スマホでYouTubeを見すぎる子どもたち。やめさせたいと悩む親の葛藤

お宅のお子さん、YouTube見まくっていませんか?

なんて問いかけておきながら、これは最近までの我が家のことです。

普段は学校や幼稚園に行っているので昼間はYouTubeを観る時間はほとんど無いのですが、土日だとちょっとした隙間時間に見せてしまうんですよね…

だんだん自分のスマホを子どもに奪われるのがイヤになって、使わなくなったスマホをwi-fi接続して与えてしまい、これがさらに悪循環に。

「このままじゃダメだ。とりあえず夏休みに入るまでに何か策を考えなきゃ!」と思い悩み、我が家はこの方法でとりあえずマシになりました。

なかなか原因も特定できず遠回りをしましたが、同じような悩みを持つパパママのために、今日はそのときのお話をします。

子どもにYouTubeを見せたくないなら見せなければいい!そんな簡単にはいきません

「子どもにYouTubeを見せたくないならみせなきゃいい」これは当然の考えだと思いますが、残念ながらそんな簡単にはいかないんです。

ダメな親であることは分かっています。子どもの完全に主導権を握られていることは分かってます…

私が「YouTube禁止!」と言っても、子どもたちから『ひまー』『なんでー?』と不満が飛んできて、結局再びYouTubeへと戻ってしまう…ダメ親です。

もちろん、そんな24時間ずっとYouTubeじゃないですよ。1日30分ぐらいですよ…いや、たまには1時間ぐらいかな。土日だと1時間半?2時間?あ、もう聞かないでください(¯―¯٥)

親はなぜYouTubeを見せたくないのか?何が嫌いなのか?整理してみる

なぜ僕は子どもたちにYouTubeを見せたくないのか?何が気に入らないのか?それをちゃんと整理して考えたことはありますか?

  • 小さな画面をのぞき込み、姿勢が悪くなる、目が悪くなるのがイヤ
  • 子どもたちが見ている番組自体が嫌い
  • YouTubeばかり見てないで勉強して欲しい

僕の場合は「何が嫌いなのか、イヤなのか」を明確に分かっていなかったため、解決策が見つかるまでに遠回りをしました。

自分の中にあるイライラが、ざっくり分けてこの3つだったことを、理解していなかったように思います。

小さな画面をのぞき込み、姿勢が悪くなる、目が悪くなるのがイヤ

スマホの小さな画面を見ていると、当然姿勢が悪くなって、目が悪くなりそうでイヤですよね。

幸い我が家にはタブレットとスタンドがあったので、まずはスマホで観ていたYouTubeをタブレットに変えてみました。

また、いくらタブレットで観たとしても長い時間続けるのはよくないと思い、時間のルールを決めました。

子どもが小さいスマホの画面でYouTubeの画面を観ているのがイヤな人は、タブレットにしてみては?

タブレットも今はかなり安くなりましたよね。7インチのタブレットが5,000円前後で買えるのなら、解決策としては安上がりなんじゃないかと思います。

子どもたちが観ているYouTubeの番組自体がイヤ

さて、スマホでYouTubeを観るのを辞めて、タブレットにしてみたのですが、それでも何だかイヤでした。

これは親のエゴ・ワガママで、子どもには申し訳なくも思うのですが、子どもたちが観ているこんなYouTubeの動画がイヤだったんですよね。

  • 子どもたちがおもちゃで遊んだり、テーマパークに行っている動画
  • 大人がアニメ声を出してアンパンマンで遊んでいる動画
  • お兄さんがUFOキャッチャーでぬいぐるみを落としまくってる動画

何が気に入らないのかを書き出すと1記事じゃ収まらなくなってしまうので止めますが、耳障り・目障りなんです、ごめんなさい。

これらの番組を大好きな方はたくさんいると思います。実際に再生回数が何十万回という動画もありますので、好きな方は多いのでしょう。

ただ、僕は嫌い。個人的な好き嫌いですので、お好きな方は気になさらず。

もちろん僕も、YouTube自体が嫌いな訳ではありません。カメラやスマホの製品レビューを観たり、テントの建て方を観たり。役に立つ番組はたくさんあるので、YouTube自体を否定するつもりはありません。

