【ANA83,000マイル獲得可能】2019年8月ANAアメックスゴールド入会キャンペーンが激アツ!!

【搭乗記】ANAビジネスクラスに乗って、家族4人でメキシコシティへ!

メキシコの首都、メキシコシティまで 13時間。

貯めたマイル を使って、家族4人 で ANAビジネスクラスに乗って行ってきました。

 

このメキシコシティ路線は、ANAが運航する路線としては最も飛行距離の長い区間。

飛行機に乗る前、そして長時間フライトでの過ごし方など、その様子を詳しくお見せします。

こんなだったよ!
  • 家族4人、使用マイルは90,000マイル×4=360,000マイル
  • 飛行機に乗る前はANAラウンジでゆったり贅沢
  • ビジネスクラスの機内食おいしい!お酒の種類も豊富で、さらにうれしい!
  • 長距離フライトのフルフラットシートは、ぐっすりゴロゴロ、超快適!
  • ビジネスクラスなら大人も子どもも、家族みんなハッピーに!

目次

ANAメキシコシティ行き。出発は成田空港のビジネスクラス専用チェックインカウンターから

こちらは成田空港第1ターミナル南ウイング。

まずはチェックインカウンターでスーツケースを預けてチェックイン手続きをします。

ビジネスクラス専用のカウンターを利用しますが、列に並んでいるお客さんはほぼおらず、今手続き中の方が済んだら自分の順番といった感じですね。

こちらでスーツケースを預けるんですが、メキシコシティまで直行便のため、ロストバゲージの心配はほぼ無し!安心して預けられます。

なお、無料で預け荷物の制限は以下のようになっています。(1人あたり)

>>ANA|無料でお預かりする手荷物の重さ・サイズ・個数[国際線]

  • エコノミークラス:23kg × 2個
  • ビジネスクラス:32kg × 2個

チラッといつも利用するエコノミークラスのチェックインカウンターも覗いてみましたが、結構長い列になっています。今回はこちらとは無縁。ありがたいです!

ANAビジネスクラス搭乗時、成田空港では優先保安検査場「GOLD TRACK」を利用できる!

スーツケースを預けてチェックインを済ませたら、保安検査場へ。

ビジネスクラスに搭乗する方、もしくはスターアライアンスゴールド会員以上の方であれば、こちらのGOLD TRACKという優先保安検査場が利用できます。

並んでいる人も少なく、スイスイと進んでいきます。快適〜快適〜。

成田空港ANAラウンジ第5サテライト(国際線)で出発までゆっくり贅沢に。

搭乗口58B番に近いANAラウンジ(第5サテライト)にやってきました。

ビジネスクラスに搭乗される方はもちろん、他にもスターアライアンスゴールド以上の方やANAプラチナ以上の方は出発時に無料で利用できます。

お酒も食事も、飲み放題!食べ放題です!

>>ANA|成田空港ANAラウンジ

>>ANA|空港ラウンジご利用基準一覧表

また「上級ステータスは持っていない、利用するのはエコノミークラスだ。」そんな方でも、お金を支払えばラウンジを利用できる有料サービスもあります。

>>ANA|有料ラウンジサービス

フライト時間が長いので、ラウンジでシャワーを浴びておきました。これが大正解!!

さっぱりして、気持ちよかったっす。

いよいよ搭乗。メキシコシティ行きNH180便。使用機材はボーイング787-8。ビジネスクラスはジグザグのスタッガードシート。

メキシコシティまでの13時間、こちらのボーイング787-8で飛んでいきます。

シュッとした鼻、カッコイイですね!

ボーイング787をもっと間近でじっくり見たいという方は、セントレアまでどうぞ。フライト・オブ・ドリームズという展示施設で、ボーイング787を下からじっくり見られます。

>>フライト・オブ・ドリームズに行ってきました【セントレア】

さて、こちらがメキシコシティ便の搭乗ゲート58B番です。便名はANA/NH180

NH180便/成田16:35発→メキシコシティ15:20着

ターミナルのかなり奥まったところにある、なかなか不便なゲートです。

とはいえ日によってはバスゲートから搭乗することもあるようですから、ボーディングブリッジから乗り込めるだけ良しとしましょう。

ビジネスクラスなので、左へ!

