2018年4月から京都で自転車保険が義務化!FPが手頃な保険を紹介いたします

2018年4月1日から、ついに京都府でも自転車保険の加入が義務化されました。

今回はFP(ファイナンシャルプランナー)資格を持つ私が、この京都府の自動車保険義務化に対して、どのように対処・対策をすればよいか、アドバイスしたいと思います。

どうせなら、安い自転車保険がいいですよね?

ということで、メインは「安い自転車保険について」のお話です。

自転車保険は”個人賠償責任保険”で対応するのが保険料・補償額の両方からみても◎

自転車保険の話ですが、まず個人賠償責任保険の話からします。

なぜなら、今回京都府で義務化される自転車保険は「自転車保険」と銘打った自転車専用の保険である必要はなく、個人賠償責任特約であればよいことが京都府のホームページでも記載されているからです。

f:id:traveler_da1:20171113170747p:plain

京都府自転車の安全な利用の促進に関する条例の改正について~自転車損害保険加入義務化等~/京都府ホームページ

個人賠償責任保険の補償内容は自転車以外にも幅広い!

個人賠償責任保険という保険は、自転車事故だけでなく、日常のこんなケースで補償される保険です。

誰にでも起こりうる「うっかり!」

家族の誰かひとり(通常はご主人 or 奥さま)がこの保険に入っていれば、お子さんのこんな事故も保険でカバーできるので、ぜひ入っておきたい保険です。我が家はもちろん、知り合いにも勧めている保険です。

f:id:traveler_da1:20170928225500p:plain

個人賠償責任保険は、自動車保険や火災保険に特約として追加できるケースが多い

個人賠償責任保険は、自転車保険の目的以外にも非常に優秀な保険です。

しかし、この保険自体を単独で用意している保険会社は少なく、またあったとしても高額です(全労済:年額14,440円など)

ほとんどの方は、自動車保険の特約、住宅火災保険の特約として僅かな金額を追加して契約されています。

まずは、自動車保険もしくは住宅火災保険に特約として追加可能かどうか、そして追加保険料がいくらなのか確認してみましょう。

また、他にもクレジットカードを持っている方に対して、わずかな金額を負担するだけで契約できる個人賠償責任保険もあります。

この方法、結構知らない人が多いです

個人賠償責任保険は年会費無料のクレジットカードに、わずかな負担で契約することも可!

例えばこちらは楽天カードの女性向けカード、楽天PINKカードを持っている方が契約できる「個人賠償責任事故補償プラン」です。

月額220円,年間2,640円という僅かな負担でお相手への損害賠償額を1億円までカバーすることができます。

年会費無料クレジットカードに、個人賠償責任保険をお手頃価格で付けられるクレジットカードのご紹介

先程紹介した楽天PINKカードのほかにも、年会費無料のクレジットカードに、月に数百円、年間3,000円前後の負担で個人賠償責任保険が付けられるクレジットカードがいくつかあります。

保険資格であるファイナンシャルプランナー(FP)資格を持つ私が、保険充実&年会費無料クレジットカードを厳選してオススメしたいと思います!

年会費無料・楽天PINKカードなら月220円で1億円の補償額

カード年会費(初年度) 無料
カード年会費(次年度以降) 無料
保険料(月額) 220円
保険料(年間) 2,640円
賠償額(最高) 1億円
引受保険会社 三井住友海上火災保険株式会社
ネット申し込み
公式サイト 楽天PINKカード

まずは先程紹介した楽天PINKカードです。

個人賠償責任保険に申し込めるのは通常の楽天カードではなく、楽天PINKカードになりますので、申込時はシルバー色やパンダデザインではなく、ピンクのデザインの楽天PINKカードを選んでください。

通常カードと楽天PINKカードの違いですが、通常の楽天カードには後付けすることができない女性に嬉しい保険や個人賠償責任保険を後からでも付けられるのが何故か楽天PINKカードだけなんです。

このように通常の楽天カードよりも機能が充実しているのですが、通常デザインと同様、年会費無料なのはさすが楽天カード!

