【陸マイラー万歳】ANA最長路線メキシコシティへビジネスクラス4席を発券!

久しぶりの特典航空券の発券報告です!(前回の発券報告はJALビジネスクラスのNYでした

タイトルの通りなんですが、ANAの最長路線である成田〜メキシコシティ区間を、ビジネスクラスで4席発券しました。

かなり興奮しています!!!

どんな航空券を取ったのか、そしてここに至るまでの私の考え方とか「誰が得なん?」って内容ですが書いてみたいと思います。

往復ともANAビジネスクラスを4席取るのは至難の技!でもメキシコシティ・ヒューストンなら取れるかも

実際に私が発券した航空券はこちらです。

往路は成田からメキシコシティ、復路はカンクンからヒューストン経由で成田まで。

大人2人と子供2人で、合計36万マイル、諸税145,320円でした。

往路のメキシコシティ行きは、中型機のボーイング787-8なので45席ぐらいしかビジネスクラスはないんですよね。それなのに4席取れました!

ANAビジネスクラスが4席発券できるのは、上級会員だから

実はこれまでもANAビジネスクラスの特典航空券を探し続けていたんですが、なかなか4席まとめてというのは出てこないんです。

やむなくアシアナ航空のビジネスクラス4席を利用してヨーロッパまで行ってきた我が家。

【搭乗記】アシアナ航空ビジネスクラスでヨーロッパへ!【エアバスA380】

しかし、何気なくANAのホームページで特典航空券を探していたら、ビジネスクラス4席が「空席待ち」ではなく「空席あり」になっているのを発見。

これ、ANAの上級会員だからです(2017年にSFC修行をして、2018年現在はプラチナステータス)。

おかげでビジネスクラスを4席発券することができました!

ANAビジネスクラスの特典航空券は、一般会員だと2席まで、上級会員だと4席まで取れる!

ANAは一般会員と上級会員で特典航空券の枠の数が違うというのは有名な話。

▼例えばこの日、一般会員だと2席までは発券できますが、3席以上だと「空席待ち」の表示となりました。

▼しかし同日、プラチナ会員だと4席まで発券することが可能です。5席以上は「空席待ち」の表示となります。

いやー、SFC修行したおかげですね。

今年SFC修行をしている方、また2019年にSFC修行をしている方には、改めて朗報といえるのではないでしょうか。

上級会員でなくても
ANAビジネスクラス2席まで、またアシアナ航空などの一部の提携航空会社なら4席までは一般会員でも発券可能です

ちなみにこのメキシコシティ行きビジネスクラスの航空券、有償で購入するといくら?

ちなみに私が特典航空券で手にいれた航空券とまったく同じものを、有償で購入すると家族4人分で198万円でした。

早期購入割引が効いて、このお値段です。家族4人で約200万円。

到底払える金額ではないですね・・・

私はマイルを使って手にいれたので、360,000マイルと税金145,000円ほどで済みました。

税金が結構高いので「たったの15万円で!」とはなかなか言いづらいですが、マイルのおかげでかなりおトクに手に入れられたことは間違いありません。

税金を引いた差額約180万円≒36万マイル,1マイル約5円の価値ですね。

「メキシコに行きたかったのか?」と問われると、、、

今回メキシコシティへの航空券を取りましたが、「メキシコに行きたかったの?」を問われると、若干疑問です(笑)

実はこの航空券(来年の夏休み)を手配するまでには、いろいろな紆余曲折がありました。

  1. もともとはカナダを狙っていた
  2. 空席が無いので諦めて、一旦は9月にバリ島行きの特典航空券を発券
  3. バリ島を発券するも、いまいち気分が乗らず、ワクワクしない
  4. ソラチカルートからのANAマイルが10月,11月と入り、ANAマイルがさらに増えた
  5. 何気なく特典航空券を探してみると、メキシコシティに空席があることを発見!
  6. バリ島の特典航空券をキャンセルして、メキシコシティ・ヒューストンの特典航空券を発券

メキシコは、自分の中でも”いつか行ってみたい旅行先リスト”には入っていました。

しかし、急いで行きたいほどではなかったので、後回しにしていたんです。

でも、空席が見つかったので、急いで飛びつきました!