なお、このANAメキシコシティ路線は、ビジネスクラスが最上位で、ファーストクラスの設定はありません。


画像引用:ANA公式サイト

こちらがANAボーイング787-8のビジネスクラスゾーンです。

特徴的なジグザグと並んだシートには「スタッガードシート」と名前が付いています。

「隣の人と、隣り合うことがない。全てのシートにおいて、プライバシーが確保されている。」というのが最大の魅力です。

しかし、この「隣の人と、隣り合うことがない」というのがスタッガードシートのメリットである一方、夫婦や家族で乗る時には、この独立した配置がデメリットになります。

▲ボーイング787−8のビジネスクラス

機材によっては(ボーイング787-9, ボーイング787-10)、スタッガードシート最後尾のパーテーションが開閉できるようになっており、こちらはご夫婦、ご家族で乗る際の選択肢としてはアリです。また、エアバスA380のビジネスクラスの配列は少し異なっており、隣り合う席も多く用意されています。

▲エアバスA380のビジネスクラス

ANAビジネスクラススタッガード。シート周りをチェック!スタイリッシュな空間、まさにシンプルイズベスト。

それでは、シート周りを細かくチェックしていきたいと思います。

シートに座ると目の前には大きなモニターがあります。大きさは約17インチです。

その下にはユニバーサルタイプのコンセントとUSB充電の差込口があります。


画像引用:ANA公式サイト

シートの横には機内エンターテイメント用のリモコンと、リクライニングのスイッチ。

フルフラットにリクライニングをすると・・・こんな感じですね-。ゆっくり眠れそうです。


画像引用:ANA公式サイト

ANAのコーポレートカラーである青をこれでもか!と強調する以外は、非常にシンプルな作りをしています。機能美ってやつですね。

ANAビジネスクラスのアメニティは、あのグローブトロッタ-。

ANAファーストクラス・ビジネスクラスのアメニティは、2019年3月より新しく変わりました。

>>2019年3月1日より、ファーストクラスとビジネスクラスのアメニティが新しくなります

イギリスの高級スーツケースブランド、グローブトロッターとコラボしたミニポーチに入ってるんですよね♡

アメニティポーチは座席に置かれています。私が乗ったときは、水色でした。

歯ブラシセット、アイマスク、イヤプラグ

雪肌精 MYV

  • トリートメントウォッシュ(洗顔料)10ml
  • コンセントレートローション(化粧水)13ml
  • コンセントレートクリーム(クリーム)6g

時期によってケースの形状や色が変わります。(ANA公式サイトの写真をお借りしました)

ANAメキシコシティ行き。13時間フライトの機内食は和食・洋食どちらがおすすめ?

シート周りのご紹介に続いて、機内サービスのうち、機内食・ドリンクなどをご紹介します。

離陸前、ウェルカムドリンクのサービス。

離陸前にウェルカムドリンクとしてシャンパンをいただきました。

1回目の機内食【洋食編】ボリュームたっぷりのステーキが美味!

離陸して1時間ほど経ったところで、お待ちかねの機内食が始まります。

まずは飲み物。赤ワインをお願いしました。

グラスに注がれているところを撮影していると、「撮りますか?」とラベルの撮影も促してくれます。

レ・オーギュスタン・モリエール 2016 ANAオリジナルブレンド(Les Augustins Molières 2016 ANA Original Blend)になります。

アルコールメニューはかなり豊富です。日本酒、焼酎、赤ワイン、白ワイン、ウイスキーやスピリッツなど、種類もさまざまです。

エコノミークラスと違い、アルコールメニューだけでも、メニューの数ページを占めています。

 