このカードを1枚持っているだけで楽天市場でお買い物をする時に楽天スーパーポイントがザクザク貯まっておトクなので、私も持っています!(女性に嬉しい保険が付いたカードですが、男性でも持てます)

先程も少し触れましたが、個人賠償責任保険とは別に、女性特有の病気に備えられる保険もお手頃値段で付けられます。

年会費無料イオンカードは月260円で1億円の補償額

こちらは私のイオン・ベネッセカードになります。イオンカードに付けられる個人賠償責任保険は、イオンマークが描かれているクレジットカードであれば、どのイオンカードにも付けられます

カード年会費(初年度) 無料
カード年会費(次年度以降) 無料
保険料(月額) 260円
保険料(年間) 3,120円
賠償額(最高) 1億円
引受保険会社 損保ジャパン日本興亜
ネット申し込み
公式サイト イオンカード

イオンカードの保険のうち、自転車プランという月額220円の非常に安いものもありますが、こちらはご自分の怪我のみ補償され、被害者の方への賠償は一切付いていないものです(他の保険で個人賠償責任保険をカバーできている人向け)

今回の義務化で加入が求められている被害者の方への補償を付けるには、右の日常生活賠償プラン260円が最低額になりますので、保険をお申し込みの際はご注意ください!

年会費無料JCB EIT カードは月150円と最安!それなのに1億円の補償額!

JCB EITカードというクレジットカードはJCBブランドでは珍しく、年会費無料のクレジットカードです。

さらにJCBトッピング保険という個人賠償責任保険を保険料月額150円(年間1,800円)という非常にリーズナブルな金額で付けることができ、補償額も1億円と十分です。

この記事ではおトクに自転車保険に入ることができるクレジットカードを3つご紹介していますが、このJCB EITカードが最もリーズナブルで、おすすめです!

カード年会費(初年度) 無料
カード年会費(次年度以降) 無料
保険料(月額) 150円
保険料(年間) 1,800円
賠償額(最高) 1億円
引受保険会社 損保ジャパン日本興亜
ネット申し込み
公式サイト JCB EITカード

▲自転車使用中の事故による賠償責任も対象です(賠償額最高1億円)

年会費無料クレジットカードに追加できる個人賠償責任保険を比較

ご紹介した3つのカードはどれも補償額は同等ですので、どれをお選び頂いても大差はありません。

お好きなカードをお好みでお選び頂ければ、十分な補償を得られて安心できます。

(いずれのカードも、カードがお手元に届いたあとに、追加で保険に加入する必要があります)

特徴\カード 楽天PINKカード イオンカード JCB EITカード
保険料(月額) 220円 260円 150円
カード年会費 無料 無料 無料
補償範囲 日常含む 日常含む 日常含む
補償対象 家族全員 家族全員 家族全員
相手への補償額 1億円 1億円 1億円
申込みページ(公式) 楽天PINKカード(公式) イオンカード(公式) JCB EITカード(公式)

「自転車保険」と名付けた保険は、メリット・デメリットがある

自転車保険が義務化された訳ですが、真っ先に思い浮かぶ「自転車保険」と名前が付いた保険は、メリット・デメリットがあります。

デメリットを理解した上で契約される場合はもちろん問題ありません。デメリットと言っても、条例で定められた義務化は満たしていますので、安心してご契約頂けます。

「自転車保険」と名付けた保険のメリット

  • 1人プランも選択できる
  • 自分が怪我をした場合に保険金が支払われる
  • 相手への補償額を1億円, 2億円, 3億円などと選択できる

「自転車保険」と名付けた保険のデメリット

  • 家族2人以上で保険に入る場合は高くなる
  • 自分が怪我をした場合でも保険金が支払われる一方、他の医療保険と重複するケースが多く無駄になる

【参考:京都市協定締結保険一覧

補償対象\保険会社 あいおいニッセイ同和損保 au損保
本人のみ(年額) 1,180円 1,920円
家族全員(年額) 1,180円×人数分 2,700円

お相手への補償額を2億円, 3億円と保険金をあげることもできるのが自転車保険の特徴・メリットですが、果たしてそこまで必要なのかどうか考える必要もあります。

元々、このような事例に備えるために自転車保険の義務化がはじまった訳ですが、この神戸のケースも補償額は1億円以内で収まっています。

f:id:traveler_da1:20170928194816j:plain

まとめ:京都府の方へ、自転車保険加入はマストです!

義務化と聞くとドキっとする方も多いでしょうが、よくよく考えれば小さな出費でちゃんと備えることができます。

『どうせ罰則ないんでしょ?』なんてことは言わないで、これまで個人賠償責任保険に加入していなかった方はこの機会をチャンスと捉えて、加入することを強くおすすめします!

年会費無料のクレジットカードに、少しの追加費用で自転車保険は付けられますし、日常生活の他のトラブルもカバーすることができますので安心です。

ぜひ前向きにご検討くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)