Amazonでのお買い物を常に2%〜2.5%還元で購入する方法!

【2018年夏】私が海外旅行に持っていくガジェットたちを紹介します!

今日は私がこの夏の韓国・イタリア・スイス旅行に持っていったガジェットをご紹介します!

家族4人で3ヶ国周遊。着替えだけでも荷物は大量です。ということでカメラをはじめとしたガジェット類もコンパクトかつ少数精鋭になります。

この旅行を終えると、長女も次女も18ヶ国制覇になります。長女は小学校入学までに13ヶ国だったんですが、次女はそれを5ヶ国も上回るんですね…我が子ながらビックリです。

世界中を飛び回る子連れファミリーの、選りすぐりガジェットをお見せします!

ガジェットって、なに?
ガジェット(Gadget)は、目新しい道具、面白い小物といった意味を持つ、携帯用の電子機器類を指す用語。ガジェットの例としては、iPodなどの携帯音楽プレーヤー、ICレコーダー、PDA、携帯電話、携帯ゲーム機、デジタルカメラ、電子辞書など、様々な電子機器がある。(Wikipediaより)

子連れ海外旅行のカメラはコンデジで決まり(Canon PowerShot G7X Mark2)

海外旅行に持っていくガジェットとして必要不可欠なのはカメラでしょう。

こちらは先月2018年6月に買ったばかりです。今回の旅行用に新しく買いました!

これまで使っていたSONYのRX100(今回はサブカメラとして持っていきます)に大きな不満は無かったのですが、妻も自分のカメラが欲しいというので買い足して、メインカメラ・妻用カメラとして持っていきます!

G7XはRX100と比べて「ズームがきく」「wifi機能がある」「握り心地がいい」「起動が早い」という分かりやすいメリットはありますが、完全オートだと自分の意図とは違った点にピントがあってしまうのが少し使いづらい点でしょうか。(どなたかユーザーの方、良い解決策をお知りでしたら教えてください)

なお、PやAVモードにすればAF枠を自分で動かしたり選べたりできるので、先程言ったようなピントの問題はなく、AFロックも自由自在です。

操作にまだ不慣れな購入直後でも、こんな写真がカンタンに完全オートで撮れるってのがスゴいカメラですね!

カメラを手に入れたら『ちょっと練習してくる!』と日帰りで鎌倉まで行った妻。良いカメラは撮る人をカンタンに外に連れ出せる…

ワクワクするガジェットって、持っているだけで楽しくなりますよね!

撮影:妻

旅行用サブカメラは手頃になったハイスペックコンデジ(SONY DSC-RX100)

海外旅行にあったら嬉しいガジェット、それは2台目のカメラです。

我が家がカメラ2台目、サブカメラとして持っていくのは、ソニーのRX100初代です。2013年1月購入なので、もう5年半も経ちますが、まだまだ現役です。

長女だけの頃は大きな一眼レフを持ってドイツやイタリアに行ったこともあるんですが、次女が生まれて「一眼はもう無理!」とコンデジに変えました。このコンパクトさと画質に慣れると、一眼レフにはもう戻れません。

途中何度も買い替えを検討しましたが、結局このカメラのサイズ、画質、コストパフォーマンスを超えるカメラは見つからず、サブカメラというポジションですが今回も現役です!

サブカメラと言いつつ、「メインカメラ=妻用」なので、RX100は僕にとってはメインカメラなんですけどね。

「ズームが貧相」「wifi対応していない」というマイナス面はあるんですが、「4万円以下で高スペックのコンデジを買いたい」という方にはまだまだオススメできるカメラです。

ちなみに2013年1月の購入時で、4万円台前半(ポイント値引き後)と記憶しています。5年以上経ってもまだ生産中で、さほど値落ちしないのもすごいですよね。

コンデジなのに、こんな写真が撮れます! が、ズームをするとキツイです…普段広角で撮るのがメインの人にはあまり大きな問題ではないと思いますけどね。画質の不満は全くありません!

超長持ちで超長生き、そして長く愛することのできる最強ガジェットですよ、こいつは。

旅行好きならSIMフリースマホ,持っていますよね?(ZenFone Max Plus M1)

海外旅行好きなら携帯電話もSIMフリーですよね?もちろんこれもガジェットの分類です。

ASUS ZenFone Max Plus (M1)は、5.2インチのコンパクトボディーに5.7インチのフルビューディスプレイを搭載し、さらに超・ロングバッテリーを兼ねそろえたアクティブなSIMフリースマートフォンです。大容量の4,130mAhバッテリーと先進のパワーマネジメントシステムでもうバッテリー切れの心配はありません。1,600万画素のメインカメラと120°ワイドの広角カメラを搭載したZenFone Max Plusは、とっておきの瞬間を逃しません。(メーカーHPより)

