Marriott Bonvoy に登録するなら紹介経由で!無料の会員登録なのに最大10,000ポイントもらえるぞ!

【メリット多すぎ!】ユナイテッド航空のマイルを使ってANA国内線に乗る方法

ANAの国内線に乗るには、「ANAのマイルを貯めなければいけない!」と思っていませんか?

実は、ANAの国内線は、ANAマイルではなくユナイテッド航空のマイルを使って乗ることもできるんです。

やり方と、気をつけておきたいポイントさえ押さえておけば、ANAマイルを使う方法よりもかなりメリットが多いんです!

 

マイルを使って、飛行機にたくさん乗りたい!

予定がコロコロ変わる可能性が高いので、変更しやすい方が助かる!

 

そんな人こそ、ぜひ ”ユナイテッド航空のマイルを使ってANA国内線に乗る方法” を覚えて、使えるようになっておきましょう。

もくじ(クリックできます)

  1. 「ユナイテッド航空マイレージプラス」とは、そもそも何?有効期限のないマイレージサービス
  2. ユナイテッド航空のマイルで乗れる「ANA国内線」とは、どんな路線?
  3. 【実際に予約してみた!】ユナイテッド航空マイレージプラスのマイルをANA国内線でどのように使うことができるか?
  4. 【実際に乗ってみた!】ユナイテッド航空のマイルでANA国内線で乗る。チェックイン方法に注意が必要。
  5. ユナイテッド航空マイレージプラスでANA国内線を利用するメリットは?
  6. 「ユナイテッド航空マイレージプラス」でANA国内線を利用するときの、気になるデメリットは欠航時の対応
  7. そもそも、ユナイテッド航空のマイルはどうやって貯められる?
  8. 「ユナイテッド航空マイレージプラス」でANA国内線を利用する前に押さえておきたいポイントは何か。

「ユナイテッド航空マイレージプラス」とは、そもそも何?有効期限のないマイレージサービス

ユナイテッド航空マイレージプラスは、ユナイテッド航空のマイレージプログラムのことです。

ANAだと、ANAマイレージクラブ(AMC)

JALだと、JALマイレージバンク(JMB)

ユナイテッド航空だと、United MileagePlus

各社の細かいプログラム名称を覚える必要はありませんが、ユナイテッド航空にもマイルがあること、そしてユナイテッド航空はANAと同じ「スターアライアンス」に属していることは重要なので覚えておきましょう!

ユナイテッド航空は日本の航空会社だとANAと同じ「スターアライアンス」という航空連合に属しています。

これが非常に重要なことです!

同じ航空連合に属していることで、ANAのマイルを使ってユナイテッド航空の便に乗ったり、逆にユナイテッド航空のマイルを使ってANAの便に乗ったりすることができるんです。

 

ユナイテッド航空のマイルは “有効期限がない” ことでも知られており、私の周りの日本在住・日本人の方でも、マイルに興味がある方は『知ってるー!貯めてるよー!』という人が多いです。

(※ ANAやJALのマイル有効期限は、積算から3年後の月末)

ユナイテッド航空のマイルで乗れる「ANA国内線」とは、どんな路線?

先程も言いましたが、ユナイテッド航空のマイルを使ってANAの便に乗ることができます。

乗ることができるのは、ANA国際線はもちろん、ANA国内線も対象。

さらに言うと、日本国内で乗れるのはANAの飛行機だけじゃないんです!

 

▼ユナイテッド航空のマイルを使って乗れるANAは?

  • ANA(国際線)
  • ANA(国内線)
  • ANAとコードシェアをしている国内線各社

ANAとのコードシェア区間であれば、エアドゥ・IBEXエアラインズ・ソラシドエア・スターフライヤー・オリエンタルエアブリッジも搭乗可能!

ANAは日本国内線で、いくつかの航空会社とコードシェア(共同運航)をしていますが、ユナイテッド航空のマイルで乗れる日本国内線では、以下のコードシェア便にも乗ることができます。

  • エアドゥ
  • IBEX
  • ソラシドエア
  • スターフライヤー
  • オリエンタルエアブリッジ

【実際に予約してみた!】ユナイテッド航空マイレージプラスのマイルをANA国内線でどのように使うことができるか?

