Amazonでのお買い物を常に2%〜2.5%還元で購入する方法!

【40,000マイルでハワイ】が変わる?!JAL国際線特典航空券の必要マイルがフレキシブルに!

「40,000マイルあれば、ハワイまで無料で行ける」

そう、日本人なら誰しも憧れるハワイ行きの無料航空券が、40,000マイルあれば無料で手に入る…

この40,000マイルというのが、JALマイルを貯めている方の最初の目標であり、通過点。

そして次に目指すのは、2人分の80,000マイル…

そんなふうに思って、JALマイルを貯めている方も少なくないはず。

もちろん私もそのひとり。

しかしこれが、2018年12月4日より少し変わりました。

「ハワイまで無料で行くには、40,000マイルで足りる日もある。しかし場合によっては、228,000マイルが必要となるケースもある・・・」

????????

JAL国際線特典航空券の必要マイル数は、2018年12月4日よりフレキシブルに変わったのです。

そして名称も”JAL国際線特典航空券”改め、

ーーーーーー”JAL国際線特典航空券PLUS”に。

実際にどのようにルールが変わったのか、私たちはどのように使ったらおトクになるのか、詳しくチェックしていきたいと思います。

JAL国際線特典航空券PLUSの必要マイルはフレキシブルに!

2018年12月4日より、JAL国際線特典航空券は、”JAL国際線特典航空券PLUS”という新しいシステムを導入し、必要マイル数が残席数に連動するタイプに変更されました。

この”残席数によって必要マイル数が連動するシステム”というのは、一部の海外航空会社ではすでに導入されており、代表的なところではデルタ航空で導入されています。

参考 デルタ航空スカイマイルの貯め方・使い方を徹底解説!

ANAは現在、国内線、国際線ともに時期によって必要マイル数が変わるシステムを導入していますが、これは繁忙期、通常期、閑散期の3タイプしかありません。

一方でJALに導入された国際線特典航空券の必要マイルが変動するシステムは、残席に応じてリアルタイムで連動する、時代に即したシステムとなりました。

(ちなみに、JAL,ANAともに国内線の有償航空券に対しては、この空席連動制がすでに導入されています)

フレキシブルに必要マイル数が変わるようになって、JAL国際線特典航空券はどうなってしまうのか、チェックしていきましょう。

これまでは繁忙期も閑散期も40,000マイルで変わらず一定

まずは比較のためにこれまでのJAL国際線特典航空券の必要マイルを簡単におさらいします。

もう過去の話ですし、このシステムではもう予約できませんので、”かる〜くおさらい”としておきます。

2018年12月3日までは「東京〜ホノルル間、往復、エコノミークラス、1人40,000マイル」というのが必要マイル数でした。

(JALカード割引を利用すれば39,000マイル)

この40,000マイルという必要マイルは、閑散期でも繁忙期でも変わることなく40,000マイルで一定でした。

「取れれば40,000マイルで取れる、取れなければ空席待ち」という、とても分かりやすいものでした。

JAL公式 JAL国際線特典航空券 マイル早見表(2018年12月3日(月)までのお申し込み)

これからはフレキシブルに!多少のアップで選択肢が増えるのは大改善!

これからの”JAL国際線特典航空券PLUS”だとどうなるか?

実例を挙げて説明した方が分かりやすいでしょうから、実際に検索してみましょう。

「東京〜ホノルル間、往復、エコノミークラス、1人」という条件で検索をしてみます。

以前のシステムでは必要マイル数は40,000マイルとなる区間でしたね。

JAL国際線特典航空券PLUSには基本マイル数というものが各区間ごとに細かく設定されており、この東京〜ホノルル区間、エコノミークラスの基本マイル数(最低マイル数)は片道20,000マイル、往復だと40,000マイルです。

JAL公式 JAL国際線特典航空券PLUS 各路線の必要マイル数

ハワイ行きエコノミークラス、往復とも20,000マイルの基本マイル数で予約できる日もある

まずは基本マイル数で予約できる表示を見ていただこうと思います。

▼例えば往路を2019年1月6日にすると、このように最低の20,000マイルで出てきます。

▼そして復路を2019年1月10日にすると、こちらも最低の20,000マイルで出てきます。

往路・復路とも20,000マイル、往復で合計40,000マイル。往復とも基本マイルで予約できた場合は、これまでと必要マイルは変わりません。

必要マイル数が少し増えるけど確実に予約できるように!選択肢が広がる

次は、先程の「行き1月6日、帰り1月10日」というのを1日早く出発したケースを見てみます。

行きを1日前の1月5日に変えて検索・・・と。

すると、おもしろい選択肢が出てきました。

▼この2つの便は両方とも、”成田発ホノルル行き”と区間は同じです。しかし、35分の出発時間の違いで必要マイル数が28,000マイルと21,500マイルと大きく異なっています。

そして、基本マイルの20,000マイルと比べて、それぞれ8,000マイル、1,500マイルと必要マイル数が増えています。

実はこれ、大改善なんです!!