何のことを言っているのかサッパリですが、「画面デカイ」「バッテリー長持ち」「SIMフリー」「カメラきれい!」ってことは私でも分かります。

SIMフリーなので海外でもSIMカードを差し替えればそのまま使えるのもメリット!ということで、現地で使えるこちらのSIMを既にAmazonで購入済みです。

海外旅行の時に、キャリアのローミング(auの世界データ定額など)やレンタルwi-fi(イモトのwi-fiなど)を利用される方が多いと思いますが、価格面では現地SIMが圧倒的に勝ります

コスト:現地SIM(10日で約1,000円)>レンタルwi-fi≒キャリアのローミング(1日で約1,000円)

コスト面では現地SIMがベストなんですが、SIMフリー端末を持っていないと使えないのがデメリット。逆に言えば、普段SIMフリー端末を持っている方や、キャリアスマホのSIMロックを外せる方は、積極的に現地SIMを使うべきです。

動画撮影が断然キレイに!ジンバル(スタビライザー)

これは海外旅行用のガジェットとしては贅沢品というか、無くてもまったく構わないものです。

でも、旅行用に買ってしまいました!

歩きながらヌルヌルな動画が撮影できる秘密兵器、ジンバル(スタビライザー)です。

これが1万円台で買えるならアリでしょ!とついに買ってしまいました。

問題点は大きさですね…グリップ部分がバッテリーになっているので、その分大きくズッシリです。とはいえこのバッテリーのおかげで手ブレを補正してくれるので仕方ありません。

「世界ふれあい街歩き」の映像を観てワクワクしたことはありませんか?あの映像が自分でカンタンに撮れるんですよ!

美しい街を歩く子どもたち、その姿をヌルヌルの動画で記録する、どう考えても最高でしょう!

当然、妻からは『邪魔!デカい!』とクレームが入りました…(笑)

ちなみにこちらは、ジンバルを使わずに中国製アクションカメラを手持ちした動画。思い出としては最低限足りるんですが、ガクガク具合がちょっと残念なんですよね。これがジンバルでヌルヌルになるんです!旅行に行く前から楽しみです!

(▼30秒ほどの参考動画です。音声を消すために音楽をカブせていますので、音量にご注意ください)

旅行中に撮影した動画を、帰国したらブログでご紹介する予定にしてますので、どうぞお楽しみに!

こちらです!ぜひご覧ください。

【ジンバル】お散歩動画が面白い!階段でもヌルヌル街歩き撮影【スマホ】

すべてのガジェットを充電できる、大容量のモバイルバッテリーはマスト!

この商品は現在取り扱いされていません

これまでこの記事で紹介した、すべてのガジェットを充電できるアイテム、それがモバイルバッテリー。

普段スマホ用に持ち歩いている方も多いと思いますが、私の場合はスマホのバッテリーはあまり気にしなくてもいいので、むしろカメラ用として旅行では持ち歩きます。

RX100もG7Xも、USBケーブルでカンタンに充電できるので、予備バッテリーを持つ必要がありません!デジカメがUSBで充電できるのって、本当に便利だと思います!

デジカメをモバイルバッテリーで充電することに慣れてしまうと、USB充電ができないデジカメは次の買い替え時に候補にならないんですよね…。

同時に何台も充電できるUSB充電器は、まさに旅行用!

この商品は現在取り扱いされていません

海外旅行にたくさんガジェット類を持っていっても、朝までにすべてのガジェットが充電完了していないと、お話になりません。

そこで登場するのが、こちらのAUKEYの充電器です。

普段家で使っているものを持っていくだけなんですが、ポイントは5個同時に充電できるという点。

カメラ2台、スマホ2台、ジンバル、モバイルバッテリー。あれ?6口必要?(笑)

実際は5口で十分足ります。旅行中はホテルに着いたらまずカメラを充電して、寝る頃には充電が完了しているので今度はスマホを朝まで充電して、こんな感じですね。

同時に充電できる台数が多ければ多いに越したことはありませんが、その分お値段も高くなりますし、サイズも大きくなります。

我が家の場合は「5台同時の充電器で足りるかな」という計算です。

コンパクトなガジェットで、海外旅行は楽しく・快適に!

今回紹介したアイテムは、これまで私がいろんな国を旅行してきて毎回持っていく必需品ばかりです(ジンバルは除く)。

既にあなたも持っているアイテムばかりだったかもしれませんが、やはりコンパクトは正義です。

例えばSIMフリースマホにすることで、レンタルwi-fiを持つ必要が無くなり、端末1台分少なくなります。

カメラもmicroUSBで充電できるものに統一することで、充電器を1つ減らすことができます。

海外旅行の荷物が大量!という方は、お持ちのアイテムを少しずつ小さくしたり、兼用できるものに変えてみてはいかがでしょうか?

この商品は現在取り扱いされていません
この商品は現在取り扱いされていません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)