【ANA62,000マイル獲得可能】2019年6月ANAアメックスゴールド入会キャンペーンが激アツ!!

【全部知ってる?】ANAマイルで沖縄旅行に行く4つの方法、覚えておこう!

ANAマイルを貯めているそこのアナタ!ANAマイルで沖縄旅行に行く方法、いくつ知っていますか?

マイルを貯めて、無料航空券。特典航空券ってやつに交換するだけじゃないの?
もちろんそれもあります!でも、それだけじゃありません!

ANAマイルを貯めて、使って沖縄旅行へ行く方法は、ひとつではありません。

ANAマイルを使って沖縄に行くには、いろんな方法、いろんな選択肢があるんです。

この記事では「◯◯マイルあったら、この方法で沖縄に行ける!」という選択肢をいくつかごご紹介します。

『マイルが少ないから沖縄旅行なんて無理!』とあっさり諦めてしまうのは、もったいないですよ!

 

同じ内容のJALバージョンもまとめています。JALマイルを貯めている人はこちらをどうぞ。

関連記事 【知らないと損!】JALマイルで沖縄旅行に行く6つの方法、全部知ってる?

マイルを使って行くならハワイでしょ!って方には、ANAマイルで行くハワイもまとめています。

関連記事 ANAマイルでハワイに行く3つの方法【あなたにもできる】

 

10マイル〜:ANAスカイコインに交換して、沖縄旅行の足しにしよう!

ANAスカイコインに交換して沖縄旅行

ANAマイルは、『ANAスカイコイン』という、”ANAホームページで航空券や旅行商品(国内ツアー・海外ツアー)のお支払いにご利用できる電子クーポン”に交換することができます。

このANAスカイコインの何がすごいかって言うと、たった10マイルでも、10円相当として使えるんです!

(交換は1マイルから1円相当に交換可能。使用は10マイルから10円相当として使用可能。)

だから、ほんの少しの国内線でも、マイルを貯めなきゃ損です。もちろん子供も!ちゃんと貯めましょう。

関連記事 ANAマイルは子どもでも貯められる!0才の赤ちゃんからマイルを貯める方法とは?

ANAスカイコインを使って支払うことができるのは、航空券だけじゃない!ツアーはもちろん、お好きなホテルと組み合わせられる「旅作」でもOK!

ANAスカイコインを使って支払うことができるのは、航空券はもちろん、ANAウェブサイトで販売されている以下の国内旅行商品になります。

▼こんな商品にも「10マイル=10円」からマイルを使えます!

  • ANAスカイホリデー(国内パッケージツアー)
  • ANAダイナミックパッケージ旅作(航空券+宿)
  • ANAマイレージクラブ会員限定ツアー
  • WEB限定ツアー

沖縄旅行だと、ホテルやレンタカーも必要ですよね!

マイルを使って交換できる特典航空券(無料航空券)だと、ホテルやレンタカーは別途予約をしないといけません。

しかし、パッケージツアーや旅作(タビサク)であれば、【航空券・ホテル・レンタカー】のすべてをマイル(ANAスカイコイン)で支払うことも可能!

ホテルやレンタカーが必要な沖縄旅行は、実は特典航空券よりも、ANAスカイコインを使ったパッケージ手配のがおトク&ラクかも!

▲旅作(タビサク)の予約画面

ANA 航空券+宿泊「ANA旅作」国内ダイナミックパッケージ

ANAマイルからANAスカイコインへの交換は、1倍〜1.7倍!

ANAマイルからANAスカイコインへの交換率は、常に1マイル→1コインの1:1ではありません。

交換する方の会員資格や、交換するマイル数によって交換率が変わるんです。

せっかくなら少しでもおトクに交換しちゃいましょう!

もっともおトクなのは、ANA上級会員(ブロンズ以上)が、50,000マイル以上をまとめてANAスカイコインに交換したときです!

上級会員でない人が、お得にマイルをANAスカイコインに交換する方法はある?
AMCモバイルプラス会員というのが、ここでは隠れた裏ワザになります!

ANAマイルをANAスカイコインに交換するときに覚えておきたい!AMCモバイルプラス会員とは?

ANAマイルをANAスカイコインに交換するとき、上級会員以外にもANAカード・ANAゴールドカードを持っている人なら、高いレートで交換することができます。

  • ANAカード(ワイド・一般):最高1.5倍の交換率
  • ANAカード(プレミアム・ゴールド):最高1.6倍の交換率

ちなみにこれらのクレジットカードのうち、最も年会費がリーズナブルなものだと、ANAカード(一般)の2,000円+税(初年度無料)になります。

もちろんこのANAカードを手にして高い交換率でANAマイルからANAスカイコインへと交換してもいいんですが、『このためだけにANAカードを持ちたくない!』、そんな人におすすめなのが、AMCモバイル会員です。

「月額300円+税」と多少の費用はかかりますが、ANAマイルをANAスカイコインに交換したいときだけ月額会員になってしまえば、最低300円+税で高レートがゲットできます!

必要なときだけ登録。不要になったら解約。こんな方法でも高い交換率(1.5倍)でANAマイルからANAスカイコインへ交換可能です!賢い選択です。

AMCモバイル会員の特典は他にも、「Edyの利用でマイルが通常より3倍貯まる」「ANAマイレージクラブ会員より少し早く、航空券・特典航空券が予約できる」などがあります。

詳しくはこちらのANAホームページでご確認ください。

ANA ANAマイレージクラブ モバイルプラス

新しい選択肢!ANAトクたびマイルなら、往復9,000マイルで沖縄に行けちゃう!