ユナイテッド航空のマイルを使ってANA国内線の予約をする場合は、ANAのホームページではなく、ユナイテッド航空のホームページから予約・発券をします。

初めて利用する方は、ユナイテッド航空のマイレージプラスに新規入会してくださいね!

公式サイト ユナイテッド航空

予約はユナイテッド航空のホームページから。片道でも発券できる!予約は1年ぐらい先までOK

それでは実際に予約してみましょう。

▼「マイルを使って予約」にチェックを入れて、出発地/目的地はローマ字入力で地名を入れればOK

ここでは仮に9月20日と入力していますが、予約できる最大の未来はちょうど1年後よりもちょっと短い、355日?354日?ぐらいです。

▼次の画面では、上からズラーッと直行便がまず並びます。

乗りたい便を選択して次のページに進んでくださいね。

一番上の便だと次のようになります。

  • 羽田(HND) 6:25発
  • 大阪伊丹(ITM) 7:30着
  • 所要時間 1時間05分
  • 運航航空会社 All Nippon Airways(ANA)
  • NH985(ANA985便)
  • ボーイング777-200型機
  • 必要マイル 5,500マイル(片道)
  • 諸税(710円)

 

そして、直行便以外にも検索結果に出てくる候補であれば、経由便にも乗れてしまう!

そして経由便であっても必要マイル数が変わらないのがユナイテッド航空のマイルでANA国内線に乗るメリットの1つ。

 

▼時間があれば、新千歳(CTS)で8時間50分の乗り継ぎ時間がある組み合わせ(上段)や、那覇(OKA)で9時間25分の組み合わせ(下段)も選ぶことができます。

もちろん、乗り継ぎの時間を使って空港の外へ出て観光してもOK!

▼さらに候補に出てこれば、大分(OIT)や松山(MYJ)で1泊して、温泉を楽しむこともできちゃいます!

上段の組み合わせだと、経由地大分(OIT)から目的地大阪伊丹(ITM)の間が、アイベックスエアラインズ(IBEX Airlines)に乗る便になります。

国内主要空港の3レターは、Google検索で「MYJ 空港」「OIT 空港」など検索すれば、それがどの空港を指しているのか簡単に分かりますよ!

また、日本の空港3レターをまとめたページもありますのでご参考に。

参考 日本の空港の3レターコード一覧|TRAICY

ユナイテッド航空マイレージプラスのマイルでANA国内線に乗る。必要マイル数は?

利用マイル 区間 必要マイル 備考
ANAマイル利用
(レギュラーシーズン)
東京=大阪 6,000マイル
東京=福岡=大阪
東京=那覇=大阪
7,500+6,000
9,000+7,500
2区間分必要
ユナイテッド航空
マイル利用
800マイル以内
(東京=大阪など)
5,500マイル
6,000マイル
出発の21日前まで
出発の20日前より
800マイル以上
(東京=那覇など)
8,800マイル
9,600マイル
出発の21日前まで
出発の20日前より

ユナイテッド航空の特典航空券の必要マイル数は直行便でも経由便でも、変わりません。

なぜなら、どこを経由するかでマイル数は変動せず、出発地と目的地の区間距離だけで必要マイル数を算出するからです。

東京=那覇=大阪と飛んでも、必要マイル数は【東京=大阪(800マイル以内)】で計算されるので、片道5,500マイルとなります。

同じ区間(東京=那覇=大阪)をANAマイルを使って発券した場合は、東京=那覇が9,000マイル,那覇=大阪が7,500マイル、トータル16,500マイルが必要になるので、かなり大きな差があります!

【実際に乗ってみた!】ユナイテッド航空のマイルでANA国内線で乗る。チェックイン方法に注意が必要。

実際にユナイテッド航空のマイルを使って、「アイベックスエアラインズ」に乗ってきました!

2023年4月からANAはオンラインチェックインの方法が少し変わりました。

事前にANAのマイレージ番号に紐づけた場合と、紐づけをしなかった場合(ANAマイレージクラブ非会員含む)で少し手順が異なるので、それぞれ説明しておきますね!

