【写真で見る】飛行機最後尾、一番後ろはリクライニング無し?最後列座席に12時間乗った話

飛行機の一番後ろ、最後尾の座席に座ったことありますか?

先日、パリまで12時間、エコノミークラスの最後尾に乗ってきました!

飛行機の最後列のシートに乗ってみて分かったこと、「メリット」と「デメリット」、そして普通の人の目線に加えて子連れで乗った飛行機最後尾のお話もレポートします!

読めば分かります!

全部読めば、飛行機の最後尾に座りたいか座りたくないか、きっと分かります!

  • フライト:JAL045便 羽田ーパリ Boeing777−300ER
  • 座席番号:55HJK,56HK
  • メンバー構成:6才と4才を含めた家族5人

飛行機の最後尾座席に座るメリットはこれ

飛行機の最後尾、エコノミークラスの一番後ろにあえて座るメリットは、どんなことがあるでしょうか?

実際に載って分かったこと、まとめてみます。

最後尾はトイレに近い!お手洗いの安心は超重要

飛行機に乗るとトイレ近い人、いますよね?

タダだからってビールとかワインとか飲み過ぎちゃうと、トイレが近くて近くて困ってしまいます…(笑)

最後尾の座席はトイレが目の前(すぐ後ろ)だから、いいですよ!

すぐにトイレ行けます!

また、小さな子どもと一緒に飛行機に乗ったときには、これが大きなポイントになります。

子どもってギリギリにしか『トイレ!』って言わなくないですか?

「もうちょっと早く言ってよー」といつも思うのですが、飛行機の最後尾ならトイレにすぐ行けるので、まぁ大丈夫です。間に合います。

f:id:traveler_da1:20161212141840j:plain

JALのおむつ交換台

最後尾の座席はギャレーに近い!CAさんとカンタンになかよくなれる

CAさんたちが機内食や飲み物を用意する場所をギャレーと言うのですが、最後尾だとギャレーがすぐそばです。

国際線フライトではこの場所にスナック類やドリンクが用意されていることがあるので、すぐに取りに行けて楽です。

また長時間のフライトって退屈ですよね、飽きますよね。

そんなときはギャレーでCAさんとおしゃべりして楽しみましょう。

エコノミークラス症候群を予防する意味もありますので、機内で動き回るのは悪いことではありません。

くれぐれもお仕事の邪魔にならない程度で。

私の場合は子どもを連れてギャレーに行って、子どもをだしにCAさんとのトークを楽しんでいます…

f:id:traveler_da1:20161212141646j:plain

こちらが最後尾にあるギャレーです

飛行機最後尾のデメリットはもちろんある!覚えておこう

最後尾は食べたい機内食が売り切れてしまって、選べないこともある

航空会社の運用にもよりますが、この場所は機内食が配られるのが最後なんです。

運が悪いと2種類選べるはずの機内食の、どちらか一方しか残っていないことも。

実際にパスタとお米を選べる機内食で、お米が食べたかったのに有無を言わさずパスタを提供されることになりました。

f:id:traveler_da1:20161212143714j:plain

パスタよりコメが食べたかったんですけど…

最後尾から飛行機を降りるのは、当然ながら一番最後

当然、最後尾に座っていると飛行機を降りるのが最後になります。

400人乗りの飛行機であれば400番目になります。

ということはその後待ち構える入国審査もかなり並ぶことになります。

f:id:traveler_da1:20161212142529j:plain

自分の座席の隣にトイレ待ちの人が溜まるケースもしばしば

場所的に仕方ありません。

食事の後などは最後尾に座っている自分の席の隣に、トイレ待ちに並ぶ人が多数溜まっているケースもよくあります。

運が悪いと、並んでいる人が自分の背もたれを手すり代わりにしていることも。

また、3-3-3の並びで配置されていた座席が最後尾だけ2-3-2となります。

これは最後尾ではなく最後尾から2列目のデメリットになりますが、55Cと55Hの座席(画像の黄色座席)は背もたれが手すりとして使用されがちです。

f:id:traveler_da1:20161209120658j:plain

トイレとギャレーの音が気になる

トイレを流す「ブシュー」という大きな音や、ギャレーで食事を準備するガチャガチャ音が気になることもあります。

f:id:traveler_da1:20161212144353j:plain

【超重要】飛行機最後尾のシートはリクライニングがほんの少ししかできない!

最後尾はリクライニングが少ししかできません。

写真を見ていただくと分かりやすいと思いますが、実際にフルリクライニングをしたのがコレ(苦笑)

笑っちゃいます…

ノーマル状態と比較するとシートの厚さ分しか後ろに倒れていません。約8cmぐらいでしょうか。

いかに倒れないか、分かって頂けますよね…

▼奥がノーマルポジションで、手前がフルリクライニング。

f:id:traveler_da1:20161212142023j:plain

最後尾に座る子連れ家族の特有の、ちょっと特殊な事情

飛行機を降りたときの順番で入国審査まで辿り着けるか?

