【77,500マイル獲得可能】2020年1月ANAアメックスゴールド入会キャンペーンが激アツ!

【搭乗記】中国国際航空の最新ビジネスクラスでロンドンへ【悪い評判は本当か?】

「できるだけ安く海外旅行に行きたい!」

これ、誰もが思うことですよね。安ければ安いほうがいい。

でも、航空券やツアー代がいくら安くても「中国の航空会社だけはパス」と避けている人、多いんじゃないです?

特にエコノミーは、ちょっとねぇ(笑)

でも「ビジネスクラスなら、中国系でも…アリかも…」と思うことありませんか?

 

ということで、乗ってきました!!

果たしてどんな体験になったのか?

この記事では【中国国際航空の格安ビジネスクラス・ロンドン便の搭乗記】をご紹介します。

「やっぱり中国系は・・・」と今後も利用しないのか、「この値段でこの座席・サービスならアリ!」とするのか。あなたの判断の参考になれば!

目次

【安いと評判!】中国国際航空(エアチャイナ)のビジネスクラスで行くヨーロッパ旅行はアリなのか?

中国国際航空(東京=ロンドン往復,ビジネスクラス1名,諸税込み)

日本から中国・上海浦東国際空港を経由して、ロンドンへ。今回利用した航空会社は、中国国際航空(エアチャイナ)です。

やっぱり安いですねー。日によっては諸税込みで往復30万円を切ります。

とはいえ、日によっては日系やヨーロッパ系の航空会社と大差ない場合も。

航空券はじっくり比較することが大事ですね。

\ 格安航空券を買うなら /

 

ちなみにANAマイルを使った特典航空券なら、日本=ヨーロッパ間、提携航空会社利用として、1人95,000マイルで交換可能です。

エアチャイナのビジネスクラスに95,000マイルを使う価値があるのかどうか。これはちょっと気になりますが

今回利用したのは「中国国際航空(エアチャイナ)」。中国東方航空やチャイナエアライン(中華航空)と混同しやすいので注意。

この3つの航空会社の違い、ちゃんと分かっていますか?

似たような名前で紛らわしいんですよね。

どれも「チャイナなんちゃら」ですからねー。今回はエアチャイナです!

中国国際航空 中国東方航空 中華航空
国籍 中国 中国 台湾
本拠地 北京 上海 台北
英語表記 Air China China Eastern China Airline
略称 国航 東航 華航
アライアンス スターアライアンス スカイチーム スカイチーム

上海浦東国際空港ターミナル2にある中国国際航空ビジネスクラス専用チェックインカウンターで搭乗手続き

それでは、上海浦東国際空港より出発するところからご紹介します。

こちらがチェックインカウンター。巨大な赤い絨毯が特徴的なチェックインカウンターです。

タイミングが悪いことにチェックインカウンターがオープンしていない時間帯でした。

写真のようにカウンターがオープンするのを待つ人がチラホラ。

早めに空港に行ってラウンジでゆっくりしようと思っていたのですが、いきなり大きくアテが外れることになってしまいました。

ようやくオープンしたのでチェックイン。

【ANAも利用】上海浦東国際空港ターミナル2のビジネスクラスラウンジが使える。

ようやくチェックインを済ませて、搭乗までは中国国際航空ビジネスクラスラウンジで待つことに。

ビジネスクラスに乗るときは上級会員でない人もラウンジが使えます。

搭乗まで時間がある時は使わなきゃ損!