予約購入と同時にANAマイレージ番号に紐づけた場合は、アプリでオンラインチェックインが可能!

予約購入時に紐づけをしておくのが手続きとしては一番スムーズです。

ユナイテッド航空のホームページで特典航空券の予約をする際に、マイレージプログラムをユナイテッド航空からANAへと変更してANAマイレージクラブの番号を入力しておきます。

▼ここからはANAアプリを使った説明になります。

予約一覧画面に、搭乗する便が表示されていると思います。(もし表示されていない場合は、紐づけできなかった場合の手順でトライしてみてください)

なお、この時点で搭乗24時間前を切っていますが「チェックイン」のボタンがグレーアウトしています。

▼ここでは右上の「予約詳細」をタップします。

▼「オンラインチェックインに必要な情報」と表示されている箇所の入力を済ませればオンラインチェックインができるようになります。「搭乗者」のタブを選んでメールアドレスを入力するだけでOKでした。

入力が済んだら「オンラインチェックイン」のボタンをタップして次へ進みましょう。

▼チェックインをする搭乗者の箇所にチェックを入れて、次へをタップします。

 

次の画面はマイレージ番号の確認画面ですが、お客様番号に変更がなければそのまま次へをタップします(画像説明は省略しています)

▼座席指定がまだであれば、ここで座席指定が可能ですので選びましょう。

▼ここまでの入力確認画面が表示されますので、内容を確認して「チェックイン」をタップします。

▼これでオンラインチェックインは完了です。最後に「搭乗券の表示・保存」をタップします。

▼表示に従ってApple Payへの追加をしました(iPhoneの場合)。これであとは空港に行くだけです!

予約購入をした後にANAマイレージ番号に紐づけができなかった場合・ANAマイレージクラブ非会員の場合は、ANAホームページで

予約購入をした後にANAマイレージ番号に紐づけができなかった場合、そしてANAマイレージクラブ非会員の場合の手続きは少し面倒です。

ユナイテッド航空のホームページから「ご予約の確認」をクリックし、チェックインしたいフライトを選択します。

▼すると、以下の画像が開きますのでANAの予約番号を紙にメモして、チェックインをクリックします。

▼ポップアップ画面で「All Nippon Airwaysへ進む」をクリックします。

▼開いた画面はおそらく英語になっていると思うので、右上をクリックして表示に従い日本語表示に変えます。

▼日本語表示に切り替えたら、左側を「海外」、上のメニューを「チェックイン」と選択し、先程控えたANAの予約番号と姓・名を入力して「検索する」をクリックします。

▼この画面が開いてしまった場合は(開かない場合もある)、再度ANAの予約番号を入力して予約を検索をしてください。

▼チェックインをする搭乗者名にチェックを入れて次へ進みます。予約時に複数人で予約した場合は、複数それぞれの名前が表示されますのでまとめてチェックイン可能です。

▼次の画面でマイレージ番号を入力することができます。ユナイテッド航空での予約時に入力をし忘れた方は登録しておくといいですね!なお、特典航空券なのでマイルは貯まりません。

▼これでオンラインチェックインは完了です!「搭乗券」のボタンをクリックして次へ進みます。

▼パソコンでオンラインチェックイン・搭乗券表示をすると、このような画面になります。これを印刷して空港に持参すればOKです!

QRコードが手元にあればいいので、PDFをスマホに転送したり、QRコードだけスクリーンショットでスマホに送っておいたり、という方法でも可能です。

 

パソコンを使っての方法を説明しましたが、ANAアプリを使ってやることも可能です。

  • ANAアプリ>もっと見る>国際線予約確認>予約検索へ>予約番号と氏名を入力>

続きはアプリの表示に従ってください!

ANAのステータスをお持ちなら、プレミアムチェックイン、ANAラウンジ、優先搭乗なども利用できる!