前方に座って早く飛行機から降りたとします。みんな入国審査に早く辿り着こうと早足です。抱っこならその流れに付いていけるかもしれません。

でも、自分で歩ける子を連れていると歩くペースは当然ゆっくりです。早く降りたメリットが無くなってしまう!と、遅い子どもに対して「急ぐよ!」なんて声を掛けても、途中で『トイレ!』なんて言われて・・・イライラしてしまいます。

そうなってしまうのだったら、最初からゆっくり降りて、ゆっくり行こうか、となるんです。バゲージクレームには自分のスーツケースしか回っていないので、探すのが簡単です(笑)。

f:id:traveler_da1:20161212144134j:plain

機内食が出てくるのが遅いのは、むしろ子連れ家族にはメリット!

ほとんどの航空会社の場合、大人の機内食が配られる前に子ども用のチャイルドミールが配られます。

つまり、自分の来るまでの間は子どもの食事の世話ができる、ということです。

子どもの食事と自分の食事に時間差があるというのは、狭い機内では本当に助かります。

とはいえ、チャイルドミールはかなり美味しそうなものがいっぱいです。チャイルドミールをつまみすぎて自分の機内食が来たときにすでにお腹いっぱいになっていないように、注意が必要です。

f:id:traveler_da1:20161212142858j:plain

本当、よくできています。そして美味しいんです。

大人の機内食が出てくるのが遅いことを、むしろメリットだと言いました。

実は外国エアラインに乗った時に、大人の機内食も子どもの機内食も同時に出されたことがあるんです。

CAさんは大人2人と乳児1人(膝の上)で座っている私たちに対し、ベビーミールと大人用の機内食を2人分、合計3つのトレイを立て続けに持ってきたんです。

テーブルは2人分しかありません。持ってきたのはいいものの当然ですが置く場所がありません。

「Oops!置く場所がないわね」と。そりゃそうだろ…考えたら分かるだろ…

仕方なく大人用の機内食を重ねて、子どもの食事が終わってから食べましたが、日系エアラインの場合はこのような場合でもちゃんと配慮してくれるので心配ないと思います。

飛行機の最後尾座席は結局アリなの?ナシなの?

個人的な感想ですが、ナシです!

リクライニングしないにも程があります。

とはいえ、前方座席でも最後尾でも、家族がまとまって座れるなら、と妻は言っていました。

うーん、最後尾よりも最後尾から数列前ぐらいが、リクライニングもちゃんとできるので良いかな、と思いますよ。

飛行機の最後尾シートは卒業!マイルを使ってビジネスクラスでヨーロッパに行ってきました!

三世代で行くパリは子どもたちにも親にも喜んでもらえて、とてもいい思い出になりました!

でも、10時間を超える長時間フライトを、エコノミークラスの、さらに最後尾のリクライニングがあまりしない座席はあまりにも苦痛。

正直、もう二度と乗りたくないですね。

 

飛行機の一番後ろに位置する苦痛な席とはまったく違う、ビジネスクラスに座ると、どんな過ごし方ができるか、想像できますか?

先日、家族4人でビジネスクラスに乗ってヨーロッパまで行ってきました。

大人はもちろん、8才と5才の娘たちもビジネスクラスです。

初めての長距離ビジネスクラスだったのですが、これがすごいんですよ。

食事豪華!お酒も高級!

座席はフルフラットで、まるで家のベッド!

足はまったく浮腫まない(笑)

【搭乗記】アシアナ航空ビジネスクラスでヨーロッパへ!【エアバスA380】

飛行機に乗るといつも足の浮腫みを苦痛に感じていた妻にもよろこんでもらえました。

このビジネスクラスのチケットは、マイルを使った特典航空券で予約しました。

ちなみにヨーロッパまでビジネスクラスで行く場合、1人95,000マイル、家族4人で38万マイルします。

とんでもないマイル数ですが、私はこの38万マイルをわずか1年で貯めました。

ちょっと変わった”陸マイラー”という方法なんですが、誰にでも実現可能な方法です。

 

旅行や出張で飛行機に乗ったり、JALカードやANAカードで貯める方法とは少し違います。

もちろん、変な教材とか情報商材とか詐欺とか怪しいものではまったくありません。

1年間で40万マイルを貯めた我が家の方法。

エコノミークラス最後尾からビジネスクラスへと下克上を果たした我が家のエピソード。

ぜひこちらの記事も読んでみてくださいね!

【2018年】大量ANAマイルの貯め方!半年で13万,1年間で40万ANAマイルを貯めた方法とは

 

2 Comments

shinjuku-shirane

なるほど、そのメリットもありますね!子どもが自分で歩きたいなどの場合はゆっくりして、最後に降りることもありですね。どっちにしてもメリットとデメリットを感じますね

返信する
traveler_da1

コメントありがとうございます。こればかりは家庭によりけり、その時によりけりかもしれませんが、今回も我が家は最後尾からゆっくりゆっくり脱出。トイレにも立ち寄り、写真の通りターンテーブルはガラーンでした。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)