【民泊体験】ピカピカの京都の町家に泊まる!こりゃ住みたい

京都旅行で町家(京町家)に泊まってきました!

ゲストハウスやホテル、旅館などでも京町家に泊まることはできますが、私が利用したのは民泊。

ゲストハウスなどと違って、民泊だからこそできること、それは京町家の一軒家をまるごと貸し切ることです!

しかも、京町家に泊まるだけでも大満足なのに、泊まった家はオシャレでピカピカ、まるで新築の物件でした。

それでは、我が家がどんな京町家に泊まってきたのか、ご紹介します!

ピカピカの京都の町家に民泊する。これは強くおすすめできる!

▲私が借りたのはこの左のお宅、民泊専用の物件です。右のお宅もおそらく民泊物件。

この外観を見ただけでも、かなりワクワクと興奮します!

それでは中に入ってみましょう。

民泊のチェックインは、鍵の受け渡しのための立ち会いがある場合と、セルフチェックインの場合がある

Airbnbで借りた民泊の場合は、チェックインの際にホスト(貸し主)さんの立ち会いがある場合と無い場合があります。

今回借りたお部屋は立ち会いなし

立ち会いなしだと自分の好きな時間にチェックインできるのでおすすめです。

(Airbnbで予約するときは予約前にホストさんに質問できるので、気になる方はチェックイン方法や部屋の設備などを聞いてみるのをおすすめします)

事前にホストさん(貸し主)から玄関の暗証番号などのお知らせがありましたので、それを入力して家へと入ります。

実際に民泊した京町家の一軒家は、1階に2部屋、2階に1部屋のまるまる貸し切りタイプ

玄関ドアを開けるとまずは土間スペースがあり、靴を脱いでお部屋にあがります。

▼手前に2畳ほどの小さなスペースがあり、奥には四畳半ほどの居間がありました。

どちらも畳は琉球畳ですね。新しい畳の匂いがまだ残っています!

▼居間の右側の障子をあけると、キッチンがあります。

これぞ京町家といった感じの、土間にあるキッチンです。黒いタイルのかわいいキッチンですね。

下には食器や鍋・フライパンが入っており、設備としては電子レンジ、冷蔵庫、コーヒーメーカー、IHコンロと申し分ありません!

▼居間の奥にある扉をあけると、お風呂やトイレがあります。

ドラム式の洗濯乾燥機と、広々としたバスタブ。

ちなみにこちらのお宅は、毎回清掃業者に清掃を依頼して次のゲストを迎える準備をしているようで、ホテルと清潔感は変わりません。

トイレの写真は撮っていませんが、子どもたちが「自動でフタがあいた〜」とビックリしてました。我が家よりも高機能なお手洗いでございました。

▼寝室は階段を登って二階にあります。

階段の途中に消火器がありますね。民泊の規制が変わり、消火器や火災報知器、非常口のランプなど、かなり厳しくなった様子が伺えます。借りる方としては安心して借りられますね!

寝室は10畳ほどのスペース。ここに布団を敷いて寝ます。

お布団は5組あり、5人まで宿泊することができます

大家族の方はもちろん、3世代旅行や、友だちとグループでワイワイ泊まっても楽しいですね!

 

お部屋の紹介は以上となります。家族4人で短期利用するには申し分のない広さで、とても快適でした!

家族4人で住むには若干狭いかなーと思いましたが、夫婦2人だけなら実際に住んでみたい!と感じるレベルでした。

ちなみに私はこちらのお部屋を1泊19,000円ほどで借りました。

 

なお、家の前に置いてある2台の自転車も、このお部屋を借りたら無料で借りられます!

▼早起きをして京都市内をサイクリングしてきました。

民泊って安いの?高いの?京都にはどれぐらいの数がある?

民泊って最近よく聞きますよが、実際のところ安いのか高いのか気になりますよね。

値段はもちろんピンからキリまであり、借りるタイプによっても大きく異なります。

  • まるまる貸切:まるまる独り占めできる住まい
  • 個室:自分専用の個室+共用スペース
  • シェアルーム:相部屋などのシェアルーム

このうち、私が借りたのと同じまるまる貸切で、京都の物件をいくつか探してみたいと思います。

▼京都駅から四条烏丸のエリア。左のお部屋は私がお気に入りにいれているものですね!かわいいお部屋だと思いませんか?

▼祇園、八坂神社のエリア。新しい物件がちょっと少ないエリアになります。

▼京都御所、下鴨神社のエリア。鴨川に気軽に散歩に行けるエリアですね!

▼北野天満宮、金閣寺のエリア。私が実際に借りたのはこの左の写真のお部屋です!

▼嵐山エリアはちょっとお値段高めです。

Airbnbで借りる場合は宿泊代のほかに、清掃代やサービス料が加わる

Airbnbでお部屋を借りようと思ったとき、実際に予約画面まで進めると清掃代やサービス料が加わって、結構高くなってしまうんです。

▼例えば私が泊まったお部屋。1泊9,000円の宿泊代に加えて、清掃料金(ホストが自由に決められる)とサービス料(Airbnbへ支払うシステム利用料のようなもの)が加わり、2倍以上の値段になってしまいました。

清掃料金はホストが自由に決められ、1,500円ぐらいのお部屋もあります。また、泊まる人数によって清掃料金があがるお部屋もあります。

なお、この清掃料金とサービス料は、基本的に1回の予約に対してかかる費用のため、1週間や1ヶ月などの長期で利用しても金額は変わりません。

つまり、長期間で借りた方が割安になるというのがAirbnbの基本的な料金システムです。

Airbnbはこんな人におすすめ!

私が借りた一軒家タイプ(まるまる貸切)の場合は、料金設定が比較的高いので長期で泊まる人や大人数で泊まる人におすすめです!

とはいえ我が家のように、高くてもいいから京町家に泊まってみたい!という人には、なかなか他ではこんな体験はできないでしょうし、お金には変えられない価値があると思います。

また、Airbnbには一軒家タイプ以外に、料金がかなり安く抑えられるバス・トイレ共同のタイプもあります。

  • 個室:一軒家やマンションの空いている一部屋を間借りさせてもらうタイプ
  • シェアルーム:ゲストハウス、ドミトリーと呼ばれる相部屋タイプ

民泊、Airbnbを初めて利用するなら、割引クーポンあります!

京都以外にも、日本全国、そして海外にももちろんAirbnbエアビーは使えます。

これまでに東京大阪、台北、ポルトガルベルギー、スイスでAirbnbを利用し、今回が7回目の利用となりました。

京都の町家やドミトリー以外にも、個性的なお部屋がたくさんあります。

ぜひ、ホテルに泊まるのとはちょっと違う体験をしてみてくださいね!

 

Airbnbは下の画像、またはこちらから利用登録をすると、あなたの元に3,700円オフのクーポンが手に入ります。

(この割引価格、数百円ですがコロコロ変わりますので最新のものはクリックしてご確認ください)

一軒家タイプも、ドミトリータイプでも割引は使えますので、ぜひどうぞ。

ドミトリータイプだと、クーポンの金額よりも宿泊費のが大きい物件もあり、完全無料宿泊できます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)