ユナイテッド航空のマイルを使って予約をした特典航空券ですが、ANA便に乗るときはステータスが利用できます。

▼特典航空券の予約をする際に、マイレージプログラムをユナイテッド航空からANAへと変更してANAマイレージクラブの番号を入力しておけばステータスの利用もスムーズです。

▼事前にANAマイレージクラブの番号を入れ忘れた場合でも、チェックインカウンターで「ANAのマイレージ番号に紐づけてください」とお願いすればOK

番号を紐づけてもらって以降はステータスの特典が得られます。(正しくは、この手続きもステータスに応じたプレミアムチェックインカウンターでOK)

▼搭乗前にラウンジで過ごす時間も、いつも通りです!

画像引用:ANA公式サイト

ユナイテッド航空マイレージプラスでANA国内線を利用するメリットは?

ユナイテッド航空マイレージプラスでANA国内線を利用するメリットは多数あります。

ANAマイレージクラブに比べ、必要なマイル数が少なくて済むことや、最大で2か所までの経由が可能であることや、必要マイルが少なく済むことはすでに説明しましたね。

その他に、ANAでは搭乗日前日までしかできない直前予約が、ユナイテッド航空マイレージプラスなら当日予約が可能だったり。

未来の予約も、ユナイテッド航空はANAよりも遠い未来を予約できるので、ANAマイルを使う人よりもかなり早く繁忙期のチケットを押さえることもできたり。

さらに、ANAの特典航空券では三親等以内の家族に限られていた航空券の予約が、ユナイテッド航空マイレージプラスでは何と制限なしのため全くの他人の航空券にも交換が可能なんです。

 

また、未使用の特典航空券を払い戻す時は、ANAだと1人につき3,000マイル(1区間ずつ予約・発券した場合は1区間につき3,000マイル)の払戻手数料が必要ですが、ユナイテッド航空マイルの特典航空券を払い戻す時は無料で払い戻しが可能!

ユナイテッド航空
(ANA国内線搭乗)
ANA
(ANA国内線搭乗)
予約 搭乗当日もOK 搭乗前日まで
未来の予約 約355日先 夏・冬ダイヤごと
乗れる人 他人もOK 三親等まで
取消時の払戻マイル 不要(全額戻ります) 3,000マイル

その他、マイレージプラス発券なら、往復で予約したケースでも片道だけキャンセルすることも可能だったり、そんなメリットもあります!(ANAマイル発券だと往復分すべてをキャンセル必要あり)

ANA国内線にマイルで乗るなら、ユナイテッド航空が完璧!?ANAを使うメリットも当然ある!

いろいろと柔軟度の高いユナイテッド航空マイレージプラスを使ったANA国内線利用ですが、ANAマイルを使った方がお得!というケースもあるので覚えておきましょう。

 

パッと思いつくのは、この1点だけです(笑)

▼トクたびマイルを使うと、ローシーズンならこんな区間が片道3,000マイルで搭乗することも可能。

 

他にも、ANAマイルでANA国際線特典航空券を予約するケースでは「空席待ち」が利用できたり、またANAマイルであればANAスカイコインに交換して飛行機+ホテル+レンタカーのパック旅行が利用できるというメリットもありますが、「ANA国内線航空券」だけに限っていえば、ANAマイルを使う優位性はそれほどありません。

「ユナイテッド航空マイレージプラス」でANA国内線を利用するときの、気になるデメリットは欠航時の対応

いろいろメリットの多いユナイテッド航空マイレージプラスを使ったANA国内線利用ですが、デメリットもあるので覚えておきましょう。

それは、欠航時の対応です。

ユナイテッド航空マイレージプラスを使って予約したANA国内線がもし欠航してしまった場合は、ユナイテッド航空のコールセンター(日本語)に問い合わせる必要があります。

そこですんなり対応していただける場合はまだいいのですが、場合によってはユナイテッド航空から『ANAに聞いて』と言われてしまうケースもあるようです。

 

なお、チェックイン済みの航空券だった場合は、直接ANAカウンターで対応していただけるケースも。

どちらにしても、ケースバイケースなことが多くてちょっとややこしいですね・・・

(私自身も、欠航時の手続きは何が正解なのかよく分かりません)

そもそも、ユナイテッド航空のマイルはどうやって貯められる?