食事としてまず出されたものが、アミューズ。

そもそも普段の生活でアミューズという食べ物を口にすることがありませんので、「アミューズってなんやねん」って感じです。

Wikipedia|アミューズブッシュ

ナッツチリパイスティック
フォアグラと林檎のミルフィーユ
トマトのピクルスとチーズ ハーブオイル

ここからは洋食・和食で提供されるものが違ってきます。

私がチョイスした洋食の前菜はこちら。「牛タンのパテ・アン・クルート 帆立貝と茸のムース 鮑のコンフィ」です。

洋食のうち、肉を選びましたのでメインはこちら。「牛フィレ肉のソテー ソースベルシーと軽いガーリッククリーム」です。

しっかり食べごたえのあるステーキで、お腹いっぱいになってしまいました。

このあとデザートが提供されたのですが、写真を撮り忘れました・・・

ピエールエルメによる「エモーション・エデン(サフラン風味のクレームブリュレ、桃とセミドライアプリコット、サフラン風味のジュレとビスキュイを使用したグラスデザート)」でした。


画像引用:ANA公式サイト

1回目の機内食【和食編】ごはんとお味噌汁に合う料理がうれしい!

妻が和食をチョイスしたので、こちらもあわせてご紹介します。

和食の前菜・小鉢は、こちら。

銀ひらす粕味噌焼き 梶木鮪南蛮漬け
合鴨アスパラ巻き・じゃが丸串打
赤蒟蒻田楽 酢取茗荷
汲み上げ湯葉 山葵とろろ掛け
トマト豆腐 雲丹・帆立 野菜ドレッシング

メインは「牛肉治部煮、鮑柔煮・海老冬瓜巻き旨味餡掛け」

ごはんとお味噌汁が食べられるというだけで、和食を選びたくなりますね!

ANAビジネスクラスの機内食は事前予約できる。事前予約を強くおすすめ!

ANAビジネスクラスの機内食は、ANAホームページより事前予約することができます。

せっかくビジネスクラスに乗るのだから、食べたい料理を食べたいですよね!

事前予約をしておくことを、強くおすすめします。

▼私はこのように、洋食(肉料理)を選びました。

▲長女は洋食(肉料理)を選択

離陸後8時間後に、間食のラーメンをいただきます!

ビジネスクラスの楽しみである食事のうち、エコノミークラスと大きく違うのが、この種類豊富な間食メニュー

メニューの中にある「お好きな時に」は、その名のとおり、好きなときにCAさんに用意してもらうことができます。

お好きなときに、お好きなだけ、どうぞお召し上がりください!

私は、一風堂ラーメン 空の上のトンコツ「そらとん」&「Ben & Jerry’s アイスクリーム」をお願いしました。

機内でラーメン食べて、アイスクリームをデザートにいただいて。最高です!!

お腹に余裕があれば、ラーメンだけじゃなく、銀だこのたこ焼きと四日市とんでき丼を食べて、さらにアイスをもう2つぐらい食べたかったです・・・

到着前の軽食は、意外とボリュームたっぷり。

最後に到着前に軽食が提供されます。

洋食メニューから「鶏もも肉のグリルとフェットゥチーネのカルボナーラ ポーチドエッグ添え」を選んだのですが、全然軽食じゃないです。

ラーメンからパスタという麺のダブル攻撃で、さらにカルボナーラのクリームソースが胃にきます。。。

ANAビジネスクラスはノイズキャンセリングヘッドフォン完備!静かなボーイング787が、さらに静かに。


画像引用:ANA公式サイト

続いては、機内エンターテイメントをご紹介。

ANAビジネスクラスはノイズキャンセリングヘッドフォンが座席に用意されています。

ボーイング787という飛行機は、他のボーイング機やエアバス機と比べて機内の静寂性、つまり静かなことで評判が高いです。

が、

ここにノイズキャンセリングヘッドフォンが加わると、まさに鬼に金棒。

まるで、耳だけファーストクラス。

訳分からんことを言ってますが、本当に静かなんです!!

で、観た映画はこちら。

翔んで埼玉。

おもしろかったですよ。

フルフラットシートと羽毛布団で、ぐっすり爆睡。長時間フライトのおかげで睡眠時間もバッチリ確保!