こちらのラウンジは、エアチャイナ利用時以外に、ANAをはじめとしたスターアライアンス系の航空会社に搭乗するときにも利用できます。

▼例えば、こんなときに利用できます。

  • ANAプラチナステータス以上またはSFC会員の方が、上海浦東国際空港からタイ航空エコノミークラスに乗る
  • ステータスをお持ちでない方が、上海浦東国際空港からANAビジネスクラスに乗る

中では、しっかり食事をして、シャワーを浴びてソファでゴロゴロして。

なかなか快適でしたよ〜

ロンドンまで、エアチャイナ最新のエアバスA350−900のビジネスクラスに搭乗

こちらが上海からロンドン・ガトウィック空港まで搭乗するエアバスA350-900です。

画像引用:AirChina|Twitter

実際の搭乗機の写真を撮るつもりだったのですが、外が暗かった上に疲労困憊だったので載せられるような写真がありませんでした。

上海からロンドン・ガトウィックへのフライト(CA847便)は中国時間で深夜1:55出発。日本との時差が1時間であることを考えると、日本時間で深夜2:55出発になります。

  • CA847(PVG〜LGW) 01:55発〜6:20着/フライト時間12時間25分

それだけでもしんどいのに、さらに約2時間遅延したので、日本時間で考えると早朝4:55の出発に・・・

(ここで2時間遅延したおかげで、早朝の薄暗いロンドンに放り出されることから回避できたので、結果オーライとなりましたが。)

日本を出発してから一睡もしていない、ほぼ徹夜状態での搭乗となりました。

ラウンジにある仮眠室を利用しようかと思ったのですが、寝過ごしそうだったので使わなかったんですよね。

さっさと飛行機に乗り込んで、フルフラットで爆睡したい・・・

中国国際航空エアバスA350−900のビジネスクラス。斜め配置のヘリンボーンシートが快適

ビジネスクラスのシートは1−2-1というレイアウト。

スペースを有効に利用できるよう、各シートが斜めに配置されており、このようなタイプをリバースヘリンボーンと呼びます。

日本の航空会社だとJALがスカイスイートⅢとして中距離国際線に導入しています。また、JAL系LCCのZIPAIRのビジネスクラスもこのようなリバースヘリンボーンが採用されます。

中国国際航空ではエアバスA350-900の導入が2018年夏に始まったばかり。

ということでシートはまだまだピカピカ!

シートマップを見てみましょう。ファーストクラスの設定はなく、ビジネスクラス32席に対し、プレミアムエコノミーが24席、そしてエコノミーが256席という仕様です。

窓側のシートは写真のように頭が通路側に、そして足が窓側になるように少し斜めになっています。

シートと窓の間にちょっとしたスペースは、簡単なテーブルとしてドリンクを置いたりできて便利です。

中央列にカメラを向けてみました。

2席の間は可動式のパーテーションになっており、開け閉めすることができます。

ご夫婦やカップルならパーテーションを開けて会話を楽しみ、1人ならパーテーションを閉じて個室として利用できますね!

ほとんど寝るつもりなら、中央列でもデメリットはほぼ無し!

写真が暗くて分かりにくいですが、足元にはフットレストがあります。

このシートはフルフラットにしてゴロンと寝ることができるのですが、フルフラットにした際はこのフットレストとシートがひと続きになり、モニターの下に足を入れて寝るというスタイルになります。

家のベッドのように寝られるフルフラットシートは快適すぎます!これだからビジネスクラスはやめられません。

出発前の安全ビデオが始まりました。

中国国際航空の安全ビデオといえば、パンダですね!

中国国際航空のアメニティはロクシタンです。

シートの横にクシャって置いてありました。

中身は以前乗ったときと同じだったので、そちらの写真でご紹介します。

ロクシタンと聞くと持って帰りたくなりますが、ぶっちゃけ、それほど魅力的なものではないです。

中国国際航空のビジネスクラス機内食の内容をチェック!

