【デルタ航空マイルの使い道】セブ島旅行の特典航空券に交換しました!

f:id:traveler_da1:20180128202938j:plain

デルタ航空のマイルを使用して、家族4人分の特典航空券を発券しました!

名古屋−上海−セブの往復航空券を発券しました。全旅程、中国東方航空です。

【日本−フィリピン デルタ航空必要マイル数】
エコノミークラス 片道17,500マイル 往復35,000マイル
ビジネスクラス 片道30,000マイル 往復60,000マイル

家族4人分ともなると必要マイル数はかなり多く、残念ながら往復ビジネスクラスは叶いませんでしたので、片道はエコノミークラスにしました。行きと帰りで異なるクラスを選ぶことができるのもいいですね。

(往路)名古屋−上海−セブ:ビジネスクラス利用で30,000マイル

(復路)セブ−上海−名古屋:エコノミークラス利用で17,500マイル

1人往復47,500マイル。家族4人で合計19万マイルを使いました。

f:id:traveler_da1:20180128094144j:plain

そして、使用したマイルと諸税の内訳(1人分)はこちらです。

f:id:traveler_da1:20180215202350p:plain

  • 運賃:0円
  • 燃油サーチャージ:7,520円
  • 中国空港税:3,120円
  • 日本空港税:2,570円
  • 合計:13,210円
  • 使用マイレージ:47,500マイル

セブ旅行のマイル単価は?

参考までに私が予約した特典航空券のマイル単価もチェックしておきましょう。

マイル単価とは、特典航空券で発券した航空券と同じものを有償航空券で手配したとしたらいくらかかるのかを数字(金額)で表したものになります。
「特典航空券にかかったマイル+諸税 vs 有償航空券」

f:id:traveler_da1:20180215213125p:plain

中国東方航空を利用した名古屋発上海経由セブ行きの航空券、エコノミークラスだと往復83,730円。ビジネスクラスだと往復205,670円となります。

私の場合は往路と復路で座席クラスが違う航空券なので、それぞれの半分を足して合計144,740円。これを、本来なら発生した航空券代と考えます。

この144,740円から特典航空券にかかった諸税等13,210円を引いて131,490円。

つまり、この131,490円の差額が49,500マイルに相当すると考えます。

よって、1マイルあたり2.65円。これがマイル単価です。

時々、マイル単価を算出する際に、特典航空券に発生する諸税やサーチャージを加味していないサイトを 見かけることがあります。個々の考え方の違いだと判断しますが、当然税金を加味しない方がマイル単価は良い値となります。計算結果だけでなく、計算過程(諸税をちゃんと引いているのか、0円として計算しているのか)も確認をして見るようにしましょう。

デルタ航空マイルを特典航空券に交換する方法を解説

デルタ航空のホームページにログインして、「特典航空ご予約」を選択します。

なお、特典航空券の検索はマイルが足りていなくてもできますので、『マイルが貯まったらどこ行こうかなー』という妄想段階でも検索可能です。

f:id:traveler_da1:20180208153420j:plain

開いた画面では「表示する価格:マイル」となっていることを確認して出発地、目的地、往路出発日、復路出発日などを入力し、右下の「フライト検索」を選択します。

出発地、目的地の入力方法は次の画面で詳しくご説明します。

f:id:traveler_da1:20180208153602j:plain

出発地は「TOKYO」と入力すると候補が3つ出てきますのでお好きなものをお選びください。

  • TYO:羽田・成田どちらでも
  • HND:羽田空港のみ
  • NRT:成田空港のみ

f:id:traveler_da1:20180208154008p:plain

目的地は「CEBU」と都市名を入力すると候補が出てきますので選択します。

f:id:traveler_da1:20180208154259p:plain

次の画面では前後の日程を含めて表示されますので、ご希望の日程を選択します。空席がない日程がある場合は選択できません。

表示されている「35,000」というのは往復分の必要マイル数になります。

f:id:traveler_da1:20180208160805j:plain

次の画面では、選択した日付に対してご希望のフライトを選択します。

f:id:traveler_da1:20180208160721j:plain

矢印で示した「詳細」をクリックすると、フライトの詳細が表示されます。この場合は上海で乗り継ぎ4時間5分、東京−上海、上海−セブのどちらもChina Eastern(中国東方航空)を使用することが分かります。

