【期間限定】あのマリオットが1泊無料!?お得なキャンペーンの攻略方法とは?

【食事もラクダ乗りも全部込み!】ドバイ・アルマハリゾート宿泊記

ドバイの砂漠ど真ん中にあるホテル「アルマハ,ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパ」に泊まってきました。

朝・昼・夜の豪華な食事が込み!

キャメルサファリや鷹ショーも込み!

さらに、誕生日ケーキも無料でプレゼント!

 

豪華ホテルに、こんな太っ腹のサービスも付いて、ほんと贅沢!!

 

たった1泊しかできなかったのですが、それでも大満足。本当に泊まってよかったです。

どんな滞在になったのか、余すことなくじっくりブログでご紹介します。

目次(クリックできます)

ドバイの砂漠のど真ん中にある、「アルマハ,ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパ」とは?

ドバイと聞くと、ブルジュ・ハリファなどに代表される超高層ビルや、超近代的な街並みをイメージされる人も多いでしょう。

そんなキラキラしたエリアから車で1時間も走ると、風景はガラっと変わって周囲は砂漠になるんです。

そんな砂漠のど真ん中にあるのが、今回宿泊した「Al Maha, a Luxury Collection Desert Resort & Spa, Dubai

宿泊したスイートルームからの景色

ホテルはマリオットグループの中でも、もっとも高級なランク「LUXURY」に位置づけられ、ザ・リッツ・カールトンやセントレジス、JWマリオットといった名だたる高級ブランドと肩を並べる、ラグジュアリーコレクションというブランドになります。

ホテルは、現地政府によって指定された「ドバイ砂漠保護地区」内にあるため、グーグルマップの航空写真からも分かるように、ほんと砂漠のど真ん中!!

1泊なんと16万円!マリオットボンヴォイのポイント宿泊なら、85,000ポイントから可能


画像引用:ホテル公式ホームページより

砂漠の中にある貴重なリゾート施設、当然ながら宿泊費はかなりお高いです。

私が宿泊した日は、もっともリーズナブルな部屋でも、1泊約16万円!

ドバイやアブダビにお住まいの超お金持ちの方ならポーンと出せるような金額かもしれませんが、私には到底無理なお値段です。

ということで、マリオットボンヴォイのポイントを利用して宿泊 しました。

1泊16万円の宿泊費(サービス料・3回の食事・2つのアクティビティ費用込み)が、85,000ポイントで交換 することができます。

なお、必要ポイントは滞在日・シーズンによって異なり、1泊70,000〜100,000ポイントの設定。

▼カテゴリー8ホテルの1泊に必要なポイント

オフピーク 70,000
スタンダード 85,000
ピーク 100,000

マリオットボンヴォイのポイントが貯まるクレジットカード、もうご存知ですよね?

 

このカードのおかげで、こんな素敵なホテルステイが手に入りました。

 

【2020年7月最新】こんな人は損する!SPGアメックスのメリット・デメリットをブログで徹底解説!

【注意】10歳未満のお子様は滞在することができません。


画像引用:ホテル公式ホームページより

こちらのアルマハ,ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパは、10歳未満のお子様連れでは滞在できません。

当リゾートでは、ご家族連れのお客様を歓迎いたしますが、10歳未満のお子様にはご利用いただけませんのでご了承ください。

ということで、普段は子連れで旅行をしている我が家ですが、今回ばかりは娘たちを実家に預けて旅行に行ってきました。

飛行機も2人分しか取れなかった(取らなかった)ので、確信犯ではありますが。。。

【搭乗記】エミレーツ航空ファーストクラスを夫婦で体験、乗ってみた!

アルマハへのアクセスはタクシー・空港送迎などで。バスやメトロでは行けません!

