読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

孫を連れて帰省する代わりに三世代海外旅行はいかが?三世代ヨーロッパ旅行を振り返る


f:id:traveler_da1:20170304181502j:plain

お正月やGW、お盆休みに孫の顔を見せるためにと実家へと里帰りをする方、いらっしゃると思います。

我が家も年に2、3回、車で500kmほど離れた実家へと帰省をしているのですが、地元で子どもを連れていく場所も限られてきて、だんだん飽きてきました。

ということで、2016年12月に少し早い正月の帰省を兼ねて三世代でパリへと行ってきました。

その時のことを振り返ってみたいと思います。

 

メンバー紹介

私と妻、6才の長女と4才の次女、そして60代の私の母の合計5人です。

残念ながら父は仕事の都合により不参加になりました。

飛行機の手配

  • 我が家:地方→羽田→パリ→羽田→地方
  • 母:地方→羽田→パリ→羽田→地方

母とは羽田空港国際線ターミナルで集合・解散となりました。

f:id:traveler_da1:20170304163400j:plain

なんと、パリまでの航空券は国内線を含めて全てマイルで手配することができました。

JALのディスカウントマイルにも助けられて5人で39,000×5=195,000マイルで済み、燃油サーチャージがゼロだったため、税金や保安料しかかからず1人8,000円ぐらいの手出しで済みました。

JALマイレージバンク - 国際線特典航空券 ディスカウントマイル

20万マイル近いマイルを一気に放出するのはかなり躊躇しました。一昨年の夏にアメリカに行った時のフライトマイルや、3年間コツコツとクレジットカードで貯めたマイルですから。しかし、「母と一緒に三世代でパリに行ける機会なんてこれを逃したら一生ないかもしれない!」と思い、エイッと発券しました。

ANAなら20万マイルぐらいすぐに貯まるので、チケットの発券に勇気や勢いはいらないんですけどね。

www.traveler-da1.com

ツアーではなく個人旅行

我が家はいつも個人旅行です。しかし母は海外旅行好きとは言えほとんどツアーでしか行ったことがありません。

こちらの記事の中でマイルを貯めてツアーで海外旅行に行く3つの方法として

  1. 現地空港から参加プランを使う
  2. ANA SKYコインに交換してツアー代金に充てる
  3. 現地オプショナルツアーを利用する

という3つの方法を紹介しましたが、実はもう1つあるんです。それは「旅慣れた人間を巻き込む」という方法です。まぁこっちが巻き込んだので正確には「旅慣れた人間に連れてってもらう」なのかもしれませんが」

www.traveler-da1.com

三世代海外旅行のメリット

f:id:traveler_da1:20170304180023j:plain

実は三世代での海外旅行はこれが2回目です。1回目は無難にハワイでした。しかし、長女がまだ1才と小さかったため、1回目はあまり大きなメリットを感じられませんでした。あえて言うなら、母に長女を預けて2時間ぐらい夫婦で買い物に行ったぐらい。ほんとそれだけです。

でも、子どもが増え、そして大きくなってワガママも言うようになり、「母が一緒で助かる!」というシーンが何度もありました。

 

子どもたちが母に甘える、そしてしっかりする

年に2,3回しか会うチャンスがないおばあちゃんです。ここぞとばかりに母に甘えてくれます。そして、立派な自分の姿を見てもらおうとアピールします。

いつもは妻に「だっこだっこ!」の次女ですが(4才ですw)、おばあちゃんには「手つなごう!」と言うぐらいで、おばあちゃんに抱っこをせがむようなことはありませんでした。老人相手なので当然と言えば当然ですが、4才ともなればそこら辺はちゃんと分かってます。

そして、すぐに「つかれたー」という次女ですが、今回の旅行では結構自力で歩いていました。そこには、普段の家族4人だけの海外旅行とはちょっと違う、たくましい子どもたちの姿がありました。