f:id:traveler_da1:20180208161440j:plain

同様に帰りの便も選びます。

f:id:traveler_da1:20180208161630p:plain

次の画面で選択したフライトを確認をして「続ける」をクリックします。

マイルが足りないと、このようにエラーが発生しましたとの表示が出ます。

f:id:traveler_da1:20180208161658p:plain

マイルが足りている場合はこのように下に赤く「続ける」と表示されます。

f:id:traveler_da1:20180208162339p:plain

次の画面では名前や生年月日を入力します。会員本人欄は登録情報から既に入力されています。

f:id:traveler_da1:20180208194339p:plain

最後に諸税を支払うクレジットカード番号を入力して「購入を完了」するをクリックすればおしまいです。

f:id:traveler_da1:20180208194442j:plain

デルタ航空のマイルは無料で貯められるから貯めないと損!

デルタ航空のマイルは「ニッポン500マイルキャンペーン」をはじめ、無料で貯められる方法がいくつか用意されているので、貯めないと損です。

デルタ航空ニッポン500マイルキャンペーンでマイル二重取りをする方法 デルタ航空スカイマイルの貯め方・使い方を徹底解説!

また、今回ご紹介したマイルの使い道は海外旅行でしたが、JTBの旅行券に交換して温泉旅行に交換することもできます。

デルタ航空のマイルをJTB旅行券に交換して温泉旅行に行ってきた!

貯め方も豊富、使い道も豊富なのがデルタ航空のマイルです。貯めないと損ですよ!

デルタ航空のマイルは有効期限が無い!?

さらにデルタ航空のマイルは有効期限がありません。

JALやANAだと3年間、ユナイテッド航空では最後にマイレージの増減があってから18ヶ月という期限がありますが、デルタ航空のマイルには有効期限がありません。

つまり、制度の変更がない限り、マイルが失効することはないのです。

JALやANAなどの国内線に1年に1往復(2回)しか乗らないとしても、それだけで1年で1,000マイルが貯められます。

10年で1万マイル…たったそれだけと思われるかもしれませんが、有効期限が無いので貯めないと損だと思っています。

減らない資産ということで、我が家では子どもたちのデルタマイルも貯めています。いつか大きくなったらこれで旅行に行ってもらえれば、と考えています。

3 Comments

yumiyumiwo

いつも楽しみに拝見させていただいております。
我が家も早速デルタアメックスを作りたいと思いました。
ところで今回はご家族4人様、何万マイルにてどのようにしてセブ特典航空券をGETしたのでしょうか?私もちょうどセブへ行きたいと思っておりましてあまりにタイムリーだったので参考にさせていただきたいです。ブログネタにでもしていただければ幸いでございます。私もデルタのマイルをちびちび貯めておりまして・・・。あと、セブホテル情報も気になります。よろしくお願いします。

返信する
traveler_da1

yumiyumiwoさま、コメント頂きありがとうございます。
セブ旅行の必要マイルですがエコノミークラス往復1人35000マイル、ビジネスクラス60000マイルでした。家族4人エコなら14万マイル、4人ビジなら24万マイルですね。
我が家の場合は夫婦それぞれが10万マイルほど持っていたので(ちょっと中途半端)、行きはエコ(17500マイル)帰りはビジ(30000マイル)の1人あたり47500マイルを使用しました。これで回答になっていますでしょうか?
ホテルはこれからです!泊まった後に記事にできたらと考えてます。どうぞその際はよろしくお願いします(^o^)

返信する
mmmmfly

なるほどですね~!こんな事ならSFC修行前にデルタアメックスを作っておくべきでした!!
最終的には全てのアメックスカードを発行する予定なので、無計画的な全ての行動が悔やまれます(T_T)
しかし上海ですか~!ホント、特典航空券は使い方で価値が変わりますよね~!見習わねば(;・∀・)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)