幼稚園ママ友の海外旅行マウンティング話がウザい件について

我が家には幼稚園に通う6才の次女がいます。

幸い、私の知る限りではこの幼稚園では「ママ友いじめ」や「ママカースト」といったドラマで観るような怖い話はないのですが、「ママ友の自慢話」というのは、まぁまぁよくあります。

今日はこの件について、夫婦の会話が盛り上がったので、ここでちょっと話してみたいと思います。

本日のテーマ:「ママ友の海外旅行マウンティング話がウザい件について」

夏休みにハワイ旅行に行ったという幼稚園のママ友。自慢話がウザい。

次女と同じ幼稚園に通う、とあるママ友。この夏休みにハワイ旅行に行ったらしいのです。

「この前ハワイに行ったときにね-」

うん、まぁこれぐらいなら許そう。夏休みの楽しい思い出だったんだね・・・

「あー、その時うちはハワイに居たから分からない~」

「なんで日本の夏ってこんなに暑いの?ハワイはもっとカラっとしてたのに」

別にカチンとはきませんけど、イラッとはします。

 

しかも、声がでけぇぇぇぇぇ…

周囲にいる他のママたちにしっかり聞こえるようなボリューム。

あまりに大きな声でおしゃべりなさっているので、興味がなくても耳に入ります。

(たまたま幼稚園のお迎えに行ったパパの目には、「うらやましい」よりも「下品なママ」として写ります…)

マウンティングをするために、このママ友は海外旅行に行ったのか?

幼稚園に通うママ友たちの自慢話は、なにも海外旅行に限ったことではありません。

マイホーム、自動車、旦那の仕事、子どもの習い事など、みなさんいろんな「武器」を装備していらっしゃいます。

子どもの習い事なんかは毎週のように「登場」する武器なので、だんだんと威力が弱くなってきます・・・

「はいはい、今週もバレエね。送り迎えご苦労さま」

しかし海外旅行という武器が繰り出されるのは1年にほんの数回。

レアアイテムということもあり、破壊力抜群です。

特に他の武器を普段装備していないママ友は、1年分の”うらみ、つらみ、ひがみ、やっかみ”をここに全力でぶつけてきます。

── 『〇〇ちゃん焼けたね~ハワイ行ったんだって-?いいね~』

「ちょっと日焼けしすぎちゃって、そばかすになったりしないか、しんぱーい。」

 

▲ぜーんぜん心配している様子がない、この口調。

むしろ、なんだかとってもうれしそう。

あんまりしつこいものだから、海外旅行に行ったのか、マウンティングの武器を手に入れに行ったのか分からなくなるほどです。

うざっ。

我が家はこの「海外旅行マウンティング」ママ友に、応戦はしません。

この”海外旅行マウンティング”ママ友のことを、ウザいとは思っていますが、うらやましいとは思っていません。

なぜなら、このママ友に負けないぐらい海外旅行に行っているから。

ちなみに我が家の2018-2019年の家族旅行は現時点でこんな感じです。

  • 2018年3月:フィリピン・セブ島(片道だけビジネスクラス)
  • 2018年7月:イタリア、スイス(往復ビジネスクラス)
  • 2018年12月:ニューヨーク(片道だけビジネスクラス)
  • 2019年3月:タイ(片道だけビジネスクラス)

なかなか立派な「武器」だと思いませんか?(武器としては使う予定はありませんが)

マウンティングという行動自体、あまり品の良いこととは思っていないので、私はしません。

でも、心の中で「ヨッシャ、勝った」とガッツポーズをするのは、自分的には許しています。

 

ちなみにこの”海外旅行マウンティング”ママ友に応戦する予定は一切ありません。

「賃貸暮らしなのに生意気な・・・」と言われたら返す言葉が無いので(笑)

 

心の中では、<うちのが絶対海外旅行たくさん行ってるもん>と思ってますけどね。

子育て世代が海外旅行に行くなら大きな節約が必要?

幼稚園児や小学生がいるような家庭、つまり子育て世代が海外旅行に行くなら大きな節約が必要なんでしょうか?

