だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

タイ航空A380エコノミークラスの2階席は子連れ旅行に最適!おすすめしたい理由はこれだ!


バンコクから成田まで、タイ国際航空の総2階建て飛行機、エアバスA380に乗りました!

我が家がA380に乗るのはこれが初めてではありません。去年、ドバイからバルセロナまでエミレーツ航空のA380に乗ったことがあり、今回はそれに続き2回目。

ではなぜこんなに興奮しているのか?

それはA380の2階座席の窓側に座ることができたからです!

f:id:traveler_da1:20170831071612j:plain

私がA380エコノミークラスの2階の座席窓側に座ろうと思ったのは、こちらのルールのさんの記事が発端。

www.ana-neko.com

おぉ・・・これは是非乗ってみたい!

 

ということで実際に乗ってみて分かったA380の2階席の良さ、窓側席の良さ、そして子連れにオススメしたい理由を紹介したいと思います。

 

 

A380に搭乗するまでの時間を使ってバンコク・スワンナプーム国際航空にある3つの航空会社ラウンジを堪能し、これから始まるステキな旅への気持ちを整えます。

スタアラ系ラウンジ巡り|タイ航空ロイヤルシルクラウンジC@バンコクスワンナプーム国際空港 - だいちぃマイルで子連れ旅行

スタアラ系ラウンジ巡り!タイ航空ロイヤルシルクラウンジD@バンコクスワンナプーム国際空港 - だいちぃマイルで子連れ旅行

スタアラ系ラウンジ巡り|エバー航空ラウンジ@バンコクスワンナプーム国際空港 - だいちぃマイルで子連れ旅行

エアバスA380へ搭乗

いよいよ搭乗ゲートへ。

搭乗ゲートはE8。搭乗するA380が見えます!やっぱ正面から見ると独特のフォルムですよね。

f:id:traveler_da1:20170831071536j:plain

4発エンジンの飛行機って何故か分かりませんが、なんだかワクワクします。
ANA、JALでは引退してしまったジャンボ(B747)も、エアバスのA340も、そしてこのA380も。

 

機内に乗り込むと通路が二手に別れますので、左側に進みます。

右側はロイヤルファースト(ファーストクラス)とロイヤルシルク(ビジネスクラス)の搭乗客専用となります。

f:id:traveler_da1:20170831072026j:plain

乗り込んだら機内をひたすらまっすぐ、最後尾まで進みます。この辺りのシートレイアウトは3−4−3です。この配置はエミレーツ航空でも一緒でした。前回はこの辺りに座ったんですよね。

f:id:traveler_da1:20170831072248j:plain

突き当り、最後尾まで着いたら2階へと向かう螺旋階段が出てきます。『登っていいの?』という感じですが躊躇せず登ります!

f:id:traveler_da1:20170831072312j:plain

今回は2階席の最後方にあるこのエリアに座ります。すぐ前にはチラッとビジネスクラスが見えます。

f:id:traveler_da1:20170831072410j:plain

このエリアは1階席エコノミークラスのシート配列と違い、2−4−2となっています。

f:id:traveler_da1:20170831072909p:plain

引用:

https://www.seatguru.com/airlines/Thai_Airways/Thai_Airways_Airbus_A380_new.php

2階席エコノミークラスは全58席。機体全体でエコノミークラスが435席あるうち、58席しか2階には無いのです!なんだか優越感ですよね〜

しかも、今回は窓側席、家族4人で81JKと82JKに座りました。2階座席の窓側に限って言えば、両サイド13席しかありません。そのうち2席を我が家が使う。なんだかこの限定的なところが嬉しいですよね!

 

そして、2階席の窓側にはルールさんも記事内で言われていたように、窓側に収納があるんです。

スーツケースを入れることはできませんが、リュックやトートバッグのサイズであれば問題ありません!

普段は足元に置いていた荷物を、横の収納に入れることができるのは非常に便利!床に手を伸ばして屈む必要がありませんし、足元を広く使えますしね!

f:id:traveler_da1:20170831073150j:plain

荷物を入れたら早速長女がこのスペースをうまく活用していました!ここ、子どもが寝るのもちょうどいいみたいです!

