

例えば、2019年10月1日〜15日にカード入会された方で、毎月10日払いに設定をしている場合は、初年度年会費は2019年11月11日(無料ですが)、次年度年会費は2020年11月10日に引き落とされます。

この2020年11月10日の引き落としに対しては、改定前となるのでマイ・ペイすリボの設定は必要ですが、リボ払い手数料を実際に支払う必要はありません。必要となるのは、さらにその1年後となります。

公式にある早見表を見て、ご自身の年会費支払いのタイミングをチェックしてくださいね。

公式 年会費お支払い月・適用期間早見表

カード入会が「月前半or月後半」、さらに支払日が「10日or26日」、この組み合わせで年会費支払いのタイミングは変わってきます。

例えば2020年12月16日〜31日にカード入会された方で、毎月10日払いに設定をしている場合は、初年度年会費は2020年2月10日(無料ですが)、次年度年会費は2021年2月10日に引き落とされます。

よって、年会費優遇を受けようと思ったら、2020年2月から2021年1月までの間に、1回以上リボ払い手数料を支払う必要があります。


イラスト出典:「マイ・ペイすリボ」年会費優遇特典条件改定のお知らせ

ややこしすぎる。理解できない。
カードを作ったあとで、おいおい勉強していけば大丈夫です!理解できずに挫折したら、1,650円の年会費を支払えばいいんですよ・・・

ANA東急カードのポイント還元率(マイル還元率)は、200円=1マイルが基本。追加料金で100円=1マイルも可能。コース選択の損益分岐点は単年だと88万円。

ANA東急カードのマイレージ移行

▲上記の「その他カード」にANA東急カードは該当します。

公式 ANAマイレージ移行

ANA東急カードを利用したら、三井住友カードのポイント「ワールドプレゼントのポイント」が貯まります。

「1,000円=1ポイント」が貯まるので、10万円利用なら100ポイントですね。

このポイントをANAマイルに交換するときに、「200円=1マイル」となる5マイルコースか、「100円=1マイル」となる10マイルコースを選択します。

「200円=1マイル」の5マイルコースならポイント還元率(マイル還元率)は0.5%といまいち。サブカードとして持つなら、こちらがおすすめ。

サブカードとしてANA東急カードを使う。つまり、他にメインカードをお持ちの方であれば、こちらの5マイルコースで問題ありません。

支払いはカード年会費のみで、追加料金は発生しません。

もしこのANA東急カードをメインで利用していくのであれば、次の10マイルコースに加入する価値があるかどうか、よく検討してください。

「100円=1マイル」の10マイルコースならポイント還元率(マイル還元率)は1.0%。追加料金6,600円必要だが、メインカードとして持つなら、検討する価値あり。

メインカードしてANA東急カードを使っていくのであれば、年度で6,600円の追加料金が必要ですが、この10マイルコースを選ぶのがおすすめです。

問題は、メインカードとして、年間何万円を使っていくのか?です。

ここでも具体例で考えてみます。

ANA東急カードの5マイルコースと10マイルコース。損益分岐点はどこになるか?

1マイルをいくらで考えるかによりますが、1マイル=1.5円で考えてみます。

「1マイル=1.5円」という考えは、ANAマイルをANAスカイコインに交換することを想定しています。ビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券に交換することができれば、1マイル=5円〜10円ともなりますが、ここではオーソドックスで誰でも利用できる「1マイル=1.5円」で考えます。

参考 ANAマイルで沖縄旅行に行く4つの方法ANAマイルでハワイに行く3つの方法

結論から言うと、損益分岐点は単年だと年間88万円、月あたり73,000円ほどです。これ以上利用する場合は、10マイルコースがお得です。

  • 年間88万円利用で、ワールドポイント8,800ポイント獲得
  • (5マイルコースなら)4,400マイルに交換可能
  • (10マイルコースなら)8,800マイルに交換可能
  • 差は4,400マイル。1マイル=1.5円と考えると、6,600円の差(10マイルコースの追加料金と同等)となる

ただしこの10マイルコース、年度ごとに加入・非加入を選べます。隔年ごとに5マイルコースと10マイルコースを行ったり来たりする場合の損益分岐点は、半分の年間44万円となります。