これまでの旧システムだと、20,000マイルで予約できない便は全て空席待ちでした。つまり上の2便に乗りたいと思ったら、両方とも空席待ちをするしかありませんでした。

しかし、新しいシステム”JAL国際線特典航空券PLUS”では、8,000マイルや1,500マイルを追加で支払えば乗れるんです!

・これまで)20,000マイルで予約できなければ、空席待ちの一択

・PLUS)多少の追加マイルで、空席待ちしかできなかった便が予約できるように!

ちなみに、1マイルたりとも追加で支払いたくない人の選択肢はこちら。名古屋経由の便なら基本マイルで予約可能な便が出てきました。

従来のシステムだったら、この便のみが「空席あり」と表示されていた便になります。

追加マイルをせずに名古屋経由を選ぶのか、それとも多少の追加マイルを支払って東京からの直行便を選ぶのか、そのどちらが良いかは人それぞれですが、選択肢が増えたことは非常に良いことだと思います。

ハワイは基本マイルで予約できる便もあれば、これまでとは比較にならない程の大量マイルを必要とする便もある

先程は多少の追加マイルでしたが、多少で済まない日もあります。

ここでも先程と同じように「東京〜ホノルル間、往復、エコノミークラス、1人」という条件で検索をしてみます。

行きが2019年4月28日で帰りが2019年5月5日という、話題の10連休のど真ん中です。

▼往路は成田発は満席で、関空経由なら空席があり、必要マイル数は58,000マイル

▼復路で唯一予約できる便はこちらの関空経由。必要マイル数は86,500マイル。

往復で1人144,500マイル、とんでもないマイル数ですが一応、予約可能です。

これまでの旧システムだったら40,000マイルで行くことができましたが、ゴールデンウィークをまるまるハワイで過ごせるような便は、人気すぎて空席待ちが何十人、何百人というのが当たり前の状況でした。

個人的には「14万マイルなんて無理!そんなに大量のマイルを使ってまでハワイに行くなんて!」と思うのですが、たくさんマイルを持っていて、どうしてもこの日程でハワイに行きたい、という人にとっては、メリット・・・ですかね。

これまではどれだけ大量にマイルを持っている人でも、40,000マイルで一律。ただし、空席待ちが落ちてくる可能性は極めて低い。

一方、これからは大量にマイルを注ぎ込むことができる人なら、容易に座席を確保することができる。

ちなみにこのこの日程で有償航空券を検索すると、往復678,120円でした。

エコノミークラス大人1人分でこの値段、さすが10連休。恐ろしいですね。

そう考えると、往復14万マイルは…良心的なのかな?(笑)

 

路線によっては旧システムよりもおトクに!東南アジア、ヨーロッパが今後の狙い目か!

このJAL国際線特典航空券PLUSの導入によって、基本マイルがこれまでの旧システムより少なくなった路線が結構たくさんあります。

ここに抜き出すとかなりのボリュームなので、「エコノミークラスで、この路線の基本マイルがおトクかも!」という路線をざっくりと紹介しますね。

  • 名古屋・関空からの台北
  • 東京からの高雄
  • 一部のバンコク便を除いた東南アジアほぼ全部
  • シドニー
  • ヨーロッパ・ロシア全部!

こんな感じです!

北米行きはどこも従来と変わらずでした・・・PLUSになっても基本マイル数50,000マイルと、これまでのルールでの必要マイル数と変更はありません。

一方でヨーロッパ路線はすべての区間において基本マイル数が下がりました。あと、東南アジアも下がりましたね!

もちろんいずれも基本マイル数ですので、残席数によっては必要マイル数は段階的にあがっていきます。

▼ホーチミンは(従来)35,000マイルから(PLUS)26,000マイルと大幅ダウン!!

▼パリは(従来)55,000マイルから(PLUS)52,000マイルと若干ダウン!!

