2017年10月から鹿児島県で自転車保険が義務化に!安く保険に入る方法は?

2017年10月1日から鹿児島県で自転車保険の加入が義務化されました。

同じタイミングで愛知県名古屋市も、同様に自転車保険の義務化が開始されたんですが、周りに聞いてみると、『保険?入ってないんだよね』という声が多いです。

この記事で分かること!
  1. 鹿児島県の自転車保険とは?
  2. 自転車保険の義務化、罰則について鹿児島県の場合は?
  3. 年会費無料クレジットカードにわずかな負担で自転車保険が付けられるんです!

自転車保険義務化の背景

過去にこのような事件もありました。こういった事故が起きたときに『被害者も、加害者も守ろう』と自転車保険は義務化されました。

f:id:traveler_da1:20170928194816j:plain

自転車保険とは?

鹿児島県がいうところの自転車保険(自転車損害賠償保険等)はこのようにホームページ上で表記されています。

自転車保険(自転車損害賠償保険等)とは,自転車の利用に係る交通事故により生じた他人の生命又は身体の被害に係る損害を補填するための保険又は共済のことをいいます。

義務化とは?

こちら、鹿児島県のホームページからの抜粋です。

鹿児島県/かごしま県民のための自転車の安全で適正な利用に関する条例の施行について

平成29年10月1日から施行

  • 自転車損害賠償保険等への加入等
  • 乗車用ヘルメットの着用等

自転車保険だけでなく中学生以下のヘルメット着用も義務化されます。

義務化なら罰則は?

義務化されると聞くとちょっとビビってしまいますが、もし守らなかった場合はどうなるんでしょう?

本条例では、自転車損害賠償保険等の加入やヘルメットの着用などについて義務化していますが、罰則は設けておりません。

このように罰則はないようです。

これ、何かあった際に『行政がやるべきことはちゃんとやった!行政に責任はない!』と言うため、いわゆる自己保身のためにできた罰則化のように感じます。

何だか腑に落ちない部分はあるものの、万が一加害者になってしまった場合は億単位の賠償を背負うこともあるので必ず入るべきです!

自転車保険は個人賠償責任保険でカバーできる

今回、鹿児島県で義務化されるような自転車保険は「自転車保険」と銘打った自転車専用の保険である必要はなく、他の保険に「自転車損害賠償保険」が付いていればよいとこちらの図から分かります。

実はこの「自転車損害賠償保険」は、個人賠償責任保険と呼ばれる保険でカバーできるんです!

そして、この個人賠償責任保険にわずかな負担で入る方法があるんです!

f:id:traveler_da1:20171004061104p:plain

個人賠償責任保険の補償内容は自転車以外にも幅広い!

個人賠償責任保険は、自転車事故だけでなく、日常のこんなケースで補償される保険です。誰にでも起こりうる「うっかり」ですよね。家族の誰かひとり(ご主人 or 奥さま)がこの保険に入っていれば、お子さんのこんな事故も保険でカバーできるので、ぜひ入っておきたいです!

f:id:traveler_da1:20170928225500p:plain

個人賠償責任保険は年会費無料のクレジットカードに、わずかな負担で契約できる!

個人賠償責任保険は年会費無料のクレジットカードに、わずかな金額を負担するだけで契約できます。これ、結構知らない人多いんですよね。

例えばこちらは楽天カードの女性向けカード、楽天PINKカードを持っている方が契約できる「個人賠償責任事故補償プラン」についてなんですが、月額220円,年間2,640円という僅かな負担でお相手への損害賠償額を1億円までカバーすることができます。

年会費無料クレジットカードなのに、個人賠償責任保険がお手頃価格で付けられるクレジットカード

先程紹介した楽天PINKカードのほかにも、年会費無料のクレジットカードに、月に数百円、年間3,000円前後の負担で個人賠償責任保険が付けられるクレジットカードがいくつかあります。

保険のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)資格を持つ私が、保険充実&年会費無料クレジットカードを厳選してオススメしたいと思います!

楽天PINKカードなら月220円で1億円の補償額

カード年会費(初年度) 無料
カード年会費(次年度以降) 無料
保険料(月額) 220円
保険料(年間) 2,640円
賠償額(最高) 1億円
引受保険会社 三井住友海上火災保険株式会社
ネット申し込み
詳細を見に行く 楽天PINKカード

まずは先程紹介した楽天PINKカードです。

個人賠償責任保険に申し込めるのは通常の楽天カードではなく、楽天PINKカードになりますので、申込時はシルバー色やパンダデザインではなく、ピンクのデザインの楽天PINKカードを選んでくださいね!

通常カードと楽天PINKカードの違いですが、通常の楽天カードには後付けすることができない女性に嬉しい保険や個人賠償責任保険を後からでも付けられるのが何故か楽天PINKカードだけなんです。

このように通常の楽天カードよりも機能が充実しているのですが、ありがたいことに年会費無料という点はそのまま、変わらないのです!

このカードを1枚持っているだけで楽天市場でお買い物をする時に楽天スーパーポイントがザクザク貯まっておトクなので、私も持っています!(女性に嬉しい保険が付いたカードですが、男性でも持てるんです)

先程も少し触れましたが、個人賠償責任保険とは別に、女性特有の病気に備えられる保険もお手頃値段で付けられます。

イオンカードも月220円で1億円の補償額

こちらは私のイオン・ベネッセカードになります。イオンカードに付けられる個人賠償責任保険は、イオンマークが描かれているクレジットカードであれば付けられます

カード年会費(初年度) 無料
カード年会費(次年度以降) 無料
保険料(月額) 260円
保険料(年間) 3,120円
賠償額(最高) 1億円
引受保険会社 損保ジャパン日本興亜
ネット申し込み
詳細を見に行く イオンカード

イオンカードの保険に自転車プランという月額220円からのものがあるのですが、こちらはご自分の怪我のみ補償され、被害者の方への賠償は一切付いていないものです(他の保険で個人賠償責任保険をカバーできている人向け)

万が一の自転車事故の際の、お相手への補償を付けたい方の場合は、右の日常生活賠償プラン260円が最低額になりますので、保険をお申し込みの際はご注意くださいね!

さいごに

義務化と聞くとドキっとする方も多いでしょうが、よくよく考えれば小さな出費でちゃんと備えることができます。

『どうせ罰則ないんでしょ?』なんてことは言わないで、これまで個人賠償責任保険に加入していなかった方はこの機会をチャンスと捉えて、加入することを強くおすすめします!

年会費無料のクレジットカードに、少しの追加費用で自転車保険は付けられますし、日常生活の他のトラブルもカバーできますので安心できますよ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)