  • 1年目は年間44万円利用で、ワールドポイント4,400ポイント獲得
  • 1年目はポイント交換を行わず、ポイントを貯めておく(自動方式ではなく、応募方式を選択)
  • 2年目も年間44万円利用で、ワールドポイント4,400ポイント獲得
  • 2年目の後半に、10マイルコースに加入して(6,600円の支払いが必要)8,800マイルに交換する
  • 2年間の追加費用は6,600円。5マイルコースに比べて4,400マイル多く獲得できる

【注意】貯まったポイントを自動でANAマイルに移行する「自動方式」ではなく、操作をすることでANAマイルに移行する「応募方式」を選ぶ必要があります。また、10マイルコースは自動更新のため、10マイルコースを選択してANAマイルへの交換が完了したら、年度内に確実に5マイルコースに戻すことをお忘れなく。さらに、ワールドプレゼントのポイント有効期限は2年間なので、2年に1度は忘れずにマイル移行をしてください。

もっとマイルが貯まるカード、欲しいですか?
ANA東急カードのマイル還元率は最大でも1.0%ですが、SPGアメックスというクレジットカードなら、マイル還元率は最大で1.25%になります。「普段のショッピングでもマイルを効率よく貯めたい人」「ANA東急カードをサブカードにする人」は、こちらもぜひご検討ください。

【2020年4月最新】こんな人は損する!SPGアメックスのメリット・デメリットをブログで徹底解説!

ANA東急カードでは、東急ポイントも貯められる。ANAマイルへの交換率は75%となり、2020年からは陸マイラー必須のカードに。

ANA東急カードでは、三井住友カードのワールドプレゼントだけでなく、東急ポイントも貯められます。

定期券購入で0.5%のポイントが貯まったり(通常のオートチャージでは貯まりません)、東急百貨店や東急ハンズなどのお買い物で貯まったりですね。

公式 ポイントを貯める|東急ポイント

さらに、この東急ポイントから、ANAマイルへの交換が、非常に重要で価値があります。

東急ポイントからANAマイルへ、ANA東急カードを持っている方なら、1,000ポイントが750マイルに交換できるのです。

さらに、東急ポイントの貯め方にある、「他社ポイントからTOKYU POINTに交換して貯める」のうち、「ドットマネー by Ameba」から交換できる機能を使うことで・・・

このように、ポイントサイトで貯めたポイントを、75%の交換率でANAマイルへと交換できるのです!

▼ANA東急カードが必須になる交換ルートのため、「東急ルート(TOKYUルート)」なんて呼ばれています。

ANA東急ルート

ポイントサイトはコツコツと小銭を貯めるんでしょ?チリツモってやつだよね?
小銭を貯めることはもちろん、やる気さえあれば大量ANAマイルも貯められます!

「陸マイラー」と呼ばれる人たちは、ポイントサイトを駆使することで、大量のANAマイルを貯めて、ビジネスクラスやファーストクラスに乗りまくっているのです。

陸マイラーなら、1年間で20万ANAマイルを超えるマイルを貯めることも可能です。

陸マイラーのANAマイルの貯め方【陸マイラーという裏技】大量ANAマイルの貯め方。1年間で40万ANAマイル貯まる!

私自身も、ポイントサイトで貯めたANAマイルを使って家族4人でビジネスクラスに乗って、ヨーロッパやメキシコ旅行に行きました!

【搭乗記】アシアナ航空ビジネスクラス。長距離・長時間のヨーロッパ路線での体験談【エアバスA380】 【搭乗記】ANAビジネスクラスに乗って、家族4人でメキシコシティへ!

使い切れないほどの大量ANAマイルを貯めてみたい。

コツコツとマイルを貯めるのは、もうやめたい。

そんな人は、ANA東急カードを手にして陸マイラーをするしかないんです!!

陸マイラーのANAマイルの貯め方【陸マイラーという裏技】大量ANAマイルの貯め方。1年間で40万ANAマイル貯まる!

【2020年4月】ANA東急カードの入会キャンペーンをチェック!

それでは、現在行われているANA東急カードの新規入会キャンペーンをチェックしておきます。

現在は、ANAカードが大型キャンペーンを行っています。

取りこぼしのないように、しっかりいただいておきましょう!

