子連れだからこそ民泊!便利で快適、しかも安いときたら最高ですやん?

民泊やAirbnbという言葉、聞いたことありますか?

ホテルと違って安く泊まれそうだけど『民泊は子連れには不向きなんじゃないか?』と、これまで候補にも入れてこなかった方、いますよね?

逆ですよ、逆!!子連れだからこそ、民泊なんです。Airbnbなんです!

子連れだからこそ使いたい!民泊のメリット

何といっても安い!Airbnbならホテルの半額程度も

民泊の料金は周辺のホテルに比べて半額程度に設定されていることが多いです。

京都でも、1泊平均1万円しないんです。安いお部屋、たくさんあります!

ホテルに比べて民泊は定員ルール・添い寝ルールが曖昧

ホテルだと定員に厳しいところ、多くありませんか?

ホテルは「添い寝は5才以下のこども1人まで」などの定員ルール・添い寝ルールが決められており、4人家族で泊まれるホテルを探すのには結構苦労します。

一方で民泊だとルールがはじめから緩めに設定されていることに加えて、ホスト(貸し主)との交渉でカンタンにルールが突破できることが多いです。

「ベッド2台で足りるので、大人2人子ども2人(7才,5才)で利用できませんか?」のように予約前に連絡をしてみると「OK!」なんて返事がが返ってくることが多いですよ。

たまにこんな大豪邸もあります。ベッド10台で12,000円…1人1,200円と破格すぎます。

子連れにうれしい!室内にキッチンや洗濯機がある

子連れ民泊の最大とも言えるメリットは、室内にキッチンと洗濯機があることです。

カンタンな調理をしたり、電子レンジで温めたり、汚れた服を洗濯したり。ホテルだとなかなかカンタンにはいきませんよね。

できないことはありませんが、建物内にあるランドリーコーナーに行く必要があったり。

でも民泊の場合はこれら全てが部屋に揃っていることが多いので、自分の好きなタイミングで利用できます!これは本当に便利。

f:id:traveler_da1:20161220110217j:plain

実際に私が利用したベルギー・ブリュッセルのお部屋

ブリュッセルで民泊してきた!ジャグジー付きで1泊17,000円とか激アツ!

個性的な部屋に滞在できる!

ホテルでは体験できないような、ちょっと個性的なお部屋に滞在できるのも民泊のメリット。

部屋の中に螺旋階段、登ると屋根裏のベッドスペース。子どもたちはこのお部屋、喜んでいましたね!

f:id:traveler_da1:20161029090503j:plain

実際に私が利用したポルトガル・リスボンのお部屋

こちらは広すぎるリビングと大きなソファー、隣には先程のカウンターキッチンがあり、お風呂はジャグジー。

f:id:traveler_da1:20161220110059j:plainf:id:traveler_da1:20161220110141j:plain

このお部屋を借りるときに周辺のホテルも一応チェックしたのですが、同じぐらいの金額だとシンプルなベッドが2つ置いてあるだけの狭くて古いホテルしか見つかりませんでした。

子連れにちょっと心配な民泊のデメリット

スタッフが常駐していない

ほとんどの民泊には、ホテルのようなスタッフが常駐していません(例外もあります)。

『近くのコンビニや商店はどこ?』『子どもが熱を出したので病院に行きたいのだけど、近くにある?』

ホテルだとフロントのスタッフが教えてくれそうなカンタンなことも、民泊の場合は自分で解決する必要がありますので、覚えておきましょう。

ほとんどのトラブルはGoogleマップや翻訳アプリなどを使えば、あっさり解決できるんですけどね。

病院にかかる場合は、海外旅行保険の会社に電話したり、クレジットカード会社の海外サポートデスク・アシスタンスサービスなどを利用するのがおすすめです!

館内レストランやルームサービスがない

当然ながら民泊ですので、館内レストランやルームサービスはありません。

とはいえ、街中にある民泊だと歩いてわずかの場所にレストランやコンビニがありますので、不便はないと思います。

おしゃれなインテリアが邪魔になる

借りた部屋にステキな置物や花瓶があるケースがよくあります。

我が家の場合、オーナーさんには失礼ですが、部屋に入ったらすぐに子どもの手が届かない場所に移動させます。

チェックイン前、チェックアウト後の荷物預かりがない

ホテルと違ってフロントがないのでチェックイン前、チェックイン後にスーツケースを預けることができません。

スケジュールの都合上必要な場合は、駅のロッカーを利用したり、荷物預かりをしてくれるサービスを使いましょう。

海外では、カフェやレストランなど街のいろんなところで荷物預かりをしてくれる場所を探せるサービスもはじまっています!(LUGGAGE HEROなど)

子どもと民泊まとめ:子連れだからこそ使いたい!

子連れにとっての民泊のメリットやデメリット、少しでもお分かり頂けたでしょうか?

デメリットもある民泊ステイですが、事前に理解をしていれば不便に感じたり困ったりするケースはあまり無いと思います。

デメリット以上に「ホテルと比べて半額で済む!」「ホテルと同じ値段なのに部屋の広さが倍!しかもジャグジー付き」なんてラッキーがありますので子連れ旅行に民泊、やめられないです!

 

民泊サービスで有名なAirbnbは、ここから登録すると初回利用が3,500円も安くなります!

最低金額の条件などはありませんので、5,000円の部屋だったら1,500円の手出しということです。

安いですよね!

関連記事:我が家の子連れAirbnb体験記

ディズニー旅行に民泊で節約!TDR近くのAirbnbに家族4人で泊まったレポート 家族で民泊USJ!大阪はホテルよりAirbnbがオススメ!節約ユニバ旅レポ ポルトガルで民泊!airbnbステイを成功させる6つの秘訣@リスボン ブリュッセルで民泊してきた!ジャグジー付きで1泊17,000円とか激アツ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)