食事のあと、次女が眠そうにしていたのでシートをフルフラットにしてあげました。

エコノミークラスだと途中で何度もゴソゴソしている子どもたちですが、ビジネスクラスのフルフラットシートだと家のベッドで寝ているかのように、爆睡です。

ハワイや東南アジアだとフライト時間が中途半端に短いので寝不足になりがちなんですが、13時間もフライト時間があると7時間ぐらいはぐっすり寝れてしまう訳です。

これだけしっかり寝られたら、もう家と同じでしょ?ってレベルです。ほんと、快適です。

 

また、エコノミークラスに長時間乗ると、エコノミークラス症候群にならずとも、足のむくみは絶対避けられないと思うんですよね。

一方で、フルフラットで寝ると、足のむくみとは無縁です!

到着してすぐに、体調万全で観光をスタートできます。

「着いた日は長旅で疲れているだろうからホテルで休憩して」なんて時間を考えておく必要がありません。

成田を離陸して12時間30分、メキシコシティへ到着。

成田を離陸して12時間30分ほど。飛行機はメキシコシティ国際空港へと近づいてきました。

13時間近くも飛行機に乗るなんて、さぞ退屈するだろうと思っていたのですが、むしろ逆です。

あぁ~もう終わっちゃう。

これがリアルな感想です。

 

好きなときに好きなものを食べられる。

高級なお酒だって、頼めばすぐにキレイなCAさんが持ってきてくれる。

そして映画を見ながらゴロゴロゴロゴロ・・・

上げ膳据え膳。最高のグータラ空間。

 

これ、家でやったら完全に妻に怒鳴られるパターンです(笑)

13時間じゃ、全然足りないです。

途中、フルフラットシートのおかげで爆睡してしまったことを、後悔するほど。

そんな素敵な体験でした。

メキシコシティ近郊にある世界遺産「テオティワカン」

機内で妻の誕生日をお祝いしました!ANAさん、バースデーフライトの演出、ありがとうございます!

去年に続き、妻の誕生日にあわせて海外旅行をした我が家。

2年連続、ビジネスクラスで妻の誕生日をお祝いすることができました!(去年はアシアナ航空でヨーロッパに行きました

ANAビジネスクラスで13時間。総額180万円するところを、36万マイルで実現!

メキシコシティまでの13時間、エコノミークラスだったら”苦痛の13時間”だったこと、間違いありません。

しかし、ビジネスクラスなら、”極楽の、たった13時間”と感じられます。

ANAに長時間乗ることがあれば、絶対にビジネスクラス!強くオススメします!

ただ、当然ビジネスクラスなので、お高いんですよね。

時期によって変動はありますが、大人1名でおよそ50万円~80万円です。

今回は家族4人(大人2名+子ども2名)で乗ったので、総額180〜240万円に・・・。

まぁ無理ですね。

▲大人2名+子ども2名の総額です

実際には「陸マイラー」をやって貯めたANAマイルを使って特典航空券を発券しております。

1人90,000マイル。家族4人で360,000マイル。

(*燃油サーチャージや諸税の145,320円は別途支払っています(4人あわせて))

 

かなり大量なマイルですが、夫婦で協力してやれば、1年間で貯めることも可能なマイル数です。

陸マイラーのANAマイルの貯め方【陸マイラーという裏技】大量ANAマイルの貯め方。1年間で40万ANAマイル貯まる!

「マイルを貯めて、家族でメキシコ旅行」は、金銭面の問題はマイルでクリアしても、行き先として旅慣れたファミリーじゃないと現実的ではないかもしれません。

しかし、

「マイルを貯めて、家族でハワイ旅行」や、

「マイルを貯めて家族で沖縄旅行」なら、

グッと身近になりますよね?

 

マイルを貯めて、あなたも家族旅行に行ってみませんか?

「到底手が届かない」と諦めていた旅行が、意外とすんなり手に入るものです。

陸マイラーなら40万ANAマイル貯まる

陸マイラーのANAマイルの貯め方【陸マイラーという裏技】大量ANAマイルの貯め方。1年間で40万ANAマイル貯まる! 【チャンスあり!】ANAマイルでハワイに行く3つの方法【あなたにもできる】 【全部知ってる?】ANAマイルで沖縄旅行に行く4つの方法、覚えておこう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)