砂漠のど真ん中にあるアルマハへは、空港からタクシーに乗るか、事前に送迎サービスを予約して行くことになります。

片道の目安はAED150(≒4,500円)

鉄道やバスなどの公共交通機関では行くことができません。

▼ドバイ国際空港から南東へ65kmほど走り、「ドバイ砂漠保護地区」の敷地へと入っていきます。

ゲートを抜けると、アラビアンオリックスやガゼルなどの野生動物の姿も。

こんな景色を10kmほど走っていきます。

ホテルへの入口も抜けても、ここからさらに砂漠は続きます。

私は、こちらのサイトでセダンを6時間チャーターして、「ドバイ国際空港〜アブダビにあるシェイク・ザイード・グランド・モスクで2時間観光〜アルマハ」と移動しました。

 

 

行ってみたかったアブダビのグランドモスクへ、ドバイのついでに行くことができて良かったです。

砂漠を抜けて、アルマハに到着!チェックインをしてアクティビティを予約

砂漠を抜けて、ホテルに到着しました。

ホテルの敷地はとても広いので、客室への移動などリゾート滞在中はこちらのカートに何度も乗ることになります。

もしくは徒歩で移動。このときは涼しいシーズンだったので、ほとんど徒歩で行き来しました。

建物に入って、早速チェックイン手続きを。

「THE LUXURY  COLLECTION HOTEL & RESORT」のプレート。

シンプルだけど、おしゃれ。カッコイイ。

それでは、中へ。この扉がホテルへの入口。

うん、めちゃカッコイイ。

小さなエントランスドアからは想像できないほど、中は広くておしゃれなスペースが広がっています。

少しだけカメラを左に振って、レセプション・ロビー全体を撮影しました。

さらにカメラを左へ。

ここでチェックインをするのかな?と思いきや、こちらではありません。

ここはチェックアウトのときだけ座りました。

チェックインの手続きは奥にあるこちらにて。

こちらのスペースでウェルカムドリンクをいただきながら、リゾート滞在中の説明を受けます。

なお、ポイント宿泊の場合は、1泊につき2種類のアクティビティ参加費用が込みに!

アクティビティのリストは客室内にも用意されていますが、ホテルに到着する前から「初日の夕方はキャメルツアー、翌朝はファルコニー」と決めていたので、迷うことなくそちらをお願いしました。

全室スイートルーム!宿泊した部屋の様子を動画でご紹介

チェックイン手続きを終えて、早速部屋に向かいます。

「カートで行く?」と声を掛けられたので、最初はカートで案内していただきました。

カートに乗ると、こんな感じの眺めです。

滞在中は気持ちがよい気候(気温20度ぐらい)だったので、何度も部屋⇔レセプションの間を歩きました。

部屋とレセプションの距離は、歩いても3分〜5分くらいです。

が、途中でガゼルに出会うたびに立ち止まって写真を撮ってしまうと、10分ぐらいかかることも。

徒歩で移動する場合は、ところどころにある看板を頼りに進みます。

敷地内のマップはこちらです。

私が泊まった33号室はかなり奥の方にありますが、サクッと歩けば3分ほどです。

 

部屋に到着しました。

客室は1つ1つ独立した建物になっており、プライベート感はかなり高いです。

それでは、室内をご紹介〜

部屋に入ると、すぐにミニバーやバスルームへの入口があるのですが、まずはベッドルームから。

ちなみにアルマハは、すべての客室がスイートルーム のため、これからご紹介する部屋は「ホテル内で 一番狭い部屋スタンダードな部屋」です。

これが一番狭い部屋?って感じで見ていただければ。

 

グルっと窓に囲まれて、大きなキングサイズのベッドが1台と、窓側にはデスクやソファが置かれています。

テーブルの上には、ウェルカムフルーツやスイーツが置いてありますね。

壁の装飾も可愛らしくて、妻のテンションも上がっていました

高級ホテルに泊まるとクッションが多すぎて扱いに困るんですが・・・

窓のそばには、イーゼルと新品のクレヨンの用意があります。

ガゼルの絵をさらさら〜と描いてみました。

ちなみに、夜はターンダウンされると、こんな雰囲気に。めっちゃムーディー。

 

ウェルカムフルーツと、隣にはデーツなどのスイーツが置かれています。

そして、手前にある箱は、チェックイン時にいただいたウェルカムギフトです。中身は・・・

Bateelのデーツでした。

ウェルカムギフトは「1,000ポイントまたはローカルギフト」と選択式になっており、ギフトを選択したところこちらのBateelのデーツをいただきました。

この旅行でデーツにかなりハマってしまったので、このギフトはかなり嬉しかったですねー!

