【ANA72,000マイル獲得可能】2019年11月ANAアメックスゴールド入会キャンペーンが激アツ!!

すぐたまでANAマイルを貯めるには、ソラチカルート?TOKYUポイントルート?どっちがおすすめ?

最近ポイントサイトの中でも、ダントツで高額ポイントを付けていることが多い「すぐたま」

注目している人も多いポイントサイトであるのは事実なんですが、ANAマイルへのポイント移行ルートが他のポイントサイトとちょっと違うので注意が必要なんです。

そこでこの記事では、最近人気のポイントサイト「すぐたま」を使ってANAマイルを貯めたい人に向けて、すぐたまからANAマイルへの2つのポイント交換ルートについて詳しく解説したいと思います。

\ まだの人はここから! /
すぐたま公認 ここからの登録で600mile(300円相当)無条件で貰える♪
(無条件で、誰でも300円もらえる入会キャンペーン中です)

ソラチカルートだとANAマイルまでの交換回数が多くなるも、81%の高い交換率が魅力!

この交換ルートは2019年10月上旬から!
すぐたまからGポイントへの直接交換ルートは、2019年10月上旬から利用できるようになります!もうしばらくお待ちくださいね!

すぐたまから「ソラチカルート」を使ってANAマイルへ交換する場合は、トータルで4回の交換操作が必要となります。

結論から言うと、理論上の交換レートは、90%×90%で、81%です。

そして必要なアイテムは、各サイトのアカウントのほか、有料アイテムとしてソラチカカードというクレジットカードになります。

それでは、交換操作の1つ1つを詳しく見ていきましょう。

すぐたま(ネットマイル)からGポイント

 

「すぐたま」で貯めたポイントは、ポイント移行をするときには「ネットマイル」というサイトのポイントになります。

両方の運営会社は同じで、ポイントの表記もまったく一緒ですので、「すぐたま=ネットマイル」だと考えて問題ありません。

この交換ルートは2019年10月上旬から!
再度ですが、すぐたまからGポイントへの直接交換ルートは、2019年10月上旬から利用できるようになります!

すぐたまからGポイントへの交換ルールはこちら。(一部、発表前のため不明です)。

  • 交換完了まで・・・(確認中)
  • 1ヶ月つき、最大・・・口、つまり最大で・・・・mile(・・・・円相当)まで(確認中)
  • 交換レートは等価レート
  • 交換手数料不要!

また、交換するためには交換先となる「Gポイント」のアカウントが必要になります。

Gポイントの無料会員登録はこちら(50円相当のポイント、もらえます)

GポイントからLINEポイント

GポイントからLINEポイントへの交換ルールはこちら。

  • 交換完了までは2〜3日
  • 交換レートは等価
  • 5%の交換手数料が必要。手数料還元サービスを利用することで手数料は無料に

この交換は等価です。

5%の交換手数料ですが、「手数料還元サービス」を利用すれば手数料が無料になります。

この「手数料還元サービス」というのは、指定された対象広告を利用することで受けられるサービスなんですが、ネットショッピングのときにGポイントを経由するだけでOKとなる対象広告もあるので、ハードルはかなり低いです。

Gポイントの無料会員登録はこちら(50円相当のポイント、もらえます)

LINEポイントからメトロポイント

LINEポイントからメトロポイントへの交換ルールはこちら。

  • 毎月15日にLINEポイント側で締め、翌月11日頃にメトロポイントに反映
  • 交換レートは90%

ここでのポイント交換率は90%となります。

メトロポイントからANAマイル

メトロポイントからANAマイルへの交換ルールはこちら。

  • 毎月中旬にメトロポイント側で締め、翌月上旬にANAマイルに反映
  • 交換レートは90%
  • 1月に交換操作は1回まで、1回の交換上限は20,000メトロポイントまで。

これが最後の交換となります。ここでのポイント交換率も、90%です。

TOKYUポイントルートはANAマイルへの交換が簡単!デメリットは要ANA TOKYUカードと、75%のポイント交換率。

すぐたまから「TOKYUポイントルート」を使ってANAマイルへ交換する場合は、トータルで3回の交換操作が必要となります。

結論から言うと、交換レートは75%です。

そして必要なアイテムは、各サイトのアカウントのほか、有料アイテムとしてANA TOKYUカードというクレジットカードになります。

それでは、交換操作の1つ1つを詳しく見ていきましょう。

すぐたま(ネットマイル)からドットマネー

すぐたまからドットマネーへの交換ルールはこちら。

  • 交換は即時完了(リアルタイム)
  • 1ヶ月つき、最大で30,000mile(15,000円相当)まで
  • 交換レートは1,000mile(500円相当)=500p(500円相当)の等価レート

リアルタイムで交換が完了するというのがいいですね!手数料がないのもありがたいです。

ドットマネーからTOKYUポイント

ドットマネーからTOKYUポイントへの交換ルールはこちら。

  • 交換期間は15〜30日ほど
  • 交換レートは300マネー(300円相当)=300ポイント(300円相当)の等価レート

TOKYUポイントからANAマイル

TOKYUポイントからANAマイルへの交換ルールはこちら。

  • 交換期間は1週間程度
  • 交換レートは1,000P=750マイル
  • 交換口数の上限なし!

ここの交換、東京メトロからの交換に比べて、めちゃくちゃ早いです!

東京メトロからANAマイルへの交換と違い、交換数量の上限がないのもいいですね。

すぐたまでANAマイルを貯める。ソラチカルートとTOKYUポイントルート、どちらがおすすめ?

2つの交換ルート、ソラチカルートとTOKYUポイントルートを比較してみました。

交換レートの差から考えると、やはりソラチカルートがおすすめです!

81,000マイルと、75,000マイルと考えると結構デカイ。

ということで、すぐたまからのANAマイルへのポイント移行は、まずは「ソラチカルート」を優先的に検討。

 

一方で、「手に入るマイルが少し減ってもいいから、交換が簡単な方がいい!早く手に入る方がいい!」という方には、TOKYUポイントルートをおすすめします。

ポイントサイトからANAマイルを貯める「東急ルート」とは?
どちらの交換ルートを使うにせよ、各広告の利用で手に入るポイント数が大きい「すぐたま」は、陸マイラーには必須です!

 

\ TRY NOW /
すぐたま公認 ここからの登録で600mile(300円相当)無条件で貰える♪
(無条件で、誰でも300円もらえる入会キャンペーン中です)

 

陸マイラーのANAマイルの貯め方【陸マイラーという裏技】大量ANAマイルの貯め方。1年間で40万ANAマイル貯まる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)