【ANA72,000マイル獲得可能】2019年11月ANAアメックスゴールド入会キャンペーンが激アツ!!

ニューヨークでヘリに乗る前に読んでほしい。知っておきたい違いとは?

「ニューヨークでヘリ、乗りたいかー?」「乗りたいぞー!」

ということで、乗ってきました。ニューヨークでヘリコプター。

実はニューヨークで遊覧ヘリコプターに乗る場合は、いくつかの選択肢があるんです。

この選択を間違えてしまうと、期待していた景色が見られなかったり、と残念な結果になることも。

ということで、「ニューヨークのヘリコプター遊覧飛行、選び方のポイント」を簡単に記事にしてみました。

もちろん、ヘリから見たニューヨークの景色もお見せしますよ~

ニューヨークで遊覧ヘリコプターに乗る。昼か夜か、この選択で大きく変わる!

【ニューヨーク】ヘリコプター遊覧飛行

ニューヨークでヘリコプターに乗ろうと思ったとき、あなたが見たい景色は昼間のニューヨークですか?それとも夜景のニューヨークですか?

実は、ニューヨーク周辺での遊覧ヘリは2つのヘリポートが使用されています。

この2つ、大きな違い、メリット・デメリットがあるんです。

ダウンタウン・マンハッタンヘリポートは昼のみ!

マンハッタン島のほぼ南端にああるダウンタウン・マンハッタン・ヘリポート。

  • メリット:マンハッタンの先端、ウォール街の近くにあるためタクシーやUber、Lyftなどを利用しても安く行ける。ニューヨークの中心、マンハッタンから離陸する高揚感が味わえる
  • デメリット:ヘリポートの使用時間が17時までのため、夜景ツアーは開催されていない

マンハッタンヘリポート最大のデメリットは、昼間しか使えないことなんですよね。

夜景ツアーはリンデン・ヘリポートから。少し遠いのがデメリット

ニューヨークのお隣、ニュージャージー州にあるリンデン・ヘリポート。近くにあるリンデン駅から送迎はありますが、タイムズスクエアからリンデン駅まで電車で1時間ほど。タクシーだと30分ほどとかなり離れています。

  • メリット:夜景ツアーが開催されている
  • デメリット:遠い。夜景ツアー後にマンハッタンまで戻ったら夜遅くなってしまう。

夜景が見たければリンデンヘリポートを選ぶしかないのですが、終わってから電車・地下鉄に揺られて1時間はかなり苦痛かなと思います。

ちなみに、リンデン・ヘリポートからタイムズスクエアまで、Uberを使えば約50ドルです。夜の地下鉄はちょっと怖いので、Uberを使った方が良さそうです。

所要時間は何分を選ぶのがベスト?10分?15分?20分?

どのヘリコプター会社も、所要時間に応じたいくつかのコースが用意されています。

ダウンタウン・マンハッタンヘリポートから遊覧ヘリコプターに乗った場合は、こんな違いがあります。

  • 12−15分コース/1人209ドル:イントレピッド海上航空宇宙博物館で折り返し。タイムズスクエアのある50thストリート辺りまで行きます。コースはハドソン川の上です。
  • 18-20分コース/1人289ドル:ジョージワシントン橋で折り返し。セントラルパーク、ハーレムを超えてヤンキーススタジアム辺りまで行きます。こちらもコースはすべてハドソン川の上です。
  • 25-30分コース/1人349ドル:北はマンハッタン島の先端、Spuyten Duyvil辺りまで。南はVerrazano Narrows Bridgeまで行きます。こちらもすべて川の上で、陸地の上は飛びません。

どれを選ぶかは、お財布とご相談してください(笑)

我が家の場合は一番短い10分コースを選びました。わずか10分なのに、半分ほどで子供たちが飽き始めていたことを考えると、10分でちょうどよかったと思います。

ちなみに、どのコースも自由の女神あたりでグルっと回るので、右左どちらに座っても自由の女神を眼下に見られます!

その他注意点・気になったこと・知っておいた方がいいことなど

ヘリ会社による点もあると思いますが、我が家が利用したときに感じたことはこちら。

  • 予約時間の1時間までにヘリポートに行く必要があり、トータルの所要時間は1時間半ほど。
  • 当日の流れは集合・支払い・待機・安全ビデオ視聴・ライフベスト装着・ヘリコプターへ移動・記念撮影・遊覧飛行・撮影した写真のセールス・解散
  • 座席はヘリ会社の人が決める。操縦席の隣に座りたいなどの強い希望があれば当日言うべし!
  • フライト中の写真・動画撮影も可能。記念写真を販売するサービスもあるが、あまり価値はないかも。
  • 我が家が乗ったヘリは7人乗り(パイロット1・我が家4・他のお客さん2)
  • 豪華革張りシート。ヘッドセットを通じて会話可能。ヘッドセットからは日本語によるガイドあり

ダウンタウン・マンハッタンヘリポートからの遊覧ヘリで見た景色

それではここからは写真をまとめてお見せします。

なお、ダウンタウン・マンハッタンヘリポートからではなく、リンデン・ヘリポート発の様子がご覧になりたい方はこちらのここしょーさまの記事が丁寧で分かりやすいと思うので、ぜひ参考にしてくださいね。

▼ダウンタウン・マンハッタンヘリポートで乗ったのはZIP AVIATIONという会社のヘリコプターでした。

▼離陸!!これがヘリポートの建物になります。

▼離陸するとまず南側に向かって飛び、自由の女神を遠くに眺めて・・・

▼はい、どーん。結構接近しますねー

▼続いてハドソン川を北上していきます〜。あ、でも画像中央にあるのはハドソン川ではなくイーストリバー。一番手前に見えているのがブルックリン・ブリッジです。

▼この辺りまで北上します。画像中央の左側に見える森がセントラルパークです。

▼16時30分前後のツアーに参加したのですが、冬だと夕景が見えます〜

▼これでツアー終了。ヘリポートが近づき、少しずつ高度を下げてきました。空の色がいい色ですね〜

モノより思い出。乗ってよかった!ニューヨークでヘリコプター

記事では【ニューヨークで遊覧ヘリコプターに乗るときの選択肢】について、ご紹介しました。

「昼間を選ぶのか?夜景を選ぶのか?」という選択。

「何分コースを選ぶのか?」という選択。

 

しかしもっと重要な選択があります。

「ヘリに乗るのか?乗らないのか?」

 

正直、かなりお値段は張りますが、絶対に素敵な思い出ができるはずです。

ちなみに私の場合は所要時間15分のヘリツアーに対し、家族4人で1,000ドル(約12万円)を支払いました。

【ニューヨーク】ヘリコプター遊覧飛行

【ニューヨーク・昼間】ヘリコプター遊覧飛行

【ニューヨーク・夜景】ヘリコプター遊覧飛行

 

実はこのニューヨーク旅行は、「往復の飛行機代はマイル」「滞在するホテルの宿泊費はポイント」とすることで、かなり旅費を浮かすことはできました。

JALビジネスクラス利用なのに、マイルのおかげで一応”節約旅”となるんです。

 

しかし、やっぱりヘリは高かったですねー。

でも、モノより思い出ってことで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)