【ANAマイルを貯める!】ANA陸マイラーに必須のクレジットカードとは?

この記事は、「夫婦陸マイラーの結果報告!半年で13万ANAマイル、1年間で40万ANAマイルを貯めた!そんな我が家の記録」という記事の続きになります。途中から読むと分かりにくい点もありますので、よろしければ最初の記事からお読みください。


ANAマイルを貯めるために、ANA陸マイラーはポイントサイトでポイントを貯めていきます。

このポイントは、あなたが頑張って貯めたポイントです。どうせなら、無駄なくロス無く、ANAマイルへと交換したいですよね。

そこで今回お話するのは、ポイントサイトで貯めたポイントを少しでも多くANAマイルへと交換するときに必要な『ソラチカカード』と呼ばれるクレジットカードのお話です。

そりゃ、ちょっとでもマイルは多いほうがいい!
ですよね。じゃあ今日の話をちゃんと聞いてください!

ソラチカカードとはどんなクレジットカード?

ソラチカカードのデザイン

ソラチカカードとは、東京メトロとANAが提携して発行しているクレジットカードで、正式名称を『ANA To Me CRD PASMO JCB』と言います。

長いですね…ということで通称ソラチカカードと呼ばれています。

このソラチカカードは、ゴールドカードでもありませんし、またカード会社からの特別なインビテーション(招待状)が必要なカードでもありません。学生でも専業主婦の方でも作れる普通のクレジットカードです。

また、東京メトロとの提携クレジットカードになりますが、東京メトロを普段使うことのない北海道や沖縄にお住いの方でも問題なくお作り頂けます。

ソラチカカードの詳細は?年会費が必要なクレジットカードです

こちらがソラチカカードの詳細になります。

f:id:traveler_da1:20160929223642j:plain

え?年会費かかるの?
ええ…ちょっとだけかかります

年会費ソラチカカードの年会費は初年度無料ですが、2年目以降は2,000円(税別)がかかります。

ソラチカカードは年会費で年2,000円が必要ですが、持つと持たないでは獲得できるマイルに大きな差が生まれますので、ぜひ作りましょう。

ソラチカカード|公式サイト

ソラチカカードを持つとどうなるの?

それはこれからお話しますね

ソラチカカードを持つ・持たないで生まれる差とは?

なぜソラチカカードを作る必要があるのか、ソラチカカードを持っている人と持っていない人で生まれる差を見ていきたいと思います。

ポイントサイトのモッピーで貯めた10,000ポイントをANAマイルへと交換する場合、ソラチカカード無しの人も有りの人も、東京メトロのメトロポイントへと交換するまでは同じです。どちらもメトロポイント9,000ポイントに交換することができます。

しかしそこから先、ソラチカカード無しの人とソラチカカード有りの人で大きな差が生まれます。

メトロポイントまでは同じ交換率でポイント交換をすることができても、メトロポイントからANAマイルへと交換していく過程でソラチカカードが無いと5,400マイル、一方でソラチカカードがあると8,100ポイントになります。

東京メトロの公式サイトにも、ソラチカカードを持つ・持たないで生まれる差はしっかりと書いてある!

こちらは東京メトロのポイント移行に関するページからお借りした画像になります。

To Me CARDの魅力

実際に東京メトロの公式サイトにも、ソラチカカードはANAマイルへ0.9倍で移行できると書いてあり、一方でソラチカカードではないTo Me CARDはANAマイルへと0.6倍の移行になると書いてあります。

詳細はこの画像をお借りした東京メトロのポイントサービスに関するページでご確認ください。

また、ソラチカカード以外のTo Me CARDのラインナップについては、こちらの東京メトロ|To Me CARDのラインナップのページをご確認ください。計9種類のラインアップのうち、この0.9倍移行が適用されるのは1種類、ソラチカカードのみです。

持っているだけで交換率が超絶おトクになる!それがソラチカカードの意味、威力なんです!

 

ソラチカカードをなぜ持つべきなのか?分かりましたか?
年2,000円のコストを上回るほどのマイル移行ができれば持つ価値あり?ってこと

そうです。そういうことです!

ソラチカカードを作る時はANAのマイ友プログラムを利用して作るとプラス500マイルゲット!

ソラチカカードは東京メトロのクレジットカードであることに加えて、ANAのクレジットカード(ANA CARD)でもあるため、ソラチカカードを作る時は、ANAのマイ友プログラムを利用して作ると、通常の入会ボーナス1,000マイルに加えて500マイルを獲得することができますのでぜひ利用しましょう。

ご家族やお知り合いにANAカードの会員様がいましたらお願いしてみてください。「マイ友プログラムでANAカードを作りたいんだけど、と言えば分かると思います。

また、こちらのホームページにマイ友プログラムについては詳しく説明されていますので、こちらをお見せするとスムーズかもしれませんね。

ANA|マイ友プログラム

もしお知り合いにANAカードの会員様がいらっしゃらない場合は私からご紹介させて頂くことも可能ですので、こちらからお問い合わせください。方法など、詳細をお知らせします。通常よりも500マイル多く貰えて入会できますので、ぜひご利用ください。

お問い合わせフォーム

マイ友プログラムを利用せずにソラチカカードへの入会をされる方は、こちらのリンクをお使いください。東京メトロの公式ページへと飛びます。

東京メトロ|ソラチカカード新規発行申し込み

まとめ

ソラチカカードを持つと持たないでは、ANAマイルに交換した際に大きな差が生まれることが分かりました!

もちろん、ソラチカカードを持たなくてもANA陸マイラーとしてANAマイルを貯めることはできますが、ソラチカカードを持っている方がロスがかなり減り、効率がグーンとアップしますので、持つことをオススメします。

ANA陸マイラーとして必須のクレジットカード『ソラチカカード』の話の次は、ANA陸マイラーに必須のポイントサイトのお話です。どこのポイントサイトを利用するのが効率が良いのか、詳しくお話したいと思います!

夫婦・家族で一緒に陸マイラー!どのポイントサイトを使うと貯まりやすいのか? 【ANAマイルを貯める!】ポイントサイトで貯めてANAマイルへ交換!その全体像を見てみよう

2 Comments

mmmmfly

これ、やっぱり良いシリーズですね!改めて『初心者目線』を思い出させてくれますね!!
知らず知らずのうちに『分かるだろう』で書いちゃってます!勉強になりました< (_ _)>

返信する
traveler_da1

いやいや、ほんとですよ。私も『分かるだろう』って書いてること多いですが、きっとどこかに「???」と消化不良にさせてしまっている読者さまがいるんだろうなーと思うと、なるべく初心者目線で書かねばです、ほんと。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)