ANAカードの紹介プログラム、マイ友プログラムの利用で500マイル獲得できます

ANAカードには、「マイ友プログラム」という紹介制度があります。

カード申込みをするに、こちらの登録を済ませておくと、500マイルがもらえます。

公式 ANAマイ友プログラム

ご家族・ご友人などにANAカードをお持ちの方がいましたら、ぜひ声をかけて紹介していただいてください。

もしお近くにお知り合いがいない場合や、断られてしまった場合は、私から紹介することもできますので、こちらからお問い合わせください。よろこんで紹介させて頂きます。

【注意】すでにクレジットカード機能の付いたANAカード、ANAゴールドカード(ソラチカカードなど)をお持ちの方は、ANAマイ友プログラムをご利用になれません。

ANAカード入会キャンペーンで、最大29,500マイル獲得できます

ANAカードで行われているキャンペーン、かなり大型です。

最大で29,500マイルをもらうことができます!!

ちなみに、29,500マイルというのは通常のカード利用の295万円に匹敵しますから、これはかなりお得です。

※なお、提携ブランドを問わず、すでに対象ANAカードをお持ちのお客様は、対象となりませんのでご注意ください。

通常入会特典)ANAカードなら、1,000マイルプレゼント

こちらは通常のANAカード入会特典です。

  • 通常入会特典:1,000マイル

特典1)ANA便ご搭乗で、もれなく、マイルをプレゼント

2020年8月31日(月)までに、ANAグループ運航便に1回以上ご搭乗いただくと、もれなくボーナスマイルをプレゼント!

(対象運賃:マイル積算対象運賃,対象路線:ANAグループ運航便)

  • ボーナスマイル:1,000マイル

特典2)2020年8月31日(月)までのカードご利用金額に応じて、最大27,000マイルプレゼント

20〜50万円未満 3,000マイル
50〜100万円未満 10,000マイル
100万円以上 27,000マイル

特典3)「ANAカードファミリーマイル」登録で、もれなく、マイルプレゼント

2020年8月31日(月)登録完了分新規入会されたANAカードで、プライム会員として「ANAカードファミリーマイル」に参加されたお客様に、もれなくボーナスマイルプレゼント!

  • ボーナスマイル:500マイル

【2020年4月】ANA東急カード、キャンペーンをフル活用するための手順を確認。

2020年4月に、ANA東急カードの入会キャンペーンでもらえる総額は、こちらです。

  • ANAマイ友プログラム:500マイル
  • ANAカードから:最大29,500円

総額、最大で30,000マイル相当になります!

そして申込手順はこちら。

順番を間違えると、もらい損ねるポイント・マイルがありますので、よく読んでください。

キャンペーンをフル活用するために、ちゃんと順番を守ってくださいね。

①まず、ANAマイ友プログラムの紹介者を探す。そして登録する。

まずはANAマイ友プログラムに紹介してくれる人を探してください。

ANAカードマイ友プログラムを利用すると、500マイル もらうことができますので、取りこぼしのないように。

もしお近くにお知り合いがいない場合や、断られてしまった場合は、私から紹介することもできますので、こちらからお問い合わせください。

紹介用の番号などを入手しましたら、こちらの登録用ページを開いて、紹介者の方に教えていただいた「紹介番号」などを入力してください。

登録用ページの最後に「申込みはこちら」の案内がありますが、ここからは申し込まずにページを閉じてください。

②ANA東急カードに申し込む

ANA TOKYUカードは、ポイントサイトから申し込めるときは、ポイントサイトから申し込むのがお得です。

①のマイ友プログラムの登録が済んだら、お好きなポイントサイトからANA TOKYUカードの広告を探して申し込んでください。

>モッピーで4月30日まで、1,000ポイントもらえる新規入会キャンペーン開催中|詳細はこちら

【2020年4月】JALマイル・ANAマイルが貯まるポイントサイト、モッピーの入会キャンペーンはじまりました!

③カードが届いたら、キャンペーンにエントリーする

ANAカード入会キャンペーンとして最大  29,500マイル が獲得できます。

キャンペーンの利用には、カード入会後に公式サイトより【キャンペーン登録】をする必要がありますのでお忘れなく。

ANAカード公式サイトキャンペーンの詳細・エントリーはこちら

※なお、提携ブランドを問わず、すでに対象ANAカードをお持ちのお客様は、対象となりませんのでご注意ください。

ANA TOKYUカードは、いま作るべきなのか?