続いては窓から見える景色を。

窓にはアラビアンオリックスの装飾が、そして外にはプールと砂漠が広がっています。

プールに入るのはもう少しあとにして、室内の残りをご紹介します。

続いては、バスルーム。

こちらもとても可愛らしい造りをしています。

大きなバスタブと、独立したシャワーブース

こちらは入口脇にあるミニバー。左下にあるお酒(シェリー酒?)は「Complimentary」、つまり無料です。

一方で右上のワインや、その下の冷蔵庫の中身は有料になります。

この背面にはミネラルウォーターと、コーヒー、紅茶が置かれています。

こちらの棚はすべて無料です。

部屋の様子は動画でも撮影してきたので、よろしければどうぞ!

プライベートプールの前は、なんとガゼルの通り道!敷地内にはガゼルがたくさん生息している!

部屋の中はこれぐらいにして、ベランダから外に出てみます。

プールサイドはウッドデッキになっています。

おや?ガゼルさんが遊びに来ていますね。

近すぎてちょっと怖いぐらいなんですが、襲われることはありませんでした。

カメラをプールの左側に向けてみると、こちらにもガゼル。

裸足になって砂漠を歩いてみました。

部屋の反対側からパシャリ、と。こんな感じですね。

ちょっと引いて撮ってみました。

ここまで外に出ると、隣の部屋のプールがチラッと見えます。

逆に言うと、私が泊まった部屋はここまで出ないと両サイドの部屋からは見られないということです。

プライベート感、かなり高かったです!!

早速プールに入ってプカプカ〜

プールは温度調節機能があるようで、ちょうどいい適温(やや低め)に設定されていました。

せっかくなので、室内に置かれていたスイーツをプールサイドのテーブルに置いてコーヒータイムにしてみました。

ルームサービス(インルームダイニング)をこちらのテーブルでいただくこともできるようですね!

私はそのチャンスがなかったので、「せめてコーヒーだけでも」とセッティングしてみました。

無料で利用できるアフタヌーンティーも種類充実!テラスからの眺めも最高。

アルマハでは、毎日2回、ロビーの奥にあるスペースでアフタヌーンティーや軽食をいただくことができます。

  • 朝/5:00〜8:30
  • 夕/16:00〜17:30

朝・夕に行われる「アクティビティの前にちょっと小腹を満たして」という意味合いもあり、このような時間に提供されています。

この「Tea & Coffee」の利用案内も含め、レストランなどの情報は客室内に用意されていました。

まずは、夕方16時ごろに行ってみました。

会場は下の写真にあるロビーの右奥、コーヒーセンターと呼ばれる場所になります。

こんな感じに両サイドに、コーヒーとスイーツが並んでいます。

奥にあるスペースでいただくこともできるのですが、私たちはその先にあるテラスでいただきました。

この日のスイーツ、これがすべてです。

アップで撮ってみました。マカロンは不思議な金属製の筒にハマっています。

パンナコッタと、少しスペースをあけてドライフルーツです。

パンナコッタのさらに左側には、タルトやカナッペなど甘くないものが置かれていました。

せっかくなのでテラスで食べたのですが、鳥の攻撃がかなり激しいのでくれぐれもご注意ください。

今まさに、1羽の鳥が僕のお皿に飛びかかろうと・・・寸前で阻止しました。

テラスを少し引いたところから撮影してみました。奥には砂漠が広がっています。

下にはアーチ状に並べられたイスが置かれています。

この場所は、翌朝ファルコニーのアクティビティで利用しました。

遠くに目をやると、今日これから乗るラクダたちがこちらに向かってきています。

 

こちらの写真は朝の様子です。

朝は置かれているものが少なめでした。ほんの少し小腹を満たして、朝のアクティビティへと向かいました。

ポイント宿泊なら2種類のアクティビティ参加が込み!

アルマハでは、毎日いくつかのアクティビティが開催されています。

この中から、マリオットボンヴォイのポイント宿泊だと1泊につき2つまで、無料で体験することができます(一部、有料のものもあり)。

▼夕方のアクティビティ

  • ワイルドライフドライブ
  • キャメルトレック
  • サンセット鑑賞

▼朝のアクティビティ

  • ファルコニー
  • ネイチャーウォーク
  • ツリーウォーク
  • アーチェリー

▼有料メニュー(1人あたり270AED:約8,200円)

  • ホースライディング
  • デザートドライブ

ラクダに揺られて砂漠に沈む夕日を眺める。大人気、キャメルトレックに参加!