同じタイミングで、航空券の空席待ち・日付変更ができなくなった

JAL国際線特典航空券の必要マイル数がフレキシブルになるという変更と同じタイミングで、「空席待ち不可」「日付変更不可」という2つの大きな変更がありました。

しれっと変更されたのですが、影響は小さくないです。それでは詳しく見ていきましょう。

ファーストクラスを除いて空席待ちが不可に。これまで重宝していた人にはダメージか?!

これまで、JAL国際線特典航空券には「空席待ち」というシステムがありました。

これが、ファーストクラスを除いて不可となります。

私自身は空席待ちをするぐらいなら空席がある日程にずらして旅行を計画することがほとんどだったため、空席待ちをしたことはないのですが、仕事の都合などで簡単に休暇をずらせない人には重宝だったのではないでしょうか。

新しいJAL国際線特典航空券PLUSは、空席待ちの代わりに”追加マイル”で空席を確保するシステムに変わります。

▼以前こんな記事も書いているのですが、「開放枠」「特典枠」といった概念も、今後はファーストクラス以外は無くなりますね。

【バグ?開放?】JALビジネスクラス特典枠は9席以上も取れることがある!

JAL国際線特典航空券の便変更が不可に!これはデメリットしかない!

従来のJAL国際線特典航空券では、便の変更が何度でも無料で可能でした。

「せっかく航空券を予約したけど、家族の都合で変更しなきゃいけなくなった」というケースではありがたいサービスでした。

しかし今後の”JAL国際線特典航空券PLUS”においては、一切の便変更ができなくなります。

日付を変更することはもちろん、同日の早い便、もしくは遅い便に変更するといった変更も、今後は一切できなくなります。

今後、航空券の便・日程変更をしたい場合は、変更でなく取り消しにする必要があります。

取消手数料(払戻手数料)は1枚の航空券につき3,100円。家族4人だと12,400円。このようになります。

予約を変更する場合は、ご手配済みの特典航空券を取り消し・払い戻しのうえ、新たにご希望の旅程でご手配ください。特典航空券の払い戻し時は、3,100円(税込)*の払戻手数料を申し受けます。

地味に痛いですね・・・

同じ便であってもクラスを変更する場合、例えばエコノミークラスからビジネスクラスへの変更など、このような変更も同様に3,100円を支払う必要があります。

 

また、これまでは「変更は何度でも無料」というルールだったため、このルールをうまく利用して「往復とも同日で確保したら、復路は毎日1日ずつ後ろにずらす!」なんてテクニックもありました。

もちろんこのテクニックも塞がれます。

「変更不可」というルールの導入は、すべての人にマイナスであることは間違いないでしょう。

JAL国際線特典航空券、今回のルール変更で得する人、損する人はこんな人

今回の”JAL国際線特典航空券PLUS”の導入で得する人、損する人はどんな人でしょうか?

あなたはこのどちらに当てはまりますか?

変更で得する人

・旅行時期を比較的柔軟に選んだり、ずらしたりできる人

・特定の行き先に強いこだわりがなく「どこか行ければどこでもいい!」という人

変更で損する人

・繁忙期にしか旅行に行けない人

・「ハワイじゃなきゃヤダ!」のような、特定の行き先に強いこだわりがある人

特典航空券をうまく使うには、柔軟性が大事!この考えはこれからも変わらない!

”JAL国際線特典航空券PLUS”という新しい制度が導入されても、これまで当ブログで何度も言ってきたこと、「特典航空券をうまく使うには、柔軟性が大事!」というのは変わりません。

(ANAマイルでの話になりますが、「柔軟性」の話はこちらの記事で書いています。【裏ワザ不要】ANA特典航空券は取れない?家族4席分をマイルを取る方法はコレ

時期をずらせないなら、せめて行き先ぐらいは幅を持たせましょう。

ハワイばかりにこだわってないで、バリ島などの東南アジアリゾートにも目を向けてみるとか、これ大事です!

個人的には「おっ、この行き先が基本マイルで取れそうだぞ〜!」なんて、今まで見向きもしなかった行き先に注目するチャンスが増えて、楽しみです!!

”JAL国際線特典航空券PLUS”になってもJALマイルをこれからも貯めようって気持ちは変わりません!

むしろ変動するマイル数をこまめにチェックしながら、どこにお宝が眠ってるのか、掘り起こすのが楽しくなりそうです。

なにはともあれ、JALマイルをたくさん貯めていないと特典航空券を予約することすらできません。

これからもがんばってJALマイルを貯めようと思います。

【イチから始める】ポイントサイトでJALマイルを貯める手順! 【2018年】JALマイルをポイントサイトで貯める方法とは?フライトとショッピングを上回るマイルも貯まる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)