最後に、ANA TOKYUカードをいま作るべきなのか、それとも他の行動をすべきなのか、整理しておきます。

ポイントサイトで貯めたマイルを、今すぐにANAマイルに交換したい人

「ポイントサイトで、そこそこポイントが貯まっている」

「今すぐにでも、ポイントサイトからANAマイルへ交換したい」

そんな方は、今すぐANA TOKYUカードを作りましょう。

 

現在、ポイントサイト経由でもらえるポイントは数百円と、かなり渋いです。

そう考えると、タイミング的にベストとは言えません。

が!

おそらくこの水準から大きく超えることはありません。

これぐらいの金額(ポイント数)ならば、待つよりは今すぐ作ってしまったほうがいいと思います。

ANA TOKYUカードを作るならまずは「マイ友プログラム」に紹介してくれる人を探しましょう。

もしお近くにお知り合いがいない場合や、断られてしまった場合は、私から紹介することもできますので、こちらからお問い合わせください。

>>だいちぃに「マイ友プログラム」の紹介を依頼する(お問い合わせフォームが開きます)

ポイントサイトであまり貯まっていない人は、まずはポイントサイトで貯めることを優先して!

「陸マイラーを始めたばかり」

「ポイントサイトを始めたばかり」

そんな方は、ポイントサイトでしっかりポイントを貯めることを優先してください!

まずは、ポイントサイトに掲載されている、高額ポイントを獲得できるクレジットカードに申し込みをして、大量ポイントを貯めてください。

ANA TOKYUカードの申し込みは、その後でも遅くありません。

\ マイルが貯まるポイントサイト /

早く!大量に!ANAマイルが欲しい人は、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの入会キャンペーンを利用してみよう!

ポイントサイトでANAマイルを貯める陸マイラーを始めたけど、

「早いとこ、ドカっとANAマイルが欲しい!」

そんな方は、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの入会キャンペーン を利用してみてはいかがでしょうか?

入会キャンペーンを利用した大量マイルの獲得は、一度きりしか使えません。

今すぐ大量ANAマイルが欲しいなら、ご検討ください。

ただし、キャンペーン利用後もANAマイルを継続的に、大量に欲しいなら、ポイントサイトを使った陸マイラーもやらないとダメですよ!

\ 一気にドカっとマイルをゲット /

17 Comments

高さん

新しい情報への更新、ありがとうございます。
陸マイラーの存在は知っていたものの、手間などを考え、今までは躊躇していました。
ただ、貰えるマイルはもう少し増やせるのではないかと考え、できる範囲でマイル移行を考える事にしました。TOKYUルートの解説、私にはわかりやすかったです。
新たにANAかーどを作っても、現在のマイレージ番号と統合できる制度があるようですので、キャンペーンサイトに掲示復活次第、ANA TOKYUカードを作ってみようかと思います。

返信する
だいちぃ だいちぃ

高さんさま
そうですね、新たにANAカードを作っても、今お持ちのマイレージと合算できます。マイレージ番号は複数できてしまいますが、口座の合算は可能ということです。私自身、今時点で6枚のANAカードを持っていますが、すべてちゃんと合算できています。
ANA TOKYUカードのキャンペーンサイト復活、待ち遠しいですね〜。当サイトでも復活する情報が入りましたら、詳しく解説してご紹介したいと考えております。今後ともどうぞよろしくお願いします。

返信する
だいちぃ だいちぃ

はい、復活しました!ポイントは多くありませんが、ぜひこの機会に作っておきたいですね〜(^o^)

返信する
にゅうさん

「ANA東急カードの入会で対象となる、三井住友カード側のキャンペーンは、次の2つです。合計4,000円ですが、カード利用ノルマは非常に低いので、ぜひ両方もらっておきましょう。」と書かれてますが、「カード新規発行と、Apple Payまたは Google Pay のiDを新規設定すると、もれなく2,000円分まで値引き」はApple PayとGoogle Payで各々2,000円、合計4,000円が値引きされるのでしょうか?キャンペーンを見る限り、上限は2,000円のようですが…

返信する
だいちぃ だいちぃ

にゅうさんさま
ご指摘いただいた件、早速確認しました。おっしゃる通り、2,000円が上限で間違いないと思います。何かのキャンペーンと混同したのかもしれませんが、いずれにせよ4,000円と記載した点は明らかに誤りです。大変申し訳ありませんでした。早急に訂正するとともに、今後このようなことが無いよう十分注意します。ご指摘いただき、ありがとうございました。

