【ANA83,000マイル獲得可能】2019年9月ANAアメックスゴールド入会キャンペーンが激アツ!!

【JAL,ANA】ビジネスクラスのチャイルドミール、子供が満足するのはどっち?【体験レポ】

ビジネスクラスに乗って海外に行くとき、エコノミークラスに乗るとき以上に楽しみなのが、機内食ですよね!

大人はもちろん楽しみですが、それは子供も一緒。

この記事では、「ビジネスクラスのチャイルドミール」に注目して、JALとANAのサービスを比較してみたいと思います。

ANAとJAL。両者にビックリするほどの違いがあったんです!!

JALとANA、美味しいのはどっちか?ビジネスクラスにふさわしいチャイルドミールは、どっちか?

これから比較するJALとANAのビジネスクラスのチャイルドミール。

どちらも12時間ほどの長距離フライト、そして羽田・成田という日本出発のフライトです。

エアラインの機内食というのは、どの航空会社も「本国発の長距離フライト」に本気が出ます!

それを頭に入れて、読み進めてくださいね。

<搭乗区間・搭乗時期>

  • JAL:羽田~ニューヨーク(2018年12月)
  • ANA:成田~メキシコシティ(2019年7月)

 

普通のサラリーマンなので、家族4人でビジネスクラスで旅行なんて到底無理。

でも、マイルがあれば話は別!

JALもANAも、陸マイラーで貯めたマイルを使って、ビジネスクラスに乗ってきましたよ!

【搭乗記】ANAビジネスクラスに乗って、家族4人でメキシコシティへ! JALビジネスクラスニューヨーク【搭乗記】初めてのJALビジネスクラス。出発から到着まで12時間、機内での体験をまるごとお見せします!

JALビジネスクラスのチャイルドミール機内食は、目でも楽しめる美しさ!子供に対してもビジネスクラス相応の扱いをしている証拠!

まずご紹介するのが、JALビジネスクラスのチャイルドミール。

ボリュームもしっかりあり、何よりもこの美しさ。

BEDD for kids というサービス名も付いているとおり、JALはビジネスクラスに乗る子供たちに対しても、ちゃんとしたおもてなしをしている。そのように感じられます。

JALビジネスクラスのチャイルドミールにおけるターゲット像は、小学校高学年ぐらいの女の子でしょうか。

キュートで、繊細な盛り付け。

この機内食は、大人から見ても羨ましい。そんな素敵な食事でした。

 

とはいえ、2回目の機内食はこんな感じで、ちょっと貧相です。

ANAビジネスクラスのチャイルドミール機内食は、エコノミークラスのチャイルドミールと同等。まさかお皿を変えただけ?

続いてご紹介するのが、ANAビジネスクラスのチャイルドミール。

エコノミークラス向けのチャイルドミールを、陶器のお皿に盛り付けただけ・・・ですよね?

前菜とメイン。

本来1つのトレーで出されるエコノミークラスのチャイルドミールを、苦肉の策で前菜とメインに分けただけ。

JALと違い、ANAにはビジネスクラス向けチャイルドミールの紹介がホームページにはありません。

長年に渡り、幅広い層に向けてサービスを開発してきたJALに対し、出張ビジネスマンに焦点を当てることで著しく成長をしてきたANA。

どちらの戦略が正しいのかは分かりませんが、「ビジネスクラスに乗る子供客を、視野に入れているのか入れていないのか?」

そこには両者の間で大きな違い、明確な違いがあるように感じられます。

 

とはいえ、ANA(ビジネスクラス)のチャイルドミールは、ANAホームページ上に対象年齢がはっきりと記載されています。

「2才から5才までのお子様向け」と。

なるほど、そうなのか。ならば仕方ないか。

エコノミークラス、ビジネスクラスに限らず、このチャイルドミールに納得できるのはホームページ記載のとおり、未就学児までかな、と思います。

小学生になったら、大人向けの食事を選んだ方が満足できるはずです!

 

一方の、JALは「2才以上12才未満」という幅広い表記になっています。

ビジネスクラスではJALもANAも間食としてラーメンやカレーライスが提供される。子供にはありがたい!

ちょっと大人っぽい機内食が提供されるJALビジネスクラス。

2〜5才ぐらいの子供向けの機内食が提供されるANAビジネスクラス。

内容には大きな違いがあるものの、食べるのは子供ということで、そのどちらもお口に召さないこともありますよね。

そんなときにありがたいのが、間食として提供されるラーメンやカレーライスなどのメニューです。

 

普段食べ慣れていない機内食よりも、普段からよく食べているものに近い間食メニューのが合っているかもしれません。

実際に機内食にはほとんど手を付けなかった娘も、その後に注文したラーメンはペロリと完食していました。

ANAビジネスクラスのチャイルドミール機内食、アメリカで搭載されたメニューは、やはりアメリカン。

ANAのビジネスクラス・チャイルドミール。

日本出発便で提供された食事はいまいちな評価でしたが、一方で現地出発のものはどうでしょうか。

実際にヒューストン出発で提供されたANAビジネスクラスのチャイルドミールを簡単にご紹介したいと思います。

まずは前菜。

メインはチキン、ジャガイモ、インゲン、マカロニ。炭水化物多めで、かなりボリューミー。

搭乗前に利用したユナイテッド航空のポラリスラウンジで食べ過ぎたこともあり(食事がおいしいラウンジでした!)、このアメリカンなチャイルドミールは、少ししか手を付けずでした。

まとめ:ビジネスクラスのチャイルドミールは、JALの圧勝!!大人でも注文したいレベルでした!

JALとANA、ビジネスクラスのチャイルドミールで満足度が高いのは、もちろんJALです!

JALの圧勝!というか、ANAは勝負すら挑んでいないように感じました。

両者に戦略の違いがあるので、単に「ANAはダメ」と評することはしたくないですが、子供を連れてビジネスクラスに乗るときは、JALを選びたいですね!

JALのビジネスクラス・チャイルドミール。本当においしそうです!

 

マイルがあれば、JALビジネスクラスも、ANAビジネスクラスも、家族で乗ることができます。

またいつか、JALのビジネスクラスに乗りたいですね!

ANAのビジネスクラスに乗る機会があったら、今度は絶対に子どもたちも大人の食事を選択します。

【搭乗記】ANAビジネスクラスに乗って、家族4人でメキシコシティへ! JALビジネスクラスニューヨーク【搭乗記】初めてのJALビジネスクラス。出発から到着まで12時間、機内での体験をまるごとお見せします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)