だいちぃマイルで子連れ旅行

陸マイラーになる方法・子連れ海外個人旅行をつづってます

購入直後のスマホが水没。クレジットカードの保険で救われた件


2017年3月、私はSIMフリースマホであるASUSのZenFone3を買いました。

そして、購入から3週間で壊れました。というか、壊しました。

f:id:traveler_da1:20170423104928p:plain

しかし、イオンカードに付帯するショッピングセーフティ保険により、購入代金の補償を受けることができましたので、これまでの経緯を参考になればと思い、記録しておきます。

 

 

買ったきっかけ

もにもにたさんがアップしてくれるケータイ関連の記事を読み、「今か、今か」とスマホを買い換えるタイミングを計る日々が続いていたんですが、2017年3月のこのセールに乗っかって、ついに念願のASUS ZenFone3を手に入れたんです。

それまで使っていた機種は同じくASUSのZenFone5。ASUSは使い勝手が良く、結構気に入っていたので、次もASUSを狙っていたんです。

monimonita333.hatenablog.com

もにもにたさんのブログは陸マイラーの記事だけでなく、ケータイに関するお得な情報が本当に多くて、そして情報が早いんですよね。

 

そして手に入れたZenFone3、3週間で壊れました。

なぜ壊れたのか?

原因は正直分かりません。私のうっかりで外に放置してしまった時間が半日ほどありまして、その時に少し雨が降ったようです。

壊れたとおぼしきZenFone3は、カメラが起動できなくなってしまいました。

リセットとかいろいろネットに載っている対応をしましたが、それでも復活しませんでした。

ASUSに連絡

この時点ではまだ雨に濡れたとは思っていませんでしたので、「これは初期不良か?」と思いASUSに連絡しました。電話もすぐに繋がりますし、何よりチャットでもやり取りができるのて使えるので電車での移動中に問い合わせすることも可能でした。
オペレーターの回答はこんなでした。
集荷に伺います。送料の負担はありません。
保証期間内なので製品に不良があった場合は無料で修理しますが、もし外的要因であると認められれば有償修理になります。

従うしか策はないので集荷を依頼しました。

 

保険会社に電話をしてみる

初期不良か外的要因かは分かりませんが、全く落としたことがない訳ではなかったので、一応コールセンターに連絡をして経緯を話し、相談をしました。
実はこんなこともあろうかと、届いたばかりの「ベネッセ・イオンカード」で端末代を支払っていたんです。

f:id:traveler_da1:20170423105817p:plain

もちろんカードの申込はハピタスを経由しました。年会費無料のクレジットカードを作って5,600円相当のポイントが貰えるというタイミングでした。
 
クレジットカードを作ってポイントを貰うというカラクリはこちら。
 
イオンカードにはショッピング保険というものがあり、購入から180日以内なら保険で補償してもらえるというもの。これが年会費無料のクレジットカードに備わっているんです!
 
ということで電話です。
「初期不良か外的要因による有償修理なのかはメーカーが診てからになるのですが、もし落下などの外的要因が理由と判定された場合は保険は使えますか?」と。
 
『瑕疵によるものでなければ』という回答でした。そして、とりあえず書類を送ってもらうことに。

メーカーからの回答

内部に腐食・付着が認められるため有償修理。修理費用は32,400円。
残念ながら有償修理となりました。
最初は水没なんて全く考えなかったんです。だから、初期不良じゃないかと。でもこの回答を受けて、「あの日、雨が降ったような気がする…」と思い出したんです。

f:id:traveler_da1:20170423132134p:plain

保険会社に報告

イオンカードのショッピングセーフティを受け持つのは「あいおいニッセイ同和損害保険」さんなんですが、 メーカーからの回答をそのまま伝えました。
 
『購入金額の20,400円が上限となりますが…』という回答でした。
 
実際に支払うかどうかは書類を見てから判断されるそうなので、この時点で「保険金を支払います」という話には当然なりませんが、可能性があるなら賭けてみるしかありません。

保険への書類送り

必要な書類のやり取りや、「購入した時のメールの写しで大丈夫ですか? 」などのやり取りは担当者の方とメールでやり取りしました。電話は平日9時〜17時の間しか繋がりませんが、メールであれば日中仕事の合間でもチェックして夜に返事をすることができるので助かりました。
 
最終的に出した書類はこんな感じです。
  • 保険金請求書
  • 購入時のメールの写し
  • クレジットカードの明細
  • クレジットカードの表面コピー
  • 補償するモノの写真
  • 修理見積書

f:id:traveler_da1:20170426180800j:plain

書類の発送から支払いまで

書類の発送が4/24で、その後4/26に担当の方より「提出頂いたに不備はございません。支払金額は20,400円でございます。」とのメールが来ました!!

ただ、イオンカードの都合で実際に口座に支払われるのはGW明けになってしまうそうです。多少支払いが遅くなるなんて、全然問題ありません。頂けるだけでとてもありがたいことなんですから。

 
 

今回の教訓

所有しているクレジットカードのショッピング保険を確認しておくことが大事
イオンカードのショッピングセーフティの場合は「180日以内、免責ゼロ」ですが、アメックスゴールドカードの場合は「90日以内、免責1万円」、三井住友VISAエブリプラスカードの場合は「90日以内、免責3000円、リボ払いor分割払い利用に限る」など、各社でいろいろ違いがあります。
ご自分が持っているクレジットカードのうち、どのカードがショッピング保険に優れているのか、どれも不満ならどのクレジットカードを作るべきなのか、一度整理してみると良いと思います。
  
そして、180日以内や90日以内に自分の過失で壊してしまう可能性が高そうな製品を買う時は保険が充実したクレジットカードで買うことをオススメしたいと思います。
自分の過失で壊すことがなさそうな冷蔵庫やエアコン、家具などは、保険を気にせずに好きなカードで支払ったらいいと思います。
保険は購入金額までしか補償されない 
当たり前ですが購入金額までしか補償されません。今回はNifMoの音声通話SIMを契約することを条件に約4万円ぐらいする端末を20,400円とお安く買えました。
しかし、保険で補償されるのは購入金額である20,400円です。このお金で再びZenFone3を購入することは現時点では不可能に近いです。
 
「端末代金は4万円で、10ヶ月は使用料を2000円ずつ引きます」や「端末代金4万円で2万円の商品券でキャッシュバック」のいうプランや会社があったのなら、そちらの方が保険を考えたら良かったなーと思いました。それだったら4万円の保険金が頂けましたからね。
もしあなたが私と同じようにMVNO事業者からSIMフリースマホを買うようなことがあれば、カードの支払い額が本来の端末代金により近い事業者・プランで購入することをオススメします。
 
でないと私のように、「保険金貰えたけど、全然足りなーい」となってしまいます。
 
仕方なく私は、保険金2万円で買える新たなSIMフリースマホを探すことにしました。
今回の機種選定の条件は「DSDS対応」でしたので、こちらのg07が有力候補ですが、まだ迷い中です。