返信する
大槻

最近陸マイラーというものに興味を持ち始めたもので、だいちぃ様のサイトを拝見させていただいております。

色々調べている中でソラチカカードというものの存在を知ったのですが、こちらのカードとどのような違いがあるのか教えていただけると幸いです。

もし該当する内容をすでに掲載済みでしたらそちらのURLを教えていただけると助かります、

返信する
だいちぃ だいちぃ

大槻さま

ご質問ありがとうございます。

ソラチカカード自体は現在も存在しており、入会キャンペーンを利用することで多くのANAマイルが獲得できるクレジットカードになります。

一方で、ソラチカカード保有者のみが使えた「ソラチカルート」という、ポイントサイトからANAマイルへの交換ルートは2019年12月27日で終了してしまい、現在は利用できません。

まだソラチカルートが有効であるように記載されているサイトもございますが、それは古い情報となりますため、お間違えないようご注意ください。

ソラチカルートを使っていたユーザー向けの記事としてまとめておりますのでご参考にしてください。

https://www.traveler-da1.com/entry/sorachika-end

いずれにせよ、今後利用できるのはTOKYUルートのみであり、ソラチカルートについて記載が残っている情報は取り入れないことが賢明です。

また何かございましたら、ご質問お待ちしております。

返信する
スカイ

以前にも質問させていただきました
スカイと言います。
現在のクレジットカード新規作成について質問させていただきます。
マイル活動ですが
ポイントサイトはうまく活用できず、
クレカの入会キャンペーンが手っ取り早くていいなと思っているこの頃です。
ANAゴールドアメックスとspgカードは作成しましたが、次に作るべきカードでお得なキャンペーンがあれば教えていただきたいです。
すでに年会費がそこそこのカードを2枚作ってしまったので、できれば年会費無の方がありがたいですが
キャンペーンのポイントがすごくお得なら年会費がかかるカードでも勢いで作ってしまうかもしれません• • •
マイル活動に必要と言われてるANA東急カードはポイント活動がきちんとできてないのでまだ作っていませんが、追い追い作る予定です。
新規案件のよいものを是非教えてください。
また、別の質問になりますが
少しですがマイルが溜まったのでエコノミーでヨーロッパのチケット一人分を夏くらいに取りたいと思っているのですが、
どれくらい前に予約するのがよいでしょうか?
また、その予約は家族分なので、ANAのファミリー登録を済ませないと先に進めないですが、ファミリー登録も待てばキャンペーンがあるのでしょうか?
こちらの質問に関しても教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

返信する
だいちぃ だいちぃ

スカイさん、こんにちは。
いただいたご質問に答えていきますね。

>ANAゴールドアメックスとspgカードは作成しましたが、次に作るべきカードでお得なキャンペーンがあれば教えていただきたいです。

キャンペーンで大型な案件は、ANAダイナースカードですね。ポイントサイトにも掲載がありますので、ぜひチェックしてみてください。
とはいえ、ダイナースは年会費もまぁまぁ高いところ。年会費無料だと今は楽天カードが高騰していますので、チャンスと思います!

>少しですがマイルが溜まったのでエコノミーでヨーロッパのチケット一人分を夏くらいに取りたいと思っているのですが、
どれくらい前に予約するのがよいでしょうか?

これに関しては、予定がある程度決まっていればいつでもよろしいかと思います。330日前から予約される方もいますし、直前の方もいます。
空席にあわせて休暇をとることが可能な柔軟さがあれば、2,3ヶ月前でも間に合うかもしれませんが。
発券はせずとも検索だけはできますので、特典航空券の予約画面から空席状況をチェックしてみてください!

>また、その予約は家族分なので、ANAのファミリー登録を済ませないと先に進めないですが、ファミリー登録も待てばキャンペーンがあるのでしょうか?
ファミリー登録は特にキャンペーンがありませんので、いつでも手続きをしていいかと思います。
マイルの合算が不要であれば、特典利用者登録の手続きだけで、今すぐできますので、こちらのホームページからどうぞ。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/register.html

回答としては以上となります。よろしくお願いします。

返信する
スカイ

お礼が遅くなりまして、すみません。

たくさんの質問に答えていただきありがとうございます。

なかなかマイル活動が軌道に乗りませんが
点と点が線になるように
頑張りたいと思います。

ありがとうございました!