普段から肘掛けに枕を乗せて頭を置いて、こんな感じに寝ることが多いのですが、枕が落ちてしまうんですよね。
でも、この場所ならその心配がありません!

f:id:traveler_da1:20170831074048j:plain

荷物を入れて落ち着いたところですが、まだ出発まで時間があるようなので2階席をいろいろ撮ってみました。

 

天井にある収納(オーバーヘッドコンパートメント)の中央部分は1階席とはあまり違いを感じませんが、両サイドは機体の形状に合わせてカーブをしているせいか、小さく見えます。実際には利用しなかったのでどれぐらい狭いか分かりませんが。

f:id:traveler_da1:20170831173757j:plain

こちらは足元の広い非常口座席。あれ?ここは窓側に収納が…無い!

非常口にかけて湾曲しているせいか、座席横の収納がありません!

また、足元は広いですが肘掛け内にテーブルが収納されているので肘掛けが上がりません。これは他の機体でも同じことですね。

f:id:traveler_da1:20170831172942j:plain

窓からの景色は、やっぱりいつもより高いように感じます。気のせいかもしれませんが。

f:id:traveler_da1:20170831173005j:plain

座席にあるモニターを機外カメラにセットすると、こんな映像が見えます。 

垂直尾翼の上にカメラが付いているんですかね?飛行中も常にこのダイナミックな機体越しに空の様子を眺めることができます!

f:id:traveler_da1:20170831173624j:plain

いよいよ離陸!そして巡航

離陸してしばらくした所で、お手洗いに行ってみました。すると、1階へと降りる階段が封鎖されています。CAさんは通っていましたが搭乗客はフライト中はここを通ってはいけないようですね。

f:id:traveler_da1:20170831173031j:plain

ちなみにお手洗いは座席後方、この階段の左側と反対側に2ヶ所あります。2階に座るエコノミークラスのお客、最大58人でこの2つのトイレを使います(29人につき1ヶ所の割合)

対する1階席は377人に対して8ヶ所なので47人につき1ヶ所の割合となり、2階席のが数的に断然余裕があります!

成田到着!そして降機

ルールさんの記事にも書かれていたように、搭乗は1階の通路を通ってでしたが、降機は2階の通路を通って真っ直ぐ前へと進みます。

ビジネスクラス、そしてファーストクラスの座席を横目に…。

f:id:traveler_da1:20170831173055j:plain

f:id:traveler_da1:20170831173122j:plain

昔はビジネスクラスやファーストクラスは『いいな〜』と思うだけの夢の世界でしたが、今はマイルがたくさんあるので、乗ろうと思えば乗ることはできます!

ただ、子ども2人と一緒に乗るには贅沢過ぎるし、「ビジネスクラスに乗るマイルがあるなら、エコノミークラスで2回行きたい!」という夫婦の考えなので、今は敢えて乗らない選択をしているって感じですね。

乗ってみて、感想!

2階席の良さは希少価値から来る優越感と、螺旋階段で搭乗したりビジネスクラスやファーストクラスをチラ見する機会がある、という珍しい体験ができることだと思います!

そして、窓側席の良さは、窓側にある収納が非常に便利だからです!

さらに、子連れにオススメしたい理由は、窓側にある収納が寝るのにちょうどいい!ということです。

ちなみに、当然ではありますがタイ国際航空エアバスA380のエコノミークラス2階席は、普通の1階席エコノミークラスと運賃は一緒です!

私は今回、こんな方法を使って飛行機にほとんど乗ること無くマイルをいっぱい貯めて無料航空券で乗ってきましたが、格安航空券やツアーであっても事前に座席指定が可能であれば、この場所に座ることは可能です。

旅行会社を通してタイ国際航空のA380に乗る機会がある時は、ぜひ『事前に座席指定は可能ですか?』と聞いてみてくださいね!

日本には2017年現在、成田・関空ーバンコク便がA380で運航されています。

 

それでは、どうぞ狭い機内ではございますがA380の快適な2階席で、ステキな空の旅を〜