過去にもこんな記事を書いていますが、行き先に柔軟性を持つことが大事だとつくづく思いました。

【裏ワザ不要】ANA特典航空券は取れない?家族4席分をマイルを取る方法はコレ

自分はときどき、世界地図をボケーっと見ながら「ここ行きたい、ここもいいね!」とマークを付けるんです。

するとこうやって、突然チャンスが舞い降りてきたときに「行く!」ってすぐ決断できるんです。

「ハワイじゃなきゃイヤ!」という強いこだわりを持つのではなく、たくさんある候補地の中から、どこかに行けたらいいな〜と構えておくと、特典航空券での旅行はグッと近づきます。おすすめです。

2年連続、40万マイル近い特典航空券を手に入れることになりました

2018年夏はヨーロッパ旅行に38万ANAマイル、そして2019年夏はメキシコ旅行に36万ANAマイル。

とんでもないマイル数であることは重々理解しているのですが、夫婦で陸マイラーをやっているので、現在も1年で40万ANAマイルを貯まり続けています。

大量のマイルを消費しているのは確かなんですが、40万マイルと言っても1年で貯まるマイル数なので、発券するときに「清水の舞台から飛び降りる」ほどの覚悟はいらないんですよね。

「急いで発券しないと無くなってしまうかも」その心配の方が大きいので、わりと焦ってポチっとしてます。

1年に40万ANAマイルを貯めて、1年に1回の海外旅行で40万ANAマイル近いマイルを使う。

これ、我が家のように夫婦で陸マイラーを実践されている方なら、さほど難しくないことは、十分お分かりかと思います。

 

▼我が家がどうやって1年で40万ANAマイルを貯めているか、陸マイラーの方なら説明不要かと思いますが、まだ知らないという方は、どうぞこちらをお読みください。

【イチから分かる】ポイントサイトでANAマイルを貯める手順! 夫婦・家族で一緒に陸マイラー!どのポイントサイトを使うと貯まりやすいのか?

それでは、僕と妻、そして小学生の子どもたち2人、家族4人でこのフルフラットシートでゴロゴロダラダラしながら、最長路線13時間の旅を楽しんできます!(2019年夏ですが)

アスタルエゴ〜(ではまた〜)

4 Comments

ケン

マジっすか~!羨ましいッス!私は1馬力なんでマイルがなかなか貯まらないッス!
まぁ、長期休暇を取るのが一番大変なんですけどね~(;・∀・)

返信する
だいちぃ だいちぃ

ケンさんコメントありがとうございます〜
マジっす!メヒコ行ってきやす!確かに1馬力だと厳しいところありますよねー。1馬力にはソラチカカード不要なJALマイル貯めをオススメします!(そうじゃない?www

返信する
ひっちふっち

コレは羨ましい・・・メキシコにビジネスクラスで家族旅行だなんて。
しかもバリ島をキャンセルして一から予約を取り直すところが素晴らしい!やっぱスピーディーな決断力は大切ですね。
↓記事の中の
"たくさんある候補地の中から、どこかに行けたらいいな〜と構えておく"
この言葉、自分も正にこのスタンスです。いつチャンスが来るかわかりませんもんね。まあ、ただ単に優柔不断なだけかもしれませんが☆

返信する
だいちぃ だいちぃ

ひっちふっちさん
コメントありがとうございます!バリ便をキャンセルしてからメキシコ便を予約完了するまでの3分?5分?ほどはもうドキドキでしたよ〜その数分で空席がなくなってしまったら全部パーですからね。キャンセル料として12,000マイルを払っているのですが、陸マイラーなのであまり痛くないというか、、、これがコツコツ貯めたマイルだったら決断できなかったかもしれません。

優柔不断…そうかもしれませんね笑 でも旅行前も旅行中も、臨機応変って大事だと思います!隙間に飛び込む勇気だったり勢いだったり、ですね。ちなみに行きたいところリストの最果てはナミビア、最も近くは昔の彼女の実家です・・・近くて遠い遠い遠い遠い場所です。ここに飛び込む勇気はまだありませぬ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)