返信する
Pri

初めまして。ほそぼそとANA陸マイラーをやっているものです。
ANAとJALの東急カード、両方作っても問題ないかお聞きしたくコメントいたしました。

ソラチカカードがダメになったので、ANA東急カードを申請しようと思っていますが、よく使っていた東急デパートが今月いっぱいとなるので、では、渋谷スクランブルスクエアでも利用できるJAL東急カードもいいのかと悩んでおります。
よろしくお願いします。

返信する
だいちぃ だいちぃ

Priさま
はじめまして、コメントありがとうございます。
東急カードを両方持つことは問題ないと思いますが、ドットマネーからの交換先として、2枚の東急カードをコロコロと変更できるかどうか、正確な回答を持ち合わせておりません。ドットマネーのサポートに対して「JAL東急カードとANA東急カード、どちらも本人名義だが、ポイント移行先を都度変更(あるときはJAL、あるときはANAに)しても問題ないか?」と問い合わせをしてはいかがでしょうか?ここで私が回答するよりも、はっきりとした、安心できる回答がいただけると思います。お手数おかけしますが、どうぞよろしくお願いします。

返信する
J

初めまして。
親切な説明ありがとうございます。
初めてクレジットカードを作ろうと思っているのですが、その中からANA東急カードかANA AMEXで悩んでいました。
そこで一点教えて頂きたいのですがANA東急カードはポイント、マイルって有効期限はあるのでしょうか?お金を払ってずっと貯められたりは可能でしょうか?無知ですみませんがご教示頂けたら嬉しいです!
どうぞ、宜しくお願い致します!

返信する
だいちぃ だいちぃ

Jさま
ご質問いただきありがとうございます。
ANA TOKYUカードの有効期限ですが、ポイント・マイルについて例を挙げて説明してみます。

ANA TOKYUカードで貯められるTOKYUポイントの有効期限は【2年~3年(加算された2年後の12月末)】となります。
ANAマイルへ移行する前提で、有効期限を考えてみると、以下のようになります。
<例>
2020年3月に貯めたTOKYUポイント
→2022年12月末がTOKYUポイントの有効期限
→2022年12月ギリギリにANAマイルへと移行
→2025年12月(加算タイミングによっては2026年1月)がANAマイルとしての期限

ポイントサイトでANAマイルを貯める前提でお話すると、
・各ポイントサイト:6ヶ月~。サイトによって違いはありますが、増減があれば自動延長となるものがほとんどです)
・ドットマネー:6ヶ月(ポイント増減にかかわらず6ヶ月のため要注意)
・TOKYUポイント:2年後の12月末(2020年に獲得したものはすべて2022年12月末まで)
・ANAマイル:獲得から3年後(2020年3月獲得→2023年3月まで、2020年4月獲得→2023年4月まで)

残念ながらお金を払って有効期限を無期限にする方法は、ANAマイルにはありません。
ANAダイヤモンドメンバー、または生涯100万マイルに搭乗すればマイルの有効期限が無くなる制度もありますが、私にはまったく縁のない世界で、相当難しいです。
https://contact-jp.ana.co.jp/app/answers/detail/a_id/70

実現可能な近い方法としては、ANA AMEXで貯めるという方法でしょうか。
ANA AMEXのカード利用分は、直接マイルではなくAMEXのポイントとして一旦貯まります。(搭乗分は直接ANAマイルに貯まるので別です)このAMEXのポイント自体には有効期限がありませんので、AMEXのポイントで持ち続けている限りは有効期限切れにはなりません。
その後は必要に応じてAMEXポイントからANAマイルへと移行します。ANAマイルへ移行したものについては、移行完了のタイミングから3年のカウントダウンが始まるって感じですね。

以上が回答になります。また何かありましたら、ご質問くださいませ。

返信する
サンチェス

初めまして。今までソラチカルートを使っていましたが、ダメになったので東急ルートを考えています。三井住友カード(ANAワイドゴールドカード)からの変換の仕方を教えてもらえませんか?

返信する
だいちぃ だいちぃ

サンチェスさま、はじめまして。ANAワイドゴールドからANAマイルは、素直に三井住友カードのサイトにログインしてANAマイルに交換する方法でよろしいかと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)