【ANA93,000マイル獲得可能】2019年10月ANAアメックスゴールド入会キャンペーンが激アツ!!

【速報・悲報】ソラチカルート、2019年12月27日で終了のお知らせ【今後はどうする?】

2019年9月30日、とんでもないお知らせが飛び込んできました。

ソラチカルート、2019年12月27日で終了です。

ついに、この日がやってきてしまいました・・・

しかし、これでANA陸マイラーは終わりではありません。

この記事では、ソラチカルート終了の詳細、そして今後ANA陸マイラーが取るべき対応策をまとめます。

ソラチカルートの終了は、LINEポイントからメトロポイントへの交換が終了するからです

ソラチカルートの終了は、LINEポイントからメトロポイントへの交換が終了するところで、ルートが繋がらなくなります

LINEのことなので、いつかやるだろうと予想はしていましたが・・・

交換終了は2019年12月27日15:00。

幸い、3ヶ月弱の猶予があります。

>>お知らせ|LINEポイント

ソラチカルートの終了により、ANA陸マイラーの今後はどうなる?東急ルート一択か?

上の図が、ANA陸マイラーが利用する交換ルートですが、右側にあるソラチカルートが終了することにより、今後使えるのは左側のTOKYUルートだけになります。

交換率は75%と、現在のソラチカルートの81%に比べるとダウンします・・・

「ポイントサイトからANAマイルを貯める」という方法が完全に終了しなかっただけ、よかったとしましょう。

ただし、このルートも近い将来終わりが来るかもしれません。

今後のANA陸マイラーは、ソラチカカードではなくANA TOKYUカードが必須になります。

2020年に向けて、ANA陸マイラーはソラチカカードではなく、ANA TOKYUカード(東急ANAカード)が必須になります。

ソラチカルートと違い、交換手順がシンプルでカンタン、かつ交換日数が短いのがメリットの東急ルート。

人によっては、すでにソラチカルートを使わずに東急ルートをメインに使用していた人もいるようなので、あまり悲観的にならなくても良いのではないでしょうか。

ドットマネーからANAマイルへの反映、わずか2週間ちょっとでした!

ポイントサイトからANAマイルを貯める「ANA東急ルート」とは? 【2019/10月】ANA東急カードの入会キャンペーンを解説。ポイントサイト利用で最大18,000マイルと6,000円相当が獲得可能!

今お持ちのソラチカルートのポイント、どうするべきか?

ソラチカルート閉鎖に伴い、いまお持ちのポイントに対して、どうするべきか確認しておいてください。

お持ちのLINEポイントは、メトロポイントへ忘れずに移行を!

お持ちのLINEポイントは、12月27日までにメトロポイントに移行しておきましょう。

LINEポイントからメトロポイントへのルートが閉鎖される前に、駆け込み交換をしておいた方がいいです。

ただし、メトロポイントからANAマイルへの交換は月20,000ポイントまでの上限があり、さらにメトロポイントの有効期限はこれから交換する分に対しては、2021年3月末までとなりますので、あまりメトロポイントに蓄積しすぎるのも要注意です。

2020年1月の時点で、メトロポイントが20,000×15=30万ポイント以上あることのないようにご注意ください。

お持ちのGポイントも、急いでLINEポイントに交換してしまえばOK

GポイントからLINEポイントの交換日数は2〜3日です。

よって、GポイントからLINEポイントへの交換は12月20日までなら大丈夫でしょう。

ここも駆け込んで交換しておいたほうがいいですね。

ただし、メトロポイントの有効期限にはご注意ください。

各ポイントサイトからGポイントの交換はどうするか?

ここ、気になりますよね。

結論からいうと、間に合いそうなら駆け込み交換しておいた方がいいです。

主要なポイントサイトからの交換日数をまとめます。記載したポイントサイト以外については、各自でご確認ください。

  • モッピーからGポイント:リアルタイム!
  • ハピタスからGポイント:交換申請の翌日より三営業日以内
  • ポイントインカムからGポイント:3営業日
  • げっとまからGポイント:約4営業日
  • ライフメディアからGポイント:翌営業日中

どのポイントサイトもそれほど長い交換日数は必要ありませんね。

その後、Gポイント→LINEポイント→メトロポイントと交換することを考えると、12月上旬までにはポイントサイトで交換操作を済ませておきたいところです。

これから12月27日までの最大のネックは、利用した広告が承認されてポイント加算されるまでの日数となります。

ドットマネーに交換できるポイントサイトなら、これまでどおり使っていけば大丈夫!ECナビは要検討。

ドットマネーに交換できる、つまりTOKYUルートが利用できるポイントサイトであれば、まったく問題ないですね。

多少交換率は下がるものの、12月上旬までにポイントが承認されたらソラチカルートに乗せる、それ以降ならTOKYUルートに乗せる、という感じです。

 

問題は、ECナビです・・・

飲食モニターでもポイントが貯まるポイントサイトとして人気だったのですが、ドットマネーに直接交換できないため、TOKYUルートを利用できないポイントサイトでした。

対策はいくつかあると思いますが、取り組みやすいものをいくつか紹介しておきます。

ECナビからJRキューポを介して、ドットマネーに交換する

かなりのチカラ技という感じがしますが、交換できないことはありません。ただし、JQカードセゾンが必要になったりと、あまりおすすめはできませんね。

他のポイントサイトだとカンタンに直接交換できるのに、ここまで迂回して無理矢理ドットマネーにするのは辛いです。

ECナビからTポイントに交換して、ウェル活で消費する

陸マイラーさんの中には、ウェル活も利用されている方が多いです。

そんな方は、「ECナビはウェル活用」と割り切ってしまうのもアリだと思います。

【大量Tポイントを貯める裏技を使え】ウェル活を楽しむ人に読んでほしい!

PEXから現金化。そしてドットマネーで高額ポイントがもらえるコンテンツの軍資金に!

ECナビからPexに、そしてPexで銀行や電子マネーなどに交換をして現金化します。

リアルに現金として受け取ってもいいですし、電子マネーに交換して「現金化した」という頭の中での整理でもいいです。

そして、そのお金を軍資金にしてドットマネーモールにある月額サイト登録でポイントを貯めます。

100%還元以上の広告を利用して、利用した金額とほぼ同じドットマネーを手にいれることができれば、「ECナビのポイントでドットマネーを手に入れた」という考えができます。

あくまで考え方の問題、ポイントをどうやって整理したかの問題ですので、ひとによっては「それは無いだろ(笑)」と思うかもしれませんが、これは個人の自由です。私はありだと思います。

▼今は50%ほどの還元率ですが、月末〜月初にかけて100%を超える広告がいくつか出てきます。

ソラチカルート終了も、TOKYUルートがあるから、悲観的になることはない!

ソラチカルートは終了しますが、TOKYUルートがあるおかげで、ANA陸マイラーは悲観的になることはありません!

これからも、ポイントサイトを使ってANAマイルを貯めることは、積極的にやっていきたいですね。

 

▼今後は、ANA東急カードが必須アイテムになります!

【2019/10月】ANA東急カードの入会キャンペーンを解説。ポイントサイト利用で最大18,000マイルと6,000円相当が獲得可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)