先日、こちらの 回転ずしは「食費」ではなく、「娯楽費」である!  という本を読みました。

元々はKodomoe(コドモエ)という子育て情報誌で、『なぜ、隣の家は毎年海外旅行に行けるのか!?』というマンガで連載されていたようなのですが、タイトルを変えて書籍化されたそうです。

中身をざっくり話してしまうと、1ヶ月の予算を項目ごとにしっかり決めて、回転ずしは「食費」ではなく「娯楽費(レジャー費)」に分類して、節約をしよう!節約してお金を貯めて海外旅行に行こう!というマンガです。

中古本なら1円(送料別途必要)で購入できますので、ご興味ある方はお買い求めください。私も中古本で買いました。

 

ただ我が家は、このマンガのような節約はしていません。

旅行のための節約って、なんか抵抗あるんですよね。節約をしてまで旅行に行くのはなんか違うかな、と。

ちなみに我が家は1ヶ月の出費の予算も決めていませんし、そもそも家計簿とか一切付けていません…面倒ですし。

それなのに、なぜ1年に何回も海外旅行に行けるのか?

それは、節約で旅行費用を貯めるのではなく、マイルで旅行費用をまかなっているからです!

我が家はポイントサイトを使ってマイルを貯めています

節約嫌いなのに、なぜ1年に何回も海外旅行に行けるのか?

それは、ポイントサイトを使ってマイルを貯めているからです。

▼我が家の2018-2019年の家族旅行、実はすべてマイルでまかなっています。

  • 2018年3月:フィリピン・セブ島  デルタ航空のマイル使用
  • 2018年7月:イタリア、スイス  ANAマイル使用
  • 2018年12月:ニューヨーク  JALマイル使用
  • 2019年3月:タイ  英国航空のマイル使用

デルタ航空のマイルや、英国航空(ブリティッシュ・エアウェイズ)のマイルは外国の航空会社のマイルとなるため、なかなかとっつきにくいと思います。

でも、ANAマイルやJALマイルは、すでに少しなら持っているという人もいるのではないでしょうか?

マイルを貯めて行くことができるのは、海外旅行だけではありません。沖縄旅行もマイルを使えばかなりおトクに行くことができます

JALマイルで沖縄旅行に行く6つの方法、全部知ってる?

また、マイルを貯めて行くことができるのは、個人旅行だけではありません。パッケージツアーもマイルを使ってオトクにすることができます

【マイルで旅行】パックツアーで海外マイル旅行に行く3つの方法を解説!

 

私自身、昔からマイルは貯めていたのですが、飛行機に乗って貯まる分と、クレジットカードを使って貯まる分のマイルだけでは、あまり貯まらなかったんですよね。

独身時代や夫婦2人の時なら、なんとか旅行に行けるだけのマイルを貯めることもできたんですが、家族4人となったら全然無理!

あるとき、「ポイントサイトを使ってマイルを貯める方法」に出会ったのですが、それからは調子よくマイルが貯まるようになり、1年に何回も海外旅行に行っています。

「ポイントサイトを使ってマイルを貯める方法ってなに?」という人のために、カンタンにまとめていますので、よろしければこちらの記事もお読みください。

【イチから始める】ポイントサイトでJALマイルを貯める手順! 【イチから分かる】ポイントサイトでANAマイルを貯める手順!

賃貸暮らしの我が家でも、身の丈にあわないほどの海外旅行に行けるのは、すべてマイルのおかげです!

マイルのおかげで、”海外旅行マウンティング”ママ友の自慢話も、サラッと聞き流せるんです。

 

以上、本日のテーマ「ママ友の海外旅行マウンティング話がウザい件について」でした。

 

\ 3分で分かる /

2 Comments

ケン

なるほど~。ウチもそうならないように注意が必要ですね!結構ソッチ系の話はまかせっきりなダメ亭主なんで(^^ゞ
マウンティングとかありそうですもんね~。ウチは旅行には行ってますがお金は無いんで、リアルマウンティングには参加できないっす!
ちなみに、わが家は隠密で旅行へいくので周りは旅行に行ってることさえ知りません( ̄▽ ̄)

返信する
だいちぃ だいちぃ

ケンさん
我が家も基本的には隠密なんですが、子どもたちがポロっと言っちゃうんですよねw 子どもたちがお友だちのママとかに「◯◯行ったよ〜」とか言っていて、あとでヒヤヒヤします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)