続いては、機内で一番気になる食事のご紹介。

深夜発のフライトに対して、機内食が提供されるタイミングは出発後2時間と到着前3時間の2回でした。

メニューを開けて内容をチェックしてみます。

メニューは中国語と英語。

出発2時間後に提供される食事はディナーではなく夜食としての扱いのようですね、ライトミールとの記載があります。

エアチャイナといえば中国茶のメニューが非常に豊富なのが特徴です。

ジャスミン茶、プーアル茶、ウーロン茶など。そして日本でいう緑茶もありました。

機内食は、まぁ期待どおりでした(笑)

こちらが1回目の食事、ライトミール。

フライドチキンと白身魚のフライに、シンガポール風のヌードルが添えられています。

夜食、ライトミールというには無理がある、かなりオイリーでヘビーな内容。

とはいえ出発前にラウンジでしっかり食べていたので、ほとんどお腹は空いておらず。

ヘビーなライトミールは少し味見をしただけで下げてもらいました。

ラウンジでしっかり食べておくことが、エアチャイナに乗るときの最大の防御策かもしれません・・・

こちらは到着前の朝食です。チャイニーズスタイルとして「お粥」を選ぶか、ウエスタンスタイルを選ぶのか2通りでした。

ここでは迷わずウエスタンスタイルをチョイス。反省したことをすぐに生かします(笑)

オムレツと温められたクロワッサン。普通においしく食べられました。

レンコンとジャガイモを並べることに、日本人の感覚からすると若干抵抗がありますが。

機内食は無難に「チャイニーズ以外」を選ぶのかアリでしょう。

中国人向けに作られた中華料理というのは、私たちが普段食べている日本人好みの中華料理とは違うこともありますもんね。

とはいえラウンジで食べた中華料理はとてもおいしかったんですが。

日本語で観られる映画はあるのか?機内エンターテイメントはまずまず。

次はエアチャイナの機内エンターテイメントをご紹介します。

ガイドブックを開けてみると、見慣れたピカチュウの顔。こちら「名探偵ピカチュウ」はハリウッド版なので音声は英語でした。

ライオンキング実写版も音声は英語。

映画はかなり多くの本数が用意されており、日本の映画も6作品ぐらいありました。日本の映画の音声はもちろん日本語です。

国際線に乗るときは毎回、「機内でどんな映画が観られるかな?」と事前に航空会社のホームページでチェックするようにしているのですが、実はエアチャイナはここに大きな問題があります。

まず、日本語のホームページでは映画のタイトルまでは一切触れられておらず、【何十種類もの名作映画】と書いてあるだけ。英語ページも同様です。

>>機内エンターテイメント|中国国際航空

中国語のホームページ(英語版)をチェックするとタイトルがズラーッと並んでいたので、「こんなタイトルが観られるんだ」と思っていたのですが、乗ってみるとこのタイトルと全く一致していないという・・・

>>Entertainment|airchina.com.cn/en

全っ然アテになりません。。。

とはいえタブレットを持ち込んだにも関わらず、機内で観られる映画で十分事足りました。そんなレベルです。

長距離フライトのフルフラットシートは正義!フカフカ布団と大きな枕が予想以上にGOOD!

だんだん機内と空が明るくなってきました。

もうすぐロンドンに到着するようで、CAさんも忙しそうに動き始めました。

フルフラットシートのおかげで、ロンドンまで12時間のフライトですが、うち8時間ぐらいはぐっすり爆睡でした。

写真にはありませんが、フカフカの布団と大きな枕がビジネスクラスには用意されており、これがかなり心地よかったです。

機内WiFiが使えるとの案内でしたが、ちょっと怪しいなぁと思い利用せず。

怖いもの見たさにやってみればよかったかもしれませんね、はたしてGoogleはブロック対象だったのかどうか、気になります。

ユーラシア大陸を東から西へ、ビューンと横断。

偏西風に逆らって飛ぶので飛行時間は長め、12時間以上のフライトでした。

12時間以上もここに座っていましたが、ビジネスクラスのフルフラットシートのおかげで、体はスッキリ。

体の疲れや足のむくみもなく、到着直後からロンドン観光に繰り出せそうです!

長時間フライトのダメージをほとんど受けていない。やっぱりフルフラットシートのビジネスクラスはすごい!