フライトでマイルを貯める

ユナイテッド航空はもちろん、ANAをはじめとするスターアライアンスの航空会社に搭乗し、フライトマイルを貯めることができます。

ANAのホームページで購入・予約をしてANAのマイレージ番号に紐づけて予約している航空券であっても可能です!

ANAのチェックインカウンターで『マイルはユナイテッド航空のマイルに貯めたいのですが・・・』とお願いすると、ちゃんと対応してくれます!

その際は、ユナイテッド航空のマイレージ番号を提示することをお忘れなく。

ホテル滞在でマイルを貯める

ユナイテッド航空と提携しているホテルに滞在することで、ポイントを貯めることができます。

公式サイト 提携ホテル|ユナイテッド航空

他にも、KaligoRocketmilesといった、ホテル予約時に経由するだけで航空会社のマイルが貯まるサイトもあります。

クレジットカードでマイルを貯める

ユナイテッド航空の提携クレジットカードを利用することで、クレジットカードの利用金額に応じてマイルを貯めることができます。

セゾンカード:MileagePlusセゾンカード

JCBカード:MileagePlus JCBカード

 

その他、私も持っているMarriott Bonvoy Premium American Express Cardでは、クレジットカード利用で貯めたMarriott Bonvoyポイントをユナイテッド航空のマイルへ交換することができます。

『クレジットカード利用でユナイテッド航空のマイルを貯めたい!』という方には、上2つの「MileagePlus〜」カードよりも、マリオットボンヴォイアメックスを強くオススメします。

 

ユナイテッド航空マイル、ANAマイル、JALマイル、ブリティッシュ・エアウェイズのマイルなど約40の航空会社のマイルを同時並行で貯めることができます。

ご興味ある方は、こちらの記事からどうぞ!




マリオットボンヴォイアメックスプレミアム、使って得られた実体験を紹介!





【2024/3月】マリオット新規入会キャンペーン!無料の会員登録で最大10,000ポイント獲得可能な入会方法とは?

ショッピングでマイルを貯める

ネットショッピングをするときに、ユナイテッド航空のサイトを経由するとマイルが貯められる!

そんなサイトがあるんです。

それが、MileagePlus Shopping Japan

使い方はポイントサイトと同じ。

例えば楽天市場は、MileagePlus Shopping Japanであれば1,000円ごとのお買い物に6マイルが貯められます。

ポイントサイトで貯めたポイントをユナイテッド航空のマイルに移行する

ポイントサイトのモッピーでは、貯めたポイントをユナイテッド航空のマイルに交換することができます。

とはいえ、「1,500円相当のポイント→500マイル」の交換レートとあまり良くありません。

例えば東京=大阪(片道・21日前までに予約)で必要な5,500マイルを手に入れるためには、16,500円分のポイントが必要となり、割引航空券を実費購入をするのとあまり変わらないことも。

ポイントサイトで貯めたポイントからユナイテッド航空マイルへの移行は、ちょっと足りない時だけにしておいた方が良さそうです。

\ 無料登録はこちら /

(ここから登録で最大2,000円の入会キャンペーンあり!)

「ユナイテッド航空マイレージプラス」でANA国内線を利用する前に押さえておきたいポイントは何か。

「ユナイテッド航空マイレージプラス」のマイルを利用してANA国内線に乗ることは、とてもお得で便利な方法です!

ただし、利用前には以下のポイントを確認しておくことが重要。

  • 「ユナイテッド航空マイレージプラス」のサイトからフライト予約する必要があること
  • 予約時に必要なマイル数は出発地・目的地の距離によって異なること(経由地は問わず!)
  • コードシェア航空会社も選べること
  • オンラインチェックインは、ANAマイルを使う場合に比べてちょっと手間がかかる

これらのポイントを押さえておけば、スムーズに「ユナイテッド航空マイレージプラス」のマイルを利用してANA国内線に乗ることができます。

メリットいっぱいの『 ユナイテッド航空のマイルを使ってANA国内線に乗る方法 』 ぜひ活用してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)