夕方はキャメルトレックに参加しました。

所要時間は1時間30分ほど、実際にラクダに乗っている時間は行き30分、帰り30分ぐらいです。

ラクダには1頭に2人まで乗ることができます。

キャメルトレックのスタート・ゴールは、こちらのメインプールの先になります。

ちなみにプールで泳いでいる人を見かけることはありませんでした。すべての客室にプールが付いているので当然かもしれませんね。

キャメルトレック、スタートです!

こんな感じで、ゆっくりゆっくり進んで行きます。

前後のラクダとロープで繋がれているので順番を追い抜いたりはできないのですが、私が乗ったラクダはどんどん前に行こうとするので、前のラクダの横まできてしまいました。

振り返ると、もう1つのグループが後ろから追いかけてきます。

空がいい感じになってきました。

雲が多めの日でしたが、ギリギリサンセットが見られそうです。

ラクダを降りて、砂漠の真ん中で待ち構えてたおじさんからスパークリングワインをいただきました。

なお、「サンセット鑑賞」というアクティビティを選択した場合は、ここまで車に乗ってきます。

サンセットに乾杯!!

なお、あんまり飲みすぎると帰りもラクダに30分揺られるので、かなり酔いが回ります(笑)

朝は、ハヤブサ・フクロウのショー「ファルコニー」に参加!

朝のアクティビティは、ハヤブサ・フクロウのショー「ファルコニー」です。

集合時間は、朝7時。レセプションを目指して部屋を出発します。

迎えのカートを呼ぶこともできますが、朝は歩いた方が気持ちよくておすすめです!

ムシャムシャムシャ・・・

と食事をしているガゼルにも遭遇します。

さて、レセプションに到着です。

ファルコニーが行われる会場までは、こちらに並んだ車ではなく徒歩で向かいます。

到着すると、ひと足早くランドクルーザーが。

実はこの車には、本日の主役が乗っているんです。

中をチラッと覗くと・・・

おっと失礼。睨まれてしまいました。

こんな感じで、ガイドさんがショーを始めていきます。

何回かビュンビュンと鳥を飛ばして、最後に肉をうまくキャッチ!そんな流れです。

ショーの最後にハヤブサやフクロウを手に乗せて写真を撮ることができます。

「飛んでくる鳥を自分の腕に乗せて・・・」ということはできません。

1時間弱のショーが終わると、主役たちは再びランドクルーザーに乗せられて、リゾート内のどこかにある場所へと帰っていきます。

おつかれさまでした〜

マリオットボンヴォイのポイントを使った宿泊なら、1泊につき朝昼夜の食事3回が含まれる!

マリオットボンヴォイのポイントを使って宿泊した場合、1泊につき2回のアクティビティだけでなく、3回の食事がが込みになっています!

私はチェックイン日は昼過ぎに到着、そして翌日のチェックアウト日は16時までのレイトチェックアウトを利用できたので、「初日のディナー、翌日のブレックファスト、ランチ」といただきました。

アーリーチェックインをして、「初日のランチ、ディナー、翌日のブレックファスト」という組み合わせもできますね。

なお、3回の食事はホテル内に唯一あるレストラン「Al Diwaan」、またはインルームダイニングでのサービスとなります。

ディナーはバースデーケーキのプレゼントもいただきました!

まずはディナーから。

ちょうどいいトワイライトタイムに撮影された上の写真は公式ホームページよりお借りしました。

 