ロンドン・ガトウィック空港に到着。

ロンドンの入国審査がかなり簡単になったとの話を聞いていましたが、ヒースローだけでなくガトウィックも、かなり簡単に

パスポートを機械にピッとかざすだけで入国できました。これはほんと嬉しい!

体もスムーズに動くので、ホテルにスーツケースを置いてサクッと観光に出かけました。

弾丸ロンドン旅でしたが、機内で体力を温存できたおかげでロンドンでの時間が無駄にならなかったのは本当うれしい!!

中国系エアラインの悪い印象は覆されたのか!?やっぱりデメリットはある?

それでは総評。果たして中国国際航空のビジネスクラスはアリなのか?

機内エンターテイメントや機内食の種類の点では、これまで乗った他エアラインのビジネスクラスに比べるとやはり大きく劣ります。これは確実にデメリットとなります。

 

JALやANAだと、おいしい機内食が食べられるうえに、フライト途中でラーメンやタコ焼きも食べられる。

お酒の種類も多くて日本語吹き替え・字幕も豊富に用意されている。

こんなビジネスクラスと比較すると、大きな差があります。

JALビジネスクラスニューヨーク【搭乗記】初めてのJALビジネスクラス。出発から到着まで12時間、機内での体験をブログで全部お見せします! 【搭乗記】ANAビジネスクラスに乗って、家族4人でメキシコシティへ!

しかしその差はやはり、価格相応の差。安かろう悪かろうというよりは、値段に見合う内容だった、という感想です。

事前に納得した上で乗っていれば、大きなガッカリはないと思います。

今回は深夜発だったので、搭乗前のラウンジでしっかり食べたので特に問題なし!(ラウンジごはんはとてもおいしかった!)

機内エンターテイメントはタブレット持参してたので、こちらも問題なし。タブレットにダウンロードした雑誌などを読んでいました。

そして、日系エアラインと比べて良かったことが1つ。これはかなりの朗報です!

さすが中国最大の航空会社ということなのか、CAさんが 絶世の美女揃い でした!

若くてかわいい人ばかりで、さらにとても親切。文句なしです。

クールビューティーなキレイ系というよりは、チュンチュンさんのようなカワイイ系のCAさんが多かったですね。

これは・・・乗りたい。乗らねば!

お金を払って中国国際航空のビジネスクラスに乗る。値段次第で納得できるならあり!

お金を払って、つまり有償チケットを購入して乗るのであれば、値段次第、そしてフライト時間帯によっては十分検討の余地があります。

  • 他の航空会社よりも大幅に安くチケットが買える。
  • 他の航空会社のエコノミークラスに、ちょっと追加料金を払えばエアチャイナのビジネスクラスに乗れる。

こんなケースでは、十分ありだと思います。ぜひ検討してください!

\ まずはしっかり比較・検索 /

マイルを使って中国国際航空に乗る。空席状況や旅行人数によってはあり!

どの航空会社に乗っても、日本=ヨーロッパのビジネスクラスは1人95,000マイルという条件は変わりませんので、避けられるなら避けた方がベターです。

しかし「直前でも空席が見つかりやすい!」、「ビジネスクラスが4席発券できる日もある」このようなメリットもあります。

『中国系エアラインだから無理!』と最初からバッサリ切ってしまうのはもったいない気がしますね。

実際に今回の旅行、年末年始をロンドンで迎えるために航空券を取ったのですが、特典航空券のチケットを予約したのは旅行のわずか2ヶ月前でした。

大量マイルがあれば、急な思いつきでロンドンに行くことも可能!

エアチャイナに乗る・乗らないを迷う前に、まずは必要マイルを貯めないと話になりません。とりあえず大量マイルを貯めましょう!

陸マイラーのANAマイルの貯め方【陸マイラーという裏技】大量ANAマイルの貯め方。1年間で40万ANAマイル貯まる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)