子どもの観る番組をYouTubeから、アニメへと変えた

スマホからタブレットに変えても、結局は子どもたちがYouTubeを観ていること自体が嫌いだった僕は、テレビでアニメを観せるという方法に変えました。

普段観ているプリキュアなどのテレビアニメを録画しておいて観せれば十分なんですが、Amazonプライム会員でもあった我が家では、Fire TV Stickを購入してプライムビデオを楽しむことにしました。

5,000円弱の本体をテレビに差して、wi-fiつないだら、こんなふうにアニメが見放題!!

Amazonプライムビデオ

ちなみにうちの子どもたちがこれまでに観た番組はこんなものです。

ドラえもん、クレヨンしんちゃん、ちいさなプリンセス ソフィア、ドックはおもちゃドクター、ピーターラビット、リサとガスパールなど

クレヨンしんちゃんを除いては、YouTubeよりはずっと教育上よろしいかと思います。

Amazonプライム会員の年会費は月払いだと月400円、年払いだと年3,900円するのですが、Amazonプライム会員になるとこれだけのことができるんです!これで年3,900円はおトクだと思うんですよね。

Amazonプライム会員でできること!
  • お急ぎ便、お届け日時指定便が無料
  • 特典対象の映画やTV番組が見放題(プライムビデオ)
  • 100万曲以上が聴き放題(プライムミュージック)
  • 無制限のフォトストレージ(プライムフォト)
  • おむつ・おしりふきが定期おトク便利用で15%オフ(Amazonファミリー)
  • 会員限定のプライムデーへの参加

子どもはアニメを観て、大人は映画・音楽・雑誌や本を楽しみ、さらに配送もおトクになりフォトストレージも使えて、これで月にわずか400円。

月にスタバのコーヒー1杯ぐらいの料金で、これだけ利用できるならタダみたいなもんでしょ!(少し大袈裟でしょうか

もうすぐ始まる子どもたちの長い夏休み、YouTube漬けをちょっと改めてみてはいかがでしょうか?

YouTubeからアニメへ、いずれは学習教材へとシフトしていけたら

YouTubeで動画を観ることから、テレビでアニメを観ることにうまく切り替えることができた我が家ですが、本音を言えば勉強もしてほしい。

とはいえ学校の宿題が嫌いなので、ここでも手を焼いています。

ノートに書いて、消しゴムで消して。きれいに書けなかったらイライラして。

考える過程は大切にしたいのですが、正解を美しく書く点でつまずくのはちょっと可哀想だな、と思うのです

ということで、YouTubeのおかげでスマホやタブレットの操作方法はバッチリマスターできた我が子なので、タブレットを使った学習教材を検討してみようと思ってます。

YoutubeからAmazonプライムビデオへ、そしてタブレットを使った学習へ。

いかにも現代っ子だなーと思うのですが、新しいものや時代にあったものに自然と慣れるって大事です。

ソリティアでパソコンを触っていたおかげで、WordやExcelの使い方なんてちゃんと教えてもらったことありませんが、普通に使えます。

一方で、デスクトップパソコンの電源の落とし方やマウスの使い方ですら、難しく感じていた人も周りにいましたよね?

ある程度、現代社会に溶け込んでいるものは触らせてあげないとダメだと思うんです。

ということで、タブレットの学習教材の資料請求をしてみました。

スマイルゼミが良さそうなんですが、お値段がちょっと…。一方で月500円の学研ゼミなら途中で挫折してもダメージ少ないかなと。

親としてチャンス・機会は増やしてあげないと、どこでその子にハマるか分かりませんからね。

子どもがYouTubeを見すぎて悩んでいるパパママへ。

YouTubeからアニメへシフトをする、いずれはタブレットを使った学習教材へシフトする。こんなステップを考えてみてはいかがでしょうか。

これが正解とは分かりません。僕もまだまだ子育ての途中です。トライ&エラーを繰り返して、その子にハマったものがいつか見つかる!そう思って、挑戦していくしかないんです、きっと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)