ツアーしか知らない母にいつもと違う体験を

添乗員さんと有名な観光地をバスで回り、朝昼晩の3食が付いているツアーに参加することがほとんどの母にとって、次のような体験は新鮮なものだったのでは?と感じます。

  • パリを地下鉄や路線バスで回る
  • ディズニーランド・パリに行く
  • Airbnbで手配したキッチン付きの広いアパートに泊まる
  • TGVや国鉄に乗って各地を転々とする

f:id:traveler_da1:20170304163652j:plain

 

www.traveler-da1.com

www.traveler-da1.com

www.traveler-da1.com

親たちに余裕が生まれる

母が一緒に行ったおかげで、妻は「超ラクだった!」と言っていました。

普段は足にまとわり付いて離れない次女ですからね。それが母がいることで無くなったのでかなり楽だったようです。

また、普段4人では別行動を取ることは殆どないのですが、5人だからなのか母がいるからなのか、何度か別行動を取りました。

 

 

ベルギーでは、「クリスマスマーケット名物のスケートをする妻と長女チーム」「市内観光を続ける母と私と次女チーム」と別れて行動を。写真は母と次女。

f:id:traveler_da1:20170304181406j:plain

www.traveler-da1.com

三世代旅行のデメリット

次はデメリットについて書いてみたいと思います。

宿探しが大変

アメリカと違ってヨーロッパはホテルが狭いです。また、添い寝のルールもかなり厳しいホテルが多く、かなり苦戦しました。

  • トリプルルーム(大人3人、子ども6才以下2人まで無料)

この条件を満たすホテルを探しましたが、ヨーロッパではなかなか見つかりません。

最後の1泊、パリ北駅のホテルだけ次の条件の部屋が予約できて助かりました。

  • ファミリールーム(定員大人5人)

ホテル Richmond Gare du Nord, パリ- Booking.com

結局、通常のホテルを諦めてアパートメントタイプのホテルやAirbnbでの宿探しに切り替えたのですが、今回のルートではこの方法で乗り切れました。

f:id:traveler_da1:20170304182853j:plain

とはいえ、どこの都市でもこの手が使えるかは分かりませんので、宿の目星をつけてからルートを考えたほうが良いかもしれません。

三世代で行っているのにツイン2部屋のコネクティングルーム無しでは寂しいですしね。

誰に合わせるかが難しい

いつもは子連れのくせにかなりハードなスケジュールを組んでいる我が家ですが、今回ばかりはちょっと控えました。

4才児に合わせて組めば大丈夫かと思って行動しましたが、実際には4才児は「疲れたら抱っこ」という手が使えるのであまり参考になりませんでした。

膝にちょっと不安を抱える60代に合わせてスケジュールを組むのが正解だったようです。

嫁・姑の関係が心配

はっきり言いますが、ここに不安があるのならば辞めておいた方が良いと思います。

我が家の場合は年に数回しか会わないことにより程よい距離感が取れているせいか、これまでも双方から大きな不満や愚痴があがってくることは無かったので三世代海外旅行を決行しましたが、旅行中にケンカなんて最悪ですので、もし不安があるなら諦めましょう。

f:id:traveler_da1:20170304144401p:plain

実際に旅行を終え、妻からは「またおばあちゃんと行きたい」と言われ、母からは「また連れてってね」と言われたので、まずまず成功だったのでしょう。

三世代旅行の注意点

デメリットにも挙げたようにペース配分にも注意が必要ですが、親を連れていく場合は当然自分は添乗員としての役割も務めなければなりません。

宿やチケットの手配は当然ですが、貴重品の管理や体調を崩した時の世話など全て自分に降り掛かってきます。幸い母の貴重品管理方法は私に近いものがあったのであまり心配いらず。体調についても全員健康で日本まで帰ってこれたので、添乗員として苦労をしたことはほとんどありませんでした。

しかし、万が一の時の覚悟をしておく必要はあると思います。

 

f:id:traveler_da1:20170304163451j:plain

とはいえ、「三世代でパリに来た!」「このメンバーでここに立っているなんて夢みたい」と感動することは間違いないので、三世代海外旅行は行き先がどこであれオススメです!