【105,000マイル獲得可能】2020年4月ANAアメックスゴールド入会キャンペーンが激アツ!

【ハワイ】行きの機内食は食べない方がいい。機内は睡眠時間をしっかり確保せよ!

前回ハワイに行ったとき、ホノルルに到着してからすごい眠かったし、お腹が空かなかった。

せっかくのハワイだから初日からしっかり遊びたいし、おいしいものいっぱい食べたいのに、体調がいまいちで残念だった。

これ、ハワイ旅行のあるあるです。

しかし、ハワイに何度も行ったことがある人なら、答えはもう常識ですね。

日本からハワイ旅行に行くとき、行き(日本発)の機内食は食べない方がいいんです。

そんなこと言っても、機内食はめっちゃ楽しみだもん・・・
分かります。でも、意地でも食べない方がいいです。ハワイに到着してからが全然違いますから!

ハワイ行きの機内食は食べない。到着直後からハワイを駆け回りたいなら、これが結論。

日本からハワイに行くとき、機内で出される機内食は食べないこと。

日本からハワイへの飛行時間は、だいたい7時間前後。

この7時間をフルに睡眠に充てるんです。

飛行機に乗ったら速攻で寝る。

スマホはバッグにしまって、アイマスクを装着。

ノイズキャンセリングのイヤホンがあれば完璧。

 

食事も取らず、映画も観ず。

機内では、あらゆるものをシャットダウンして、ひたすら寝る。

 

これ、やってみてください。やれば違いが分かります。

ハワイに到着してからの、体のサクサク具合が全然違うはずです。

▼足がむくみやすいという人は、着圧ソックスを併用するとさらに効果的です。

機内食を食べると、もれなく付いてくる3つのデメリット

ハワイ行きのフライトで機内食を食べることによって引き起こされる、3つのデメリット。

これにあなたは気づいていますか?

機内食を食べることにより、寝る時間が無くなる。そして、寝不足のままハワイに到着。

こちらはJALのハワイ路線の時刻表(行き)です。

夜出発して、現地ハワイには朝到着する。非常に効率のよいフライト時間に感じられますよね?

例えば日本を21時台に出発する便だと、約7時間のフライトを経て、到着地ハワイの時間で朝9時ごろ(日本時間だと夜中4時)に到着します。

何が言いたいかと言うと、「フライト時間=望ましい睡眠時間=7時間」であり、そして日本がまだ夜中〜早朝という時間帯に『朝だよ!起きて!』と強制的に叩き起こされるということです。

せっかく7時間寝れるフライトなのに、自らの意思で睡眠時間を削ろうとしていませんか?

日本出発便の機内食は、だいたい離陸から1〜2時間後に提供されます。

食事を食べ終わると、貴重な睡眠時間がすでに2時間ほど削られて、ハワイ到着まで残り5時間となっています。

ここから5時間しっかり寝たらいいんですが、到着の2時間前から機内の明かりが点灯して機内サービスが始まるのにあわせて起きてしまうと、最悪です。

睡眠時間は、実質3時間となってしまいます。

到着前にいただける軽食。せめて搭乗直後にもらえたら・・・

早く寝たいからと言って食事を早々と食べ終えたとしても、なかなか食事済みのトレーが下げてもらえなかったり、トイレが混雑していたりと、思うように眠りに付けないこともあります。

貴重な睡眠時間が、機内食によってガンガン削られていくんです。

寝る前に食事をすると睡眠の質が低下する。地上でも影響があるのだから、機内ならなおさら。

寝る前に食事をすると太るって言いますよね?

太るかどうかはさておき、「寝る前に食事をすると睡眠の質が低下する」とよく言われます。

参考

太るだけじゃなかった!寝る前の食事がもたらす悪影響|東京西川

その夜食ちょっと待った!よい睡眠のために食事ができることとは|ハウス食品

なぜ、寝る前の食事は睡眠の「質」を極端に落とすのか?|ダイヤモンドオンライン

 

地上で生活していても、このように言われるんです。

気圧の影響を受ける機内ならなおさら。

さらにエコノミークラスなら座ったまま寝るのですから、影響はさらに大きくなります。

 

ファミレスレベルの機内食で、貴重な胃袋のスペースを奪うのはもったいない!

「せっかくの機内食だから」と全部食べたら、起きてからガッツリ胃もたれするのは当然です。

ちなみに、エコノミークラスの機内食は、だいたい1,000円前後のファミレスの食事と同じレベルだそうです。

わざわざ無理して食べる必要、ありますか?

思い切って、食べないという選択をした方が、いいと思います。

胃もたれは気になるけど機内食は食べたい!という人には、提供された機内食をちょっとだけつまみ食いすること、または低カロリーミールやフルーツミールに交換するのもおすすめ。

参考 特別機内食とは?( JAL ・ ANA )

Twitterで教えていただきました
機内食をフルーツミールに変更して、さらに提供するタイミングを到着前にしてもらう、という方法もあるようです。『到着前のフルーツミール、ぜひおすすめです!』とのことですので、次回はやってみたいです!
ハワイに着いてから、ハワイでしか食べられないものをガッツリ食べましょ!

ハワイに行くときは、機内食を食べずに搭乗前に食事を済ませておこう。

ハワイに行くと、しばらくの間はおいしい日本食とお別れになります。

ターミナルにあるレストランで、しばらく食べられない和食を食べるのはいかがでしょうか?

もしくは、ラウンジが利用できる方は、ラウンジでガッツリ食べる。

せっかくだから機内食を食べたい!帰りのフライトで食べればいいじゃない。

せっかくだから機内食を食べたいという人は、帰りのフライトで食べればいいんです。

だって、帰りの機内食はハワイで作られた食事ですよ!

メイド・イン・ハワイの方が、魅力を感じませんか?

結論。ハワイに行くとき、行きの機内食は、食べないこと。

食べずに寝る。

アイマスクとかネックピローを持ち込んで、最初から最後までガッツリと寝ましょう。

これが、ハワイを思いっきり過ごすためのコツ、攻略法です。

騙されたと思ってやってみてください!

それでは〜

陸マイラーのANAマイルの貯め方【陸マイラーという裏技】大量ANAマイルの貯め方。1年間で40万ANAマイル貯まる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)