この日の日没は18時ごろだったのですが、一方でディナーのレストランオープンは19:30だったんですよね。

つまり、レストランに到着したときには、下の写真のように真っ暗。これが本当の景色です。

隣のテーブルには素敵な雰囲気の老夫婦がいらっしゃいました。

こちらがメニューです。

ご覧のように、日本語メニューが用意されているので英語が苦手な方でも安心です。

順に食べた料理をご紹介していきます。

▼スターター「オマーン産のエビのサラダ」

「砂漠でエビ?」って思いましたが、ドバイはすぐ隣は海ですもんね。車で1時間も走れば海に出られるんでした。

▼スターター「和牛のカルパッチョ」

こちらは妻がオーダーしたもの。どこ産のWAGYUか分かりませんが、おいしかったとのことです。

▼グラニテ

▼メイン「ラム肉のデュオ」

こちらも妻がオーダーしたもの。

▼メイン「ベドウィン料理の盛り合わせ エビのグリル、ラム肉のキョフテ、マヒマヒ、ひな鶏」

私は主に「Arabic」と書かれたメニューにトライしてみたのですが、、、普通の料理を選んだ方がよかったかもしれませんね。

▼デザート「ティラミス」

上に乗ったチョコレートのプレートに、添えられた温かいチョコレートソースをかけて穴を開ける。おしゃれなティラミスでした。

最後に、バースデーケーキをいただきました!

なお、こちらのケーキはサプライズではありません。

事前にホテルへ「わたし、誕生日なんだけどー、何かスペシャルはある?」と自らメールで問い合わせています(笑)

そのメールに対する返事がこちら。

Thank you for letting us know about your birthday, we will be happy to present a standard chocolate cake with our compliments.

「無料で、スタンダードチョコレートケーキをプレゼントするね」と。

さすがにデザートまで食べてお腹いっぱいだったので、部屋に持ち帰る用の箱もいただきました。

一緒にバースデーカードも添えられて。うれしかったですね!!

ケーキは翌朝ゆっくり食べました。

ブレックファストは、ほんと気持ちがいい!ロケーション最高!!

こんな雰囲気で、ゆっくりと朝食をいただけます。

ロケーション最高!!めっちゃ気持ちがいい!!

朝食は、ビュッフェから、そして温かい料理はオーダーをします。

ビュッフェは室内に用意されています。

サラダやヨーグルトなど、軽めのコールドビュッフェのみです。

こちらはパンです。甘いドーナツなどもあります。

テーブルにオーダーしたオムレツも届けられて、気持ちのいい雰囲気で朝食をいただきました。

ランチは雰囲気を変えて、レストランの室内でいただきました。

わずか1泊の滞在。3回の食事の最後にいただいたのが、ランチでした。

ここのデッキで食べる食事が本当に好きで名残惜しかったのですが、雰囲気を変えて室内でいただくことに。

こちらがレストランの室内です。

公式サイトの写真だと、より素敵に見えますね!


画像引用:ホテル公式ホームページより

ランチはメニューの写真は撮りませんでしたので、食べたものだけパパっとご覧いただければと思います。

▼こちらは私がオーダーしたガスパチョ。

トマト嫌いのくせにガスパチョをオーダーしてみたのですが、ペロっと全部完食しました!

▼こちらは妻がオーダーした 葉っぱ 魚のカルパッチョです。

▼妻がオーダーした白身魚のソテー。

どうやら、ドバイで食べる魚が気に入ったようで、前菜もメインも魚を食べていました。

▼こちらは私がオーダしたアルゼンチン産ビーフのステーキ。

こんなボリュームがあるステーキを頼んでも、料金は変わらず宿泊プランに込みというのがすごいですね!

▼デザートは、柚子のクレームブリュレ。

サービスしていただいた方におすすめを尋ねたところ、「クリームブリュレ」だと言うので、2人ともこちらをオーダーしました。

さすがおすすめ、とてもおいしかったです!

ここに載せた食事、すべて、宿泊プランに込み!一切の追加料金を払っていません!

ポイント宿泊、マジでお得!!

広大な敷地、豪華な部屋、プライベートプール。そしておいしい食事。すべてに大満足!

わずか1泊だけの滞在、ほんとあっという間に終わってしまいました。

 

とてもかわいくて最高の部屋なんだけど、目の前にあるプールが素敵だから部屋の外に出ないともったいない。

プールに浸かってのんびりするのも最高だけど、敷地内を散歩してガゼルを追いかけたい。

 

リゾート内は、どこも素敵な場所ばかりで、圧倒的に時間が足りませんでした。

 

またいつか、絶対戻ってこようと強く思いました。

今度は子どもたちが大きくなってから、家族みんなで泊まりたいですね!

 

▼普通の夫婦が、こんな素敵な砂漠ホテルに泊まる。すべてのはじまりは【Spgアメックス】を手に入れたことでした。

【2020年7月最新】こんな人は損する!SPGアメックスのメリット・デメリットをブログで徹底解説!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)