2019年に突如はじまった新しいサービス「ANAトクたびマイル」

ANAのホームページ上に、旅行直前になって「今週末、◯◯発・那覇行きは片道4,500マイル!」などと発表されます。

対象路線・必要マイル数がほんと直前に発表されるので、余裕を持って旅行を計画することができないのが大きな難点・・・。

どうせ不人気路線を安売りしているんでしょ?
いえいえ、このように沖縄路線もおトクなマイル数で設定されています!ぜひチェックしてみてください!

▲片道4,500マイル

▲片道6,000マイル

※2019年5月30日(木)~6月5日(水)ご搭乗分、片道一区間あたりの必要マイル数です。

旅行時期や予約時期に制限はありますが、うまく利用できればかなりお得ですので、ぜひチェックしてみてくださいね!覚えておいて、損はありませんよ。

ANA 2019年度限定企画!今週のトクたびマイル

10,000マイルで沖縄に行ける!いっしょにマイル割

2~4人で沖縄に行くなら、10,000マイルで沖縄に行けてしまう「いっしょにマイル割」というサービスがあります。

ANA いっしょにマイル割

東京から沖縄(那覇)までの同行者の運賃は上の図のように1人26,000円のため、家族4人だと「10,000マイル+78,000円」という費用になります。

一見、安いように見えます。

が!

旅行する日程・予約するタイミングによっては、東京〜那覇が片道10,000円を切ることもありますので、必ずしもこの選択肢がお得になるとは限りません。

持っているANAマイルをANAスカイコインに交換して航空券や旅作・パッケージツアーを購入した方がいいのか、それとも「いっしょにマイル割」を利用した方がいいのか、どっちがお得かよく検討してくださいね!

ANAマイル交換の王道!特典航空券での沖縄旅行は、通常18,000マイル。ローシーズンならもっと少なく行ける!

ANAマイルを貯めたら、特典航空券に交換する。

これぞやっぱり王道、マイルの”おいしい”使い方ですよね!

沖縄行き特典航空券に交換するための必要マイル数は、旅行時期によって変動します。

  • ローシーズン(L)片道7,000マイル/往復14,000マイル
  • レギュラーシーズン(R)なら片道9,000マイル/往復18,000マイル
  • ハイシーズン(H):片道10,500マイル/往復21,000マイル

お盆や年末年始はハイシーズンとなり、かなり多くのマイルを必要とします。

一方で7月下旬や8月後半はハイシーズンでも良さそうですが、レギュラーシーズンと設定されているため、お子さんの夏休みにあわせて大人も夏休みを取得できる方は、よいのではないでしょうか。

  • ローシーズン:1/6~2/28、4/1~4/25、12/1~12/20
  • レギュラーシーズン:3/1~3/14、5/7~7/31、8/26~11/30
  • ハイシーズン:1/1~1/5、3/15~3/31、4/26~5/6、8/1~8/25、12/21~12/31
個人的には4/1〜25のローシーズンが超おすすめ!マイルも少なく済みますし、まだそれほど暑くもありません。何より花粉症のない沖縄に逃げられるのが最高!!

ANA 国内線|シーズン・必要マイルチャート

大阪より西(広島・岩国・高松・松山・福岡・宮崎・熊本・長崎・鹿児島)出発なら、沖縄那覇行き特典航空券がローシーズン往復12,000マイルと少なめ!

ANAの国際線特典航空券は、距離によって必要マイル数が変わります。

先程は名古屋以東、東京や静岡から出発するときに必要なマイル数でしたが、もし大阪より西からの出発であれば必要マイルは少なく済みます。

大阪より西から沖縄那覇に行く場合は、すべて「301〜800マイル区間」に当たります。

▼ということで、必要マイル数は以下のとおり。

  • ローシーズン(L)片道6,000マイル/往復12,000マイル
  • レギュラーシーズン(R)なら片道7,500マイル/往復15,000マイル
  • ハイシーズン(H):片道9,000マイル/往復18,000マイル

宮古島・石垣島行きや、その他行き先についての必要マイル数は、ANAホームページでご確認ください。

ANA 国内線|シーズン・必要マイルチャート

結論:沖縄旅行はマイルを使えばグッとお得になる!

記事でご紹介したANAマイルで沖縄に行く4つの方法、こんな方法でした。

  • マイルをANAスカイコインに交換して航空券や旅作、パッケージツアーを購入
  • ANAとくタビマイルでお得に特典航空券をゲット
  • いっしょにマイル割でみんなで安く沖縄へ
  • 特典航空券に交換

ANAマイルがあれば、沖縄旅行はグッとお得になること、お分かりいただけたでしょうか?

 

10マイルであっても、10円相当として沖縄旅行に使うことができるので、マイルは貯めないと本当にもったいないです!!

『飛行機にはたまにしか乗らないからマイルは貯めない』という人がときどきいますが、これ、ダメですよ!

これまでマイルを貯めてこなかった人、今日からちゃんと貯めてくださいね!

▼ちなみにこちらは、私のマイル残高になります。

 

これだけあれば家族全員分、沖縄行きが余裕でタダになります!

 

我が家は4人家族なんですが、春・夏・秋・冬と年に4回沖縄旅行に行っても使い切れないほどのマイルを持っています。

 

 

普通のサラリーマン家庭。飛行機出張はほぼゼロ。

 

それなのに、これだけの大量ANAマイルを私がどうやって貯めたのか・・・

 

>>1年で40万マイルを貯めた、私のANAマイルの貯め方はこちら

 

【陸マイラーという裏技】大量ANAマイルの貯め方。1年間で40万ANAマイル貯まる!

関連記事

【チャンスあり!】ANAマイルでハワイに行く3つの方法【あなたにもできる】 【知らないと損!】JALマイルで沖縄旅行に行く6つの方法、全部知ってる? 【陸マイラーという裏技】大量ANAマイルの貯め方。1年間で40万ANAマイル貯まる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)